2247025 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

INDOOR STYLE

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

Lee(リー)

2014年04月17日
XML
カテゴリ:Lee(リー)
暖かい日も増えてきて、そろそろ爽やかなカラーのトップスとボトムスが気になる季節になってきた。

ズボラな自分はすぐに汚してしまう予感からこれまで白いジャケットや白いパンツは敬遠してきたのだが、最近は「アメカジファッションは汚れてナンボ」くらいに考えるようになった。

そこで気になるのがLeeのウエスターナー。白というかベージュorアイボリーだが、意外と合わせやすそうな色にも思える。

そんなタイミングでWAREHOUSE(ウエアハウス)製の数量限定ウエスターナーを発見。


個人的に経験値が乏しいのでこういうショート丈のジャケットは着こなしが難しそうだが、なかなかチャレンジのしがいがありそう。

定番アイテムのひとつとはいえ、いま現在は特に流行しておらずそれほど注目されていない点も狙い目。

「Lee ウエスターナー」の在庫一覧をチェック(楽天市場)







最終更新日  2014年04月17日 11時49分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年03月03日
テーマ:LEE(17)
カテゴリ:Lee(リー)
先日「ヘビーオンスの LEE アメリカンライダースが登場。 (2014/3/1)」という記事をアップしたばかりだが、今度は「Lee 101 PROJECT」からまさかの16ozモデルが登場!




「LEE 101 PROJECT」が登場してから「綿の原産国/織布/織機/染色/縫製/加工」の流れまでユーザーが把握できるという新しいジーンズの蘊蓄もとい楽しみ方ができたが、掟破りのヘビーオンス化は予想外。

今回はレギュラーストレートとレギュラーナローの2シルエットで、クラボウ社のセルビッチ付きヘビーオンスデニムを採用した青耳101。16オンスともなると(極端なものを除けば)ヘビーオンスを売りにしたレプリカブランドのジーンズにも引けを取らない。

ビンテージレプリカ系のやや太めの無骨なシルエットが多いヘビーオンスデニムのなかで、Leeのシルエットとブランドネームは武器になる。また厚手のLeeジーンズとなればバイク乗りにもニーズがありそうだ。

ヘビーオンス入門用としても悪くない。ユニクロが4000円以下で赤耳リジッドを売る時代なので「青耳」にも特別な価値が見出すことができる。…欲しい…。








最終更新日  2014年03月03日 10時35分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年03月01日
テーマ:LEE(17)
カテゴリ:Lee(リー)
Lee(リー)の定番ジーンズ「アメリカンライダース」シリーズが14.4ozという厚手デニム生地を採用した3代目へとニューアルされた!

それも一挙にストレート、ブーツカット、テーパード、スリムの4シルエットで、なんとストレートには珍しくボタンフライ(101B)のモデルを投入するという気合いの入れようだ。


↑上の画像はデニム生地の表情がわかりやすいように色が薄めな「中色ブルー」の画像を載せたが、5タイプそれぞれにダークインディゴ、ミディアムインディゴ、濃色ブルー、中色ブルーの4カラーが用意されている。

そもそもリーバイス・リー・ラングラーのアメリカ3大ジーンズブランドからヘビーオンスデニムが出たという話は聞かないので、かなり意外性のあるチャレンジではないだろうか。

日本のレプリカブランドによるヘビーオンス合戦を意識した今回のリニューアルだったのかもしれない。とはいえ行き過ぎたヘビーオンス信仰で今や20オンスを超える化け物ジーンズも存在するくらいなので、アメリカンライダースの14.4オンスというのは控えめに見えてしまうがオールシーズン履くならせいぜいこのくらいがいいところだろう。

ヘビーオンスになるとボタンフライは握力(指力)を必要とするので辛いという話をよく聞くが「ジーンズはボタンフライに限る」というユーザーがいるのは確かなので、ストレートだけとはいえファンサービスでボタンフライを用意したのには敬意を表したい。

ジーンズの復権にはブランドに対する帰属意識と他ブランドへの対抗意識を煽ることも必要なので、こうしたテコ入れで今後も盛り上げて欲しい。









最終更新日  2014年03月02日 00時33分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年02月07日
テーマ:LEE(17)
カテゴリ:Lee(リー)
気のせいか昨年末に報じられたEDWINの事業再生ADR申請の一件以来、エドウィンが所有する「Lee」と「Wrangler」ライセンスの活用頻度が高まっているような印象を受ける。

この冬は特にジーンズ離れ対策か、ジーンズ以外のいわゆる「綿パン」がバリエーションが増えていたわけだが、直営のエドウインショップ(EDWIN)でそれらの大幅な割引セールがおこなわれている。


セールになっているのはブーツカットとタイトシルエットの2タイプ。定番シルエットなので比較的需要も高そうなのだが、やはりファストファッションの低価格戦略が強力すぎて定価では太刀打ちできなかったのか。

それはさておき、ジーンズ以外のパンツは確かに使い勝手が良い。下半身が軽い色だとトップスに重たい色を使いやすく、色のマッチングにも幅があって面白い。

デニム×デニムの組み合わせは難しいので敬遠されがち…というかそれまで選択肢にも入らなかった「生デニムシャツ」をイチから育てるのも悪くないと最近考えている。












最終更新日  2014年02月07日 10時09分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年01月28日
テーマ:LEE(17)
カテゴリ:Lee(リー)
アメカジ好きなら一目でピンとくる、ストームライダー裏地のブランケットが「ブランケットそのもの」としてリリースされた模様。

限定モデル【Lee】ブランケット(グレー)

限定モデル【Lee】ブランケット(グレー)
価格:10,500円(税込、送料別)

【Lee】ストームライダー(ワンウォッシュ)

【Lee】ストームライダー(ワンウォッシュ)
価格:16,800円(税込、送料込)



アクリルやコットンではなくしっかりウールを使ったブランケット生地なので保温性は抜群。屋内での膝掛けとしてはもちろん、アウトドアでのテントフロアマットにしたりソファや自動車のシートに掛けたり、使い道はいろいろありそう。

ちょっと加工すれば(大型の安全ピンでも可能?)肩掛けにもなりそうだし、巻きスカートにするのも面白そうだ。

持ち運びしやすいようにレザーストラップがついているのも嬉しい仕様。高級なペンドルトンのウールウランケットは大事にしすぎてしまいそうだが、このくらいなら気軽にガシガシ使えそうな気がする(庶民の発想)。








最終更新日  2014年01月28日 13時19分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年11月19日
テーマ:LEE(17)
カテゴリ:Lee(リー)
いよいよ冬の気配が近付いてきた昨今。ようやく『ストームライダージャケット』の出番となるシーズンが訪れそうだ。

【Lee】101PROJECT ストームライダー(中色ブルー)

【Lee】101PROJECT ストームライダー(中色ブルー)
価格:21,000円(税込、送料込)


見ての通り、裏ウール地のデニムジャケットで保温性は抜群。寒冷地以外なら中はTシャツ一枚などの軽装に羽織る使い方もアリ。

そしてLeeストームライダーの良いところはコーデュロイのエリ。首筋に触れる暖かみと、秋冬の装いに合わせやすいベージュのアクセントでデザイン性も秀逸だ。

特に現在はカイハラ社製のセルビッジデニムを使った「101PROJECT」モデルのストームライダージャケットがリリースされているので、生地にこだわりたいファンも納得のラインナップ。ワンウォッシュ仕様では通常モデルとほぼかわらない価格設定を実現しているのも嬉しい。

ユーズド加工モデルの中色ブルーは「101PROJECT」版のほうが気合いが入っているようで、コストに見合った絶妙な濃淡に仕上がっている。



また、女性向け裏ボア仕様の「Lady Lee ボア ストームライダー」は2012年モデルの型落ち在庫が半額以下になっているのでサイズが合えばかなりお買い得。今年はショート丈のアウターが盛り上がっているようなのでオススメだ。

このモデルはデニム地だけではなくコーデュロイ地もあり、ピンクやパープル・グリーンといったカラーバリエーションが豊富なのが特徴。


「ボアストームライダー」在庫一覧はコチラ(EDWIN SHOP楽天市場)








最終更新日  2013年11月19日 13時11分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年10月10日
テーマ:LEE(17)
カテゴリ:Lee(リー)
Lee(リー)から子供用の面白いパンツとスカートがリリースされているのを発見。
一見デニム生地にしか見えないものの、実はこれ全部フェイクのプリント。

子供にダメージ加工のパンツを履かせるとホツレを指で広げてしまったり、あるいはホツレ部分を何かに引っかけて転倒するなど怪我の原因にもなりまねませんが、プリントならそういった心配はナシ。


パンツはスウェット素材で、スカートもソフトな綿100%生地。ウエストはゴムなので履きやすさもバッチリです。


「Lee 転写シリーズ」一覧はコチラエドウインショップ(EDWIN)






最終更新日  2013年10月10日 23時07分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年09月24日
テーマ:LEE(17)
カテゴリ:Lee(リー)
Lee(リー)のジーンズといえばジェームス・ディーンが愛用したことで知られる「101-Z」が有名。

そのラインの美しさを活かしつつモディファイを加えた「AMERICAN RIDERS2(アメリカンライダース2)」シリーズが楽天市場の「エドウイン公式ショップ」で約半額の特価!

左はフロントジッパータイプ「101-Z」に対し、右側はボタンフライ仕様のライダース「101-B」。フロントボタン派には待望のモデルだ。



それぞれ「ワンウォッシュ・濃色ブルー・中色ブルー」というバリエーションが用意されているが、↑上の画像は色落ちがイメージしやすいように中色をピックアップ。

さらに面白いのがレギュラーストレートに留まらず、ライダース2の名のままで「タイトカット」「ブーツカット」「ベルボトム」といった別のシルエットまでリリースされていること。

3大ブランドの現行ラインナップでベルボトムが用意されているのはコレぐらいではないだろうか。

「Lee アメリカンライダース2」在庫一覧エドウインショップ(EDWIN))


ちなみに日本企業の「BIGJOHN(ビッグジョン)」は70年代テイストそのままのベルボトムをしぶとく製造している。露出したフロントボタンとパッチポケットが懐かしくも新鮮。










最終更新日  2013年09月24日 15時11分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年07月17日
テーマ:LEE(17)
カテゴリ:Lee(リー)
なんと、知らぬ間に「Lee(リー)」からベルボトムジーンズがリリースされていた!

Leeといえば101zライダースばかりが有名だが、このベルボトムもしっかりAMERICAN RIDERS仕様の左綾スペシャルデニム生地が使われている。

非主流シルエットのラインナップを充実してくれるのは歓迎したいが、約半額のセール価格になるまで消費者が気付かないってのは勿体ない。いや、安いのは嬉しいんだけど。



股上浅めのベルボトムシルエット。当たり前だがクロスカンヌキやベルトループ型レザーパッチなど、Leeらしいディティールが満載で面白い製品だ。


現在レギュラーラインナップでベルボトムを作っているのは70年代のブームを支えたBIGJOHNJEANS(ビッグジョン)くらいだと思っていたので他社製は新鮮だった。

ビッグジョンは「露出ボタンフライ&前後パッチポケット」という昔ながらのベルボトムを忠実に作り続けている根性を評価したい。







最終更新日  2013年07月17日 16時18分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年04月30日
テーマ:LEE(17)
カテゴリ:Lee(リー)
一昔前まで「ソフトジーンズ」や「ストレッチジーンズ」は格好悪いパンツと代名詞のような扱いだったが、スキニーシルエットの流行を経てようやく近年実用的なストレッチジーンズが見直されてきた。

その流れを決定づけたのがEDWINの「JERSEYS(ジャージーズ)」シリーズ。なるべくシルエットを維持しつつ圧倒的な伸縮性を実現した画期的なジーンズだった。
毎度の事とはいえ後追いのユ○クロが一年遅れで似たコンセプトのパンツを展開する流れだが、今年はストレッチスキニーのトップス「JEGGERS(ジェガース)」シリーズが充実!

それがこのLeeのウエスタンデニムシャツと101Jライダースデニムジャケット。
意外と知られていないが、3大デニムメーカー「Lee」の国内ライセンスはEDWINが取得している。


見やすいように明るい色のモデルをピックアップしたが、ワンウォッシュから加工ブラックユーズドまでカラーバリエーションは豊富だ。

輸入古着を羽織るとよくわかるが、アメカジアイテムは体格が違うためデカイ!特に気になるのが身幅。着丈はシャツをインするなり丈詰めするなりやりようはあるが、身幅を直すとなるとかなり本格的なリメイクが必要。

こうしたビッグメーカーから日本人の体格に合わせた極細シルエットが出ることはないと諦めていた人も多いと思うが、ついに待望のスキニートップスが登場した。

このワキから胸にかけてのタイト感はストレッチ生地ならでは。クラボウ社のCREMELという素材を使っているとのことで速乾性・通気性にも優れており春夏にも対応しているとのこと。

「Lee JEGGERS(ジェガース)」シリーズの一覧はコチラ(楽天市場)
エドウインショップ(EDWIN)




 






最終更新日  2013年05月01日 02時07分19秒
コメント(0) | コメントを書く

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

サイド自由欄

フリーページ

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1988)

NIKE(ナイキ)

(357)

NIKE ACG(ナイキ エーシージー)

(42)

adidas(アディダス)

(342)

NewBalance(ニューバランス)

(266)

CONVERSE(コンバース)

(261)

Reebok(リーボック)

(97)

Puma(プーマ)

(58)

ASICS(アシックス)

(14)

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)

(13)

VANS(バンズ)

(69)

PRO-Keds(プロケッズ)

(7)

SAUCONY(サッカニー)

(11)

GRAVIS(グラビス)

(4)

MADFOOT!(マッドフット!)

(8)

PATRICK(パトリック)

(4)

Gola(ゴーラ)

(3)

SPINGLE MOVE(スピングルムーブ)

(13)

Timberland(ティンバーランド)

(29)

MERRELL(メレル)

(26)

KEEN(キーン)

(10)

Danner(ダナー)

(147)

Clarks(クラークス)

(14)

ARC'TERYX(アークテリクス)

(19)

HAGLOFS(ホグロフス)

(0)

The North Face(ザ・ノースフェイス)

(18)

Columbia(コロンビア)

(20)

Marmot(マーモット)

(5)

mont-bell(モンベル)

(17)

WILDTHINGS(ワイルドシングス)

(5)

White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)

(14)

finetrack(ファイントラック)

(10)

MANASTASH(マナスタッシュ)

(6)

Coleman(コールマン)

(5)

LEVI'S(リーバイス)

(74)

EDWIN(エドウィン)

(93)

Wrangler(ラングラー)

(28)

Lee(リー)

(26)

BIG JOHN(ビッグジョン)

(92)

アメカジほかファッション全般

(138)

アウトドア・防災用品全般

(50)

靴・スニーカー全般

(82)

サブカル全般

(94)

通販・生活ネタ全般

(43)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.