216335 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

INDIGO FILMS

PR

プロフィール


INDIGO FILMS

カレンダー

全337件 (337件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 34 >

2009年11月12日
XML
産休中だった女優の長谷川京子が、昨日発売した『anan』の表紙で約1年ぶりに仕事を再開したそうです。
ロングインタビューでは、結婚、出産、子育てについても語っているようですね。
興味シンシン♪

子供を授かった事で新しい長谷川京子さんが「うまれる」のでしょうね。
今後のご活躍を応援しています!!

ピクチャ 2.png

長谷川京子が第1子の男児を出産「輝かしい生命に感動」
http://beauty.oricon.co.jp/news/66543/




※ 出産ドキュメンタリー映画「うまれる」では、製作過程の報告や妊娠/出産に関わる感動的で役に立つ情報をお届けするメルマガを毎週日曜日に発行しています。
ぜひご登録を★

うまれるメルマガ






最終更新日  2009年11月13日 09時13分48秒
2009年11月11日
「ROOKIES」や「木更津キャッツアイ」で知られる俳優の佐藤隆太さんに第1子で女の子が誕生されたようです!!!
おめでとうございます!!!

16078_69.gif

佐藤さんのFAXによると

「11月10日、午前1時40分、無事に第一子が誕生いたしましたぁ!!入院から出産まで立ち合う事ができこの神秘的な瞬間を見守ることができました」

との事です。

最近は立ち会う旦那さまが増えていますねー。
色々な事情で難しいという方もいらっしゃると思いますが、映画「うまれる」は旦那さまの出産立ち会いを応援していきます!!


お┃知┃ら┃せ┃★┃
━┛━┛━┛━┛━┛

12月5日に開催されるイベントはおかげさまで【満員御礼】で以後は【キャンセル待ち】となりました。
皆様、ありがとうございます!

詳しくはコチラから

http://umareru.jp/event/1205/


※ 出産ドキュメンタリー映画「うまれる」では、製作過程の報告や妊娠/出産に関わる感動的で役に立つ情報をお届けするメルマガを毎週日曜日に発行しています。
ぜひご登録を★

うまれるメルマガ



(企画・監督・撮影  豪田トモ)






最終更新日  2009年11月11日 13時52分25秒
2009年11月10日
カテゴリ:休暇
堤真一主演、作・演出のマギーの舞台「バンデラスと憂鬱な珈琲」を見に行きました!
僕は舞台はあんまり得意な方じゃないんですが、この作品はとっても面白かったです。
http://www.siscompany.com/03produce/25banderas/

キューブリック監督の「博士の異常な愛情」にオマージュを捧げたストーリーですが、とにかく笑えたー。
まだチケットあるのか分かりませんが、おススメです!!

誘ってくれた舞台マニアの弟に感謝!!
彼はマギーさんと友人らしく、終了後に挨拶させていただきました。
とっても感じの良い人でしたー。



※ 出産ドキュメンタリー映画「うまれる」では、製作過程の報告や妊娠/出産に関わる感動的で役に立つ情報をお届けするメルマガを毎週日曜日に発行しています。
ぜひご登録を★

うまれるメルマガ



(企画・監督・撮影  豪田トモ)






最終更新日  2009年11月10日 23時36分11秒
2009年11月09日
とっても素敵な女性に話を聞かせていただきました。

今年3月に産まれた「椿」ちゃん。
2660グラムで、出産予定日に産まれました。


でも、椿ちゃんは、産声をあげることはありませんでした。
待ちに待っていたこの日に、お空に帰ってしまったのです。


妊娠中は何の問題もなく、ママの麻紀さんもだんなさまも
おなかの赤ちゃんに話しかけたり、歌を歌ってあげたり。。。
毎日、順調に大きくなっていく椿ちゃんと、
本当に、幸せな時間を過ごしていたそうです。

ところが。。。

予定日の朝、目が覚めると、胎動がなく、不安な思いで病院に
いくと、既に心音がなく、


亡くなってしまっていました。


トツキトウカの間、時にはポンッ、ポンッ、とおなかを
蹴ったりしながら、小さな体で一生懸命生きていた命。

その、もうすぐ会える!と楽しみに思っていた命が、
突然その鼓動を止めてしまったのです。。。。


原因は今でも分かっていません。


椿ちゃんの心音が止まっていることを聞いた麻紀さんは、
半狂乱のようになり、


「おなかから出してしまったら、椿と一緒にいられなくなる。。
絶対おなかから出したくない」


そう、叫んでいたそうです。


しかし、だんなさまの

「きれいなまま早く出してあげよう」

という言葉で、翌日、椿ちゃんを出産されたようです。

陣痛をおこして、助産師さんに支えられながら、
だんなさまも立ち会った8時間の出産。

産声をあげることも、目をあけることもなかったけれど、
かわいいベビー服に包まれた、2660gの椿ちゃんを
抱いている麻紀さんは、本当にきれいで、とても幸せそうでした。

しかし、その後の2ヶ月は、病院を責めたり、自分を責めたり。。。
誰かに責められるのではないかという気持ちにもなり、
家にひきこもり、泣いてばかりの毎日だったそうです。


ところが、ある日、天国の郵便局からこんな素敵な
お手紙が届きました。


==================================================
~天国郵便局より~
==================================================

おとうさん、おかあさんへ


おとうさん おかあさん 悲しい思いをさせてごめんなさい。

天国を出発する前、神様から

「お父さんたちと一緒にいる時間は短いですよ。
それでも行きますか?」

と聞かれたとき、本当にショックで、悩みました。


しかし、あなたたちが仲睦まじく結び合っている姿を見て、
地上に降りる決心をしました。

たとえあなたたちに悲しい思いをさせても、たとえ一緒にいる
時間は短くてもあなたたちの子どもに数えられたかったからです。


そして私の夢はかなえられました。
おかあさん、わたしは確かにあなたの胎から生まれましたよね?
おとうさん、わたしは確かにあなたの血を受け継いでいますよね?


わたしは永遠にあなたたちの子どもです。
そのことをわたしは誇りに思います。


いまわたしは、あなたたちと共に過ごした、短いけれども
楽しかった日々に思いを馴せ、わたしに続き、あなたたちの
家族になりたいという きょうだいたちに
あなたたちのことを自慢する日々です。


わたしは親戚のみんなといっしょに元気にしていますので、
もうこれ以上悲しまないでください。

そして心から、「わたしの選びは正しかった」と言わせてください。


泣きたくなったとき、空を見上げてみてください。
わたしたちの姿が見えますよね。


ゆっくり体調を整え、まだかなあ?と愚痴っている
きょうだいたちを迎えに来てください。

わたしは永遠にあなたたちの子どもです。
そのことを私は誇りに思っています。

つばきより

==================================================


手紙は、耐えられない気持ちを訴え、支えてくれた、
さめじまボンディングクリニックの鮫島浩二先生からでした。

鮫島先生は、妊娠中にも愛読し、勇気づけられた書籍
「わたしがあなたを選びました」の著者でもあります。


そして、泣いてすごす麻紀さんに、だんなさまも、

「椿は自分の命を一生懸命全うしたよ。

姿は見えなくなってしまったけれど、
これからは3人で生きていこう。

おなかにきてくれたことに感謝しよう。

ママにさせてくれたこと、
パパにさせてくれたことに、
ありがとうって伝えよう」

そう言ってくれたそうです。


まだ、幸せそうな妊婦さんを見たりすると、つらい気持ちが
出てきてしまうこともあるそうです。

でも、椿ちゃんがおなかにきてくれて、教えてくれた
こともたくさんあるとおっしゃっていました。
そして、椿ちゃんのためにも、様々なことに感謝をしながら
笑って生きていきたい、とおっしゃっていました。


今の日本の制度では、死産をしてしまった赤ちゃんは戸籍にも
残されません。流産も死産も、タブーに感じられることが
多いのか、あまりその存在を語られることもありません。

その数は、私たちが想像しているよりもはるかに多いのに。。

現在、流産は全体の約15%、そして、死産は約3%の
確率で起きていると言われています。

椿ちゃんのように、母体に理由があるわけでも、
赤ちゃんに原因があるわけでもなく、お空に帰ってしまう
命も存在します。

でも、椿ちゃんが、麻紀さんたちご夫婦と存在しているように、
たとえおなかの中で亡くなってしまう命も、
出生後どんなに早く亡くなってしまった命も、
その命は短かったかもしれないけれど、
この世に誕生したんだ、と思います。


そして、大きなメッセージを私たちに伝えるために
きれくれたんだと、思います。


映画「うまれる」では、誕生死も「うまれる」ことの
一つとして考え、扱っていきます。


取材をさせていただいた私が、本当に素敵な1日を
すごさせていただきました。


■椿ママのブログ
http://blog.goo.ne.jp/tsubaki0328_2009

■ 「わたしがあなたを選びました」鮫島 浩二 (著)
http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/80xfnyy02f30psftj9



お┃知┃ら┃せ┃★┃
━┛━┛━┛━┛━┛


【残り10席切りました!!】


12月5日に"泣けて笑えてタメになる"イベント開催します!!

ゲスト:久保純子さん、大葉ナナコさん、池川明先生
テスト上映で9割が号泣した感動のミニ・ドキュメンタリーも上映予定です!!!
詳しくはコチラから

http://umareru.jp/event/1205/


※ 出産ドキュメンタリー映画「うまれる」では、製作過程の報告や妊娠/出産に関わる感動的で役に立つ情報をお届けするメルマガを毎週日曜日に発行しています。
ぜひご登録を★

うまれるメルマガ



(企画・監督・撮影  豪田トモ)






最終更新日  2009年11月10日 15時22分24秒
元NHKアナウンサーの久保純子さんにナレーションいただいた新しい動画をアップしました!!
ピクチャ 4.jpg

純子さんにもご参加いただく12/5のイベントは、おかげさまで【残り10席】を切っています。
お早めにお申込くださいー。
http://umareru.jp/event/1205/

また、今回からオープニングにタイトル・ムービーが入りました!!
こちらは音楽の古田秘馬さん、デザインの溝田明さんのご協力によるものです。


※ 出産ドキュメンタリー映画「うまれる」では、製作過程の報告や妊娠/出産に関わる感動的で役に立つ情報をお届けするメルマガを毎週日曜日に発行しています。
ぜひご登録を★

うまれるメルマガ



(企画・監督・撮影  豪田トモ)






最終更新日  2009年11月09日 08時44分20秒
2009年11月07日
本作は「うまれる」映画ですが、「産まない決断」をし、広い意味で世の中に「うまれる」ことを創り出す女性の輝きもお届けしたいと思っています。


「不妊」


という言葉が注目を浴びつつあります。
2年間、自然に妊娠しないと「不妊」と呼ばれ、現在の日本には不妊に悩む方が約300万人いると言われています。

実際に、体外受精により誕生した出生児数は年間15,000人を数え、総出生児数の1%を超えます。

その他の不妊治療により誕生した事例はさらに多く、全出生児数の4%にもおよぶ数になると推測されています。



なぜ、いま「不妊」がテーマになるのでしょう?
これは80年代から進んだ女性の社会進出にまでさかのぼります。

女性が働く事に目覚め、経済的に自立できる素晴らしい権利を獲得した一方、晩婚化が顕著になってきました。

結婚が遅くなると、それだけ妊娠・出産が遅くなる。

しかし、女性の身体は年齢を重なれば重ねるほど、妊娠しにくくなるし、流産や障がい児が産まれる確率が高まる、という事実は、どこまで社会的にシェアされているでしょうか?

「そんなの聞いてないよ」

という女性は多くいらっしゃると思います。
一生懸命働いてきて、

「仕事が一段落ついたから、そろそろ子供でも。。。」

と思ったものの、

「あれ?なかなか授からないなぁ。。。」

いう方が増えているのです。
いざ、不妊治療を始めても、なかなか授かることができず、


「女性として失格なんじゃないか?」
「人間として否定されている気がする。。。」


このような悩みを多くの方が抱えていらっしゃるようです。
すごく辛いです。
私たちは、


「不妊は個性」


だと言う、鳥取県にある、ミオ・ファティリティ・クリニックの見尾院長のお考えに共感しています。

高くジャンプ出来る人がいれば出来ない人もいる、高くジャンプ出来なくても計算は速い人もいる。
早く走れる人がいれば走れない人もいる、走れなくてもすごく人に気を使える人もいる。

同じように、子どもがなかなかできない人もいる。


長年、不妊治療に取り組んだものの、どうしても授からず、子どものいない人生を選択したけれど、別の形で「うまれる」ことを世の中に提供していきたいと取り組んでいる女性たちもいます。

本作では、産まない決断、不妊についても、ポジティブに捉えていきたいと思います。






最終更新日  2009年11月07日 22時31分59秒
2009年11月05日
11月15日(日)、16日(月)のスタジオでの撮影(胎内記憶を持っている40人のお子さんたちに集まってもらいます!)に向けて、スタッフミーティングを行いました!

撮影のスタッフは、総勢約20名。

今回は、たくさんの子どもたちに集まってもらうので、いかに緊張せずに、泣いちゃったりせずに、楽しく撮影ができるように、あれやこれや話し合いました。とっても楽しい現場になりそうです(^^)。


★ちなみに、胎内記憶を持っているお子さんの募集、引き続き行っています!(12月16日(月)撮影分のみ)どしどし、ご応募ください!
http://www.umareru.jp/wanted/tainaikioku.html


さてさて、今回のスタジオでメインでカメラをまわしてくれるのが、撮影監督の中谷宏道さん。ほとんどの人が知っているCMを、本当に数えきれない程撮っている大ベテランです。

やさしい中谷さんなので、やさし~い撮影現場になるのでは?と楽しみです。


それから、さらにスタッフが増え、スタッフページがにぎやかになってきましたので、ご紹介します!

テクニカルな部分でアドバイザーになっていただいている、スタジオDUの井手さん。(カメラ/撮影/フィルムのことなら何でもこい!で教えていただいています。)

CG製作のデザイナー、一柳彩乃(イトツヤナギアヤノ)さん。まず、名前が素敵です(笑)。有名なところでいくと、テレビ番組「のだめカンタービレ」などのタイトルバックのデザインをしたりしています。音符がかわいいタイトルでしたよねー。

ということで、日々、スタッフ一同、がんばっておりまーす。
おそらく、公開まで約1年。
引き続き、魂こめていきます★

スタッフのページ
http://www.umareru.jp/staff/



(プロデューサー:牛山)

お┃知┃ら┃せ┃★┃
━┛━┛━┛━┛━┛

【 12月5日に"泣けて笑えてタメになる"イベント開催します! 】

ゲスト:久保純子さん、大葉ナナコさん、池川明先生
テスト上映で9割が号泣した感動のミニ・ドキュメンタリーも上映予定です!!!
詳しくはコチラから

http://umareru.jp/event/1205/


※ 出産ドキュメンタリー映画「うまれる」では、製作過程の報告や妊娠/出産に関わる感動的で役に立つ情報をお届けするメルマガを毎週日曜日に発行しています。
ぜひご登録を★

うまれるメルマガ






最終更新日  2009年11月05日 08時41分02秒
2009年11月04日
昨日は11月3日で「いいお産の日」でしたね。

特に何もせず仕事していたのはちょっと勿体なかったかなぁなんて思ったのですが(いまは撮影が佳境なのです!!)、いまからちょうど1年後には全国公開しているんだなぁと思うと、さらに気合いが入ります!!

まだまだ、まだまだやらなきゃいけない事がありますがー。。。
と言う事で、いまはCGパートの脚本手直しと絵コンテを描くのにホテルにこもっています。
なかなかアイデアが浮かばない。。。



お┃知┃ら┃せ┃★┃
━┛━┛━┛━┛━┛

【 12月5日に"泣けて笑えてタメになる"イベント開催します! 】

ゲスト:久保純子さん、大葉ナナコさん、池川明先生
テスト上映で9割が号泣した感動のミニ・ドキュメンタリーも上映予定です!!!
詳しくはコチラから

http://umareru.jp/event/1205/


※ 出産ドキュメンタリー映画「うまれる」では、製作過程の報告や妊娠/出産に関わる感動的で役に立つ情報をお届けするメルマガを毎週日曜日に発行しています。
ぜひご登録を★

うまれるメルマガ



(企画・監督・撮影  豪田トモ)






最終更新日  2009年11月04日 17時12分09秒
精子くんになったつもりで、身体の中を想像してみてください(笑)。

精子くんのミッションは、道しるべも無い、真っ暗闇な子宮の中を通過して、卵子ちゃんの待っている卵管へとすすむこと。

では、この真っ暗闇の中で、卵管がどの方向にあるか、どうしたら分かるのでしょう??


それは、なんと、「匂い」でした!


卵巣内に、匂いを受容することのできるタンパク質の一部があり、精子くんは「匂い」を受け取ることができるのです。


反対に、卵子ちゃんは、スズランやユリのようなお花の香りがする、いぃ~香りのフェロモンを出していて、精子くんを誘引しているのだそうです。


男女間で惹かれ合うのも“匂い”重要なファクター。
他の人が嗅いだら、「?」な匂いも、どうしても好きな匂いだったりしますよね(笑)。


精子君と卵子ちゃんの出会いも、「匂い」がポイントでした。
やっぱり、身体は神秘です。



お┃知┃ら┃せ┃★┃
━┛━┛━┛━┛━┛

=====================================================
製作発表イベント 「いのち」を語る3時間
~「うまれる」って奇跡だよね!~
http://umareru.jp/event/1205/
=====================================================

12月5日に予定している、このイベント。
お申し込みもたくさんいただいて、だいぶ埋まり、残りわずかとなってきました!

興味を持っていただいた方、ぜひぜひ、ご家族やお友達をお誘いあわせの上、ご参加くださいませ★


■2009年12月5日(土)13:00~16:00(開場12:30~)
■ 会場:女性と仕事の未来館ホール(東京都田町)
http://www.miraikan.go.jp/access/index.html

■定員:先着200名様
■入場料:3,000円(税込)
■内容

1. 映画「うまれる」のご紹介

2. パネルディスカッション:「うまれる」ってどういうこと
ゲスト
* 久保純子さん(アナウンサー)
* 池川明さん(池川クリニック医院長)
* 大葉ナナコさん(バースコーディネイター)

3. 講演:「うまれる」って奇跡だよね!
講演者:大葉ナナコさん

4. ミニドキュメンタリー「~不妊と流産を乗り越えて~」上映


会場でお会いしましょう!


★お申し込みはこちらから
http://umareru.jp/event/1205/






最終更新日  2009年11月04日 16時41分56秒
2009年11月03日
元々、この出産ドキュメンタリー映画「うまれる」を始める
きっかけになったのは、産婦人科医の池川明先生との出会い。

お母さんのおなかの中のことを覚えている、という子どもたちが
いることを聞いて、本当にびっくりしました!

◆製作開始の背景
http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/8030exy02fadale3td



でも、実際に寄せられる体験談を読むと、本当に楽しくて
ほほえましいものがたくさんあります。
真実かどうかなんて、関係ない!!(笑)

先日も、こんな楽しい体験談がよせられました!


-----------------------------------------------------------------------
<娘の衝撃的な告白! (静岡県:K.Kさん)
-----------------------------------------------------------------------


先日、私もついに、ワクワクしながら2歳の娘に

「ママのお腹の中にいた時の事覚えている?」

と聞いてみました。

「うん、覚えているよ~!」

「どうだった?」

「気持ちよかった~!ママ、お腹の中に入れてくれてありがとう~。」

「いえいえ、こちらこそ、ママとパパを選んでくれてありがとう~。」

と、ここまでは、微笑ましい会話をしました。
「あぁ、いいね~、子供って★」と感動していたんだけど、




彼女には続きがあったのです・・・




「でもね、ママ。」

「ん?!(嫌な予感・・・)」

「でもね、ママ。


ママは私のお腹の中にいたんだよ~。


ママはどうだった?」



と、逆に衝撃の告白をされ、

えぇぇぇぇぇぇぇ!!そ、そうなの???マ、マジで!?!?

と、すっかりうろたえる私。。。(笑)


それに、どうだった?と聞かれ、仕方なく正直に、

「ごめんね、覚えていないのママ・・・。
でも、ママ、あなたのお腹の中に居たことがあるんだね~。
お腹の中に入れてくれてありがとう。」

と陳謝しました。


その返事に満足したのか、嬉しそうに「ママ大好きよ」と
しつこいぐらいのキスとハグをしてくれ、
そのまま抱きつきながら寝てしまいました。



娘が寝入ったのを確認し、夫に「衝撃の事実が!!!!!!」と
この話をしたら、爆笑しながら、

「どうりで、いつも君を守ろうとしたり、上から目線で
お世話しなくちゃと行動する節があるわけだ。」

と言っていました。


確かに、いつも私に世話をやこうとしてくれる娘。。。

本当の話か、空想の話なのかはどうでも良くて、
ママになったら誰しも子供に聞いてみたい話。

それが、こんな心臓をバクバクさせられる話になるとは!
びっくりしました(笑)。
-----------------------------------------------------------------------


映画「うまれる」では、11月と12月の4日間、胎内記憶を持っている
子どもたち、約50人にスタジオに集まってもらって、お話を
撮影させていただく予定です!


どんなかわいらしい、衝撃的な(?)お話が聞けるか、とっっっっっっても楽しみ!!


既に、11月の撮影は定員を超えてしまいましたが(ありがとうございます!)、12月の撮影に参加してくださる、お子さんたちを募集しています!(残りわずかとなりました)


かわいいお子さんの証言を映画に残しませんか?

詳細はこちらから。
http://k.d.combzmail.jp/t/ld83/8030fxy02fadale3td



ご応募、お待ちしています!!!!






最終更新日  2009年11月03日 18時06分29秒

全337件 (337件中 31-40件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ... 34 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.