2415251 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

INDOOR STYLE

全149件 (149件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

Danner(ダナー)

2019年12月01日
XML
カテゴリ:Danner(ダナー)
秋冬といえばブーツの出番。降雪地帯の寒冷地ではレザーブーツや内ボアのウインターブーツ、もしくは完全に割り切ってゴム長。

しかし氷点下にならない地域なら毛糸のソックスにサンダルもアリなんじゃないか、と思ったり。保温性はともかく毛糸編みの靴下は風を通してとさすがに寒いと思うが、下に汗取りも兼ねて五本指ソックスを重ね履きしたりすれば多少ながら空気を留める層ができていける気がする。

あまりに夏っぽいデザインのサンダルではさすがに冬服とのバランスがとりにくいだろうが、このエマージェンシーオレンジにリフレクター(反射材)が入った「Danner RIVERBED(ダナーリバーベッド)」なら秋冬のブラウン系・カーキ系の服とも比較的合わせやすい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Danner ダナー コーデュラナイロン スライドサンダル Riverbed S...
価格:12100円(税込、送料別) (2019/12/1時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Danner ダナー コーデュラナイロン スストラップサンダル Riverbed...
価格:14300円(税込、送料別) (2019/12/1時点)



単純に冬は陽が短く服装も暗くなりがちで自動車から歩行者は見えづらいので、足元に蛍光オレンジとリフレクターがあるというのは安全面での実用性もある。

ユルく履くなら2本ストラップ一体型アッパーのつっかけタイプ「RIVERBED SLIDE(D821000RFT)」、運動性を犠牲にしない靴として履くならセパレート型3本ストラップにヒールストラップが付いた「RIVERBED(D821001RFT)」。

厚手のソックスを穿くことを考えるとストラップで靴擦れする心配がないのでヒールストラップ付きのタイプのほうが汎用性が高くていいかも。






最終更新日  2019年12月01日 13時34分05秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年11月14日
カテゴリ:Danner(ダナー)
アウトドアブランド「Snow Peak(スノーピーク)」と「Danner(ダナー)」がコラボした『SNOW PEAK × DANNER TRAIL FIELD』が気になってきた。

2019年春夏モデルだったが今年は稀にみる猛暑だったこともあってあまりレザーブーツは顧みられなかった気がする。実際自分も存在に気付いたのはわりと最近である。

ダナーというと異素材の限定モノを出す程度でわかりやすいオシャレ路線はやらない質実剛健なイメージがあったが、スノーピークとのコラボではDリングアイレット&シュレースフックをにするという大胆なデザイン。
マウンテンライト譲りのゴツめのシルエットと相まって新鮮だ。




ルーズなシルエットなら「トレイルフィールドプロ」のほうが合わせやすいが、シュッとしたシルエットに合わせるならカラーリングはそのままでダナーライト系のシルエットを受け継ぐ「Danner Field PRO(ダナーフィールドプロ)」という選択肢もアリだ。




もちろんいずれもゴアテックス&ビブラムソールのスペックはそのままなので冬靴としてガンガン使えるのも強み。

秋冬コーデはシンプル&地味になりがちなので、ブーツの武骨なアウトドアテイストの中に赤のワンポイントがあると足元がグッと華やかになりそうだ。








最終更新日  2019年11月14日 16時05分42秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月09日
カテゴリ:Danner(ダナー)
派生モデルを乱発したかと思えば最近はデッドストック品すら見当たらないという、妙な商品展開の「Danner WOODSMAN(ダナー ウッズマン)」。

ウッズマンといえば大体セダーレインボー、スエード版、ホーウィンレザー仕様だが、久しぶりに楽天市場で検索してみたら「グリンゴウッズマン」がヒットしてビックリ。
元々限定モデルで数が多くないモデルらしいが、落ち着いた色が多いウッズマンでひときわ目を引くイエロー(カラシ色?)が特徴。



セダーレインボーは革自体の耐水性で防水するのでウッズマンは全部吸湿速乾ライナーメッシュだけかと思っていたが、どうもグリンゴはゴアテックス仕様らしい。これは知らなかった。

中古なので多少の汚れはやむを得ないが、ソールも残っているしリペアが必要なほどではない様子。除菌消臭スプレーを使ったり革用の汚れリムーバーを使ってメンテすればブーツも結構キレイになるので自分で手入れして古いアイテムを楽しむのもビンテージ古着の醍醐味だ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】Danner◆WOODSMAN HORWEEN/トレッキングブーツ/US...
価格:35532円(税込、送料別) (2019/8/9時点)



ホーウィンレザー版もまだゴールデンサイズの比較的状態のいい中古が手に入る様子。







最終更新日  2019年08月09日 13時49分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月11日
カテゴリ:Danner(ダナー)
Danner(ダナー)のレインシューズ「WRAPTOP(ラップトップ)」。履き口にネオプレン素材を用いたローカットなのでビーンブーツよりも断然使い勝手がいい。
ビーンブーツは恰好いいけど脱ぎ履きが面倒だしくるぶしは痛むしアッパーは低いしで日常的に履くとなると手間と工夫が欠かせないんだよな…。

さて現行のWRAPTOPをチェックしていくと、シューレースありの「WRAPTOP LIGHT3(ラップトップライト3)」とシューレースの無いモックシューズ風の「WRAPTOP YOMA(ラップトップ ヨーマ)」に大別されるようだ。





アーリーアウトドアっぽいレトロカラーと今風なリアルツリー柄、そしてスタンダードなオリーブ。あとブラックもあるようだがイメージしやすいだろうから画像は省略。



YOMAはリアルツリーとオリーブ・ブラックの3種類のようだが、のっぺりしたアッパーに映えるのはやはり総柄のリアルツリーか(個人的趣味)。




そして現行ラインナップに見当たらず、消えてしまったとしたら惜しいのがこの「WRAPTOP PULSE(ラップトップ パルス)」。ハイカット丈ながらシューレースフックを採用しているため靴紐をひねるだけで済んで着脱は容易だし、何よりブーツ用のゴツいソールパターンでグリップに定評があるビブラム社製というのが強い。

丈と素材だけは埋めがたいアドバンテージになり得る要素なので、アウトドアや野外フェスなどで使うならこっちのほうが安心感がある。

現在楽天市場では中古でしか入手できないようだが、素材がラバーとネオプレンなのでコインランドリーのズック洗濯機でガッツリ洗える。しっかり干して除菌消臭スプレーでも使えばユーズドでもあまり気にせず履けるかも。




右矢印「DANNER WRAPTOP」の在庫と価格比較(楽天市場)

右矢印Danner(ダナー)製品全体のチェックはコチラ(楽天市場)






最終更新日  2019年05月11日 10時41分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月21日
カテゴリ:Danner(ダナー)
名作フェザーライトがいつのまにか正規復刻していたのを、ついさっき知った。

今年(2018)の2月にはモダナイズ版の「FEATHER LIGHT 917」をしてフェザーライトの名を冠した別の何かと嘆く記事を書いたりしてみせたが、まあ従来の「正しいフェザーライト」が廃止にならなくて一安心。



前回(?)の3色復刻(ライトブラウン・ブラウン・ブラック)とは違い、今回はオリジナルカラーに近い「ブラウン/カーキ」一色展開のようだ。
正規代理店で24.5cmから28cmまでサイズ在庫をカバーされているので、今は「欲しい人は買える」という状況。消費税8%のこの価格で買えるのは今回が最後だろう。

しかしウエアハウス版以降、日本で取り扱いのある復刻フェザーライトは自分が知る限りWIDTHがEEの幅広タイプばかり。異素材限定モデルの「FEATHER LIGHT BISON」もEEだったような。オリジナルとエディ・バウアー版にはWIDTH:Dがあったはずだが…。
かつてはEE・EEEの人がブーツ探しに苦労したというが、現代は自分を含めた足幅Dの日本人には厳しい時代のようだ。

「DANNER 30125(フェザーライトリバイバル)」の在庫をチェック(楽天市場)







最終更新日  2018年11月21日 10時56分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年02月18日
カテゴリ:Danner(ダナー)
検索ワード「Danner(ダナー)」で当ブログを訪問される方が結構多いので、そういえば最近のダナーはどんな状況なのかとチェックしてみたら結構な焼け野原(※個人の感想です)になっていて驚いた。

 一番ショックだったのが名作「フェザーライト」の名を冠した別の何か、『FEATHER LIGHT 917』。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

正規取扱店 DANNER (ダナー) 34450 FEATHER LIGHT 9...
価格:25920円(税込、送料無料) (2018/2/18時点)



 撥水フルグレインレザー+ゴアテックスブーティー+オルソライトフットベッド+ビブラム917ソールでスペックは間違いなく上等なのだが……なんでこんなバッシュみたいなデザインになっちゃったんだろうorz

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダナー DANNER 31570X FEATHER LIGHT フェザーライト ...
価格:15120円(税込、送料別) (2018/2/18時点)


 ダナージャパン期は異素材フェザーライトの限定モデルとかもたまにリリースされていたが、いまはもう昔ながらのフェザーライトは中古でもあまり弾数がないようだ。

下矢印楽天市場内でのフェザーライト在庫と価格一覧はコチラ
Danner Feather Light



 ちなみに自分は『Woodsman(ウッズマン)』を愛用。ノンゴアテックスだけど速乾ライニングで防水性の高いレザーなので雨でも雪でも支障なし。ウッズマンも一時期はホーウィンレザー版が出たりして盛り上がったのに今は取扱ナシっぽくて悲しい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

★送料無料★Danner◆WOODSMAN/ウッズマン/レースアップブーツ/US...
価格:12852円(税込、送料無料) (2018/2/18時点)



 ウッズマンはカカト部分のバックスキン張りが渋くて好きなのだ。ブーツにフォルスタン(泥除け)を付けている人はあまり多くないし、ボディがオールレザーなのでダナーライトやフェザーライトともデザインが被らないのが良い。

下矢印楽天市場内でのフェザーライト在庫と価格一覧はコチラ
Danner WOODSMAN








最終更新日  2018年02月18日 13時54分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月30日
カテゴリ:Danner(ダナー)
レザー好きにとってはヌメ革をイチから育てる醍醐味は代えがたいものがあるが、まさかダナーのブーツに日本製のヌメ革モデルがあるとは知らなかった(笑)

その名も『Danner HILLSBORO(ダナー ヒルズボロ)』。ヒルズボロって何ぞ、と調べてみたらオレゴン州の都市名だとか。

それにしてもラフに使ってナンボのダナーライトと同じ形をしていながら、水シミが出来やすいため屋内使用が推奨されるヌメ革アッパー。それでいてソールは手を抜かずミリタリー系のビブラムソール。この歪なスペックが良くも悪くも日本的で非常に面白い。




右矢印『Danner D510001 HILLSBORO』の在庫と価格比較をチェック(楽天市場)


「アメカジ」という日本発祥の概念を日本人らしく突き詰めた結果、ヌメ革の美しさとエイジングの愉悦を優先した非ヘビーデューティーなブーツが誕生したという事実。おそらく海外では理解されないであろう、この矛盾してる感じが面白い。
もちろん汚れやシミを気にせず、ラナパーを塗ってガンガン履き込むのもアリだ。










最終更新日  2017年09月30日 14時19分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月24日
カテゴリ:Danner(ダナー)
そろそろ本格的に秋冬の足元をチョイスする時期になってきた。自分はもはや毎年の流行りを追わなくなって久しいが、2016年モデルのダナー製ブーツ『DANNER×WAREHOUSE WINTER CAMO LIGHT(WH-33419)』にはビビッとくるものがあった。去年はノーチェックすぎてリリースされたことすら気付かなかった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WAREHOUSEウエアハウス ブーツ DANNER×WAREHOUSE CAMO LIGHT
価格:82080円(税込、送料無料) (2017/9/24時点)


柄モノのブーツを選ぶのはなかなか思い切りが要るとは思うが、迷彩、とりわけダックハンターカモは比較的取り入れやすいパターンのひとつ。

これはウエアハウス別注の数量限定となるが、ベースになっているウインターライトは80年代半ばから90年頃まで製造されていたモデルらしい。かつてのフェザーライトの別注復刻といい、ウエアハウスはなかなか目のつけどころが良い。

この丈の長さはダナーライトと差別化もできるし、もちろんゴアテックス使用なので最近の豪雨や冬の雪への対応で心に余裕ができるのも嬉しい。パンツの裾をブーツインしてコーディネートに幅とメリハリを付けられるのも長く付き合うヘビーデューティーなアイテムには重要だ。

ダナーライトよりも高価格だが、正直ダナーライトはABC-MARTで取り扱うようになってからメジャーになりすぎて気恥ずかしいのもある。

過去のウエアハウス別注やエディー・バウアー別注モデルが現在でも一目置かれている事を考えると今はレギュラーラインナップよりも限定モデルが狙い目だと個人的に考える。わかる人にしかわからないくらいで丁度いいんじゃなかろうか。

右矢印「DANNER WAREHOUSE WINTER CAMO LIGHT(33419)」の在庫と価格比較(楽天市場)


ダナーブーツのバリエーションも昔に比べるとかなり増えたのでチェックするだけでも楽しかったりする。こちらの正規代理店はダナー以外のブーツも種類が豊富で面白い。









最終更新日  2017年09月25日 09時32分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年06月07日
カテゴリ:Danner(ダナー)
何やらちょっと見ないうちに『Danner MOUNTAIN PASS (ダナー マウンテンパス)』なるモデルがリリースされているではないか。

ABC-MART楽天市場店のでは「マウンテンライトの派生モデルでフィット性を向上させた」とのみ説明があるものの、具体的なスペックがほとんどわからない。

せっかくなので『マウンテンライト』との違いを分かる範囲で調べてみた。ただのコストダウン版ではないかと疑う声もあるようだが、そういうわけでもないようだ。

海外サイトの怪しい翻訳も含むので間違った情報もあるかもしれない。あくまで参考程度の与太話と考えて欲しいのだが、それでも『マウンテンパス』の位置付けは何となく把握できたような気がする。


まずゴアテックスブーティー&ドライレックスライニング・ビブラムソールはそのまま。アッパーのフルグレイン防水レザーはホーウィン社製オイルドレザーに。

外見からもわかる大きな違いはアンクルパッド部分の外装が大きく切れ込んでおり、アキレス腱まわりの足首が動かしやすくなっていること。
そして全体にソールが薄く、とりわけフォアフット側はかなり薄く設定されているように見える。おそらくマウンテンライトより足の蹴り出しや踏み出しがしやすいチューニング。ホントかどうか確かめようがないが、内蔵シャンクも変更されているとかいないとか。

元々ソールやシャンクが柔らかいため山よりも野外平地や街履き向けと言われるマウンテンライトだが、さらにタウンユース向けの歩行機能を特化したタウンブーツになるのではないかと想像する。



防水透湿機能とビブラムソールを維持して歩きやすさを向上させたとすれば、オールシーズン使用可能な登山靴ルックの正統進化ブーツといえるかもしれない。

右矢印「Danner MOUNTAIN PASS」の在庫と価格比較はコチラ(楽天市場)


春夏のタウンユースならクリスティソールorエバフレックスソールのローカットブーツというのもアリだ。







最終更新日  2019年11月20日 11時53分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年04月21日
カテゴリ:Danner(ダナー)
ダナーライトとフェザーライトの大きな違いはトゥ全体が補強パーツで覆われていないことと、サイドに斜めの補強レザーが入っていること。

コーデュラナイロンのヘタリをアジとするかブーツ形状の維持を優先するかで好みは分かれるところだが、定番のダナーライトとの差別化をはかるなら機能的に遜色ないフェザーライトもオススメ。

ダナー総代理店がABCマートになったいま、基本的に廃番モデルであるフェザーライトが再復刻される機会があるかは怪しいところ。ABCマートならファンの目が厳しい復刻よりも勝手に「ダナーライト4」なんかを企画して売り出しそうなイメージがある雫

現在は辛うじて「20912X(ライトブラウン)」、「20912X(ブラウン)」、「20917X(ブラック)」すべてに在庫が残っている状況だが、カラーによってはすでに一部のサイズ在庫が切れている。
いますぐ履く予定がなくても気になるなら早めに確保だけはしておいたほうが良さそうだ。


右矢印「ダナー フェザーライト」の在庫一覧(楽天市場)












最終更新日  2015年04月21日 11時29分20秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全149件 (149件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.