2414418 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

INDOOR STYLE

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

NIKE ACG(ナイキ エーシージー)

2015年08月03日
XML
ナイキの2015年秋モデルから久々となる珍機『エアモワブ』が『NIKE AIR MOWABB OG(749492-281)』として復刻!

エアモワブは90年代初期にacg(オール コンディションズ ギア)カテゴリーからリリースされた名機。エアを内蔵したファイロンミッドソールとソフトな足当たりのアッパーレザーのおかげで現代基準でもトップレベルに属するであろう履き心地が特徴。

当時画期的だったハラチシステムと独特のカラーリングで、ナイキの歴史全体を通しても際立ったデザインの異色モデル。初代が良すぎて後継モデルがコケたシリーズの典型だろう。

ナイキとしては珍しく定価が2万円近い高級スニーカーだが、これでも当時より安くなっていたりする。

同じ値段でもコーディネートの汎用性なら間違いなくニューバランスだが、ワンアンドオンリーの個性と一撃必殺のインパクトではエアモワブに勝るスニーカーは滅多にない。ショートパンツや7分丈パンツなどとの相性は抜群なので、服装がシンプルになりがちな夏場は足元のアクセントとして大活躍する。

またファイロンミッドソールは加水分解しないので、アウトソールを大事にすればかなり長持ちするスニーカー。次の復刻はいつになるかわからないので、迷わずゲットしておきたいアイテムだ。



「NIKE AIR MOWABB OG」を型番(749492)で検索(楽天市場)

カラーバリエーション


「NIKE AIR MOWABB OG」の在庫一覧をチェック(楽天市場)










最終更新日  2016年01月13日 14時47分17秒
コメント(0) | コメントを書く


2015年01月10日
ナイキの『AIR REVADERCHI(エア リバデルチ)』と並んで幻といわれたブーツ、『AIR RHYOLITE(エア リオライト)』。
リバデルチ同様、一時期の初期ACGモデル復刻の流れに前後して「SOPH.」コラボモデルで復刻したりもしていたが、その後の入手状況はどんなものかと思って楽天市場内でチェックしたみた。

さすがに新品での取り扱いはないようだが、「JUMBLE STORE 楽天市場店」でゴールデンサイズの27cm美品、しかもブラック・ブラウンが揃っているのを発見。



次いで、ややユーズド感のある代わりに一万円を切るお手頃価格のリオライト。こちらも27cmでブラウン・ブラック両方あり。

↓特に下の画像・右側の黒リオライトは取り扱っているショップ「ブランド古着のカインド」ではモデル名不明のまま出品されているので「リオライト」で検索してもヒットしないので、まさに掘り出し物。



あとSOPH.版じゃないブラック×パープルのリオライト(28cm)も一足だけ中古在庫あり。ファットなシルエットのリオライトだが、このモデルだけはホワイトソールで見た目の軽さが感じられる。値段もお手頃。



ちなみに「リバデルチ」は現在デッドストック26cm一足のみ在庫あり。






最終更新日  2015年01月10日 11時17分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年12月16日
もともと手頃な値段のアーバンアウトドア向けローカットシューズ『NIKE ACG AIR ARABAK(ナイキACG エアアラバク)』が処分価格でさらに安くなっているのを発見!

楽天市場の二重価格騒動からこっち定価表示をためらう通販サイトが増えていて不便極まりないのだが、ともあれ現時点ではABC-MART楽天市場店が楽天最安価格になっている。

 通常価格 8,925円  → 3,990円(税込)


『NIKE AIR ARABAK』の価格比較はコチラ(楽天市場)


シュータンを左右から重ね合わせたデザインにゴツいシューレースフックというファットな登山靴テイストでありながらローカットという、まさにタウンユースにうってつけのモデル。
ハイカットのほうが「それっぽい」が、街履きに使うのであれば足首が自由になるローカットのほうが使い勝手が良い。

アッパーは合成皮革なので面倒な手入れは不要だし、雨や雪の水分で革の変質を心配する必要もないのでガシガシ使えるのが嬉しい。


ちなみにこのエアアラバクは『NIKE ZOOM MERIWETHER(ナイキ ズーム メリウェザー)』をローカットに変更した改修バージョンなので、ハイカットが望みであればそちらもオススメ。
こちらはカラフルなものが多く、サイドファスナーが付いているのが特徴。

『NIKE ZOOM MERIWETHER』の在庫一覧はコチラ(楽天市場)








最終更新日  2013年12月16日 10時53分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年07月26日
新世代のACGを感じさせた『NIKE ZOOM MERIWETHER(エアズームメリウェザー)』のローカットバージョン、『NIKE AIR ARABAK(ナイキ エア アラバク)』が半額以下、60%OFFの底値状態!

↓7月26日現在、下のABC-MART楽天市場店が楽天市場内で最安価格。


アッパーは登山靴のように外羽根が交差するファットなデザインで、なおかつローカットにすることでタウンユースとしての利便性も確保。ゴツさと軽快さのいいとこ取りを実現した。
ブラック×ブルーブラウン×レッドのカラーリングも差し色が効いていてスタイリッシュ。

山ガールブーム、アウトドアブーム以降に定着したアーバンアウトドアスタイルにピッタリのACGスニーカーだ。


「NIKE AIR ARABAK」の価格比較はコチラ(楽天市場)

「NIKE ZOOM MERIWETHER」の価格比較はコチラ(楽天市場)


ちなみにスムースレザーアッパーの『エアアラバク』はABC-MART限定らしい。通常モデルはウールとヌバック(?)。ウールアッパーは珍しくて面白いが見た目が暖かいので実際に活躍するのは秋冬に限られそう。

NIKE AIR ARABAK ナイキ エア アラバク ロー 黒水’12

NIKE AIR ARABAK ナイキ エア アラバク ロー 黒水’12
価格:6,090円(税込、送料別)







最終更新日  2013年07月26日 10時22分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年07月08日
ここにきてナイキが開発してきた新技術同士がどんどんハイブリッドされ、新たなハイテク黄金時代を迎える気配を感じる。

特に軽さとクッション性を両立した「LUNARLON FORM(ルナロンフォーム)」ソールが積極的に採用されはじめ、「AIR」は旧来モデル中心に使われる技術になってきた。

アッパーも「FLYWIRE(フライワイヤ)」や「Hyperfuse(ハイパーフューズ)」 「VT(vacuum technology:バキュームテクノロジー) 」など新世代の技術が開発されたことで、かつて『エアプレスト』『エアクキニ』や『エアモック』『エアウーブン』などといった革新的モデルが次々と製品化された時代を彷彿させる。


この『NIKE LUNAR FLYKNIT CHUKKA』はポリエステル糸の一枚布アッパーを実現した「FLYKNIT(フライニット)」テクノロジーとルナロンソールを組み合わせたモデル。

この通気性と柔軟性を兼ね備えたアッパーと超軽量ソールのハイブリッドは未体験ゾーン。蒸し暑い夏に履けるミッドカットスニーカーだ。








最終更新日  2013年07月08日 10時34分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月20日
近年の登山ブーム・アウトドアブーム熱でにわかに勢いづいた「ナイキACG」。
もともとハイテク系アウトドアシューズのデザインを模索していたブランドだけに、時として絶妙なバランスで現代的ハイブリッド感デザインを生み出すことがある。

その点で『NIKE ZOOM MERIWETHER(ナイキズーム メリウェザー)』のスポーティーなスタイルは良くできていた。
アッパー形状は伝統的なトレッキングブーツの構造を受け継ぎながら、ソールや保護パーツにはハイテク系デザインをうまく取り入れている。そしてタウンユースでの利便性を格段に向上させるサイドジッパーの搭載とカラーバリエーションの豊富さは英断だった。

しかしナイキ営業部のお家芸ともいうべき過剰生産か、かなり値崩れを起こしているモデル。安売りで不当なイメージダウンを受けている印象だが、個人的には結果的にコストパフォーマンスが非常に高くなったお得な一足だと思っている。
それだけにサイドジッパーという目玉がなくなったローカット版『NIKE AIR ARABAK(ナイキ エア アラバク)』はいかにも安易で魅力に乏しい企画モノだと認識していた…が!

『NIKE ZOOM MERIWETHER』の在庫一覧はコチラ(楽天市場)


これから春夏というシーズンオフ商品で今さら感が凄いが、今になってウールアッパーのモデルを発見した。これが…かなり良い!


ウールといっても他の色の毛が混じった圧縮ウール(?)のような感じ。
こういう生地を何と呼ぶのかわからないのだが、暖かみのある素材感とアウトドアっぽいシューレースにシルバーのシューレースフックが絶妙なマッチングを見せていて、ノーマルの「アラバク」とは別物に仕上がっている。

秋冬素材っぽいアッパーだがライニングはボアではないので、一応通年で使える仕様になっている。野外フェスやキャンプなどにはよく合いそう。

「メリウェザー」は唯一アウトソールパターンが若干安っぽいという欠点があったが、「アラバク」のアウトソールの刻みはよりシャープで深いものになっているので野外での使い勝手は向上しているように思う。在庫サイズが残り少ないが、他人との被りにくさや販売価格を考えると一考の価値アリだ。

『NIKE AIR ARABAK』の在庫一覧はコチラ(楽天市場)



人気ブログランキングへ 






最終更新日  2013年04月20日 10時56分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年03月10日
GREGORY(グレゴリー)バッグの人気とともに、独特のクールな印象で多くのファンを獲得したスペクトル柄。
最近は街でもあまり見かけなくなってきた柄だが、ナイキACGが『AIR ABAZIRO(エア アバジロ)』というモデルにスペクトル柄を採用!

NIKE/ナイキAIR ABAZIROBLACK

NIKE/ナイキAIR ABAZIROBLACK
価格:13,650円(税込、送料込)



ナイキACGでのスペクトル柄は『AIR ZOOM TALLAC LITE』以来じゃなかろうか。


『NIKE ACG AIR ZOOM TALLAC LITE』在庫一覧はコチラ(楽天市場)


『エア アバジロ』は近年製ACGシューズらしいデザイン。ローカットでタウンユース向きだし、都会的でデジタルな雰囲気のスペクトラ柄もアーバンアウトドアスタイルに最適だ。パープルの差し色も効果的。


久しぶりにスペクトラパターンをじっくり見ていたが、やっぱり良い柄だ。この無機質なデザインがミリタリーやアウトドアに通じる「機能美」を感じさせる。
柄モノの中では比較的使いやすそうだし、オールブラックに飽きてきた層に火が付けば久しぶりに流行るかも。



「グレゴリー」のスペクトラ柄モデル一覧はコチラ(楽天市場)










最終更新日  2013年03月10日 11時39分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年01月16日
04年と08年のQS(クイックストライク)で『初代AIR MOWABB(エアモワブ)』は復刻されてきたが、'91年~'93年(?)にリリースされたらしい改良型の『AIR MOWABB PLUS(エアモワブプラス)』は復刻の気配がない。

PLUS版は履き口の伸縮を妨げていた刺繍の旧ACGロゴを廃してループストラップが追加されて使い勝手が向上しているが、今では中古でもあまり出回らない稀少モデルとなっている。
しかし加水分解による劣化が起こりにくいファイロンミッドソールのおかげか、ときどき状態がよいモワブプラスが出てくることがある。



ダークネイビー(濃灰?)に山吹色の差し色が入り、ソールとヒールパーツをブラックで締めたクールなデザイン。

さすがにビンテージ級なのでアッパーには使用感があるものの、バックショットではほとんどソールの減りが見られない。製造年を考えるとかなり大事にされたものと見た。27cmのゴールデンサイズなのでサイズが合う人はコレクションとしてもオススメだ。


『MOWABB(モワブ)』系スニーカーの一覧はコチラ(楽天市場)


それにしてもカラーリングだけ初代モワブにあやかったモデルのなんと多いことか…








最終更新日  2013年01月16日 11時10分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月14日
ナイキが「エアリバデルチ」「エアマグマ」「エアアプローチ」などクラシックモデルの名作を復刻させたのは記憶に新しい。
さらに最近はモダナイズされたバリエーションを展開していたりするのだが、それもいいけど個人的にはもっと90年代のモデルを復刻してほしい。特にACG系はワンアンドオンリーなデザインで短命なモデルが多い。

中古でも入手困難になってきたが、『AIR LAHAR2 MID(エアラハー2ミッド)』は今見るとすごく洗練されたブーツデザイン。レザーと迷彩のコンビもダナーライトっぽくてクール。



今では稀少なモデルとなって、現在では楽天市場内にデッドストックが2点存在するのみ。一見ナイキらしくないのも現代に通じる好デザインだ。







最終更新日  2012年11月14日 16時32分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年08月06日
個性的なデザイントACGカラーで人気を博した「NIKE ACG AIR OKWAHN」のアップデートモデル『NIKE OKWAHN2(ナイキ オクワーン2)』が登場!!



今回のラインナップは「ベージュ×パープル」と「ブラック×グレー」の2カラー。元の「AIR OKWAHN」との見た目上の目立つ違いはアッパーのベンチレーション孔が小さく細かいものになり、ミッドソールがスプラッター柄になっている点。

またオクワーン2ではくるぶし部分のカッティングが小さくややミッドカット風になり、トゥガードもやや小さくシャープになった印象。そしてモデル名から「AIR」がなくなっているので、ノンエア化して路面とのダイレクト感を重視したチューニングになっているのかも。


楽天市場内での『NIKE OKWAHN2』価格比較はコチラ

楽天市場内の『(旧) AIR OKWAHN』在庫一覧はコチラ



ACG系のシューズはあとから欲しくなったときにはすでに入手困難…というように時間差で所有欲をくすぐるモデルが多いので、買えるときに買っておきたい。


楽天市場内の『ナイキA.C.G.(All Conditions Gear)』モデル一覧はコチラ






最終更新日  2012年08月06日 13時35分21秒
コメント(0) | コメントを書く

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.