000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

千龍の爪

全8件 (8件中 1-8件目)

1

学習参考資料

2017.09.12
XML
カテゴリ:学習参考資料
​​​airmoreとは 2017.09​

​​
airmore(2)​ Youtube







最終更新日  2017.09.12 21:22:10
2017.09.11
カテゴリ:学習参考資料






最終更新日  2017.09.11 23:08:25
カテゴリ:学習参考資料






最終更新日  2017.09.11 23:07:57
カテゴリ:学習参考資料

SMS利用例






最終更新日  2017.09.12 21:27:50
2017.09.10
カテゴリ:学習参考資料
Youtubeアップロードした動画の削除​
YouTube アカウントにログインします。
右上のアカウント アイコン > [クリエイター ツール] をクリックしてクリエイター ツールに移動します。
左側のメニューで [動画の管理] > [動画] を選択します。
削除する動画の横にあるチェックボックスをオンにします。






最終更新日  2017.09.10 22:48:15
カテゴリ:学習参考資料
SMSを見直そ

  1. http://www.airnet.jp/aiolite/

  2. SMSサービスの概要​​ ​SMSの利用飛行機会社
  3. SMSの利用の概要
    1. 納期の連絡
    2. 訪問日時
    3. 家賃等の支払い最速
    4. 講座に引き落とし
    5. キャンペーン案内
  4. ​緊急連絡​
  5. ​Webサイトへの誘導​






最終更新日  2017.09.16 00:04:01
2016.03.04
カテゴリ:学習参考資料

 デジカメ撮影会内での公開講座

**Onedriveで写真やり取り**

  • 2016年2月17日(木)は、NPO法人ちばインターネット普及会のバス旅行兼デジカメ撮影会です。

  • 普及会のバス旅行はデジカメ写真撮影会を兼ねていますので、バス内で行う公開講座が並行行われます。そのため一味違ったバス旅行なのです。これが普及会の大きな特長の一つなのです。

  • 今回は一眼レフ、デジカメ写真、スマホ・タブレットで撮った写真を多数のメンバーと一緒に、インターネットで見ようと云う企画です。すなわちインターネット上の旅行写真集作りとでも言いましょうか。

  • 皆で旅行した写真を皆で見て楽しもうとの企画です。それも即掲載することも出来ますし、グループの人なら自分で写真を追加させることが出来るのです。(編集可能)

  • 実際にスマホ・タブレットでやってお見せしながら短時間ではありますがバス内で易しくお話していきます。すでに知っておられる方は再復習になりますが、協力お願い致します。

  • 今回利用するのはマイクロソフト社のOndriveと云うインターネット上の倉庫(Webストレイジ)です。

  • マイクロソフト社のOndriveはWin8.1、Win10のオフィスの中心になっている機能です。今回は写真をストックしますがワードやエクセルのファイル、動画ファイル、音楽ファイルでも利用できる最先端の技術です。一般にクラウド技術と言っています。

  • 皆さんにはこのOnedriveを取得してもらいます。が、バス内では無理ですので今回は講師の説明を種にして、今後の目標にして下さい。

  • すでに学んだ方は再学習になります。利用の方法を中心に学習して下さい。

  • Ondriveに入れた写真は多くの方と共有してみることが出来るのです。今回は普及会のOnedriveを利用してバス旅行の写真集を作り皆で楽しもうとの企画です。この技術を拡張していけばパソコンでもスマホ・タブレットで共有して見て・編集することが出来るのです。将来は家庭のTVでも共有できる時代が来ることはそこまで来ているのです。

  • バス内で講師が実際スマホで行っているのを見て今後の課題にしていただけましたら幸いです。そのためには各自Onedriveを持ってもらうことになります。その条件はOutlookメールを登録が必要になってきます。持ってない方は帰宅後ぜひお取り下さい。

  • 各講師も指導しますし、知っておられる方の指導を受けても良いでしょう。

  • Onedriveはオフィスの中核になっているもので、オフィスをクラウド化させた立役者です。スマホ・タブレットで写真を撮るとWI-FI環境のもとでは自動的に写真やファイルをOnedriveに送ることが出来ます。そのため色々なデバイス(スマホ・タブレット・パソコン等)で同時に利用することができるようになります。海外でOndriveに写真を載せれば即日本で見ることが出来るようになり、友達と共有出来るようになり旅がより楽しい物になります。

  • この文章はスマホ・タブレットでも読みやすいように工夫されていますので、ぜひスマホ・タブレットでも御覧ください。

  • バスに中では短い時間の講座になりますが、新しい知識を習得して楽しい旅にして下さい。








最終更新日  2016.03.04 23:19:18
2016.01.25
カテゴリ:学習参考資料

 FacebookとTwitterの違いについて(211)

 

  • TwitterもFacebookも世界的に大きな広がりがなされております。

  • 地域活性化や高齢者・高齢者の第三のコミュニケーションツールとして利用出来るのではと思い、NPO法人ちばインターネット普及会では実践研究・研究を続けております。

  • TwitterはEメールを改良したコミュニケーションツールでFacebookはmixiの英語版コミュニティだと言われております。

  • しかし使ってみますと色々な機能がお互いに付いておりますので一概にそうも言い切れません。またスマホ・タブレットで手軽に利用できますのできますので、慣れてしまえば今後の高年者・高齢者の通信手段として素晴らしい威力を持っていると信じています。

  • 日本ではmixi、Greeと類似したSNSが発表されていますが、今回はFacebookとTwitterに的を絞って述べたいと思っております。

  • 国際交流を目指す人も、パソコンの翻訳機能(無料)を利用すれば活躍することが出来ますので、軽いビジネス交流にも使えることが、Facebook&Twitterの特徴です。

  • 今の翻訳言語アプリは50カ国以上にわたって利用できますので、短い文章なら文章なら判別しやすい言語に翻訳をしてくれますので外国人との交流も可能です。

  • <Facebook>

  • Facebookは、元々が遠くはなれた友人、会社の同僚、同窓生を捜せるのことが特徴ですから登録名は本名で登録することが原則になっています。 Facebookでは、知合いの仲間を同士が一歩踏み入れた会話や意見交換することに向いて居るのです。

  • 再度申し上げますがFacebookの基本理念からプロフィールが架空の名前では参加する意味もありませんし、アカウント自体が排除されることもあります。

  • そのため同じ趣味の人や不特定多数の友人との友人を作ることにはやや不便な面があるかもしれません。

  • Facebookこのような考え方に立っていますが、友達を軽い形で分類することが出来ます。これを「リスト」と言います。但し、リストは「通知画面」に区分けして標示することがが目的ですので、リスト意外の人に内緒にすることは出来ませんのでこの点誤解しないように理解するようにして下さい。

  • Facebookは内緒に通信する機能が2つ付いております。一つは「グループ機能」、2つめは「メッセンジャー」です。

  • フループとは同じ目的や職務に携わっている人々が集まった部屋なのです。この部屋には鍵のかかた部屋と鍵のかかってない部屋があります。これはかなり重要な機能です。しかもグループに参加していない人には「通知」が届きませんし、内容を見ることも出来ません。

  • このグループを利用するといろいろな団体活動がスムーズに行きます。電子メールで普通10~20人以上のグループメールを出すと大抵迷惑メールとして送信してしまいますので不便してしまいます。この点Facebookのグループではありませんのでとても確実性があり便利です。

  • <Twitter>

  • Twitterの名前=Twitter名はアダ名でも結構です。

  • Twitterの特長は、検索の充実にあります。ビッグデーターの利用が一般の市民に容易に行えると言う優れた特長があるのです。

  • 逆にtwitterには携帯電話メールの様なダイレクトなコミュニケーションとか個人的な緩いコミュニケーションが成立しますがしかしFacebookの様な深いコミュニティや議論感覚は強くありません。

  • ビッグデーター検索を可能にしているには140字以内の発言をルールにしているからでもあります。

  • このTwitter検索機能の素晴らしさがTwitterを支えているのです。このことを理解しないとFacebookとの差を理解することが出来ないと同時に利用する楽しさを理解できないのです。

  • このTwitter型ビッグデーターの利用に慣れるともう手放なせません。
  • 嫌な相手のコメントはfollowを外せば良いですし、好きな人、好きなジャンルに関わる人だけをfollowすれば一定の情報源収集ツールとして役立ちます。

  • しかしtwitterにも弱点はあって、コミュニケーションが軽い緩いゆえにFacebookのようなシリアスなコミュニケーション(検討しあう)には向いていません。

  • FacebookをTwitterの様に利用することは可能ですが、なにか違和感を感じさせる面もあります。TwitterをFacebookの転送できますのでよくFacebookでもTwitter型発言を見ることがあります。

  • Twitter検索機能を利用すれば、同じ趣味やジャンルをハッシュタグ等の機能を利用すれば同類者のリストを作ることが出来ます。これも楽しさの一つです。

  • Facebookの実名によるシリアスなコミュニケーションは、やや重い感じはしますが、理屈っぽい日本人には良いのかもしれません。しかし、自分の名前を出さないことを望む人々にとっては軽いTwitterに慣れることも大切ではないでしょうか。

  • 私は高齢者にはこの面でTwitterをおすすめしたいのです。たtだた今の気持ちをつぶやいてもらいたいのです。

  • Twitterのような軽いつぶやきによる情報提供は、検索機能の優れたTwitterでは大きな威力を発揮します。一般の人のビッグデーターの活用としては優れたツールになると言えましょう。

  • Twitterにも特定な人とナイショ話をすることが出来ます。これはダイレクトメール(DM)と言います。当然、複数人のナイショ話も出来るようになっています。

  • 今の重要なニュースも号外より早く知ることが出来るようになっています。ビッグデーターの威力です。

  • 日本人の生活習慣にはこのような情報交換がないということも、悲しい現実です。

  • TwitterでもFacebookと同じように「リスト」を作ることも出来ます。Facebookでもグループダイレクトメールを作ることが出来るのです

  • 高齢者の皆さん今の自分を仮名でツイートしませんか?今の状況を知らせて見ませんか?

  • NPO法人ちばインターネット普及会は高齢者の味方です。

  • 戻る






最終更新日  2016.02.02 08:31:03

全8件 (8件中 1-8件目)

1

PR


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.