289402 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

老後を楽しく!社会貢献!自由に!健康にご注意を!

PR

Profile


kuki5992

Recent Posts

Calendar

Category

Freepage List

2019.10.08
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

毎食の食材を吟味したり、糖質量やカロリーを計算したりするよう栄養士から言われても継続は難しい。

医学博士の青木厚さんが提唱する「空腹の力を活用した食事術」を取り入れてみた。

「何を食べるか?」よりも、「食べない時間を増やす」ことに注力したほうが、はるかに人体にとっては有益だと青木さんは主張してます。

ではどんな「食事術」何だろうか。


その方法は「連続16時間の空腹時間」を確保するというものだ。

その16時間には睡眠時間を入れても良いという。

つまり、睡眠時間が8時間の人ならば、起きている間の8時間、ものを食べなければいいということだ。


たとえば、朝6時に朝食をとる人ならば、昼食を抜いて、夜の22時に夕食をとる。これで16時間の空腹が達成される・・・・これを私は取り入れている

あるいは、朝10時に朝食をとる人ならば、昼食を抜いて、夜の18時に夕食をとってもいい。

いずれにしろ、24時間のうち16時間連続の「空腹時間」を確保できればOK。


2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した東京工業大学の大隅良典栄誉教授の研究テーマだった「オートファジー」。
「食べない時間が16時間に達する」と、このオートファジーが活性化することが判明したという。


いきなり毎日辛いという人もいるはずだか、
週に一度でも、「16時間の空腹」を試すのもいいだろう。

日常の「食べすぎ」がもたらす害が取り除かれ、蓄積した疲労が解消するのである。


また、空腹の時間をつくると、自然と一日の総摂取カロリーが減ってくる。そうなると筋肉量も減ってくることになる。そして、基礎代謝量が減り、逆に太りやすい体質になってしまう可能性があるから
無理のない範囲で1日の中に筋トレを取り入れたほうがいいらしいので
毎朝ラジオ体操と筋トレを実践している。

もし、最近疲れやすくて、食べ過ぎで胃腸が疲労していて、と感じているなら、「16時間の空腹」と「簡単な筋トレ」、これをまずは1日実践してみてはどうだろう。

自分の食生活習慣はもとよりその他を見直しています。







Last updated  2019.10.08 20:47:23
コメント(2) | コメントを書く

Comments

kuki5992@ Re[1]:防災訓練(11/10) scotchケンさんへ 避難されてきた方々でト…
scotchケン@ Re:防災訓練(11/10) ★何かの時のために必要なことですね~。 …
kuki5992@ Re[1]:易しく教えます!スマホ(10/14) scotchケンさんへ 通信料は、来春以降か楽…
scotchケン@ Re:易しく教えます!スマホ(10/14) スマホの扱いの分からない人には福音でし…
kuki5992@ Re[2]:わかってない人が多いんですから(10/12) scotchケンさんへ 米国の車社会に憧れいち…

Favorite Blog

孫子成長 New! ギンリョウソウさん

政治や行政が私物化… New! 保険の異端児・オサメさん

「 阿弥陀籤(くじ… New! 喜文治さん

大都会の愛と死 (13)… New! 神風スズキさん

いちろう銘柄125%U… New! えむ5678さん

世界遺産の町コルド… New! きらら ♪さん

よく寝た。ぼーっと… New! さそい水さん

そうして寒風が・・・ New! scotchケンさん

Headline News

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

・2019.08
・2019.07

Rakuten Ranking


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.