869191 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

inatoraの投資日記

PR

プロフィール


inatora2

フリーページ

2005年03月04日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今回は、フィナンシャルプランニング的な話をしたいと思います。

「住宅ローンのある家計が株式投資をしたいと思うときに考えるべきこと」についてです。住宅ローンを組んでマイホームを買ったことが良かったのか後悔しているのかはひとまず置いておくとして、資産運用の一環として住宅ローンのある家計が株式投資をしたいと思うようになった際に考えなければならないことについてまとめてみたいと思います。

もっとも、私自身は住宅ローンがありませんので、当事者意識をもっての説得力は弱いかもしれませんが、少なくとも金銭的合理性の観点からある程度のアドバイスは可能だと思います。

この話題は、山崎元氏の「お金が増えるシンプルな考え方」や「オトナのマネー運用塾」などにも掲載されています。(ちなみに、山崎元氏は割とまともな評論家だとは思いますが、証券投資で本当に成功するための知識習得としては力不足だと思います。)

その山崎氏の著書には、「住宅ローンのある家計は株式投資を行うだけの資格はない」と書いています。その理由は「様々なコストを考慮すると株式投資を行えるだけの余資があるならば住宅ローンを早期返済したほうが良い」というものです。

もっとも、これについては「本業での年収」「住宅ローンの残債と適用金利」「住宅関連以外の資産と負債」などにも依存するのでケース・バイ・ケースであり、ここまで単純化した結論を出すことは出来ないと思うのですが、それでも私がフィナンシャル・プランナーであれば、顧客に対する平均的で無難な回答は「住宅ローンを返済したほうが良い」となります。

このように考えるのは、いくつかの理由があります。

(1)住宅ローンの金利
住宅ローンの金利は確実に支払わなければなりません。逆に言うと、繰上げ返済によってその分を確実に運用できることになります。ただ、住宅ローンを多めに支払っていると住宅ローン減税の効果が落ちるということはあります。

(2)株式投資におけるコスト
株式投資を行うと確実にかかるコストが存在します。売買手数料と税金です。昨今では、個別銘柄投資についての売買コストは賢明な証券会社選択によって相当回避できるかと思いますが、投資信託だとそのコストは馬鹿になりません。また、利益を上げたときのキャピタルゲイン税は確実にかかります。

(3)株式投資で成功できるための素養
残念ながら、誰にでも株式投資が成功するだけの素養があるとは限らないという点は認めざるを得えない事実です。(そんなに簡単に成功できるならば、サラリーマン人口はもっと少ないはずだ。)


以上の点を考えると、株式投資をできるだけの余資があるときに「早期返済をする場合」と「株式投資を実践する場合」とでは以下のようなハンディが出てきます。


(1)早期返済の場合
・住宅ローン金利分を確実に運用できると考えることが出来る。ただし、早期返済した分はローン減税の効果が落ちるのでその分は差し引いて効果を考えるべきである。

(2)株式投資の場合
・株式投資にかかる売買手数料は確実にかかる。
・利益が出たときはキャピタルゲイン税を支払わなければならない。しかも、日本の税制では、損失の場合に給与所得との損益通算が出来ない。


例えば、以下のような状況を考えると実感できると思います。

・住宅ローンの金利(住宅ローン減税の効果も含めた実質金利):年率3.00%
・株式投資のコスト(アクティブ型の投信を購入すると仮定):年率1.50%
・キャピタルゲイン税率:10%

このとき、株式投資で利益を年率でどの程度上げればよいか?
―――答:年率約4.83%
<∵(4.83%-1.50%)×(1-0.1)=3%>

この場合、株式投資で約4.83%のリターンをコンスタントに稼がなければならないことになります。株式投資の不確実性を考えると、安全余裕度としてはこの倍くらいのリターンを稼ぎたいところです。

私は、金銭的合理性だけを判断基準として取り入れたとしても「住宅ローンがある家計は株式投資をやるべきではない」というつもりは全くありませんし、それどころか、株式投資での運用収益が住宅ローンの金利を大きく上回れる可能性は十分にあると考えています。

しかしながら、住宅ローンのある家計はそうでない家計に比べて足枷を嵌められている状況で勝負しているという認識は持っていなければならないというのがここでの主張です。

次回は、「それでも株式投資をやりたい人へのアドバイス」についてです。

今日の言葉:
「借金の返済はリスクのない確実な運用である。それを敢えてしないという選択をするためには、相応のリスクがあると認識し勉強をすることが不可欠である。」






最終更新日  2005年03月06日 05時51分43秒
コメント(13) | コメントを書く

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

オーエムツーネット… New! 征野三朗さん

ラズベリーパイを購入 R-331Gさん

伸ちゃんの投資日記 伸ちゃん4723さん
映画を見ながら昼夜… アルコール先生さん
元IT系リーマソのバ… ほっしー425さん
投資の余白に。。。 ペスカトーレ7さん
宮木京子の さらさ… 宮木 京子さん
不労所得ライフ tagayuさん
床屋の株 ひげ123さん

コメント新着

Prankster@ 気が向いたら また書いてください。RSSして待ってますき…
MEANING@ Re:まぁ、(05/31) そろそろ潮時じゃないでしょうか。 初心…
MEANING@ まぁ、 そのうち、初心に戻ってこのサイトに戻っ…
-こたはる-@ 新事業がんばって下さい!  最期の日記ということで、毎日このブロ…
宮木 京子@ Re:最後の日記(05/31) 少し前から、メールマガジンを購読したり…
ぴよママ55@ Re:最後の日記(05/31) 最近リンクさせていただいたばかりだった…
keepvalue@ お疲れ様でした。 稲虎さんのブログには本当に感心させられ…
inatora2@ コメントありがとうございます まちけん.Jrさん ありがとうございます…
Mr.Ryu@ こういった考え方は 商人的な意識を持つと理解しやすいですね…
まちけん.Jr@ 株のことは全然分からないけど・・・ お気に入り日記に追加しました☆見てるとい…

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.