429079 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

イナミノニマニ〓INAMINONIMANI

PR

全85件 (85件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

歴史とか民俗とか

2021.05.13
XML
カテゴリ:歴史とか民俗とか
八條忠基さんのツイートから
『宇津保物語』や『源氏物語』にも登場する、最古の和菓子と呼ばれる「椿餅(つばいもち)」を作ってみました
https://twitter.com/EeoduLzbYVjTprk/status/1392687755973468160?s=20

◆◇◆◇◆◇◆◇
これは御公家さんのだけど、身分は違っても同じことだったろうね。
葉っぱは保存防腐、型崩れしないようにとか。







Last updated  2021.05.13 15:40:48
コメント(0) | コメントを書く


2011.11.18
カテゴリ:歴史とか民俗とか
 先日、兵庫県警が兵庫護国神社に山口組の年初の祈祷の拒否、兵庫神社庁に対して他の暴力団の集団参拝の拒否を要請したと報じられた。
私は、これを知ってから寝付きが悪くなった。
ヤクザが自粛したり、寺社が個別に断るのは自由。
でも暴排条例の趣旨を察してと言うなら、最高法規たる憲法に信教の自由をうたうのは何故か、権力濫用を禁じるのは何故か・・
 自転車の件は、警察が前に出て、道路整備が進むなら良いかと思う。

 この件は警察だけでなく、神社本庁がどう取り組むのか気になっていた。
帝国時代とは違い、背広組が居なくなって良くなっている事が、今回もあきらかになった。
昨日の兵庫神社庁の役員会で、集団参拝は断り、個人参拝は受入れると。
帝国時代の轍を踏んではならない。
特に靖国、護国神社は、やすけき国を守る為に殉じた方を祀る所なのだからこそ、何人の参拝も受入れるべきだ。

 今日の朝日で比叡山は、今年6月下旬、歴代組長の位牌への参拝を、遺族を含めて断る旨を伝え、7月上旬に山口組側が承諾回答したと報じている。
全日本仏教会は12月の理事会で、暴力団排除対策の再確認をすると言う。
それに対して、神社本庁は「暴力団の団体名による祈祷祈願については慎重に扱うよう留意すること」を都道府県神社庁に求めたそうな。

 寺社の歴史の中で、賭場とか出店、それらと博徒、テキヤ系との関わりの歴史を思えば・・・とか、比叡山なんか僧兵で都荒らしてた時期無かったかしら・・とか色々思うわけで。
私は、今まで、ヤクザをを暴力団と呼ぶのは如何なものかと思っていた。
でも、この山口組が比叡山の要請を受入れたことで、何だかなと思った。
遺族の人達がお参りできないというのは、差別じゃないだろうか?
先月、産経の司忍氏「一問一答」からすると、この対応は如何なものか?
忠叡氏は、どう思われてるのかな?






Last updated  2011.11.18 17:18:14
コメント(2) | コメントを書く
2011.02.25
テーマ:ニュース(97631)
カテゴリ:歴史とか民俗とか
 奈良県桜井市の茅原大墓古墳で、盾に人の頭を乗せた4世紀末ごろの盾持ち人埴輪が見つかったそうな。人物埴輪としては国内最古。
はにまる王子の世界やがな。なんかにっこり笑って楽しそうに見えるな。カワイイいうてさっそく話題になっとりますなぁ。実際は不気味に高笑いする暴虐野郎かもしれませんが、埴輪って微笑ましいのが多い。墓に埋めてるけど、おどろおどろしくない。そういや内にも埴輪があるよ、馬だか犬だか、どこかの博物館いったときに買ったんじゃ。どこの出土か忘れたが、出雲方面だったかな・・・






Last updated  2011.02.25 12:34:44
コメント(0) | コメントを書く
2010.09.18
テーマ:ニュース(97631)
カテゴリ:歴史とか民俗とか
 明日は鈴木邦男ゼミin西宮。
鹿砦社主催。紙爆には定期開催したいというように載っていた。

 またかと言われそうだが、昨年末の二次会でも、私が知らないその青年は来ていたのではないかと感じた。下中さん、生前面識はないのだが、清純律義な見守ってくれてい気配を感じるのだ。確かご両親帰られていたはずだが、もっと広い仲間という事だろう。
あの時は、お開きの時、松岡社長からいただいた名刺を、すぐに返すなどという失礼な事をしてしまった。
 朝日阪神支局のかたも来られるらしいが、そういえば、かなり前の一水会フォーラムで赤報隊事件について邦男先生が語ると言うのがあって上京した事があった。
読売阪神支局の記者さんが来られていて、被害者のお二人の記者についてどう思うかと聞かれて、「別に・・・」(もちろんエリカ様でしたっけ、そんな風ではないですが)と応えてしまったのは、未だに申し訳なかったなと思っている。

 久しぶりに、楽天つながりの、旅田元和歌山市長のブログ見ると、今、加古川刑務所だとか。なんと近い所に・・・
私は、楽天リンクスというので、繋がってるだけで旅田氏本人とのやりとりはないまま収監された。今ブログ運営されている人は、楽天で知り合ったブログ仲間の方らしい。
先日、収監、失職した鈴木宗男氏同様、私はこの人についても魅力的だと思うが、上告棄却された件について支援するかというと、それはまた違うから、と思っている。

 一方で松岡社長や邦男先生に対しても、自分とはかなり違う人達だと思うが、捜査、司法の判断や運用についてはキツいよなと思ってたりもする。






Last updated  2021.06.06 01:10:56
コメント(1) | コメントを書く
2007.04.26
カテゴリ:歴史とか民俗とか
 姫路は、秘め地。姫路城が建つ姫山は、播磨風土記では日女道丘(ひめじおか)が姫山となったとし、その語源は、蚕子(ひめこ)より来ているという。ヒメ・蚕からは、天照大神=大日?貴(おおひるめのむち)・日を祀る巫女=棚機つ女(たなばたつめ)・紡績の神。というのと同じ香りがする。後に、ここが軍事拠点となり、最後には要塞というより、武家支配の象徴としての宮殿と言える大城郭が築かれたのは、古代より、それらの事は、定められていたのかも知れない。
 それらの政は今も続いているようで、姫路城、姫路駅、姫路市役所が南北に等間隔に並んでいて、北の延長線上に、広峰山、南には姫路最大の川・市川の河口。もちろん、城と駅は大手前通りで結ばれている。姫路の町は四神相応の配置になっている。東に市川、南に播磨灘、西へ山陽道(今の国道2号)、北は広峰山。古代の国衙等は、市川より東の御着辺りだったのだろうが、現在の姫山にある姫路城を中心にすると、市川は、この辺りで一番大きい川なので青龍に相応しい。山陽道は都から続く道とは言え、播磨は古代行政区分の山陽道の最東の国であり、その都の姫路から西へ白虎の大道・山陽道が伸びているとも言える。北の広峰に広峰神社がある。ここは中世に京都の八坂神社と本家争いをしていたほどのお宮。本殿裏の「九穴」
、ここの案内板では、スサノオ=牛頭天王、陰陽の九までしか書いてないけど、播磨と道満の絡み=九字・陰陽・修験って流れも濃いように思う。ここも薬売りが多かったようで、播州は道満ブランドの薬師が少なくなかって事を思えば・・






Last updated  2007.04.26 23:57:23
コメント(6) | コメントを書く
2006.12.02
テーマ:ニュース(97631)
カテゴリ:歴史とか民俗とか
 和歌山市の国特別史跡・岩橋千塚古墳群の大日山35号墳で、前後両面に顔のある人物埴輪の頭部が出土。二つの顔を持つ人物の埴輪は全国で初めてという。この辺りは紀氏の拠点だったそうで、今までにも翼を広げた鳥の埴輪とかたとは形の違うのが色々と出土しているそうな。二つの顔は、二元論的世界観を表してるのか、一人の精神世界の中に常に矛盾する方向性を内包しているということかな・ 古墳にあったことからすると、被葬者を守る為の物だから、例えば、黄泉の国で昼夜二交代制で片方の顔が起きて働く呪術者とか?  頭の中身はデュアルプロセッサか、デュアルコアプロセッサか? 後者かな。それとも常時、二つの顔が起動していて、時々、力を合わせて、一人でデュアルスピリチュアルパワーー~ッ なのかな?


 和歌山県教委は1日、和歌山市岩橋の特別史跡「岩橋(いわせ)千塚古墳群」の大日山35号墳(6世紀前半,前方後円墳)から、一つの頭の前後に顔が二つある人物埴輪が見つかったと発表した。顔が二つある埴輪の出土は全国初。同じ古墳から翼を広げた鳥形埴輪が出土しており、同県教委は「人物や鳥などの埴輪を並べ、儀礼が行われていたのではないか」とみている。2005年度の発掘作業で、素焼きの破片を多数発見し、うち十数点をはり合わせて復元した。頭部のみで、首を含めた高さは約19cm。顔立ちはともに鼻が高く、一方は目尻が上がり険しい表情。上唇の中央で縦に切り込みがある。もう一方は目尻が下がり、口をわずかに開けて穏やかな表情をしている。いずれの顔にも、ほおと額に葉や矢印などの形の入れ墨らしい線が彫られ、下げ美豆良(みずら)という、おさげのように両耳へ垂らす男性の髪形をしている。奈良県立橿原考古学研究所付属博物館の千賀久主幹は「極めて特異な埴輪だ。近畿の中心だった大阪や奈良から離れた和歌山の埴輪の制作者が独自の表現をしたのではないか」と話す。岩橋千塚古墳群には約700基の古墳があり、大日山35号墳は有力豪族・紀氏の首長の墓とみられている。24日まで同市岩橋の県立紀伊風土記の丘で展示される(月曜休館)。






Last updated  2006.12.03 02:32:45
コメント(8) | コメントを書く
2006.06.08
カテゴリ:歴史とか民俗とか
 先月から、いつユーロの調整があるか、ドル買い戻しは終わるかとか気になっていたのですが・・ 今日の、ひまわり証券の、朝の為替ニュースの所には、私が期待している展開に合わせたかのようなネタが並んでます。
 先月から、ユロドルブレイクを気にしていましたが、お盆あたりまで、金利差相場復活で円安となってくれればなぁと思います。これで、今月新しい日銀審議委員が、ゴールドマンサックス出身の人だったりしたら、笑ってしまいます。
 日経のマーケット面の記事も、当然のように書いてましたが、相場って映画の宣伝とかオカルト絡みが多いような・・ 日本に限れば、次はトリックとゲド戦記か・・ オーメンについては、未来が終わるというのから、先物で何かあるかと連想しましたが、何の先物が注目するのかと思いきや、倖田來未の乳でも見とけってことやっんかなぁ・・ トリックは、シグナルが多過ぎて、エブリタイムエブリリトルシング全部重要に見えてまうんよなあ・・・ とりあえず原点回帰で世界の各相場は「貧乳、巨根、ヅラ」の三点セットまたは、いずれかがテーマになるのか? そして、ジブリとの日柄のカブリ具合・・
とにかく、妄想力でNZドル円で、キーウイ売りから買いに転換しておいて良かったと思い始めてる。
為替については、未来は終わった、今が始まる・・・ 先行き不透明すぎるので、先ずは現在の金利差に利用しましょうやつて向きが多くなれば、しめたものです。当たるも八卦 はずれるも八卦、諸葛八卦村・・・






Last updated  2006.06.08 08:24:28
コメント(3) | コメントを書く
2006.06.02
カテゴリ:歴史とか民俗とか
 今月は、NZドル円、キーウイ買いでいこうかなと思ってます。
 かなり下げましたね。日足のRSI,MACDでは買われ過ぎになってましたからね・・ ウリダシの話に気をとられ過ぎてました。ちょっと上げたら利食い、それから拾い買いしようと思ってたのですが、そのまま買い下がりになるかも。
1997年の急落後や、その他の大幅下落後の月足と、この半年の月足、週足からも、過去の大幅下落後もNZD投資が戻って下げ止まっているのだろうと思いまして。参考にしている三菱フューチャーズの藤井氏の為替展望でも、「NZD建て売出債が2005年1~3月には200億USD発行されたものが、本年同期では1月にUSD建てで6億USDのみに止まり」とあって、やっぱり、NZDの場合は、ウリダシの要素が大きい、そして、これ以上は減らない、逆にウリダシが復活と。
 金利については、NZDが上げれば利上げはしないでしょうけど、インフレ抑制の利上げの方がありと思ってます。ここ2ヵ月の指標を見ても、キーウイ安で輸出は持ち直して来てるし、NZD/USDは、0.60割れはかなり少ないかと。ドルについても、金融の大物ポールソン氏を財務長官に選んだのは、ドル安誘導は穏やかにしようということで、急落や急騰を防ぐというサインと思うし、金や原油も同じで、大相場は無しと。NZDについても、昨年から今年にかけての調整と見るなら、半値戻しか、黄金比率から、0.66付近もあり、ドル円も、ドル買い戻しを狙います。






Last updated  2006.06.05 12:02:15
コメント(6) | コメントを書く
2006.05.01
カテゴリ:歴史とか民俗とか
 読売の一面の下の方に載っている「おちこち(遠近)」に、ここ数日は「播州・佐用」で、佐用町の道満塚が載っていた。晴明塚もあると書いていたが、当然ながら、道満塚の方の写真が載っていた。私は、まだ行ってないんだよな・・ ちなみに、この道満塚は、江戸時代後期、寛政年間再建された物、晴明塚は室町時代前期の物。また、佐用では、両者が戦ったとされる所がいくつかあり、道満が破れたとされるが、なぜか晴明塚がある。佐用は、播州でも西の方だけど、備前方面でも、やはり両者の塚が並んでいる所があったりもする。佐用の場合は、かなり離れているけど、確か川を挟んで向かい合ってたような・・ 他の言い伝えと、両者合わせて「どうまんせいまん」という陰と陽ということが習合されてるいのだろう・・
 
大阪読売・遠近(おちこち) 平成十八年五月一日
http://osaka.yomiuri.co.jp/otikoti/ot60501a.htm







Last updated  2006.05.03 22:03:06
コメント(0) | コメントを書く
2006.04.15
カテゴリ:歴史とか民俗とか
 レオナルド・ダ・ヴィンチさんの555回目のお誕生日だそうで。だいたい、私達が、外国人の名前をカナ表記する時、ミケランジェロ、とか姓の方だけ書くと思うけど、この人は違う。ヴィンチ村のレオナルドって意味の名前からもわかるように、名家の出ではない。

 映画「ダ・ヴィンチ・コード  THE DA VINCI CODE 」の世界同時公開が、あと一月ほどに迫っての、誕生祭ということで、公式サイトでは、いろいろ始まってますね。

 ダ・ヴィンチというと、自らの様々な嗜好が、当時の基準では異端とされるものであったり、肉体的iも様々な疾患に悩めばこそ、それを思索や研究の原動力としてていたと言われるのは、いくらかは現実で、いくらかは幻想でしょうが、オールラウンドの博識さ故とも言えるし、それだけ当時のキリスト教世界の知識層は、イスラム世界とと違って、「とんでも」こそが保守で正統、という、おぞましい状態から正常化しようとしていたじきに生まれた幸運もあるでしょう。もう少し早く生まれていたなら、悪魔的知識満載の変態野郎として迫害されていたかも知れません。キリスト教に限らず、独裁体制を保持している権力や権威は、そういうのを凄く怖れますから。
 他者から「それは欠点だ」などと指摘されるような事が、時代や場所が違えば、賞賛される場合も有るし、不可解な事も、原因を探求し、対策を見つける事も出来る、自分では無理でも、時や所を超えた誰かと助け合うことが、インターネットにより、彼の時代より格段に易しくなったのは幸いですね。もう、秘密結社なんて創らなくても良い。ギルドはゲームの中だけ。お話は、SNSで。今や、国鉄の全面ストすら懐かしい春の日々です。

 リンク集にも入れてますが、この話題と言えば、alice-roomさんの【叡智の禁書図書館】を、ご覧になっていただきたいですね。オカルト小説だけでなく、元ネタ資料の本も、よく読まれてますね。もちろん、日本の話もありますし、地中海方面の旅行話もありましたし、なかなか、面白い書評部屋です。オカルト好きでない人には。 ???ばかりかも知れませんが・・ 

 やっぱ、崇拝するなら、マグダラのマリア、娼婦にして聖女・・
日本なら、道満さんや 文観さん、ナニを守りたいのか?・・  伝えたいのか?・・


関連ページ

【叡智の禁書図書館】

「脳のなかの幽霊」 第六章 鏡のむこうに

ローゼンクロイツ ツタンカーメン/朝青龍/HERO'S/ダヴィンチコード

曾我蕭白展@京都国博








Last updated  2006.05.23 21:57:43
コメント(8) | コメントを書く

全85件 (85件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


© Rakuten Group, Inc.