2648341 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

imimiのリトリーバル日記

ピラミッド・エネルギー

2009.2.16 の記事から

私はいつものようにヨガを終え、就寝中に強化リーボルを作っている最中に、スフィンクスとピラミッドが見えてきました。

まさかとは思いましたが、何かに促されるように私はそのイメージに乗っかっていきました。

すると、画面の左側のところに人がいるのに気づきました。

「イシスさんですか?」と尋ねると、「そうだ。」と答えました。

「イシス」というのはエジプト神話の女神の一人のようですが、実在する人物のようですね。

私達は、一緒に歩きながら、再びあの回廊へと向かって進んでいくみたいでした。

イシスさんに「あの回廊ですか?」と聞くと、そうだと言います。



画面が変わり、回廊に入りました。

イシスさんに回廊の長さを聞くと、250mくらいあるみたいです。

イシスさんによれば、ここの入り口は自分達が厳重に管理しており、ここの入り口を開けるためには、霊的な「鍵」が必要だということでした。

「それはどこにあるのですか?どのような仕組みで開くのですか?」と尋ねると、

鍵が必要だと言うのは一つのもののたとえで、実際にはイシスさん達が、人類の霊的進化の程度を見極めたうえで判断するということのようでした。

イシスさんによれば、「我々としては、人類にできるだけ早く秘法を渡したいのだ。すべては人類次第なのだ。」とのことでした。



私は次に、アトランティスが浮上する具体的年代について尋ねてみました。

すると、イシスさんによれば、それは今から250年後だと言われました。

この250年という数字は、以前イシスさんから人類が霊的成長を遂げるのに最低限必要だと言われた数字でした。

アトランティス大陸が再浮上する場所は2か所で、1つは、カリブ海で、もう1つは太平洋だということです。

太平洋は、以前ムー大陸があった場所に再浮上するとのことです。



次に私は、先日言われたユカタン半島付近に隕石が落下する可能性について聞いてみました。

イシスにそのことを聞いてみると、「隕石が落下することはありうる。」と言われました。

私は、その「ありうる」という言葉に注目し、それはどういうことかと質問しました。

すると、イシスさんは、「絶対ではない。現在(という時間)が我々の意思にかかっているのと同様、未来も我々の意思にかかっているのだよ。つまり、未来(の隕石落下)は君達の意思にかかっているのだ」と言われました。



さらに私はイシスさんに、ピラミッドと未知のエネルギーについてもう一度聞いてみました。何か情報が得られるかもしれないと思いましたので。

すると、「現段階で詳しい内容を公表できないのは前に話した通りだ。」と言い、続けて「ただ、ピラミッドには、霊的エネルギーを得る方法もある。それが人類の進化につながっている。」とのことでした。

「それを得るための方法は?」

「ピラミッドの構造に着目するといい。何か気付かないかい?」私はピラミッドを3次元空間上にホログラフィック的に投影し、それを食い入るようにして見てみました。

「もしかしてピラミッドの3辺の比から導き出される地球と他の惑星との関係ですか?」

「そうだ。ピラミッドから霊的なエネルギーを効率よく取り出すためには、その時々の惑星間の位置関係が重要なのだよ。」



私はいまだになぜ自分がこのような答え方をしたのかはわかりません。

ただ、いつも私が共同探索をさせていただいているAさんとの間でピラミッドの話題が出ることが多く、普段から私はピラミッドについての情報をネットで調べて見ていました。

今回、たまたまその惑星間の関係について気になったのです。



「それは、2012年における惑星間の位置関係ですか?」

「それもある。だが、他にもたくさんある。ピラミッドから霊的なエネルギーを引き出すために最適な惑星間の位置関係は、これから何度か訪れる。その機会をうまく利用することだ。」

なお、ここでいうピラミッドとは、ギザの3大ピラミッドに限られないと思われます。

要するに、いかなるものでも、それが正確なピラミッド構造をなしているものであれば、地球上のいかなる場所においても、同一のエネルギーを取り出せる可能性があります。



つまりイシスさんによれば、ピラミッドから取り出せるエネルギーには2種類あって、

1つは、霊的な生命エネルギー、もう一つは、霊的な生命エネルギーをある特殊な方法によって物質的なものに変換されたエネルギーがあり、前者は今すぐに人類に公開でき、それをうまく引き出すコツは惑星間の位置関係に着目することである。

それに対して後者は人類が精神的にも霊的にも成長してからでないと公開することはできない、このようなことではないでしょうか。



具体的な惑星の位置関係ですが、太陽系の模型を示されまして、太陽系の各惑星が一直線に並んだ時が最もよい状態らしく、そうでなくても、特に水星と金星の位置が重要だそうで、このいずれかが地球と太陽の直線状に来る時がよいらしいです。

あと、月の満ち欠けも重要だと言われました。

ピラミッドは、3辺の比が正確のものであればどんなものでもよいとのことです(イメージでもよいみたいです)。

他方で、ピラミッドと人とのチャクラの対応関係も重要になってくるようですが、これについては説明を受けましたがうまく把握できませんでした。

具体的なチャクラの位置よりも、チャクラを使った時の共鳴関係の方が重要な気がします。



なお、なぜイシスさんがこのような具体的な情報を知り尽くしているかは、もちろんイシスさんをはじめとする人々がピラミッド建設に関わったからでしょう。

それを今、私を通じて人類に公開しているのだと思います。

ちなみに、私の限られた過去生探索だけから見ても、私も過去生においてスフィンクスやピラミッドの建設にかかわっていた可能性があります。



今、私がこのように情報公開のお役目を授かっているのは、過去生でそれらの建設に関わっていたからかもしれません。

そのように霊的に縁のあるものが、たまたま救出活動をするようになったから、いわばメッセンジャーとして利用しているのか。

あるいは、霊的につながりがあったから、私が救出者になることが最初から計画されていたのかは定かではありませんが。

いずれにしても、イシスさんは、私のようなものが現れることを待っていたのは間違いないようです。



最後に、私はイシスさんに、「私が人類のために役立てることはありますか?」と聞きました。

するとイシスさんは、「君は今でも十分よくやっているよ。君の今のリトリーバルを続けるといい。あとは、人類が、君の手助けに注目してそれを利用できればよいのだが・・・」

「私の手助け?」「そうだ。君は、我々の代表なのだよ。我々の霊的家族と言ってもいい。」



最後に私はイシスさんに、「また何か知りたいときは、ここに来てもいいですか?」と聞くと、イシスさんは「もちろんだよ。」と答えてくれました。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.