219960 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

INDIGO FILMS

PR

プロフィール


INDIGO FILMS

カレンダー

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

映画

2009年09月02日
XML
カテゴリ:映画
Zガンダム1
Zガンダム2
アレクセイと泉
おいしいコーヒーの真実
市民ケーン
ソプラノズ シーズン6
シャークウォーター
コーラス
ホームレス中学生
コマンダンテ COMANDANTE
不思議惑星キン・ザ・ザ
アキレスと亀
君に読む物語
運命を分けたザイル

「アレクセイと泉」「コマンダンテ」「キン・ザ・ザ」以外はどれも面白かったですね。

特に僕は「ソプラノズ」の大ファンなので、シーズン6がようやく日本で発売されてチョー嬉しかったです。

去年アメリカに行った時にシーズン6のボックスが売っていたので速攻で買ったのですが、よく分からないスラングも多かったので、改めて見直せて良かった。
それにしても偉大なテレビ・シリーズです。

51iiMqXiQXL.jpg






最終更新日  2009年09月02日 13時24分09秒
2009年08月10日
カテゴリ:映画
7月に見た映画・テレビです。


NIP / TUCK シーズン4
チャイナタウン
ワルキューレ
エヴァンゲリオン序
ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう
e-dreams
デクスター シーズン2
アザー・ファイナル
ペルセポリス
第三の男
チェンジリング


このうちのおススメは、

NIP / TUCK シーズン4
チャイナタウン
ワルキューレ
ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう(最後のエピソードのみ)
e-dreams
デクスター シーズン2
ペルセポリス
第三の男
チェンジリング

ですね。


"e-dreams"はアメリカのITベンチャーの興亡を描いたドキュメンタリー。

28歳の青年があるアイデアから大口の投資を獲得し、スタバやアマゾンと提携して一躍ドットコム企業のスターに君臨するものの、ITバブルの崩壊であれよあれよという間に没落していく様を生々と描いたものです。

img55872872.jpg

映像クオリティはあんまり良くないけれど、創業者のパクさんの人柄がいいし、当時の時代性が詰まっていて何だか面白かったです。

ビジネス・パーソンは必見のドキュメンタリーだと思いますっ。






最終更新日  2009年08月10日 11時00分03秒
2009年07月18日
カテゴリ:映画
先月はこんな映画・テレビを見ましたー。

LOST シーズン4
ジェシー・ジェームズの暗殺
アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生
スター・ウォーズ 新たなる希望 (Episode IV)
レボリューショナリー・ロード
靴をなくした天使
フィフス・エレメント
フレンチ・コネクション2
レザボア・ドッグス
ソプラノズ シーズン1
ゴーン・ベイビー・ゴーン
HEROES シーズン1


6月に見たものはハズレなし!!

「フレンチ・コネクション2」はちょっと古いし、「ジェシー・ジェームズの暗殺」はストーリーがスローかなぁと思いますが(映像はすっばらしい!!)、全体的にはおススメ出来ます。


中でも「LOST シーズン4」はさすがです。脚本が本当にスゴい。
ここまで書いてくれると尊敬します。


意外に面白かったのが「ゴーン・ベイビー・ゴーン」。
俳優のベン・アフレックの初監督作品ですが、イーストウッド然り、ショーン・ペン然り、俳優さんはやっぱり役者さんの活かし方がお上手です。
ストーリーも良し。多才ですね。


「アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生」は有名なフォトグラファーのドキュメンタリー。
知らない人だけに何だか面白かった。






最終更新日  2009年07月18日 11時44分31秒
2009年06月15日
カテゴリ:映画
出産ドキュメンタリー映画「うまれる」の製作も徐々に徐々に進んでおりますが、今回、この映画製作をお手伝いいただける、アシスタントプロデューサーを募集させていただくことになりました!

<募集要項はこちら>
http://www.umareru.jp/staff/recruit-ap.html


ともに、歴史に残るドキュメンタリー映画をつくりましょう~★
賛同しただき、熱い想いを持って取り組んでいただける方、お待ちしております。


(プロデューサー:牛山)






最終更新日  2009年06月15日 10時53分22秒
2009年06月09日
カテゴリ:映画
5月はこんな映画・テレビを見ましたー。


ボーン・アイデンティティ
ワールド・オブ・ライズ
ヒート
アフター・スクール
ウォーリー
華氏911
ボウリング・フォー・コロンバイン
マルコムX
ドゥ・ザ・ライト・シング
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー
インサイド・マン
25時
ノー・カントリー
プリズン・ブレイク 3-1
プリズン・ブレイク 3-2
プリズン・ブレイク 3-3
プリズン・ブレイク 3-4
プリズン・ブレイク 3-5
プラネット・アース1
デイジー
再会の街で
バック・トゥ・ザ・フューチャー
ザ・シークレット
ボーン・スプレマシー
エンロン
ボーン・アルティメイタム



このうち、前に見たけどやっぱおもろい!!という映画はコチラ


ヒート
華氏911
ボウリング・フォー・コロンバイン
マルコムX
ドゥ・ザ・ライト・シング
インサイド・マン
25時(スパイク・リー月間でしたね)
ノー・カントリー
ボーン・アイデンティティ
ボーン・スプレマシー
ボーン・アルティメイタム
バック・トゥ・ザ・フューチャー
ザ・シークレット
エンロン



5月のナンバーワンは


ウォーリー
new-wall-e-box-sitting.jpg

ですね。
ウォーリーとエヴァのモノマネにちょっとハマってます(笑)。

ストーリー、キャラクター、映像など、すべてが素晴らしいです。
特にスゴいなぁと思ったのが、サウンドですね。
キャラクターの声や動きなどのサウンド・デザインとエフェクトは芸術的。
もう一度見る機会のある方はぜひこの作品のサウンドにご注目を!



今日も皆さんにとって最高の一日でありますように!!

インディゴ・フィルムズ
TOMO






最終更新日  2009年06月09日 15時22分31秒
2009年05月10日
カテゴリ:映画
初めてじゃないのもたくさんあります。


タイタニック
JFK
ソプラノズ1-1
ダークナイト
スナッチ
ラヂオの時間
レオン
ブリジット・ジョーンズの日記
セイント
ミッション・インポッシブル3
ターミネーター3
ミュンヘン
バンクジョブ
キサラギ
24 リデンプション
闇の子供たち
レッドクリフ1
ジューノ
ヘイジャパ!
アリア
ウォンテッド
Mr.&Mrs.スミス
祇園の姉妹
僕らのミライへ逆回転
ホット・ファズ
LOOK
デクスター1-1
デクスター1-2
デクスター1-3
デクスター1-4
デクスター1-5
デクスター1-6
エイリアス1-2
おくりびと
007私を愛したスパイ
二重スパイ
スパイバウンド


このうちで面白かったのは

デクスター
キサラギ
バンクジョブ
おくりびと



以前見たけどやっぱり良かった!という作品はコチラ。

タイタニック
ソプラノズ
ダークナイト
スナッチ
レオン
ブリジット・ジョーンズの日記
ミュンヘン


ですね。


4月の大賞は間違いなく「デクスター」ですね。
「デクスター」は色々な意味でも歴史に残るテレビドラマだと思います。

img999b5c0azikdzj.jpeg.jpg

「ダークナイト」はおそらくハリウッド嫌いの映画ファンでも認めざるを得ない傑作娯楽作品ですね。
学びがたくさん!!


今日も皆さんにとって最高の一日でありますように!!

インディゴ・フィルムズ
TOMO






最終更新日  2009年05月10日 22時16分40秒
2009年04月26日
カテゴリ:映画
読書デーに続き、DVDデーもやってみました。
一日、DVDだけ見ようという大胆な日です。
意外にヒマですね(笑)。


星デクスター1-1
星デクスター1-2
星Mr.&Mrs.スミス
星僕らのミライへ逆回転
星ブリジット・ジョーンズの日記
星エイリアス1-2


を見ましたが、何と言っても「デクスターですよ。

20061016121721.jpg

連続殺人犯を主人公にしちゃったアメリカのテレビ・ドラマですが、
こんなにオリジナリティのあるドラマは見た事がありませんねー。

イケメンも美女も出てないし、暗い印象を受けると思うので日本ではヒットしないでしょうけれど、
内容はかなり深くて濃いです。

10055330761.jpg


主人公は警察の鑑識科で働いていて、見た目はごくごくフツーの人にしか見えないところに、この作品の恐ろしさとスゴさがあります。

残虐なシーンは実はそれほどないし、サスペンスな展開、練りに練られた台詞は芸術的なエンターテインメント

10055330717.jpg

法律によって裁かれない悪党だけをターゲットにしている点が、新たな異色ヒーロー像を作り上げているような感じがしますね。
今年一番の傑作の予感がします。

アメリカのドラマ作りはどんどん日本の先に行きますね~。
僕も頑張んなきゃ!!


今日も皆さんにとって最高の一日でありますように!!

インディゴ・フィルムズ
TOMO






最終更新日  2009年04月26日 12時02分07秒
2009年04月16日
カテゴリ:映画
トム・クルーズ主演の「ワルキューレ」を見ましたっ。
第二次世界大戦当時、ヒットラー暗殺を企てた人達の物語で、なかなかハラハラドキドキの娯楽作品として楽しめましたウィンク


星「ヒットラー以外にもドイツ人がいるという事を後世の人達に知って欲しい」


というようなメッセージに共感しましたが、これは現代のアメリカの世論(当時のブッシュ政権を支持しないアメリカ人もいるんだよ)を反映させてるんだろうなぁと。

ブライアン・シンガー監督は「ユージュアル・サスペクツ」でブレイクして「Xメン」シリーズでメジャーになった人ですが、僕がバンクーバーにいた時にちょうど「Xメン」を撮っていて、うちの学校(バンクーバー・フィルム・スクール)に講演に来てくれたのを覚えています。


「影響を受けた監督は?」という学生からの質問に対してたくさんの監督の名前を出してましたけれど、その中に「Akira Kurosawa(黒澤明)」が入っていたのに感動しました。


星「黒澤明以外にも日本人監督がいるという事を後世の人達に知って欲しい」

なぁ。
もっともっと頑張ろうって思いました大笑い


インディゴ・フィルムズ
TOMO






最終更新日  2009年04月16日 21時09分15秒
2009年02月23日
カテゴリ:映画
ここ数日は来月販売予定のDVDの編集作業にハマってますっ。
去年、「映像とビジネス」をテーマに7回ほど開催したセミナーを
撮影&編集したもので、いままでは娯楽かテレビ・コマーシャル
しか用途がないと思われていた「映像」をビジネスで有効活用する
ノウハウをふんだんに入れ込んでいます。


売上・利益・集客力アップ、顧客の囲い込み、社員の帰属意識の向上など、
様々なビジネス用途にたくさんのヒントがある内容ではないかなーと思い、
最後まで気を抜かずに頑張っているところです。

いまや映像の有効活用が経済の活性化に直結するので多くの方に
見ていただきたいですねー。

星3月10日から仮予約受付開始ですっ。

※昨年のセミナーの様子


--------------------------------
アカデミー賞発表!
--------------------------------

アカデミー賞、ついに発表されましたねー。
約5年ぶりくらいにWOWOWで見ました。

ノミネート作品の映像があまり出て来なかったのに不満が
ありましたが、

演技賞の過去の受賞者がノミネート者全員に
「あなたの演技はこんなに素晴らしかった!」
と語って紹介するのが感動的でしたー。


ロバート・デ・ニーロに
「どうやったらあんな演技が出来るんだ、我が友よ」
なんて言われたら役者さんとしては感無量でしょうねー
(言われたショーン・ペンが見事二度目の受賞!!)。

ノミネート&受賞作品はコチラからご確認ください。



それにしても日本勢は素晴らしい成績でしたねー!!
短編アニメ賞の「つみきのいえ」と外国語映画賞の「おくりびと」!!

おくりびと.jpg

日本映画の外国語映画賞受賞は1950年の黒澤明の「羅生門」以来でしょうから、
歴史的に快挙ですね。

作品に関わった皆さま、おつかれさまでした!!!



さて、アカデミー賞、
実は「おくりびと」より何より注目していた人がいます。


誰だと思いますか?
それは、、、、


リチャード・ジェンキンスさん

N0013604_l.jpg

です。


「誰ですか?」



という声が聞こえてきそうですがスマイル
リチャード・ジェンキンスさんは「ザ・ビジター」という作品で
主演男優賞にノミネート
されていたベテラン俳優さんです。
彼は61歳の現在まで、ハリウッドでは主に名チョイ役として知られていました。

僕が史上最強のテレビ・ドラマだと思っている「Six Feet Under」で
素晴らしい演技を披露していた他、「キングダム」、
スタンドアップ(シャーリーズ・セロンの父役)」、
ディック&ジェーン」など、


「どこかで見た事ある脇役」


として何となく顔は見た事ある、という映画ファンもいるかもしれません。



彼はこれまで、ほっとんど主演をはった事がない上に、
演技賞などでもまるで評価された事のない、
本当に地味な地味な役者さん。
ところが、今回ノミネートされた「ザ・ビジター」で
初めて世の脚光を浴びるわけです。




とりわけハンサムでもない役者さんが60歳を過ぎてようやく功績を
認められるなんて、夢のある話だと思いませんか?



そして、こういう役者さんは山のようにいるんですよね。

食べれなくて、食べれなくて、それでも好きで仕方がないから
謙虚に努力を続ける人たち。

何度もやめようと思っていたけれど、
やっぱりやめられずに夢を追い続ける人たち。


胸が熱くなります。



「夢しか、実現しない」


残念ながら受賞は逃してしまいましたが、
リチャード・ジェンキンスさんの晴れ姿を見ながら、
福島正伸さんのこんな言葉を思い出しました。


星福島正伸さんの公式ブログ


夢があると、毎日の生活が楽しみになります。

夢があると、辛い時に踏ん張れます。

夢があると、色んな事が実は「夢のように幸運な事だった」と気づかされます。



40年以上、夢を追い求めている人は素敵だな、
とアカデミー賞を見ていて改めて気づきました。



明日は36歳の誕生日お誕生日
僕も、あと34年は頑張りマス。




長文にて失礼いたしました。



最後まで読んでいただいてありがとうございました!
皆さまにとって今日が最高の日でありますように!


■インディゴ・フィルムズ
代表 TOMO







最終更新日  2009年02月24日 21時11分52秒
2009年02月07日
カテゴリ:映画
最近、弟が「脱腸」というもので入院&手術しました。

「脱腸」ショック

なんて聞いた事もなかったので、ちょっと調べてみたら
あまり筋肉の強くない人が重いものを定期的に持ったりする仕事をしている
場合に、「腸が所定の位置からはみだしてしまう」らしいんです。

※詳しくはコチラ


引っ越しやさんや宅急便の配達員の方に多いらしく、
弟は介護の仕事をしていて、よくおじいちゃん、おばあちゃんを
お風呂にいれたり、お世話しているのでなってしまったようですね。


以前書いた事があるので覚えていらっしゃる方もいるかもしれませんが、
弟は半分目がつぶれて生まれてきたので、社会生活を営む上で
難しい点が多々あります。

それでも

「今まで色んな人に支援してもらってきた」

という気持ちから

「人に役立つ仕事がしたい」

と給与と仕事量がハンパなく厳しい介護業界に
入りました。


脱腸のために今月いっぱいは休むらしいので
「たまには旅行でも行って来たら?」と言ったら、
「無理して休ませてもらっているのに皆に申し訳ない」
と言っていました。


弟は僕の誇りです。ウィンク

tomotaka.jpg

__hr_tomotaka04.jpg

さてさて、話はガラーーーーッと変わりうっしっし
アカデミー賞の発表が23日に近づいていますが、
僕の2008年に見た映画ベスト20を発表したいと思いますっ。

あくまで僕が2008年に見た映画で、
2008年に劇場公開されたものではありません。

特に最近は映画を見る時間がなくなって全盛期の半分くらいしか
見ていないので、時間的に古いものも多々あります。

面白すぎるので、TVドラマも含んでいます。

-------------------------------------------------------------------------
星2008年に見た映画ベスト20
-------------------------------------------------------------------------

1 ディープ・ブルー
2 崖の上のポニョ
3 ザ・ソプラノズ シーズン6
4 4400 シーズン3
5 ロスト シーズン3
6 つぐない
7 ボビー
8 スタンドアップ
9 NIP / TUCK シーズン2
10 NIP / TUCK シーズン1
11 最高の人生の見つけ方
12 アポカリプト
13 クローバーフィールド
14 サンキュー・スモーキング
15 4400 シーズン 4
16 世界最速のインディアン
17 マーダーボール
18 マジック・アワー
19 フラガール
20 エキストラ シーズン1

-------------------------------------------------------------------------
星演技が素晴らしかったで賞
-------------------------------------------------------------------------

※ 主演系

ダニエル・デイ・ルイス「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
マシュー・アマルリック「潜水服は蝶の夢を見る」
ロッド・スタイガー「夕陽のギャングたち」
ジェフリー・ラッシュ「ライフ・イズ・コメディ! 」
デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ「アメリカン・ギャングスター」

※ 助演系

ヒース・レジャー「ダーク・ナイト」
ロバート・ダウニーJr.、トム・クルーズ「トロピック・サンダー」
ジョシュ・ブロリン「アメリカン・ギャングスター」
ケヴィン・ジェームズ「最後の恋のはじめ方」
ジェームズ・コバーン「夕陽のギャングたち」

※ 女優系

シャーリーズ・セーロン 「スタンドアップ」、「ライフ・イズ・コメディ!」
キーラ・ナイトレイ「つぐない」、「プライドと偏見」
ブレンダ・ブレッシン「プライドと偏見」
松雪泰子「フラガールズ」
フランシス・マクドーマンド「スタンドアップ」

※ アンサンブル賞

「アメリカン・ギャングスター」
デンゼル・ワシントン、ラッセル・クロウ、ジョシュ・ブロリン

「ザ・ソプラノズ」
ジェームズ・ギャンドルフィーニ(トニー)、マイケル・インペリオリ(クリス)、
スティーヴン・ヴァン・ザント(シル)、ドミニク・チアニーズ(ジュニア)、
トニー・シリコ(ポーリー)、エディ・ファルコ(カメーラ)、
ロレイン・ブラッコ(メルフィ)、ロバート・イラー(AJ)、
ジョセフ・R・ガンナスコーリ (ヴィトー)、
ジョン・ヴェンティミグリア(アーティ)、
フランク・ヴィンセント(フィル)、ロベルト・フナロ(ユージーン)、
ヴィンセント・キュラトラ (ジョニー・サック)

「4400」
コンチータ・キャンベル(マイア)、リチャード・カーン(マルコ)、
ビル・キャンベル(ジョーダン・コリアー)、
マハーシャラルハルバズ・アリ(リチャード)

「LOST」
マシュー・フォックス(ジャック)、ナビーン・アンドリューズ(サイード)、
ホルヘ・ガルシア(ハーリー)、テリー・オキン(ロック)、
マイケル・エマーソン(ベン・ライナス)、
ヘンリー・イアン・キュージック(デズモンド)、
エリザベス・ミッチェル(ジュリエット)

「NIP / TUCK」
ジュリアン・マクマホン(クリスチャン)、ジョン・ヘンズリー(マット)、
ファムケ・ヤンセン(エヴァ)

-------------------------------------------------------------------------
星演出が素晴らしかった10人の監督さんたち(順不同)
-------------------------------------------------------------------------

宮崎駿「崖の上のポニョ」
ジョー・ライト「つぐない」、「プライドと偏見」
マット・リーヴス「クローバーフィールド」
クリストファー・ノーラン「ダーク・ナイト」、「プレステージ」
ヘンリー・アレックス・ルービン、ダナ・アダム・シャピロ「マーダーボール」
クエンティン・タランティーノ「デス・プルーフ」
メル・ギブソン「アポカリプト」
ジェイソン・ライトマン「サンキュー・スモーキング」
ロジャー・ドナルドソン「世界最速のインディアン」
ニキ・カーロ「スタンドアップ」
ベン・スティラー「トロピック・サンダー」

-------------------------------------------------------------------------
星とにかく脚本が良かった10作品
-------------------------------------------------------------------------

「世界最速のインディアン」
「ロスト」 シーズン3&4
「4400」 シーズン3&4
「マジック・アワー」
「崖の上のポニョ」
「ボビー」
「NIP / TUCK」 シーズン1&2
「エキストラ」 シーズン1
「最高の人生の見つけ方」
「ザ・ソプラノズ」 シーズン6

-------------------------------------------------------------------------
星映像がマジ素晴らしかった10作品
-------------------------------------------------------------------------

「ディープ・ブルー」
「つぐない」
「トランスフォーマー」
「ザ・ソプラノズ」シーズン6
「アフロ・サムライ」
「クローバーフィールド」
「ダーク・ナイト」
「プレステージ」
「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」
「崖の上のポニョ」

-------------------------------------------------------------------------
星美術がマジ素晴らしかった10作品
-------------------------------------------------------------------------

「つぐない」
「ダーク・ナイト」
「プレステージ」
「アフロ・サムライ」
「クローバーフィールド」
「崖の上のポニョ」
「アフロ・サムライ」
「プライドと偏見」
「エディット・ピアフ」
「ザ・ソプラノズ」シーズン6

-------------------------------------------------------------------------
星編集がマジ素晴らしかった10作品
-------------------------------------------------------------------------

「ディープ・ブルー」
「ザ・ソプラノズ」シーズン6
「ボビー」
「ダーク・ナイト」
「クローバーフィールド」
「潜水服は蝶の夢を見る」
「アフロ・サムライ」
「スモーキン・エース」
「ギャングスター・ナンバーワン」
「アメリカン・ギャングスター」

-------------------------------------------------------------------------
☆ 音楽がマジ素晴らしかった10作品
-------------------------------------------------------------------------

「ザ・ソプラノズ」シーズン6
「崖の上のポニョ」
「つぐない」
「ディープ・ブルー」
「夕陽のギャングたち」
「ギャングスター・ナンバーワン」
「ボビー」
「アポカリプト」
「デス・プルーフ」
「アフロ・サムライ」


あくまで個人的な好みですー。
ご参考まで!!



最後まで読んでいただいてありがとうございました!
本日も皆様にとって良い一日でありますように。


■インディゴ・フィルムズ






最終更新日  2009年02月07日 22時51分03秒

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.