505784 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

IMAGINE

「アーの言葉」

アセンション・シリーズ レッスン4:
「アーの言葉」
クリムゾン・サークル 2001年11月3日

トバイアス: そして、このように、親愛なる友たちよ、またもう一度クリムゾン・サークルとクリムゾン・カウンシルの集いとしてこの聖なる空間に共に集いました。今日あなた方とこの空間にいて、ここにいるあなた方と共に私達のエネルギーを参加させることは大きな歓びです。
あなた方がより一層これに慣れてくると、私達もそれにより一層慣れて来ます。親愛なる友たちよ、私達があなた方と一緒に溶け合うこのエネルギーのシフトは、もうそう驚くほどのことではなくなったことに気がつきましたか? その移行をするのはそんなに困難なことではありません。とてもスムーズになりました。私達は今、滑らかに入って来ることができます。私達は、風のように、あなた方と共にいて、あなた方と溶け合い、あなた方を愛し、あなた方と共に座っていることができます。

ああ、先ほど音楽が流れていた時(チャネリングの前に)、私達はカウルダー(ジェフリー・ホップ)に以前は、そう以前ではありませんが、この移行とシフトがもっとずっと困難であったことを思い出すことを話していました。私達はとても大きな随員達のグループとやって来たものです。あなた方とすべてのレベルでコミュニケートすることを可能にするよう、特にエネルギーを織り成し、調整するため私達と共にやって来る者達が大勢いたものです。

しかし今、周りを感じてください、親愛なる友たちよ。この大きなグループが入ってくるのを今は必要としなくなりました。そういう大きなシフトは必要としなくなりました。ここに入るのにあなた方が普通にドアを通って来るようにほぼ簡単に来ることができます。それはあなた方それぞれがこのようにあなたの道を遠くまでやって来たからです。あなた方は私達があなた方ともっとより簡単に接触できるくらいまでにとても新しい意識に至りました。

今日お話することはたくさんあります。私達はあなた方が先程やった呼吸ワークを評価しています。あなた方皆さんに今もう一度統合することをお願いします。あなた自身の神性と統合してください。先程言われたように、息を吸い込むことによってあなたの神性と思い切って統合してください。あなたが本当に長い間求めて来たことを思い切って成し遂げてください。あなたの目覚めつつある神性の炎を思い切って扇ぎ、燃え上がらせるようにしてください。飛び越えて行く用意ができたくすぶる炎のように。お分かりのように、それに火をつけるのにはそれへのシンプルな呼吸だけでいいのです。それに生命をもたらせるでしょう。それはあなた方が息を吸い込むときに似たようなことことです。今、ずっとあなた方のつま先まで息を吸い込んでください。あなた方の腕まで、指まで息を吸い込んでください。そうするとき、あなた自身の存在のエネルギーを感じてください。それから、ここ、私、トバイアスのエネルギーに繋がってください。私もあなた方と繋がるようエネルギー的に息を吸い込んでいます。それはそのように単純です。単純なことです。

私達は、もう長いディスカッションは必要でないとしばしば言って来ました。時々あなた方の知性をテストしさえする長いディスカッションです。それは単に、あなた方の神性を意識的に吸い込むだけというような単純なものであるということを知っていますか? それはあなた方の内面で目覚めつつあります。しかし、あなた方が意識的にそれと繋がっていないと、どうしてこのような挑戦的な、おかしなことが人生に起きているのだろうかとあなた方は不思議になります。それはあなた方が内側にこのキリスト意識の種を生みつつあるからです。内面で神性を生みつつあるからです。あなた方がこれを吸い込むとき、それは溶け合います。それはこの神性をあなたの内で点火し、あなたの人生に出て来させます。そうして知っていますか、親愛なる友たちよ、注意してください。変化が「起きる」でしょうから。

おお、あなた方のとても多くが言うのが聞こえます。「親愛なるスピリット、親愛なるトバイアス、私が文句を言える向こう側の親愛なる誰でも(聴衆 笑)、どうして私の人生にこういうことが起きているのですか?」 それに対して、私達は微笑み、クスクス笑い、答えます。「それはあなた方が神的であるからです。それはあなた方が信じ難いプロセスをくぐり抜けているからです」 それは、あなた方が「故郷」を離れる前に、「王国」を離れる前にあなた方にわかっていて、あなた方に約束されたプロセスなのです。それは、「大いなるすべて(All That Is)」の外にあなた方だけで出て行くという約束でした。そう、あなた方は「大いなるすべて」の外側に存在しています。カウルダーは未だそれを解明しようとしていますが、彼の頭脳で考えている限り決して理解できないでしょう!

あなた方は、あなた方だけで出て行くという、自分に対する、スピリットに対する約束で「故郷」を離れました。「大いなるすべて」の外側はどのようなものか、自分自身の権利で創造者になるのはどのようなものかを学ぼうとしたのです。安全綱を放し、スピリットとのつながりを放すために「故郷」を離れました。意図的にそうしました。「大いなるすべて」、「永遠なるひとつ」「王と王妃」、名前は好きなようにつけても構いませんが、その愛と賛同を得てそうしました。あなた方だけで去り、出て行くことについて最も愛すべき存在の賛同を得たのです。そうして今、永遠の時を経て、あなた方の経験した情報のすべてを所蔵するには地球上に十分な図書館はないほど多くの経験をして・・・永遠の時を経て、あなた方は今、「故郷」を去ったその理由そのものを成就しつつあるという地点にやって来ています。その理由とは、「大いなるすべて」の領域の外側にあるあなた自身のアイデンティティを理解すること、そのアイデンティティに繋がること、それを通して経験すること、そうしてある与えられた時点で、あなたの生来の権利、内なるキリストの種、あなたの神としての自己と統合すること、あなたであるすべてと統合するということです。それが、私達が今あなた方とここにいる理由です。それが、あなた方がここにいる理由です、親愛なる、親愛なる友たちよ。そして、それが私、トバイアスが今日ここにあなた方と共に座っている理由です。

あなた方は、魔法のような、奇跡的な、信じ難い地点にいて、そこはサークルの完全な完成をとげつつあるところです。今、サークルを完成しつつあるポイントに来ています。そして、それがあなたの神性を統合する時です。

「どうしてこのように困難なのですか?」とあなた方は問いかけます。私達はその問いかけはずっと耳にしていることです。なぜ難しいかというとそれ以前に成し遂げられたことがないからです。本当ですよ。あなた方がこれをやる最初の人達です。あなた方が道を敷いている者達なのです。難しいのは、あなた方のとても多くの方がまだ古いものに執着しているからです。というのは、あなた方はそれに慣れ親しんでいるからです。あなた方は古いやり方に慣れています。古いやり方には、それがあなた方にあまりうまく行かなくても、いくらか苦痛があっても、ある心地よさがあります。それは未知数ではなかったのです。それで今、未知のものを扱って、より恐れを抱いても、私達はわからないのです!

あなた方がこれを最初にくぐり抜けるということは何度も何度もお話しして来ました。私達はヴェールの向こう側にいて、あなた方を愛し、抱き締め、あなた方がののしるのを聞き(聴衆 笑)、あなた方のフラストレーションを聞いている者達です。私達は、あなた方が私達に、こちらの側の誰でも見つけさえすれば「正しい道は何ですか? 何かにアプローチするにはどうしたらいいのですか?」と尋ねているのを聞いています。私達はただ微笑みかけ、あなた方を愛し、「わかりません」と言うことができるだけです。あなた方がこれをくぐり抜けているのです。あなた方がその答えを持っているのです。そして、あなた方がこれを信じるようになり、それを経験する時、この全体のプロセスをずっとより楽にグレースに満ちて通っていくようになるでしょう。あなたの肉体存在をあまり破壊するようなものにはならないでしょう。そしてきっと、メンタルな存在レベルでもずっと挑戦が少なくなるでしょう。あなた方はこれをくぐり抜ける最初の人達です。それでこのように困難なのです。

あなた方はいつでもこのプロセスを止めることができます。もし自分の存在に単に元気を回復する必要があれば、このアセンションの旅から離れて休暇をとることさえできます。手を挙げて「スピリット、そしてトバイアス、そしてその他の皆さん、これはもう私のためのものではありません。もっといくらか気が違っていないような人生がしたいです。私自身の故郷の安らぎに帰りたい。もう、後ろから押されてこんなに挑戦を経験したくありません」と言うことができます。そして、私達はこれも讃えます。これを完全に讃えます。私達にはわかりますから。カウルダーがいつも言うのには、「トバイアス、あなたがこれをやっているのは見たことがない。他の者達がするのも見たことがない。あなたは、ヴェールの向こう側で贅沢にやっている」 そして、また良く言うのには、「こっちに来てやってみたら」(聴衆 笑) そしてまた、カウルダーが言うには「トバイアス、“あなた”の教師になるまで待てないよ」(聴衆 笑)

親愛なる友たちよ、ここにいることは歓びです。このエネルギーを感じてください。今日ここで私達のハートを感じてください。今日のあなた自身のハートを感じてください。ああ・・・私達はこのような時を愛しています。ビンに詰めて持ち帰りたいくらいです。そして、あなた方は何かわかりますね? あなた方はわかります、わかります。あなた方はこのエネルギーを手放さないでおくことができ、そうすればそれはいつもあなたのそばにあるようになるでしょう。あなた方が今いるこの場所のこの濃密な、輝かしい、癒しの素晴らしいエネルギーを手放さないで、いつでも呼び出すことができます。ここから離れても消えることはありません。あなたの内面のある場所に行くだけです、時々、あなた方はそれにアクセスするのを忘れますが。しかし、いつもそこにあります。私達は共にエネルギーを創造していて、それはあなたの持っている札入れや、そばに身に付けている財布のように明瞭なものです。そのようにはっきりしたものです。いつでもあなたの内で呼び出せます。

私達がこのエネルギーのことを言うのは、他の人達にもシェアできるからです。もうすぐ、他の人の前に座って、その人達に今この場所で私達が一緒にいるこの祝福されたエネルギー、素晴らしいエネルギーを経験してもらいたくなる時が来るでしょう。彼らにこれを経験する手助けをし、私達のいるこの甘美な場所の味を味わってもらいたくなるでしょう。そして、あなた方にはそれを手助けできることがわかっています。それゆえ、息を吸い込んでください。しばらくこのエネルギーを抱いてください。これがどういう感じか憶えていてください。そしてそれは、他の人にシェアできるということを知ってください。

さて、今日はすることがたくさんあります。しかしまず、「変容」のためのエネルギーがここで起こるようセットしました。あなた方をブロックするものがあるようです。あなたの道の上には課題があります。私達はここで「癒し」という言葉を使いたくありません。しかし恐らく、あなた方はそう理解し、より関わっているとは思いますが。私達は「変容」という言葉を使おうと思います。「癒し」という言葉は何か悪いものがあり、直す必要があることを暗に意味しますから。それは二元性のことです。あなたに何か悪いことがあると判断するのは二元性のことです。

あなた方にとって、そういうようにはもう働きません。この二元性のゲームはもはやあなたには働かないと気がついているのはないですか? あなた、いろいろなものに頭をぶつけている人、そうあなた、脚(あし)やひざに打撲傷を受けている人・・・火傷をしているあなた、そして他のいろいろなこと・・・それはあなた方が二元性のツールを使って課題を解決しようとするからです。それらはもう上手く行きません。

さて、私達は「癒し」という言葉がそう好きではないので、「変容」という言葉を使います。今日ここで、扱うように頼まれていた課題があります。あなた方の何人かには肉体的な課題、厄介な痛みとか、あなたの身体の中の良くないかもしれない部分に関わる恐れとかの問題があります。あなた方は、何が起きているかについて抱いている恐れは実際の現実よりも悪いということを知っていますか? 物事を解明しようと頭の中で困難に陥っているあなた・・・あなたは壁にぶつかっているように感じています。感情的な危機に陥っているあなた、ローラーコースターに乗っているようなあなた、どうしてある日には高く、他の日には低いのかわからないあなた・・・そういう課題をここにすべて出してしまう時です。

今私達がいるこの場所は安心していられる場所です。そういう課題を今、出してください。中に隠してしまう必要はありません。それらの課題を外に出してください。私達は、変容するようここで働きます。しかし起きていたそれぞれのこと、肉体的な病や、心の問題、感情的なローラーコースターのような浮き沈みであろうと、それらはすべて目的に役立つためにあったということを理解して頂くようお願いします。それらは目的に役立つためにあるのです。それらはあなたの変わりつつある意識に呼応しています。あなた方はそれが何をあなたに言おうとしているのか解明しようとしてきました。どうしてあなたの存在の中にこの痛みがあるのか不思議に思って来ました。「しかし、スピリット、しかし、トバイアス、私はシャーンブラのはずです。こういうことは乗り越えているはずです。こういうことが私に影響をするはずはありません」と言ってきました。そして、わかりますか? あなたは正しいのですが、それに二元性を通してアプローチして来たのです。

今、あなたの「神性の意志」に足を踏み入れてください。この神性の瞬間に足を踏み入れ、これが変容されるのを許してください。それはそれに予定案(agenda)を置くようにということではなく、むしろずっとその中にあった古いエネルギーの支配から解放させ、それをあなたの求めている解決に変容させていくのを許す行くことを意味します。それを今やってください。この課題、この問題、この病気を出て行かせてください。私達はこのエネルギーすべてとワークします。あなた方一人一人と言葉でないレベルでこれを変容させるようワークします。以前賢者が言ったように、「もしあなたが思いきったら、思い切りさえすれば」です。というのは、あなたがこれらのエネルギーを出て行かせ、これらを解放すると、あなたの意識、あなたの悟りを新しいレベルに上昇させる変容が起こるからです。

新しいレベルに行く用意ができていることがわからないという部分さえあなた方にはあることをご存じですか? あなたにはそれがどのようであるかわからないので、あまり確信が持てないので、物事にしがみついたり、ほんの少しずつ、少しずつ手放していく傾向があるからです。しかし今、親愛なる友たちよ、あなたが思い切るなら、いっぺんに手放してください。あなたを病気にさせていたその古いエネルギーを手放してください・・・それを変容させてください。癒させるのではなく、変えさせるのでもなく、敷物の下に隠させるのでもなく、破壊させるのでもなく - 変容させるのです。エネルギーは変容できるだけなのです。人間は物事を変えたがり、癒したがり、それから逃げ出したがります。一月前にお話しした4人のライトワーカーと蛇の物語を憶えていますね。エネルギーは変容させることができるだけなのです。それは新しいレベルにそれを持ち上げる螺旋の動きに置くことができるだけなのです。その変容は、あなたが古いやり方を手放した時、あなたが闇と恐怖を手放した時、そのエネルギーを受け取るのです。

しかし今、この日にここでそれを始めましょう - もし思い切るなら。その課題、もしくはいくつかの課題を - そう、ちょうど今尋ねた人に言いますが、あなた方は多くの課題を変容させるために外に置くことができるのです。しかし、その核心の部分で、それはトバイアスがするのでもなく、他の誰でもなく、スピリットでさえもそれを変容させるのではありません。それは、あなたです。なぜなら、あなたがこの変容のプロセスが起こるのを許しているのですから。あなたは癒すという意識を超え進んでいます。変えるという意識をずっと超え進んでいます。神的な変容の意識に移行しつつあるのです。

そして私達がこうして話していると、あなた方のとても多くの中で変化が起きているのがわかります。渦巻く、螺旋のエネルギーが見えます。それはまさにこの部屋の中で起きている変容のしるしです。あなた方一人ひとりこの場所から離れると、これを読んでいる方が本を置くと、何か違っていることに気がつくでしょう。これらのドアから出て行くと、世界が少し違って見えるでしょう。あなた方は内なる闇を解放しつつあるのです。それを変容させているのです。今日私達が言った言葉を憶えていてください。あなた方はもはや癒しません。もはや変えません。それは変容なのです。

さて、このプロセスは私達がここに共にいる残りの時間、この強い変容のエネルギーの中で続いて行くでしょう。このプロセスは私達がいるこの安全な空間の中で続くでしょう。とてもオープンで変化していくことに意欲的な人々とこうするのに、これはとても素晴らしい場所です。ただ許してください。あなた方の何人かは闘っているのがわかります。あなた方は不思議に思って言います。「これで正しくやっているの?」(聴衆 笑) このことに決まったやり方というものはありません。もしあなた方がこの変容に影響を与える手助けするために今何をしたらいいのかわからなければ、単に呼吸してください。物事をそう難しくしないでください。

さて、こういう集いには私達は多くの場合、他の者達を招待します。ある意味で、彼らはクリムゾン・サークルのゲストに招かれたくて列になって並んでいるのがわかりますか? こちら側で話しているのは - 「がやがや声」とあなた方はそれを呼ぶでしょうが - 自分達自身をシャーンブラと呼び、大部分、この地球上で多くの多くの生涯を歩んできた人間達のグループがいるということです。こちら側の私達とファミリーであり、直接的エネルギーである人間達のグループがあるのです。この人間達のグループは・・・前に私達と共にいたものです。彼らは今は地球に行っています。彼らは目覚ましい前進を遂げつつあります。彼らは最初に「新しいエネルギー」に歩み入る人達です。かれらが、そのテンプレート(型)を創りつつあります。彼らが新しいグリッドを創っています、これらの人間達が。

彼らはここで列になって並んでいます - もしチケットが売れたらいいのに! あなた方の集まりに来るためにここに列になっています。彼らはあなた方のエネルギーがどのようなものか見たいと思っています。起きているその変容を見たいと思っています。前もって何日も、何週間もそれについて話しています。私、トバイアスにとって問題になることの一つは私達の集まりに招待するのに誰を選ぶかということです。(からかいながら) このことでこちら側で少々敵ができました! 今日は、私の仲間そして協力者達の多くを狼狽させました。今日はどんな訪問者にもこの部屋のエネルギーを解放しなかったからです。そう私だけにそれをとっておきました!(聴衆 笑)

今日は、他に訪問者はおりません。あなた方シャーンブラと私だけです。(さらに笑 トバイアス含み笑) 向こう側の他の騒動がこっちでは聞こえなくていい気持ちです。(さらに笑) 私達はこの空間を共にシェアすることができます。この部屋の中のその違いを感じてみてください。より静かな、より平穏なエネルギーを感じてください。おお、彼らがここにやって来るととても興奮していて、時々、カウルダーがチャネリングしている時、彼を混乱させさえするので、言葉に焦点を合わせるようにと彼に言わなくてはなりません。しかし、今日はそういう邪魔物はありません。それで、しばらくじっと座っているだけにしましょう。(さらに笑) このエネルギーはとても甘美です! 私だけであなた方すべてを迎えるのはとても気持ちのいいことです!

それで、このようにしたのはあなた方皆のエネルギーを感じる楽しみもありますが、一つの理由があります。ある理由があってのことです。ヴェールのこちら側の他の者達はそのことを本当に理解しています。本当に理解しています。私達の一緒の時間の後に彼らにリポートを出すつもりです。これには理由があるのですが、それを説明します。しかし、私達の話の次の部分に移る前にもう一度、十分には言えませんが、あなたの存在の中に生を吸い込んでください。あなたである者の核そのものの部分から神性を吸い上げてください。これが最も速く、最も単純にあなたの神性を入らせる方法です。しばらく時間をとってください。私はカウルダーに少しの間静かになってもらうよう頼みます。シンプルにこれを吸い込んでください。そうして話の次の部分に移りたいと思います。

(休止)

さて、これまで私達が取り組んできたことを振り返ってみましょう。私達は数年前に「ニューアース・シリーズ」と呼ばれるものからお話を始めました。最初にあなた方のガイド達が去って行った、いなくなったという話から始めました。その最初の年には、あなた方のガイド達の話から始めて、地球が意識の中で古いものと新しいものに別れる話をしました。おお、そのことについては、あなた方は以前よりももっとそれを見ています。二つの意識がそれぞれの道を行くときにそれらを見ています。あなた方は未だ二元性にしっかりとしがみつき、そこから戦って出ようとしている人達を見ています。

そしてそれから、他の人達 - ファミリー、シャーンブラの人達、大胆で向こう見ずな人達、自らの神性の本質に移行しつつある人達がいます。これが新しい地球です。これはもはや二元性のことではありません。それは4のバランスを持っています。それはもはやあなた方のことではないのです。「大いなるすべて」のことなのです。

その最初のシリーズでは地球の変化と起こることについてお話しました。いくらか核となる、基本的な考えについてお話ししました。それらはすべてあなたがやって来るであろうものに対して準備をする方法、すべてエネルギーをセットする方法としてでした。この最初の年のこと、この「ニューアース・シリーズ」のことを思い出してください。あなたの生徒に教える時それを思い出してください。彼らが物事が働くやり方を理解する助けとなるよう、いくつかの基本に忘れずに戻ってください。

そして、それから、私達は「クリエーター・シリーズ」に移って行きました。基本的な情報の新しいレベルに移りました。その年には受容について、受け入れることを学び、二元性から出ることを学び、もう投票に行かないことを学ぶことについてたくさんお話ししました。(聴衆 笑) 低い塀の後ろにいるということをお話ししました。後ろに下がっている時にのみ、物事が本当はどのように動いているか理解し始めることができます。そうでなければ、二元性に囚われるでしょう。そうでなければ、本当に物事の働き方がわからなければ、あなた方はどちらかの側に立つでしょう。後ろに下がって、あなた自身をも含めたすべてのことを受け入れることによって、あなた方はどのように物事が創られてきたか学ぶのです。そうして、ある時点で、変容のプロセスにどのように影響を与え始めるのか学ぶのです。

そのシリーズの中で「神性の意志」についてあなた方にお話ししました。そして私達はあなた方のいくらかの方がかなり腹をたて、混乱したことを知っています。どうしてあなたの「自由意志」を手放さなくてはならないかがわからなかったのです。しかし、今は私達があなた方を見ると、あなた方は理解しています。あなた方は日ごとに「神的な意志」とはどういうものかよりもっと理解するように学びつつあります。それは「自由意志」の上に立つ意識です。それはすべてのものを融合し、二元性の答えではなく、最も高い可能性のレベルで答えを求める意識です。「神的な意志」はそれより上の答え、あなた方がこれまであったということさえ知り得なかった答えを求めます。

「クリエーター・シリーズ」では「玄関ドアの前に来るものと踊る」というようなことについてもお話ししました。あなた方は未だこのことと苦闘しているのがわかります。あなた方はまだこのスピリチュアルな物理学を理解しようとしています。それはとても単純なのです。あなた方はエネルギーの存在です。肉体の内にある、しかしエネルギーの存在です。あなたは適切なことを自分に惹き付けるのです。あなた方は外に出て物事を見つけ出さなければならないことに慣れてきました。ハンターであることに慣れてきました。しかし、この神性の空間に入ると、あなたの新しい家に十分グラウンドすると適切なことが向こうからやって来るのです。

あなた方はもっともっと、適切なことがあなたのところへやって来るのを見い出します。あなた方はパニックになったり、苛々したり、通りを行ったり来たり追いかけたりして、答えを求めようとドアを全部叩いたりする必要はありません。あなた自身の新しい家にいて神性の平穏の場に留まっていることを学んでいます。そしてその時が来るでしょう、時には最もちょうどよい時に - しかし、それはあなた方の腹を立たせるのがわかります!(聴衆 笑) しかし、それはあなたのところへやって来ます。そしてその時、あなたがそれとダンスすべき時なのです。そしてその時、あなたがそれらの本を書くべき時なのです。一度、そのインスパイアーされるアイデアを得たのなら。その時、あなたがそのワークをすべき時です。

そして、そうです。あなたが見ているパソコンのディスプレイのようなものを夜遅くまで起きて見ている必要があるかも知れません。そして、朝早く起きて暮らしを立てるために遠く車を走らせる必要があるかも知れません。それはあなたの責任においてです。それは人間天使としてのあなたの役割です。そういうことは私達が代わりにすることはできません。カウルダーがこのチャネリングをキーボードで打とうとする時でさえ、私達はそれが理解できないことを知っていますか? それには混乱させられます。私達が代わりにタイプすることはできません。代わりに電話に出ることはできません。違う町に代わりに車を運転して行くことはできません。あなた方がこういうことをしなくてはなりません。しかし何かがあなたの玄関ドアの前に来た時、悟り、アイデアか、さらには別の人物か、またさらには新しいチャンスか - それとダンスするのは、そのワークをするのは、それからあなた次第なのです。

「クリエーター・シリーズ」では、多くの挑戦的なレッスンをやってきました。あなた方のほとんどには最も深いレベルで挑戦し、多くの方にフラストレーションを起こさせ、少数の方には歓びとなったレッスンでした。

そうして、今やっている、私達が「アセンション・シリーズ」と呼んだレッスンに入りました。それを今やっている訳です。そのうちの最初の3つを終えました。今は、道しるべのようなところに来ています。今からは異なったエネルギーに入って行くでしょう。

このシリーズの初めに、親愛なる友たちよ、あなた方は既にアセンションしていることをお知らせしました。あなた方は既に、あなた方の古い人間の自己とあなた方を隔てていたヴァイブレーション的な線を通り越しているのです。あなた方は既に同じ肉体にいながら、ひとつの生涯からもうひとつの生涯に移っています。あなた方は既に、あなた方のすべての諸生涯の「生の書物」を終えました。もうカルマもなく、契約もなく、ただあなたの選択するどんな方法で創造することができるクリアーな空白のスペースがあります。そして、この集いの初めに言われた言葉を私達はとても喜ばしく思っています。「もしあなたが思い切りさえすれば、思いきったら、あなたはどんなことでも創造できます!」 あなた方はまだそんなに信じられないでしょうが、もし思いきれば、あなた方はどんなことでも創造できるのです。小さいステップよりも、大きなステップを踏み出してください。これは、初めは少し怖い感じがするでしょうが、その違いがわかってくるでしょう。

数か月前、このシリーズの最初のレッスンで言ったことを思い出してください。それはもうあなたのことではないのです。まだあなたのことのようにしか感じられないでしょうが、それはあなたがそうさせているからです。あなたは物事をあなたに影響するようさせています。それはもうあなたのことではないのです。契約はありません。カルマもありません。あなたは今奉仕のためにここにいるのです。全く違った理由でここにいるのです。

そして、それから私達は、あなた自身の神性のオーナーシップを獲得するというお話をしました。私達は途中で実際にレッスンのやり方を変えました・・・というのはあなた方があなた方の神性の概念を持ちつつあったのですが、それを保有するまでにはなっていないのがわかったからです。あなたはそれを考えてはいましたが、それに「なって」はいなかったのです。それであなた方に本当にそれを保有するということを話しました。それはあなた方のものです。私達に属するものではありません。どのような天使、大天使達にも属するものではありません。あなたのものです。それを保有し始めてください。あなたの神性を世話し、育み始めてください。

そして、前回の集いでは闇についてお話しました。闇を解放することについてお話しました。それは解放を求めています。それはあなた方の人生を故意に惨めにするためにあるのではありません。あなた方の内面にはまだこの変容のプロセスを必要としている属性があるのです。「親愛なる蛇よ、お前はどうして道の上にいるのか? どうしてここにいるのか?」と問いかけさせる属性が。その答えを要求してください、この蛇は本当に惨めなものですから。それは本当に解放を求めています。しかしそれはあなた方が本物で、真摯だと知るまでできる限りしっかりとしがみついているでしょう。その蛇はあなたを信頼することができることを知る必要があるのです。そうして、それはその古いやり方を解放することができます。そうして、闇が解放を起こさせるとき、変容が起きてきます。それは、あなたがあなたの真実にいたからです。そうして、新しいエネルギーが吹き出てきます。それがやってきます。それが、今あなた方が通り抜けている、今あなた方が経験しているこの変容のプロセスを始めます。

さて、私達がお話した事柄すべて、私達があなた方からチャネリングしたことに関して考えてみるようにお願いします。このことを考えてみてください。あなたがこのプロセスをあなたの生徒にガイドする時、これらのことを思い出してください。あなたがこの道程で辿ったそのステップそのものを考えてください。

今日はあなた方に全く単純なことをお話ししたいと思います。最初はとても挑戦的だと思うでしょう。とても挑戦的だと。それで今日、私達はエネルギーのグラウンディングをするために特別な時間をとったのです。

すべての解答はあなたの内部に含まれています。それで、あなたは言います、「トバイアス、もしそうなら、どうして私はそれらを感じないのですか、どうしてそれが聞こえないのですか? トバイアス、どうして私が内面に答えを求めると時々間違った答えが返って来るのですか? 時にはクレージーな声が聴こえ、それで耳を塞いでしまいます。それはあまり心地よくないので耳を塞ぎます」と。

あなた方の中にはヴェールのこちら側の私達に話し掛けようとする人がいます。あなた方はチューニングしようとしますが、その周波数を捕まえることはできないようです。それを理解することができないようです。私達は今日ここで、新しい言葉、あなた方と話し始めるようになる言葉についてお話しします。それはあなた方が私達に話しかけるのをお願いする言葉です。それは何にもまして、あなた自身と話すことに使うようになる言葉でしょう。

少し振り返ってあなた方が以前どのように物事をしてきたか再吟味してみましょう。一週間前にお話しした別々の異なった神の探し方をした4人の人の話から例をひいてお話しします。恐らくあなた方はこの内の一人か数人に関係があるでしょう。神を探している4人の人のお話をします。

最初の人は彼女の知性から神を探そうとしました。彼女は優れた研究生でした。彼女は並外れて賢明でした。彼女は知性を崇拝していました。それが彼女の生涯の中で多くのものを果たしたからです。彼女は宗教のすべての本を読んでみました。色々な哲学書も読みましたが、これらはすべて神を見い出すためでした。それは彼女のマインドの中で起こったのです。そして、一週間前にそのグループの人達に話したことですが、彼女は「未だに」神を探しています。

あなた方のマインドの中で神を見つけることはありません。おお、あなた方はたくさんのことを学ぶでしょう! あなたの頭脳を広げていくでしょう。そこにたくさんの情報が詰め込まれるでしょう。しかしあなたの神性を見つけることはないでしょう。本の中に「神」を見つけることはないでしょう。あなたのマインドの中に神を見つけることはないでしょう。

あなた方の処理は、人間として、マインドを通過します。すべてはその漏斗(じょうご)を通っていきます。今、あなた方は新しい方法を学ぼうとしています。あなた方は私達やスピリットと話そうとするとき、人生に起きていることを取り上げ、それをマインドを通して流し込みます。あなた方がすべてのものをそこを通して働かせようとするので、あなた方の頭脳にはストレスと圧迫があるのが私達にはわかります。あなた方はこのことを訓練されてきました。悪いという訳ではありません。しかし今、私達は変容し、新しいあり方に移っていこうとしています。

それから、一週間前にスピリチュアルな規則や規定から「神」を探している人間のことを話しました。この人は牧師で、聖書の理解には熟達していました。彼は、きっちり規則に則っていくことにより、一定の行為を一定の日に一定の方法で行うことにより、スピリットを見出せると感じました。そしてお分かりのように、これは上手く行きません。それが私達が儀式を手放すように、その儀式の歓び以外は手放すようにお願いした理由です。それが理解できますか? この例にとった人がその規則の罠に落ちたように、あなた方がその罠に落ちてしまうので、私達は儀式を手放すようお願いしています。すべての規則を心に持って来たら動きがとれなくなることを知っていますか? 何もできなくなるでしょう! もしあなた方がそれらの規則を注意深く研究していくと、お互いの矛盾点に気がつくでしょう。それらのものは当時の意識に基づいていて、ある一定のグループのためのものです。もしあなた方が2000年と少しの後にこれに従おうとすると、それは傷付くことになるでしょう。というのは、それらは今のあなた方がいるエネルギーには適応しないからです。

あなた方の中には新しいエネルギー、ニューエイジにルールがあると思っている人がいます。例えば、あなた方は時にはとても妙な言葉で私達に話し掛けようとします。mayという語よりcouldという語を使うのに注意しなくてはならないとか。きっちりとなんでも定義しなくてはならないとか。私達はそのように愚かだと思いますか?(聴衆 笑) 私達にあなた方の熱情、あなた方の考え、あなた方の感情が感じられないと思いますか? 私達は本当はあなた方の言葉を聞くことはないのです - 決して。(さらに笑) 私達はあなた方を「感じる」のです。言葉ではありません。あなた方のいくらかは「ノー」とか「ひょっとしたら」とか「たぶん」とかいう言葉を使うのをとても恐れています。あなた方が意味するものは私達は理解します。規則にとらわれないようにしてください。それは二元性です、親愛なる友たちよ、正しいものや間違っているものがあると考えるのは。そして、それではこのアセンションのプロセスを優美に通っていかないでしょう。

そして、感情を通して「神」を探している3番目の女性がいました。私達は彼女が日曜ごとに教会の礼拝に行き、エネルギーを受け、そしてそれを彼女が愛していたという物語を話しました。しかし、彼女がドアから出て1時間かそこら経つと、それは去ってしまうようでした。それは蒸発し、薄れ、消えていきました。週の間には彼女はこのようなニューエイジの集まりにも出かけました。(クスクス笑) 彼女はどの特定の哲学にも関心を持ちませんでした。どの思想のスクールにも固執しませんでした。彼女は集まりに出かけるのが好きでした。めったに言葉を聞くことはありませんでしたが、集まりに出かけ、そのエネルギーの中に座っているのが好きだったのです。彼女はこのエネルギー的な当たりの中で神を見つけられるだろうと思ったのです。彼女は自分の「自己」を保有していませんでした。そしてそれは蒸発していきました。去っていきました。彼女は感情を通して、生じたエネルギー的な当たりを通して「神」を見い出そうとしました。彼女はいまだに多くの集まりに出かけています。しかし、「神」をまだ見い出していません。

4番目の人はあなたが皆さんととても良く似た人です。彼女は勉強しました。規則にも従いました。集まりにも出かけました。そしてそれが彼女を新しい場所に至らせたことを見出しました。それらは素晴らしいものでしたが、彼女は次のステップの用意ができていました。それで、彼女は始めました。内側に行くことを始めました。それはとても単純です。あなた方はこれらを前に聞いたことがあるでしょう。彼女は内側に行き始めました。思いやりを持って、はじめは自分自身に、自分自身のための思いやりを持って聴くことを始めました。何と素晴らしいことでしょう! 思いやり深いことは何と勇敢なことでしょう! しかし、その時私達が言わなかったことは、そして今日これからあなた方にシェアすることは、彼女がどのように聴いたかということです。

私達は、しばらくここにあなた方と座ります。少しお話を休みます。あなた方にあるエネルギー、ある感覚を送ろうと思います。しばらくそれらに心を開いてください。たとえこれらの言葉を読んでいる場合であっても。私達はしばらくこれをするために時間をとります。私、トバイアスがあなた方一人一人に送るエネルギーにあなた自身をただ開いてください。

(休止)

 


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.