1602991 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

一 夢 庵 風 流 日 記

PR

カレンダー

カテゴリ

日記/記事の投稿

バックナンバー

2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月
2019年07月

フリーページ

お気に入りブログ

憂鬱な週末ニュース… New! カーク船長4761さん

言語学について New! 奥円さん

未確認飛行物体? 三人文殊さん

薔薇咲く港の見える… 夢穂さん

For world peace... Voielacteeさん
くりごと じんこωさん
なんだか幸せ ZAGZAGさん
こだわりのお買い物 doriminさん
今日、生きていると… ふうこ97さん
びーちぇの別館 まいそふぃーさん

ニューストピックス

2006年03月14日
XML
カテゴリ:芸能・スポーツ
第一回ワールドベースボールクラシック 日本対米国の試合が昨日日本時間朝方から行われた。

私はビデオで、いま見終わり、脱力感とやるせなさ、怒りにさいなまれている。

まず試合を振り返ろう、一回イチローが先頭打者HRで日本先制、1-0、2回にも2死二、三塁の

チャンスに川崎がレフト前へ2点タイムリーを放ち、リードを広げる。

先発上原も落ち着いたマウンドさばきで2回にHRを打たれるものの5回7安打1失点で、

強力米国打線を抑えた。 2番手の清水投手が6回、インコースへの力ある球をデレク・リーに

力で左中間スタンドに運ばれ同点2ランを許す。 6回終了時点で3-3。

8回、日本は1死満塁のチャンスに岩村のレフトへの犠牲フライで三塁走者の西岡が

タッチアップでホームインしたが、西岡がタッチアップの際、塁を離れるのが早かったと

判断されて判定が覆り「幻の1点」となった。 9回には2死満塁で3番・多村が空振り三振。

勝ち越しならず、そして9回裏、藤川が失策絡みで1死満塁のピンチを招き、

ケン・グリフィーを空振り三振にしとめたが、続くA.ロドリゲスにサヨナラヒットを浴び・・・。


         
日本 3-4 米国  残念ながら日本は初戦敗退。



ということで第一戦は日本は黒星を喫し、準決勝進出へはメキシコ、韓国に勝つことが

ほぼ必須条件となったといえる。


ここで8回の疑惑(というかおかしすぎ)の*タッチアップを検証しよう。


野手がフライをキャッチしたときに、ランナーは一旦元いた塁(投球時に占有していた塁)に
 触れ直さなければならない。 このとき、離塁してよいタイミングは、野手が初めて飛球に
 触れたとき。 つまりキャッチした瞬間にベースをスタートすることは問題なく
 キャッチするより早くベースを離れてスタートした場合は、アウトと判定されるのだ。



疑惑

「よく見てちょうだいな、捕球時点で、ベースに足がついてますな」



この問題のシーン、おかしい点は2点ある。

ひとつは、上の写真をよく見ていただければわかるが、捕球の際にランナー西岡は

ベースにタッチした状態であり、それからスタートを切っているから問題ないはず。

もうひとつは、「大リーグ審判マニュアル」では、満塁時に左翼方向へ打球が飛んだ場合、

三塁タッチアップは球審が確認することになっている。 しかし、問題の場面では二塁塁審が

「セーフ」のジャッジをした。  一方で、野球規則9・02(c)は、判定を下した審判員から

相談を受けた場合を除き、審判員は他の審判員の判定に批評を加えたり、

変更を求めることはできないと定めている。

今回のケースでは、米国側からの抗議を受け、球審が塁審と協議して判定が覆った。
 
つまり、二塁審判がジャッジを下した以上、圧力によって判断を覆すなんてことは駄目なはず。


これを受け、米国のUSAトゥデイなどは、ジャッジのおかしさを突いて寸評を加えている。

それにしても、審判が米国人ってだけでおかしいだろうに、中立な立場の国から審判を出す

これは、どの競技でも通じる一般的概念と思っていたのだが、野球は相変わらず遅れていて

世界スポーツになれないな、サッカーなら審判、射殺されてるぞ(実際あった)。

頭に来るとはこういう試合を言うのだろう、草野球じゃないんでしょうに、Bob Davidson球審

力負けしたなら、悔しいが次は負けないと割り切れるが、この後味の悪さは監督・選手もファンも

ガックリ、脱力感200%だな。 誤審が無ければ勝てたとは言わない、先のことは

わからないから、だが、9回をリードして迎えることが出来たことは確かであろう。

ああ、気分が悪い、選手にはなんとか気分を一新して残り2戦を白星で乗り切り準決勝で

(おそらく)米国にリベンジしてもらいたい、当然、ボブ審判は外しておくれよ。

選手達は、かなり落ち込んでるようだ、各紙を見ても、気分を変えてとは言いつつ

口数少なく、イチローも「翌日試合があったら、ちょっと・・・」と発言している。


ここは一発、極東の島国「日本」から、みんなで応援するしかあるまいて!!


王監督インタビュー内容
「一度試合で出たジャッジはどれだけ抗議しても変わらないというのが、僕がこれまで日本で
 
 習ってきて、やってきた野球だ、一番近いところで見ている審判のジャッジの意見を変える

 というのは、私は見たことがない。 アメリカのような、野球発祥の地で

 こういうことはあってはならない! 」
  王さん~(涙)


王さんにしても、選手にしても、私にしても、アメリカは野球の発祥の地であるし

そのレベルの高さにも敬意を表しているであろう、その国で、この出来事はショックだな。


MLB公式フォーラム掲示板には次のように書き込みがあった。

   If the U.S. Wins it's not gonna feel like a win.
   The home plate ump just totally BLEW IT!!
   The dude has 15 years MLB umpiring experience man!!

訳)ああ~母国が勝った気になんねえよ、あの球審がすべてぶち壊した!
  あいつは、15年も審判経験があるってえのによ。

*いろんな書き込みがあって、面白いです、もちろん、判定は正しいとか、
 無くても勝てたといった書き込みが多かったことは、言うまでもありません。


最後に、我が国の首相のコメントを載せておこう。

「(飛球を)取った方と(三塁走者が)スタートしたのが同時だからね。相撲の判定より難しい」
「いい試合で勝てそうな状況だった。日本もよくやるなと(思った)」

難しくはないですよ、首相、もちっと熱くなってもいいんでないの?



     人気ブログ にほんブログ村 政治ブログへ
      ↑        ↑
悔しくて落ち込んでるヒマはありません、次の勝利のために応援しましょう


 一 夢 庵 風 流 日 記






最終更新日  2006年03月14日 06時18分27秒
コメント(15) | コメントを書く
[芸能・スポーツ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.