2219833 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

INDOOR STYLE

全92件 (92件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

BIG JOHN(ビッグジョン)

2019年04月10日
XML
ビッグジョン伝統のフラッグシップモデル「RARE JEANS (レアジーンズ)」シリーズ。
ビッグジョンに限らずどのブランドも本気の最高品質モデルを作るとなると厚手のやや太めのストレートを作りがちだが、この「R009」は珍しくスリム。

15.5ozのヘビーオンススリムは穿けばシワが強く入ってハッキリした色落ちが楽しめそうな予感。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BIG JOHN ビッグジョン RARE JEANS SLIM R009 送料無...
価格:30240円(税込、送料無料) (2019/4/10時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

(ビッグジョン)BIG JOHN 【WEB限定】「RARE」タイトスリム メンズ...
価格:30240円(税込、送料無料) (2019/4/10時点)



シンプルなデザインながらノンウォッシュから育てがいがありそうなジーンズだ。






最終更新日  2019年04月10日 22時35分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年06月04日
今年は久しぶりにデニムが盛り上がっている。
とはいえ過去にあったようなレプリカブームでもなくプレミアムなセレブジーンズ上げでもなく、「普段着的なデニム地アイテム」そのものが注目されているような雰囲気だ。

そのためタンスの肥やしになっていた昔のジーンズを引っ張りだして使うも良し、父親が昔着ていたGジャンを譲り受けるも良しという何でもあり感が面白い。

まあファッション業界は画一的で効率のいい商品展開が難しそうだが、それだけに個性的なアイテムが入り込む余地があるのも楽しいものだ。

もうアメリカ3大ブランドがシェアを占める時代ではないし、ここはあえて古株の国産ジーンズメーカー「BIGJOHN(ビッグジョン)」のジャケットに注目したい。ちなみに日本製にこだわった「DENIM CRAFT(デニムクラフト)」ラインのアイテム。



デニムジャケットはうっかりすると子供っぽく見えたりするので人によっては敬遠されがちなアイテム。
それよりもさらにハードルが高いのが「カバーオール」や「ハーフコート」。どう着れば正解なのかわからないが、逆に考えればユーザーが少ない新鮮な羽織りモノ。

このビッグジョンのハーフコートは激しい色落ちのユーズド加工デニム生地にカスタムペイントが施されたユニークなモデル。ワークテイストたっぷりのチンストラップや左右非対称のポケットなど凝ったデザインが魅力。

いわゆるGジャンよりも着丈が長めなので、使い方次第では現代的な丈でレイヤリングしやすいかも。



ついでにもう一つビッグジョンのデニムジャケット「MKJ002」を紹介。ざっくり大きく分類すると3rdタイプに近いようにも見えるが胸ポケットはフラップ無し。銅色のボタンはしっかりBIGJOHNロゴが刻印されたオリジナルだし、首元をフィットさせるためにボタン間隔が詰まっているのも独特。

胸ポケットに横一文字のラインが入っているのはおそらくビッグジョンのヒップポケットの横ストレートラインステッチにちなんだデザインだ。

このようにひと目でメーカーを分類できない特殊形状のデニムジャケットも今ならアリだ。




右矢印「ビッグジョン デニムジャケット」在庫一覧(楽天市場)








最終更新日  2015年06月04日 13時14分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月21日
定番化してきたビッグジョンのショートパンツ。
ストレッチや速乾などの機能性素材が増えるなか、あえて綿100%というのも悪くない。

綿は穿き込んでいけば自分の身体に馴染んで風合いが出るし、特に柄物は着古してこなれた色褪せ感が出るのも楽しみの一つだ。




今年はサーフパンツタイプ(※5月19日の記事へジャンプ)もいい感じ。

今年は冷夏の可能性もあるらしいが、それでも十分に暑いであろうことはわかりきっている。早めに夏モノを用意してフル活用したい。







最終更新日  2015年05月21日 10時13分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月19日
今年も「BIG JOHN JEANS(ビッグジョンジーンズ)」からカリフォルニアをイメージした『Bigjohn Calif(ビッグジョンカリフ)』シリーズが登場。

今年は80年代から90年代を思わせる懐かしいパターン2種類それぞれ2色の合計4パターンになっている。

花柄(ハイビスカス)は綿80%麻20%、バティックパターンは綿100%生地。
最近のサーフパンツは強度や速乾性・ストレッチ性などを重視してポリエステルやポリウレタンなどの化繊素材が入っているものがほとんどだが、こちらはあえて天然素材系の生地を採用。

特別な機能はないもののソフトな肌触りが楽しめる。また海水や日光、洗濯によってナチュラルに色褪ていくのも魅力。
エイジングと呼ぶほど高承なものではなくとも、遊びや暮らしの跡が服に残ることをもっと楽しんでみてもいいんじゃないだろうか。



ビッグジョンは日本最古のジーンズメーカーだけにもっと盛り上がってほしいところだが、なかなか市場のニーズにジャストマッチしないのが欠点というか魅力というか。



作り手のコダワリを追求したプレミアムジーンズの先駆けもビッグジョンだったりするが、一般的知名度はいまひとつ。いつかは欲しい、RARE JEANS。




右矢印「Bigjohn Calif」シリーズの在庫一覧をチェック(楽天市場)







最終更新日  2015年05月19日 13時43分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年04月24日
日本最古のジーンズメーカー「ビッグジョン」。少し前に経営が危うかったようだが新商品が出ているところを見ると何とか立ち直りつつあるのだろうか。

スリム&テーパード全盛の昨今のトレンドでは伝統的なビッグジョンジーンズのシルエット(古着やデッドストックとして出回っている大半)だけでは厳しいが、『FIT is ALL(フィットこそ全て)』をコンセプトにしたM3シリーズは有望。

製品の品質はもちろんだが、その他にもこのシリーズには他のジーンズメーカーが学ぶべき部分を持っている。それが「形がわかるシルエット名」。

これは「キャロットレッグ」で、腰回りにゆとりがあるテーパード。ニンジンの形を見たことがあればおおよそのシルエットの見当がつくというわけだ。
簡単な工夫だけど、メーカーごとに型番を覚えさせられたりしていたことを思うとなんてユーザーフレンドリーなんだろうと感心した。



ストレッチ入りのテーパードでボタンフライ&リジッドという、使い勝手と流行とコダワリのバランスをうまく取ったジーンズだろう。
引き締まった濃厚なインディゴとオレンジのステッチが綺麗だ。










最終更新日  2015年04月24日 14時09分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年12月27日
「BIGJOHN(ビッグジョン)」と「Rockin'Jelly Bean(ロッキンジェリービーン)」のコラボ、というと横文字ばかりだが実は純日本の組み合わせ。

ビッグジョンの楽天市場店「BIGJOHNJEANS」で取り扱われているロッキンジェリービーンがフラッシャーイラストを描き下ろしたコラボジーンズがいよいよ在庫僅少となってきた様子。

古き良き時代のロック歌手をイメージしたイラストもさることながら、ジーンズにボウタイ(蝶ネクタイ)が付属するという面白い企画。人気のスリムテーパードシルエットが嬉しい。



ビッグジョンの現行ラインナップの中で数少ないボタンフライ仕様での限定モデル。レギュラーラインナップのボタンフライモデルは以下の数点のみ。



ボタンフライというだけで敬遠する人もいるかもしれないが、穿いてみるとボタンの開閉は意外とスムーズ。ボタンフライならではの色落ちというものもジッパーフライにはない魅力なので是非挑戦してみて欲しい。







最終更新日  2014年12月27日 12時20分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年10月01日
イラストレーター「Rockin'Jelly Bean(ロッキンジェリービーン)」と日本最古のジーンズメーカー「BIGJOHNJEANS」がコラボしたスリムテーパードジーンズが今年も在庫あり。

フラッシャーは往年のロックシンガー「バディ・ホリー」をイメージしたイラストでボウタイが付属するというのが面白い。

ジーンズ本体のロッキンジェリービーン要素はパッチとスレーキ裏のスタンプくらいだが、ビッグジョンらしいコダワリが満載なモデルだ。


インディゴブルーのリジッドで、同色のステッチで縫製されているので非常に落ち着いた雰囲気に仕上がっている。

面白いのはビッグジョンオリジナルのデニム生地「Faux Slub Selvedge Denim」の採用。同じ太さの糸で織られていながら、糸それぞれの染まり具合をあえて不均一にすることでビンテージジーンズのようなムラ感のあるタテ落ちが楽しめるという。

ハイテク素材によるジーンズの革新も目覚ましい昨今、手間と工夫をこらした綿100%リジッドを楽しむ贅沢も大事にしたいところだ。







最終更新日  2014年10月01日 10時45分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年09月21日
ビッグジョンのワークライン「WORLD WORKERS(ワールドワーカーズ)」が「BALABUSHKA REMNANTS(バラブシュカ レムナンツ)」とコラボしたレイバートラウザーの在庫がBIGJOHNJEANS公式ショップで復活しているのを発見。



2013年秋冬テーマの「CITY CLASSIC」モデルでありながら新商品との記載もあるので、誤記でなければバラブシュカとのコラボが好評で引き続き生産されたのかもしれない。

入荷の経緯はさておき、地味によく出来た製品。何と呼ぶのか知らないがバックシンチ上のウエストに切れ込みがあるクラシカルなディティールや、綿42%/ウール40%/ポリエステル18%の素材割合でセンタープレスが入ったキレイ目ワークなルックス。

バリエーションも「ネイビー」「杢グレイ」「シルバーグレイ」と使いやすい定番カラーが揃っている。


今期モデルのワーク系テーパードパンツも要チェックだ。



● 「WORLD WORKERS」製品の在庫一覧をみる(楽天市場)








最終更新日  2014年09月21日 14時14分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年08月25日
履いている人が少ないということもって個人的に愛用しつつ勝手に布教活動をしている日本最古のジーンズメーカー「BIGJOHNJEANS(ビッグジョンジーンズ)」。
街の個人経営ジーンズショップが淘汰されてから急激に見る機会が減ったので、一定以下の年齢ではそもそもビッグジョンを知らない人もいるだろう。

・・・いや昔から良い扱いをされていたワケじゃないんだけど。
個人経営のジーンズショップは売れない物は容赦なくワゴンセール行きで、それがママカジになったりノンポリジーニストの狩猟場としてそれなりに消費されていた。ビッグジョンもどちらかというとワゴンの常連。

要するに昔からモノは悪くないのに商売が下手という企業らしい。株主はたまったものではないだろうが、その不器用さも含めて作りたいものを作っているのがビッグジョンだ(笑)

そして2013年くらいからリリースされだした新ラインナップ「BIGJOHN CALIF(ビッグジョンカリフ)」。カリフォルニアをイメージしているらしいが、加州らしいかどうかは不明。綿60%ポリ40%のT/C素材で履き心地を重視したモデルとのこと。

その「BIGJOHN CALIF」シリーズから賑やかな柄物ショートパンツ(MG703E)がリリースされていたのだが、ブランドネームが弱いせいか柄が日本人好みではないせいか人気が今ひとつだったようで、楽天市場のジーンズショップ「THREELOVE」では晩夏の処分セール開催となっている。


沖縄県以外は送料540円なので、送料込みで実質一本1620円という超お買い得なショートパンツ!8月後半だが今シーズンもまだしばらくは使えそう。

まあ大胆な柄物の綿ポリショートパンツで、定価が6000円台~8000円台という強気な昭和価格。この時期まで売れ残るのも致し方ないことではあるが、一本千円の処分価格なら来年のために2~3本ほどまとめ買いするのも悪くないだろう。

損切り覚悟の取扱店には悪いが当ブログ「INDOOR STYLE」の基本姿勢でもある「スカベンジャー(死肉食い)気質」を発揮して底値で買わせてもらうとしよう。

「BIGJOHN CARF MG703E」の在庫一覧はコチラ(楽天市場)


ちなみに微妙に丈が長いハーフパンツタイプの「MG704E」もある。いずれも柄の種類は豊富なので一度チェックする価値はある。



「BIGJOHN CARIF MG704E」の在庫一覧はコチラ(楽天市場)



ビッグジョン公式オンラインショップはコチラ






最終更新日  2014年08月25日 10時29分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年08月07日
60年代の「BIGJOHN M1002」を現代解釈した「BIGJOHN M1」。海外限定販売で実績を積んできたモデルが満を持して日本国内での発売となった。

「GUNJO(群青)」や「RURI(瑠璃)」といった日本の伝統色(和色)で表現された色合いが魅力の日本製モデルだが、そのユーズド加工モデルが楽天内ショップ「スリーオーシャン」に再入荷しているのを発見。定価の約半額というのが嬉しい。



「M1」はストレートのみでシルエットのバリエーションはなかったが、その後に海外展開された同系(?)シリーズは「レギュラーストレート(M104B)」「スリムストレート(M105D)」「スリムテーパード(M106D)」と、定番フォルムを押さえたラインナップになっている。
これらも現在は公式オンラインショップ「BIGJOHNJEANS」で取扱いアリ。


シッカリ育てたいならリジッドだが、手軽にビッグジョンの日本製モデルを今すぐ楽しみたいならM1のユーズド加工モデルがオススメ。








最終更新日  2014年08月07日 10時39分15秒
コメント(0) | コメントを書く

全92件 (92件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 10 >

PR

サイド自由欄

フリーページ

カテゴリ

カテゴリ未分類

(1989)

NIKE(ナイキ)

(357)

NIKE ACG(ナイキ エーシージー)

(42)

adidas(アディダス)

(341)

NewBalance(ニューバランス)

(266)

CONVERSE(コンバース)

(261)

Reebok(リーボック)

(97)

Puma(プーマ)

(58)

ASICS(アシックス)

(14)

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)

(13)

VANS(バンズ)

(69)

PRO-Keds(プロケッズ)

(7)

SAUCONY(サッカニー)

(11)

GRAVIS(グラビス)

(4)

MADFOOT!(マッドフット!)

(8)

PATRICK(パトリック)

(4)

Gola(ゴーラ)

(3)

SPINGLE MOVE(スピングルムーブ)

(13)

Timberland(ティンバーランド)

(29)

MERRELL(メレル)

(26)

KEEN(キーン)

(10)

Danner(ダナー)

(147)

Clarks(クラークス)

(14)

ARC'TERYX(アークテリクス)

(19)

HAGLOFS(ホグロフス)

(0)

The North Face(ザ・ノースフェイス)

(18)

Columbia(コロンビア)

(20)

Marmot(マーモット)

(5)

mont-bell(モンベル)

(17)

WILDTHINGS(ワイルドシングス)

(5)

White Mountaineering(ホワイトマウンテニアリング)

(14)

finetrack(ファイントラック)

(10)

MANASTASH(マナスタッシュ)

(6)

Coleman(コールマン)

(5)

LEVI'S(リーバイス)

(74)

EDWIN(エドウィン)

(93)

Wrangler(ラングラー)

(28)

Lee(リー)

(26)

BIG JOHN(ビッグジョン)

(92)

アメカジほかファッション全般

(137)

アウトドア・防災用品全般

(49)

靴・スニーカー全般

(82)

サブカル全般

(94)

通販・生活ネタ全般

(43)

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.