000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

inatoraの投資日記

PR

プロフィール


inatora2

フリーページ

2006年02月13日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今回は、2月9日(木)のYAHOOのニュースから
 
「ちょっとこれは尋常ではない」
 
と思ったものがありましたので、それを書いてみたいと思います。

元ネタはコチラです。

[焦点]個人の株信用買い膨張で証券の銀行借り入れが急増、目立つ地銀の貸出 
 
以下、抜粋です。

*****************************

[焦点]個人の株信用買い膨張で証券の銀行借り入れが急増、目立つ地銀の貸出
 
証券会社の銀行借り入れが急増している。
 
膨張している個人投資家の株式信用買いの資金ニーズに充当しているためで、特に地銀の貸出が目立つ。
 
(中略)
 
<ネット証券の借り入れが急増>
 
このところ銀行借り入れを特に増やしているのがネット証券だ。顧客の個人投資家の信用買いが急増していることが背景にある。
 
(中略)
 
ネット証券以外でも、自己資本の厚くない中堅・中小証券でも、信用買いの増加に伴って、借り入れを増やす傾向にある。
 
(中略)
 
東証によると、個人投資家の信用取引は昨年後半から急増。買い残高は昨年9月以降、今年1月末までに2兆5000億円も増加している。
 
証券会社は信用貸し付けの調達先として短期金融市場からの調達も増やしている。
 
(中略)
 
それで足りない分を、証券会社は銀行から直接借り入れることになる。
 
信用取引の増加分に対してコール市場での借り入れでは全く追いつかない状況だ。
 
証券会社にとって信用買いの増加は収益への寄与度が高い。
 
(中略)
 
このため、信用買いでの手数料を通常よりも安く設定するなど、証券会社としても信用取引の拡大に力を入れている。
 
*****************************
 
(抜粋終了)
 
 
簡単にまとめると、
 
 
(1)個人投資家を中心とした信用取引の急増から、証券会社の資金調達が追いつかない
 
(2)信用取引の急増は証券会社にとって収益拡大のチャンスであり、力を入れている
 
ということになります。
 
多くの人が、
 
「証券会社は儲かってるんだなあ」
 
という側面で見がちですが、私の場合、もう一つ思うところがあって、それは、
 
「訓練を受けていない投資家が安易に信用取引に手を出しすぎているのではないか」
 
という側面です。
 
 
信用取引は儲けられるチャンスを広げるためのツールだとは思いますが、使い方を誤ると致命傷を繋がるツールであるとも思います。
 
ライブドアショックなどでそれを実感した人がいたかもしれません。
 
私も含めて、リスク管理の重要性を感じる今日この頃です。







最終更新日  2006年02月13日 17時28分02秒
コメント(6) | コメントを書く


キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

GMOインターネッ… New! 征野三朗さん

クーキレイ/cookiray… 夏旅行計画さん

雪害による初めての… tagayuさん

まだ生きとったんか… 都夢さん

伸ちゃんの投資日記 伸ちゃん4723さん
ビバどっさりw R-331Gさん
映画を見ながら昼夜… アルコール先生さん
元IT系リーマソのバ… ほっしー425さん
投資の余白に。。。 ペスカトーレ7さん

コメント新着

Prankster@ 気が向いたら また書いてください。RSSして待ってますき…
MEANING@ Re:まぁ、(05/31) そろそろ潮時じゃないでしょうか。 初心…
MEANING@ まぁ、 そのうち、初心に戻ってこのサイトに戻っ…
-こたはる-@ 新事業がんばって下さい!  最期の日記ということで、毎日このブロ…
宮木 京子@ Re:最後の日記(05/31) 少し前から、メールマガジンを購読したり…
ぴよママ55@ Re:最後の日記(05/31) 最近リンクさせていただいたばかりだった…
keepvalue@ お疲れ様でした。 稲虎さんのブログには本当に感心させられ…
inatora2@ コメントありがとうございます まちけん.Jrさん ありがとうございます…
Mr.Ryu@ こういった考え方は 商人的な意識を持つと理解しやすいですね…
まちけん.Jr@ 株のことは全然分からないけど・・・ お気に入り日記に追加しました☆見てるとい…

© Rakuten Group, Inc.