1078902 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

いなほBulls CHOの日記

PR

プロフィール


Bulls-CHO

コメント新着

1xbet.com日本@ 1xbet.com(ワンバイベット)と貴社との提携依頼 担当者さま はじめてお便りをさせてい…
Bulls-CHO@ Re[1]:斧(10/09) モギアキラさんへ 友人に紹介してもらった…
モギアキラ@ Re:斧(10/09) どこのメーカー? 自分はハスクの斧使って…
Bulls-CHO@ Re[1]:なんて読みますか?(09/05) H.Sさんへ なるほどです 返信遅くなってす…
H.S@ Re:なんて読みますか?(09/05) たぶん「宮城」のようです。難しい…。 Ol…

お気に入りブログ

フリーページ

カレンダー

宮城県北部、現大崎市が合併する前は、この地域を大崎地域と呼んでおりましたた
その大崎地域に誕生した、県内では初の現役・不惑合同クラブです
現在、自分たちのグラウンドを全て手弁当にて造成中
タグの指導などを通じて、地域に密着したラグビークラブを目指し活動しています

経験不問にて、選手、マネージャー募集しております

連絡先は0229-63-5816・長曽我部動物病院まで

オフィシャルブログはこちら → http://blog.goo.ne.jp/inahobulls
2018.12.12
XML
カテゴリ:薪ストーブ
薪ストーブをロケットストーブ化しようと考えたのにはいくつかの理由がある

こちらがロケットストーブの模式図である



普通にロケットストーブを作ってもよかったんだけど、見てわかる通り焚口=薪の投入口が狭い

そのため、何度も薪を投入に行かなくてはいけないし、その感覚は驚くほど短い

そこで薪ストーブ自体を焚口と考えて、ロケットストーブ化することを考えたのだが、現段階でその仕上がりは中途半端と言わざるを得ない

ロケットストーブのもう1つの利点は、火力が強いので煤やタールがほとんど出ないところだ

煙突掃除の頻度が減ることも利点であると考えた

上図を見ると焚口が断熱されていることが必要なのかもしれないなと気が付いた

薪ストーブ内の断熱がうまくいけば、もう少しその性能を引き出すことができるかもしれない

事務仕事が終わったので、仕事の合間に試行錯誤が始まるね






最終更新日  2018.12.12 09:40:54
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.