219999 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

INDIGO FILMS

PR

プロフィール


INDIGO FILMS

カレンダー

全337件 (337件中 121-130件目)

< 1 ... 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ... 34 >

2009年08月04日
XML
TOMOです。
先日、映画「うまれる」の撮影で某企業におうかがいしたら、担当の広報の人が高校の同級生でした(笑)。
最初はぜんっぜん分からなくて、しばらく撮影してたら「ごうさん???(高校の時のニックネーム)」って呼ばれて(笑)。


実は現在製作中のミニ・ドキュメンタリーのナレーションと9月に予定しているイベントでパネル・ディスカッションをお願いしようと思っている某アナウンサーも高校の同級生だった事が発覚!!(違う人になる可能性もありですが)
彼女はすぐに転校してしまったのですが、そういう人がいたのはすんごく明確に覚えてたんですよね。


すごいご縁ですね~。
こういうシンクロニシティというか、ご縁があるというのはプロジェクトが良い方向に進んでいる証拠だと勝手に思ってます。
次はどんなご縁をいただけるかなー?



※ 出産ドキュメンタリー映画「うまれる」では、製作過程の報告や妊娠/出産に関わる感動的で役に立つ情報をお届けするメルマガを毎週日曜日に発行しています。
ぜひご登録を★

うまれるメルマガ






最終更新日  2009年08月04日 09時05分25秒
2009年08月02日
今回、出産されたのは、お2人とも同じ会社で働きながら、
かわいい2歳の男の子と一緒に暮らしている、
竹内康二さん&早希子さんご夫妻。

takeuchi-family.jpg

今回は、第2子の出産です。

康二さんは、奥さんの反対をおしきってまでも(笑)、
育休を取得するほど育児を満喫している、子ども大好きパパ。

今回のお産でも、息子のまさき君と一緒にお産に立ち会うことを
とてもとても楽しみにしていました。


予定日は1週間後だったものの、

「おしるしがありました。」

というメール。妊婦さんとは、明日か明後日には
赤ちゃんくるかもね、なんて話していたのですが。。。

夜中の1時。
5分おきの陣痛がきたので助産院に向かいます、という連絡。

予想外のお産の連絡だったのですが、カメラを担いで、厚木の
ホテルまで監督のTOMOを迎えにいき、ダッシュで板橋へ
向かいました。


夜中ということもあり、神奈川までもあっという間だったのですが、

すぐに、だんな様から電話がきて、

「血圧が高いので、助産院から病院の方に、救急車で
運ばれることになりました」

とのこと。

冷静な電話でしたが、気持ちは動揺していたと思います。

今までは、ママの体調も赤ちゃんも調子がよく、あとは
陣痛を待つばかり!と思っていたところでの搬送だったので、
私たちも、心配で心配で、ドキドキしながら、病院に向かいました。


私たちが到着した段階では、なんとか点滴で血圧が下がり、
危険な状態は脱していましたが、血の気もなく、ぐったりした
早希子さんが、それでも徐々に強まる陣痛と闘っていました。

心配そうな面持ちの康二さんとまさき君も、早希子さんの
手をしっりと握って、声をかけています。

ドクターの「血圧は?」という声を時々聞きながらの、
助産師さんたちによるお産が続きます。

それからしばらくして、早希子さんの陣痛が一気に強く
なってきたと同時に、ママが心配になったのか、応援したく
なったのか、まさき君が、大声で泣き始めました。

masaki1.jpg

心配でしかたのなかった康二さんも、涙で頬を濡らしながら、
「もうちょっとだよ、がんばれー。」と、強く強く手を握って
支えていました。

koji-masaki3.jpg

そして、陣痛が始まってからあっという間の3時間、
みんなの泣き声に後押しされながら、
かわいいかわいい女の子が産まれました。

血圧が高くなってしまい、このままではお母さんの身体も
赤ちゃんも危ない!と察した赤ちゃんが、一生懸命、
出てきてくれたのでしょう。

asumi.jpg

出産後は、ママの血圧も上がらず、出血もせず、
赤ちゃんはおっぱいをちゅぱちゅぱ飲んで、
幸せが満ちあふれる病室となりました。

sakiko-asumi.jpg


出産を終えた早希子さんからメールをいただきました。

---------------------------------------------------

壮絶なお産になってしまいましたが、ありがとうございました。

救急車の中では、

「どうなるのかな、もしかして私、死んじゃったりするのかな」と、

一瞬不安になりましたが、
予想外で思いもかけぬことが起こるのがお産。

元気に生まれてくるっていうことは、すごいこと。
女性は皆、命懸けで生命を産むのだと、同じ女性である
小さな赤ちゃんに教わった気がします。

きっとこの先、子育ても人生も、今回のお産がいい例で、
理想通りにいかないことはたくさんあるでしょう。
それでも乗り越えていくというのかな、
なんかいろんな意味で、得たもの大きいお産でした。

---------------------------------------------------


sakiko-asumi2.jpg


分娩の時には大泣きをしていたまさき君も
あっという間に、お兄ちゃんの自覚ができて(笑)、

「まさきに妹ができたんだよー」

と大声で叫びながら、走り回っているそうです。

family.jpg
家族4人で。泣きつかれたまさき君はぐっすり(笑)。


予想外の展開に、どきどきしましたが、本当に無事に
産まれてきてくれてよかった。。

お産はいつ何があってもおかしくないもの。
元気に産まれてくるのが当たり前、ではないことを、
教えていただきました。

改めて、康二さん、早希子さん、そして
お兄ちゃんになったまさき君、おめでとう★


withall.jpg
助産師さんたちと。


※ 出産ドキュメンタリー映画「うまれる」では、製作過程の報告や妊娠/出産に関わる感動的で役に立つ情報をお届けするメルマガを毎週日曜日に発行しています。
ぜひご登録を★

うまれるメルマガ




(プロデューサー:牛山)








最終更新日  2009年08月02日 22時29分00秒
2009年07月29日
ただいま構成を練るために神奈川県のホテルに缶詰中。
今日も一日頑張ったし、ちょびっとお酒を飲んで寝ようかな~、、、なんて思っていた1時過ぎに電話が。





「陣痛が5分間隔になってます!」





ええええ~~~~!!!!!!!!!!!!





予定日より1週間以上早い陣痛!
いまから着替えて、チェックアウトして行かなきゃ!
この子は早く出たかったんだねぇ。

感動の現場へいざ急行~。






最終更新日  2009年07月30日 01時31分47秒
「テレビCM崩壊」という著書がアメリカで大ベストセラーとなり、日本でも話題になりました。
テレビCMやマス広告の時代は終わり、ネット、動画、ゲームなどを活かしたマーケティング手法を提案していました。

カリスマ経営コンサルタントの神田昌典さんも新著「全脳思考」の中で「テレビで購買意欲を刺激されても、結局ネットで比較し、一番安いところで買う」と言うような点を書かれていました

テレビCMの効果については年々、疑問が呈せられてきています。


そんな中、おそらく大手広告代理店さんが絶対に認めたくないような(!)ニュースが話題になっています。


「サトウの切り餅」で知られるサトウ食品工業は経費削減のため、年間9億円使っていたテレビCM代を3億円弱にカットしたところ、営業利益が3.2倍になったと言うんです(PR不足からか売上は4.9%減少)。


CM代を減らした事と利益が増えた事にどこまでの相関関係があるのかは分かりませんが、その他にアサヒビールやモスバーガーも、テレビCM代を抑制して利益を増やしています。


彼らはテレビCMを全くやらないというわけではなく、そこの部分を減らして携帯電話やウェブ動画など、別の媒体に投資していくようですが、個人的にはとても賢い選択だと思います。


15年前はホームページを持っている企業はそれほど多くありませんでした。

今後は動画を持たない企業は間違いなくPR不足になる時代になると思います。

(情報いただいたひどぅんさん、ありがとうございました!)


「動画をビジネスに活用したい!でも勉強している時間がない!」という方に、【YouTube時代に最適な動画マーケティング術】を毎週火・金でサクっとお届けするメルマガをはじめました。
宜しかったら以下からご購読くださいませ。

小予算で顧客を獲得する動画活用法!!
http://www.mag2.com/m/0000284970.html


今日も皆さんにとって最高の一日でありますように!!

インディゴ・フィルムズ
TOMO






最終更新日  2009年07月29日 10時52分24秒
2009年07月27日
明日から三日間、映画「うまれる」の構成を練るのにホテルに缶詰です。
やっぱり家の中は誘惑が多くてダメなんです(笑)。


ドキュメンタリーの「構成」は映画の「脚本」と一緒ですね。
生ものを扱うドキュメンタリーと言えど、大まかな流れは考えておきます。
撮影中にかなり変わっていきますけど(笑)。

撮影前にも構成案を作っておきましたが、ほとんど予定通りにいってません(笑)。
撮影はあと半年以上続きますので、まだそこまで撮影が進んでいないというのが大きいですが。

今回のドキュメンタリーはすべてドキュメントにしない予定なので、明日からはその部分が主な検討項目になりそうです。

撮影を始めて三ヶ月。
この間に貴重な貴重な出産を四回に立ち会わせていただきました。
多くの妊婦さんや先生方にもお話をお聞きし、も経験値は増えてますので、さらにブラッシュアップしたものになれるよう頑張りマス!!


今日も皆さんにとって最高の一日でありますように!!

インディゴ・フィルムズ
TOMO


※ 出産ドキュメンタリー映画「うまれる」では、製作過程の報告や妊娠/出産に関わる感動的で役に立つ情報をお届けするメルマガを毎週日曜日に発行しています。
ぜひご登録を★

うまれるメルマガ






最終更新日  2009年07月28日 00時11分17秒
昨日はヒューマン・カレッジという講演会で、映画「うまれる」にもアドバイザーとして参加いただいている池川明先生の講演にゲスト出演させていただきました。
「うまれる」というプロジェクトを、より感覚的に理解いただくためにミニ・ドキュメンタリーを作っているのですが、それを初めてパブリックで上映しました。

IMG_3611.jpg


内容は、ブログでもご紹介した、不妊治療を経た井上さんご夫婦の出産ストーリーを7分程度に編集したものです。

井上さんご夫婦の出産ストーリー
http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/80rgqlx00fihnq5qai




「この短い時間でちゃんと分かってもらえるのだろうか?」

「出産の感動がちゃんと伝わるだろうか?」


人に作品を見てもらうのっていつでも極度に不安で緊張するもの。
上映中はスクリーンは見ずに、ずっと100名ほどの観客のみなさんを見ていました。

すると、一人、二人と涙を流す方が出てきて、気づいたら半数以上の人がハンカチを取り出し、ハラハラと泣かれていました。

今回の講演会は、比較的年配の方が多かったのですが、男性の方でもボロボロと涙されていた方もいらっしゃり、講演終了後は、多くの方が、命が誕生することへの感動を伝えにきていただきました。


一生懸命作って、よかった。。。。

IMG_3658.jpg
池川先生と


実は、編集中に何人か見せたんですが、自分が期待するほど反応が芳しくなかったんです。


「出産シーンは前にテレビで見た事あるけどそれとどこが違うの?」

最近映像の勉強を始めた若手には「表現手法がチープ」とか「インタビューはもっと印象的な所を使うべき」とか散々な言われよう。

初めて出産シーンを見た若者は、「ちょっと気持ち悪いかも。。」

とまで。。。(笑)。



編集が上がってきた時に僕は心から感動していたので、すっかり自信をなくしてしまい、しばらく「創造的ウツ」に陥っていました号泣


それでも、少し距離を置いて、時間をとって、自分なりに分析して編集し直してみました。


実は、事前に皆に見せていた映像は20分程度。
日々取材をしていくと、伝えたい内容がありすぎて、ついついつめこんでしまっていたのだけど、実際には7分という、短い映像で伝える内容にしました。

たくさんナレーションを入れて説明したり、いろいろな背景やストーリーをつめこまなくても、命が誕生する瞬間は、それまでの妊婦さんや家族の想いが、ぎゅっと詰まっている。

だからこそ、説明過多、演出過多にならずに、ストレートに伝えれば、全てが溢れてくる映像になるんだ、ということが、よく分かりました。

最初は、気持ち悪いかも。。。なんていっていた若者も、できあがったバージョンを見て、出産シーンは全くカットしていないのに、素直に感動していました。


いろいろな人に意見をもらうと、厳しい意見をいただいたり、批判をいただいたりすることもあって、創造的ウツに陥ることがあるかもしれないけれど(笑)、今後も勇気を持って、どんどん公開して、みなさんの意見を聞きながら、がんばっていこうと思います。


今回のミニ・ドキュメンタリーは、9月に予定しているイベントで上映いたします。


お楽しみに★

映画「うまれる」公式サイト
http://www.umareru.jp/



※ 出産ドキュメンタリー映画「うまれる」では、製作過程の報告や妊娠/出産に関わる感動的で役に立つ情報をお届けするメルマガを毎週日曜日に発行しています。
ぜひご登録を★

うまれるメルマガ






最終更新日  2009年07月27日 08時26分03秒
2009年07月26日
昨年の夏、女の子を出産しました。
出産は痛いものだと聞いていましたが、私にとっては快感!

確かに陣痛の強い波が来たときは痛いのですが、我慢できるほど。
赤ちゃんが下へ下へと移動していくのを感じることもできました。
そして、いったん強い波がおさまると、恍惚としたなんともいえない幸せな感覚がやってきたのです。

ずっとこのままでいたいとさえ思いました。

また強い波。そして、その波が治まると、また眠くなるような気持ちのいい幸せな感覚へ・・・。
これを3回ほど繰り返しました。

分娩台に上って1時間後。わが子が生まれました。

あの恍惚とした感覚はいったいなんだったのでしょう。
出産は痛いものだと聞いていた私にとって、びっくりするくらい気持ちのいい出産でした。

現在わが子は9ヶ月。すくすくと育ってます!
生まれてきてくれて本当にありがとう!


N.Uさん、素敵なお話ありがとう!
http://www.umareru.jp/experience/


※ 出産ドキュメンタリー映画「うまれる」では、製作過程の報告や妊娠/出産に関わる感動的で役に立つ情報をお届けするメルマガを毎週日曜日に発行しています。
ぜひご登録を★

うまれるメルマガ






最終更新日  2009年07月26日 21時05分29秒
2009年07月24日
昨日の定例会に僕らが初めて出産の立ち会い撮影をさせていただいた植松さんが来てくれました。
胎内では「キャベツちゃん」だった子が「よしはる」くんになっていて、体重も7キロに!
感慨深いなぁ。

この子の事は一生忘れないだろうなぁ。

IMG_3574.jpg

よしはる君誕生の時のブログ
http://www.umareru.jp/blog/2009/04/post-1.html



※ 出産ドキュメンタリー映画「うまれる」では、製作過程の報告や妊娠/出産に関わる感動的で役に立つ情報をお届けするメルマガを毎週日曜日に発行しています。
ぜひご登録を★

うまれるメルマガ






最終更新日  2009年07月24日 18時40分22秒
明日は船井ヒューマン・カレッジにて池川明先生の講演会に途中から登場させていただいて、現在編集中のミニ・ドキュメンタリーを初めて公開します。
緊張するなぁ。

ヒューマン・カレッジ
http://www.semi271.com/human_2009_01/index.html


池川クリニック
http://www1.seaple.icc.ne.jp/aikegawa/



今日も皆さんにとって最高の一日でありますように!!

インディゴ・フィルムズ
TOMO







最終更新日  2009年07月24日 18時33分26秒
昨日は出産ドキュメンタリー映画「うまれる」の月イチの定例会。
クルー、アドバイザリー・ボードから計10人が参加して、様々な意見・アイデアを出し合いました。

ドラマ撮影と違って、僕らのドキュメンタリー撮影はたいてい2-3人の小規模で行うので、なかなかチーム・プレーが出来ないし、皆で一つの目標に向かって行く感が出にくいので、昨日はとっっっっても貴重な時間でした。


終了後は屋上でBBQ!!!、、、の予定が、雨天のため、一階の駐車場から車を出して近くのパーキングに停め、そのスペースを使ってBBQしました(笑)。
僕は大のBBQ好きで、ほぼ毎週のようにやってますね。次は明後日。いい加減、やりすぎだな。

肉はもちろんのこと、イカ、ホタテ、銀紙にくるんだ「らでぃっしゅぼーや」の有機野菜の数々はメッチャうまかった~。

途中で僕らの姉上、バース・コーディネーター大葉ナナコさんの娘さん・あーちゃんも合流。
あーちゃんは平成元年生まれの19歳で、モデル級の美人。
参加していたおじさまたちは皆、浮き足立ってましたね(笑)。

IMG_3586.jpg

盛り上がりすぎちゃって、結局、皆が帰ったのは夜中の2時(笑)。
構成アドバイザーの上村さんと僕は、飲みすぎて最後はワケが分からなくなってました(笑)。


今日は人生初と言っていいくらいの激しい二日酔い。。。
飲み過ぎには注意です。。。



今日も皆さんにとって最高の一日でありますように!!

インディゴ・フィルムズ
TOMO


※ 出産ドキュメンタリー映画「うまれる」では、製作過程の報告や妊娠/出産に関わる感動的で役に立つ情報をお届けするメルマガを毎週日曜日に発行しています。
ぜひご登録を★

うまれるメルマガ






最終更新日  2009年07月24日 18時28分03秒

全337件 (337件中 121-130件目)

< 1 ... 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 ... 34 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.