1547181 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

一 夢 庵 風 流 日 記

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2019年06月
2019年05月
2019年04月
2019年03月
2019年02月
2019年01月
2018年12月
2018年11月
2018年10月
2018年09月

フリーページ

お気に入りブログ

老後資金は2000万円… New! カーク船長4761さん

大原問答を知ってい… New! 三人文殊さん

夢の架け橋の九頭竜… New! 夢穂さん

十二因縁を図にして… 奥円さん

明日から帰京 ぢんこωさん

For world peace... Voielacteeさん
なんだか幸せ ZAGZAGさん
こだわりのお買い物 doriminさん
今日、生きていると… ふうこ97さん
びーちぇの別館 まいそふぃーさん

ニューストピックス

2006年02月23日
XML
カテゴリ:国内政治
永田が、このメール問題を国会にて取り上げる少し前、彼はワイドショーに前原代表
出演し、得意満面に様々な与党政策について提言を行っていた。

恐らく、この頃には疑惑メールを手に入れ、前原代表にいろいろ話していたのだろう
それほど、彼の顔には余裕というか変な自信が見てとれた。

メールの真偽、中味の信憑性、武部幹事長と堀江の関係性など、いろいろ言われて
焦点をぼかそうとしているが、永田が絶対しなければならないことは、メール元の
正否、またメールの正しさについての記者会見である、彼には義務があるのだ。

永田は、大元の情報者ではなくフリーライターの仲介者を経て、この情報を得たとし
彼は、とても信用があり、自分(永田)の男気をかって情報を提供してくれたと
そこには政治家ごっこを楽しむかのような、子供じみた正義感で走ろうとする
幼稚な男の姿が目に浮かぶ。

情報を信じるのは勝手、自分をかってくれたと言うのも勝手だが、
ひとりの人間を「金に魂を売った」とまで中傷する以上、そこには彼なりの覚悟が
あるのだろう、裏を取り、ほぼ実証でき、この不正を追及できると踏んだのだろう。

この問答に政治生命、民主党生命をかけたのだろう。

永田の雲隠れはなんなのだ、まわりの人間が必死に火消し、または擁護にまわって
様々なマスコミに出ているのに、本人が逃げ回っているとは何事なんだろうか。

今現在、民主党はメールの真偽はともかく、書かれている内容の真偽は不明だから
国政調査権に与党も賛成し、この問題解決に尽力すべきだという意見に傾いている
これは、メール問題から、口座の疑惑に摩り替えているだけであり、おかしな話なのだ。

確かに与党が調べるって言ったって、もみ消しは実際にあるものだから国政調査権を
求めたい気持ちもわかるが、その前段階で口座と振込み状況の証拠を提出しなければ駄目だ。

その後、自民党は国政調査権に同意しなければならない、つまり民主党は握った情報を
開示し、その開示をうけ、与野党一致で、ただちに国政調査権を発動し、確認する。

これを行うか、民主党がよほど自信があるなら刑事告訴をすればいい、かなりの
証拠を積み重ねないと、銀行の情報を開示することはできないが、民主党は自信満々なのだから
できるのではないか?

私が知りたいのは、ふたつだ。

ひとつは、このメールそのものが正しいのか(堀江が送ったのか、関係者も含めて)
ふたつめは、このメールの内容が正しいのか(送金事実があるのかないのか)


一つ目の解決は、永田と情報屋に出てきてもらい公開説明会見を行う、これは絶対必須だ
二つ目の解決は、民主党が口座情報を提示、すぐに与野党一致で国政調査権発動。



武部氏が堀江と息子・弟の関係であることは事実であるし、ある意味怪しいと
思うことはある、だから口座の一手を指されたら、素直に調査に協力したほうがいい。

実際問題としては、永田が握っている口座情報を2回目の質問のときにでも
出せば、この疑惑問題は先週内で解決していたのだ、何も今週まで引っ張ることは
なかったのだ、この罪は重い、重すぎるぞ、永田。


永田の大きな罪は、国会をストップさせたことだ、4点セットばかりか、今週には
いつの間にか、このドタバタを利用して伊藤公介議員がヒューザー小嶋との関係を
会見、防衛施設庁談合事件の取り上げ方の小ささ、海自データがネット流出、
竹島の日に竹島問題を有耶無耶にしようとする日韓関係・・・などなど。

マスコミも取り上げるのは、メール問題ばかりで日本をとりまく状況、国内で
くすぶる数々の事件をかなり小さな扱いとなってしまった。

私は、前原代表の昨日の必死な論戦を見て、後ろで前原代表を応援する民主党員を見て
感じたことがある、彼は通常社会なら若いとはいえないだろうが、国会議員の中では
若い、また彼のまわりに集まる党員も若い、彼らは、この代表にかけているのだ
現民主党は保守党である、二大保守党となりつつあるこの状況、さらに若手が支え
ある意味、巨大な自民党に打ち勝つひとつの可能性を秘めていた。

よく自民の中に巣くう左派と民主の中に巣くう左派(旧社会党など)が一緒になれ
という言葉を聞くが、それは怖い、左派と右派に分かれるということは、どちらかに
傾くということだ、自分の意見がマジョリティーだと錯覚してはいけない
常に世論は移り気であり、いつ、旧社会党系が潜む左派が政権を取るかわからない。

二大保守党こそが日本には良いのだ、そのために前原民主党はなくてはならない
ひとつの通過点であった、しかし、彼の若さが災いしたのだろう、永田がそこまで
言うならやってみろ、ケツは俺が持つと男気を出してしまったのだ、その証左を
確認せずに・・・民主党の若手を見てみるがいい、覇気がない、屍のようになってしまった。

年寄り左派どもは、後ろのほうに座り、適当に野次っているではないか。

永田の大きな罪が、民主党を大きく後退させようとしている、健全な野党が
現れないことは、国家において重大な欠点となるのだ、自民党による一党独裁では、
やはりズブズブの関係が維持され、どうしても官僚支配政治が存続されてしまう、
党の交代は、必要不可欠なのだ、しかし今までの野党では、どこも怖い、
政権を取ったらどこに行くのかわからない政党ばかりだったからだ。

永田の問題を引き受けてしまった民主党代表、早めに永田の記者会見を設定し
弁明させ、証拠が出ないようならクビを飛ばせば、ここまでの傷にならなかったのに
それを背負ってしまった前原代表は、男としてはカッコイイが、党首としては
不安であり心もとない人であった。

どこの政党もそうだが、実は政党内の世代間の争いというものが存在し
足の引っ張り合いをしている、これを避けようと自民党は今まで議員経験年数を
考慮して派閥のバランスを考え、閣僚を決定してきた。

世代間の争いを、いまヒシヒシと感じているのは民主党かもしれない。

前原代表を応援し、民主党を改革したい、その先に日本を変えたいと考えた
若手たちは、今頃、自棄酒でガックリしていることであろう。


永田が犯した大きな罪の根本は、ガセネタメールを出したことや国会内で折鶴を

つくっていたことではない、逃げ回って、会見すらしないで辞めるなどという

肝っ玉の小ささと代表のクビが危うい状況であるのに、自分で責任を感じ

懸命な弁明すらしないことである、たとえメディア内でボコボコに叩かれても

いいではないか、てめえのケツはてめえで拭け、てめえを信じ擁護している党員に

恩義すら感じず、逃げ回っている貴様は、犬にも悖る畜生だ。


「3月15日 追記」
みなさん、これほど時間の経過した記事に、長く大きな関心を持ち、
コメントを残していただきありがとうございます。

レスはしておりませんが、全て目を通して、次の記事アップの参考とさせていただいております。

まだまだ、熱くそれでいて冷静なコメントお待ちしております。
また、該当記事を御自分のブログで書かれているようでしたら、ぜひトラックバックお願いします、
リンクも構いません、まだまだ燻っている民主党問題、注視していきたいと思います。

永田と民主党が突っ走ったわけ
上記記事も、あわせて読んで頂けると嬉しいです。



     人気ブログ にほんブログ村 政治ブログへ
      ↑        ↑
長々と読んで頂きありがとうございます。クリックしていただけると慶次が喜びます。


 一 夢 庵 風 流 日 記






最終更新日  2006年03月15日 08時24分12秒
コメント(34) | コメントを書く
[国内政治] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.