2413410 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

INDOOR STYLE

全43件 (43件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

通販・生活ネタ全般

2017年10月21日
XML
テーマ:CASIOの腕時計(22)
先日、マンガ家の高畠エナガ氏が29歳という若さにして脳梗塞で死去した。彼が人間ドックを受診して異常なしとされた矢先の訃報ということで話題になった。

 マンガ家なら何時間も座りっぱなしということも珍しくないだろうが、この若さと健康に問題がなくても・・・という点で衝撃は大きかった。

 「座りっぱなしは体に悪い」という話は知っているし、「30分に一度は立ち上がるべし」という最低限の対処法も耳にしているが、実際に試しても30分間隔で気を付けるのはなかなか難しい。
 机に向かって作業に没頭していると2時間くらい経過してしまっていることもよくあるが、こういうニュースに触れてしまうとこのままズルズル何もしないままでいるわけにもいかないだろう。

 百円ショップでカウントダウンタイマーを買ってきて30分セットを繰り返せばいいのだが、仮に1日6時間机に向かうとして「ストップ、再スタート」の2ボタンを押すこと12回。一週間で84回、30日で360回。
 ストイックに「立ち上がらないと音を止められない場所にタイマーを設置する」という手もあるが、塵も積もれば・・・で自分はこのボタン操作が余計だと感じてしまうズボラ人間。

 そこで考えたのがタイマー付きのチプカシ。もともと山用に軽くて壊れても惜しくない腕時計が欲しいと思っていたので「機能充実だけど超ダサイ」と評判のF-201WA-9AJFという機種を買ってみた。


定価は二千円だが、だいたい千円前後で買うことができる。このチープ感・・・確かにダサいが、そんじょそこらの腕時計より機能は充実している。
attachment1

一般的なチプカシより文字が大きいのが売りで、日付・曜日まで視認性は抜群。LEDバックライトを搭載し、アラーム機能、タイマー機能、ストップウォッチ機能、デュアルタイム機能まである。

attachment2


タイマー機能自体は他の機種でも多く採用されているが、ノータッチでタイマー鳴動を繰り返してくれるオートリピートタイマー機能があるモデルは意外と少なく、この価格帯ではF-201一択だろう。もちろんオートリピートを切ってその都度手動でタイマーをセットすることもできる。
attachment3

 オートリピートをオンにしてタイマー30分にセットすると30分後にタイマーのアラームが鳴って10秒ほどで自動で音が止まり、すでに次の30分のカウントダウンが始まっているという図式。タイマー自体を停止するまでこの状態なので、操作は始業と終業のタイミングだけで済む。
 また日常生活防水なので手洗いや雨で気を使わなくていいし、汗をかいても水道でサッと流せて緩めに巻いておけば特に蒸れる感じもない。 そしてこの軽さ。試しに付けたまま寝てもみたがまったく気にならない。
 とりあえず気休め程度だが、脳溢血や心筋梗塞などの血管系の病気予防の一環としてこの「F-201によるインターバル立ち」を取り入れたいと思う。


 完全な実用重視でデザインは確かにアレなのだが、実際のところ実用品以外の何者でもないのでファッション性を云々するのは野暮というものだろう。

 どうやらこの窓を縁どる金色ラインの評判が悪いらしい。海外版ではラインがシルバーになっているモデルもあって確かにスッキリ感があるような気もするが、個人的には誤差レベルの違いだ(笑)

↓これが金縁のF-201WA。使うだけならコレで充分。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【並行輸入品】【10年保証】CASIO STANDARD DIGITAL カシオ...
価格:1500円(税込、送料無料) (2019/4/13時点)



↓こっちが銀縁の海外版、並行輸入品。お好みで。






最終更新日  2019年04月13日 22時07分58秒
コメント(0) | コメントを書く


2017年10月14日
 やはり世の中、実際に使ってみないとわからないことが多い。タフネスガラケーから普通のスマホに乗り換えてみて情報量や操作感の違いに戸惑い、水にも衝撃にも弱いので気を使う。

参照:ガラケーと楽天モバイルスマホの2台持ちにした話。

 何より驚いたのがバッテリーの持ちの悪さ。機能的に出来ることは多いはずなのに、電力をやりくりするストレスはガラケーには無かったものだ。
 スマホカバーも液晶保護フィルムも不要と思っていた自分が結局買わざるを得なかったように、モバイルバッテリーも検討する必要があるらしい。


 先に少し触れたが「タフな製品である」ことはストレスからの解放に直結する。これ以上、持ち運びに気を使う道具を増やしたくはない。雑に扱えるのが絶対条件で、価格的にも手頃なのがコレだ。

 サンワダイレクト限定の大容量・防雨・耐衝撃・ソーラーチャージャー付きモバイルバッテリー「700-BTS011」。



 水中で使うわけでもないので防水性能は「防雨」程度で充分。多少の雨に耐え、濡れた手でも扱えれば問題ない。バッテリー残量表示ランプやLEDライト機能があるのも実用的だし、何より本体上部にカラビナや紐を通せる穴があるのが嬉しい。落下防止の細工や他の道具をまとめて固定できる余地があるのは大きい。

 ソーラーチャージャー(※説明文に満充電まで6日間とある)でスマホの電力を賄うのは現実的ではないのであまり期待すべきではないだろうが、背面のLEDライトやガラケー用と割り切ればアリかもしれない。
 ハンドバッグやショルダーバッグだと重量270gはネックになりそうだが、背負うタイプの鞄なら数字ほどの負担は感じないはず。


 ついでに周辺機器のコードや小物類も軽量ハードケースに整理して携帯したい。










最終更新日  2017年10月14日 11時22分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年08月14日
 2017年夏までauガラケー1台でやってきた自分。やや手間はかかるものの「メール使い放題プラン」を駆使すればネット検索やSNSはそこそこ使えて維持費は月1000円以下。
 しかしガラケー専用ネット(ezweb等)やアプリは徐々に使用不可となり、ガラケーでは規格(?)が非対応で開けないメールも出てきた。

 そしてついに今年、とある夏フェスの駐車場チケット購入が「スマホ必須」となった。転売対策の個人認証のためらしいが、事実上ガラケー・PCユーザーは排除されてチケット抽選の申し込みすら不可能に。

 ことここに至って「必要になってからスマホ契約を比較検討するのでは手遅れになる」状況が出来てきた。いよいよスマホへの乗り換えもやむなし…と思っていたところだが、機種交換代が数万円、維持費は毎月数千円というのはライトユーザーの自分には高価すぎて検討に値しない。

 しかしauの2年縛りを春に更新したばかり。違約金を払うのもバカバカしいので、縛りが解けるまでは格安スマホとの2台持ち運用でいくことを決意した次第。そして格安sim業者もほぼ「料金を楽天スーパーポイントで支払える」という点だけで楽天モバイルに決定した。



 ハイエンドな端末を買う気はなかったので、楽天モバイルでたまたま安売りされていたSHARP AQUOS mini SH-M03を格安simと同時購入した。
 比較的小さくて軽い部類のスマホらしいが、ガラケーに比べれば画面がはるかに大きくて見やすい。そして日本製ならではのガラパゴスな機能が面白い。
 特に重宝するのが端末の両横にあるセンサー「グリップマジック」。ここを握るだけでスリープが解除できたり、ユーザーが正位置で保持しているのを認識してゴロ寝状態でも画面が勝手に回転するのを防いだり。一定時間操作しなくても握っている間は勝手にスリープ状態に入らないなど、地味だけど意外と便利な機能。

 またケースやフィルムなどの周辺アクセサリーはドコモのアクオスコンパクト「SH-02H」用が使えるので問題なし。

【SHARP AQUOS mini SH-M03 赤】
sh-m03body.jpg

 折りたたみ式のガラケーと違って液晶画面が剥き出しで怖いのと、思いのほか指紋が気になるので急遽ケースと液晶画面フィルムを追加購入した。おすすめはLEPLUSの「Prime Window」という窓付きフリップケース。上の画像の下段がケース装着状態。
 フリップケース(いわゆる手帳型)で端末全体を守りつつ、ポケットやバッグから取り出したときに扉を開かずステータスを確認できる。折りたたみガラケーでは当たり前にできるからこそ、ないと不便を感じる機能だ。閉じたままで通話できるのも嬉しい。

sh-m03case.jpg

 この「Prime Window」にこだわったのはカバーを閉じる「留め具」がついていないこと。多くの手帳型ケースには勝手に開かないように留め具が付いているが、余計な出っ張りが生まれてしまう。
 マグネット式の留め具はスマホ自体には影響がないと言うが、それでもバッグの中で時計や磁気カードに触れると狂わせてしまう恐れがある。実際、留め具がなくても特に困ることはない。
 画面に触れる側は極小微起毛でマットな手触りになっており、背面を曲げれば動画視聴用のスタンドにもなって便利。
 「マジックグリップ対応」と謳ったケースではないが、センサーの感度を「ケースあり」にすればマジックグリップは普通に使えている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【AQUOS Compact(SH-02H)/Disney mobile(DM-...
価格:1442円(税込、送料別) (2017/8/14時点)



そして画面フィルム。スマホの液晶画面はタッチパネルなので指紋がついてもガラケーのように力一杯ゴシゴシ拭くことができず、またギラギラと反射して周囲のものが映り込むのでマットなアンチグレアタイプのものを選んだ。

sh-m03film.jpg

上の画像はどちらもフィルムを貼った後。左側は映り込んだ光がボヤッと拡散しているのがわかる。ただし超美麗だったハイスピードIGZO液晶画面がアンチグレアフィルムの特性で粒子感が出てしまっている。
 目から離しているとそうでもないが、近くに寄って見るとグラデーションの繊細な表現がザラッとして見えてしまう。そのかわり指紋はほとんど目立たなくなった。ここは割り切る必要がありそうだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ラスタバナナ正規品】 AQUOS SERIE mini SHV33/AQUOS...
価格:734円(税込、送料別) (2017/8/14時点)



 ちなみに自分は楽天モバイルの「ベーシックプラン」を選んだ。低速回線だが使い放題でパケ死する恐れがなく、なにより安い。速い回線に慣れていると苦痛だろうが、意外とYouTubeも最低画質なら観れたりする。
 ベーシックプランは自動的に画像品質を下げたりデータ量を圧縮して軽くする「Opera mini」というブラウザと相性がいいのでオススメ。

右矢印安心・お得な格安スマホ/格安SIMなら楽天モバイル!






最終更新日  2017年08月15日 00時45分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年02月13日
 乾燥、風邪、インフルエンザ、花粉、PM2.5、すっぴん隠し・・・。いまや様々な理由によって年間の相当な期間をマスク着用で過ごす人がいる。

 マスク大国の日本はおそらく外国よりも商品の選択肢がかなり多いと思うが、それでも「全ての点で満足できるマスク」は意外と多くない。特にメガネユーザーにとって重要な「曇りにくい」という機能を優先すると、選択肢は一気に狭められてしまう。

 自分がこだわりたい機能と項目は「耳が痛くなりにくい」「メガネが曇りにくい」「衛生用品は絶対に日本製」のわずか3点。この条件だけでもすでに叶わない。
 2点までは揃っても3点すべての条件が満たされる商品は、少なくとも身近なドラッグストアやスーパーでは見たことがないし、さらにいえば使い捨て商品として現実的な値段じゃなければ意味がない。

 メガネユーザーの多くは「曇りにくさ」でコレ(↓左側)を使っているだろうが、残念ながら中国製。凝った構造のわりには安いし日本の会社の管理下なら衛生面で問題はないと思うが、現在進行形で大気汚染や公害に苦しんでいる国からというのはどうも気分的にスッキリしない(個人的に)。

 そこで最近見つけたのが、マスクと鼻の隙間を埋める「スポンジ状の別売りノーズパッド」(↓右側)。


クリップボード.jpg
 玉川衛材の『フィッティPLUS 何度もくっつくノーズパッド』という商品で、自分はこれを他のマスクに取り付けることで理想のマスクが手に入った。「耳が痛くなりにくい、日本製のマスク」という条件だけならコンビニでも手に入る。

●面ファスナーで不織布マスクに付けるだけ
●繰り返し使える
●日本製
●パッチテスト済

 単純な製品だがコレ自体も2個入りで200円程度と安価なのでコダワリに対する金銭的な負担が小さくて済むのも嬉しい。

下の画像はノーズパッド本体、面ファスナー部分の拡大、パッケージ記載の構造図とありふれた普通の不織布マスクに付けてみたところ。付けてすぐに「曇りにくさ」を実感できるのでオススメ。

nosepad2.jpg


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フィッティ ノーズパッド(2コ入)【フィッティ】
価格:199円(税込、送料別) (2017/2/13時点)







最終更新日  2017年02月13日 10時16分01秒
コメント(1) | コメントを書く
2016年08月27日
テーマ:楽天市場(2331408)
 2016.08.24付けの「Business Journal」で楽天市場の業績悪化という記事が掲載されていた。簡単にポイントを整理すると以下のような内容。

 ●海外展開の不振
 ●amazonとyahooの追い上げ
 ●メルカリ(※スマホ向けフリマ)の成長
 ●三木谷氏の失敗隠蔽気質

 海外展開の失敗と他社の追い上げは以前から指摘され続けるも一向に改善されなかった「使い勝手の悪さ」がボディブローのように効いてきた結果だろう。

 不親切設計のシステムにユーザー側をアジャストさせる「軍服に身を合わせる」手法は理不尽に耐性を持つ古き日本人気質に依存して成立している。
 このような前時代的な商法が海外で受け入れられるはずはないし、別の選択肢へ柔軟に移行する若年層が離れていくのは時間の問題だった。

 三木谷氏の失敗隠蔽といえばkobo事件。「電子書籍のシェア獲得は先手必勝」と思ったかは知らないが、準備不足のまま客に端末を売ってクレームを黙殺した不信感はなかなか回復しない。余談だが楽天はkobo以前に「Raboo」という独自の電子書籍サービスとパナソニック製の「UT-PB1」という専用端末(当時)があったが、購入済コンテンツはkoboに引き継げないまま終了した。



 楽天市場の長期ユーザーとして言わせてもらえば、手広くやるにしても仕掛け方が下手くそ。これに尽きる。
 特に強すぎる自社顕示欲で消費者に不利益をもたらすやり方は改めたほうがいい。買収で電子マネー「Edy」として定着していたデザインと名称を強引に(しかもダサく)変更したのはいらぬ反感を招く。

 そして致命的なのがネーミングセンスのなさ。Edyとは別に楽天スーパーポイントを街で使えるようにする「Rポイントカード」。導入から約一年、定着するかしないかという微妙なところで「楽天ポイントカード」に名称変更するという泥縄っぷり。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ポイント10倍!【Edy-楽天ポイントカード】
価格:324円(税込、送料別) (2016/8/27時点)




 さらにサービス内容のイメージがまるで湧かない「楽天プレミアム」。amazonプライムのように年会費を支払って送料の補助が受けられるサービスなのだが、なぜわざわざ既存のサービス(楽天プレミアムカード)と名称をかぶせて紛らわしくしてくるのか理解に苦しむ。



 月に数回以上利用するユーザーなら確かにお得感のあるサービスで「楽天市場は送料が高くつく」というネガティブイメージを覆しうる可能性を秘めているのだが、そもそもこのサービスの存在を知っている人がどれだけいるだろうか。

 サービス内容がわかりにくいせいで名称をアピールしにくく、さらにいえば全店対象ではないという片手落ち。楽天が会員から年会費を徴収するのだから、一部非対象では筋が通らないだろう。
 商品検索画面で対象・非対象か表示されるとはいえ、楽天プレミアム対象ショップ一覧はズラっと列記してあるだけで、五十音順にもジャンル別にもなっておらず不親切。
 未加入ユーザーが加入するかどうかを決める材料になるのだから、ここをわかりにくくすることは裏があるのではといういらぬ不信感を招くだけだ。


 あとは同一の会社が複数のショップ名で同じ商品を出品しているという異常性。出店数と商品数の水増しを促しているのか、ユーザーにとっては検索デブリを量産されているだけで迷惑極まりない。
 特に一部の中国・韓国あたりからの輸入業者(外国人オーナー?)は加減というものを知らないから検索結果画面は荒らされ放題。 店名で検索から排除しようと思っても文字数オーバーで排除しきれない。果てはジャンル無視でファッションジャンルに食品が表示されたりする。

 治安維持を放棄し自浄作用もない今の楽天市場はスラム化しているといっても過言ではない状態。ベテランユーザーなら経験で怪しいショップを回避してマトモに買い物できるが、ネット通販初心者が無防備で飛び込める場所とは言い難くなってしまっている。


 他社より安い価格設定で楽天唯一の良心(個人的に)だった楽天レンタルも残念ながらもうすぐサービス終了。だからこそ本業である市場のシステム改善には真剣に取り組んでもらいたい。










最終更新日  2016年08月27日 12時13分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年04月17日
 先日、愛用していたブラウンの電気シェーバー『cruZer3(クルーザー3)』が壊れた。

 ブラウンのクルーザーシリーズは「剃る・刈る・整える」を一台でやれるコンパクトさが特長。
付属のアタッチメントで手軽にヒゲの長さを刈り揃えたりキワをシャープに整えられるので、ヒゲを伸ばしている人間には便利なシェーバーなのである。

 故障といっても正確にはクルーザー3の「ヒゲトリマー部分」が動かなくなっただけなのだが、その不便さにわずか数日でギブアップ。後継機種への買い替えと相成った。

 後継機種をチェックすると現在は「クルーザー5」と「クルーザー6」が併売されている状況。見た感じでは色が違うだけに見えるが、製造時期は新しいに越したことはないだろうと「クルーザー6」を選びかけたが、ギリギリのところで「クルーザー5」に思い直した。

 よく調べないと気付かない5と6の違い、それは6にのみ備わっている風呂剃り機能。シャワー中に使えるという所謂「ウェット剃り」に対応して防水機能が強化されているようなのだ。
 一見するとより便利になっただけのように見えるが、しかし「クルーザー3からの買い替え」という観点では大きな落とし穴がある。

 それは電源を挿したままでは使えなくなったこと。6はウェット剃りでの感電防止のため、コンセントに繋いだままでは使えないように安全設計がなされている。
 使い方次第とはいえ、バッテリーの弱まりを感じたときに再充電が完了するまで一時的に使えなくなるのは困る・・・というのがクルーザー3ユーザーとしての自分の経験だ。


 というわけで「クルーザー5」を購入。せっかくなので開封しながら「クルーザー3」と並べた画像をアップしておく。


まず5の箱。オシャレになってる。
クルーザー5箱

同梱物。本体・説明書・電源コード・アタッチメント×2・オイル・ブラシは共通。5は充電スタンドが付属しないので注意。
クルーザー5部品

このとおりスタンドは3のものをそのまま流用可能。
クルーザー5スタンド

本体と両アタッチメントの色、無精髭アタッチメントの形状が変更されている。
クルーザー5ヒゲトリマー


 5の色はブラック、6はダークグレー。6には充電スタンドと「精密アタッチメント」という新パーツが追加同梱されている。
 「クルーザー3」の使い勝手そのままが良ければ5だが、価格的には6のほうがお得感がある。例のウェット剃りのメリット・デメリットを考えて好きな方を選ぶと良いだろう。


ブラウン Cruzer5 face クルーザー5 ヒゲトリマー
価格:4690円(税込、送料無料)

ブラウン Cruzer6 face クルーザー6 ヒゲトリマー
価格:4370円(税込、送料無料)



「ブラウン クルーザー5」の在庫と価格比較はこちら(楽天市場)

「ブラウン クルーザー6」在庫と価格比較はこちら(楽天市場)







最終更新日  2016年04月20日 11時02分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年06月27日
 今朝のNHK『ニュース深読み』のテーマは「やせすぎ女性が過去最高 あなたの健康が危ない!?」だったのだが、この日招かれていた女性コメンテーターに気になる主張があった。

 それは「女性が過度なダイエット信仰に陥るのは痩せた容姿を求める男のせい」というもの。

 番組的にはイギリス女優ツイッギーの来日(1967年)がダイエット信仰のきっかけとし、現代は行き過ぎた減量が問題視されフランスでは罰則付きの法規制が始まっていることなどが紹介された。

 その中で「男性が女性の容姿を重視する傾向がある」として街頭アンケートの結果がフリップで示されたのだが、そのアンケート方式がイラストによる体型別シルエットで好みのものに丸シールを貼っていくというテレビではよくあるタイプ。
 この結果を元に「男性は標準体型以下に好みが集中していることが明らかになった」かのような流れが作られ、上に書いた「男のせい」論に繋がった。


 見ていて酷い言いがかりだと思った。


 まず「芸術的な美」と「可愛い」と「キレイ」と「セクシー」を一緒くたにするのが誤解のもと。街頭アンケートにしてもイラストの人型を示されて理想体型はどれと聞かれれば黄金比率に近いものを選ぶのは当たり前。写真なら結果は違ったはずだ。

 そしてダイエットをする目的意識の根源が「男は痩せた女が好きだから」と本気で思い込んでいるとしたら由々しき事態。まずその情報の出所に美容業界(ダイエット関連業者)の広告費が入り込んでいないか確認しておく必要がある。

 そりゃ「世の男性の大半が普通体型からぽっちゃりが守備範囲」となれば、美容業界にとっては大打撃。事実はどうあれ「あってはならないデータ」ということになる。普通体型の維持だけなら高額な器具や食品に金を落とす必要はなくなる。


 個人的には「男は痩せた女が好き」という捏造データは時代とともに購買力を付けてきた女性に強迫観念を植え付けてダイエット用品の需要を掘り起こすための方便に思える。
 それで健康を害すれば今度は製薬会社や健康食品業界が搾取する、というビジネスの流れがすでに完成しているのではないか。一度思い当たることはないか考えてみる必要がある。



 身も蓋もないことをいえば、ツ○ヤとかゲ○のAVレンタルコーナーに入ってみれば「男性のニーズの頂点がガリガリ体型」なんてことはありえないことが一発で実感できるはず。

 もちろん「細身が好き」というユーザーも確実に存在する。しかし逆にいえばわざわざ「スレンダー」とジャンル分けされるくらい、全体から見れば小さな勢力だということ。

 普通は一人で立ち入ることのない空間だろうが、メディアに踊らされて体型にコンプレックスを持っている人は一度リアルなAVコーナーを見学するとモノの見方がガラッと変わるかもしれない。



 やるなら「痩せる」よりも「太らない」生活を心がけ、科学的なエクササイズで「結果的に痩せる」を目指して健康的にやったほうが絶対いいと思う。









最終更新日  2015年06月28日 19時16分45秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月30日
テーマ:ヤフオク(97)
 当方は出品も落札もする、そこそこ古参のヤフオクユーザー。しばらく前からヤフオクに「かんたん取引」なる新機能が追加されたことは知っていたが、これまでのやり方に不便を感じていなかったので特に気にすることもなく無視していた。

 しかし先日落札した商品がどうやら「かんたん取引」で出品されていたらしく、思いがけず初体験することになったので、その感想。

 ざっくり説明するとこの「かんたん取引」は言葉による交渉を省き、出品者が事前登録しておいた手順や選択肢を落札者が選んでいくだけでスムーズに手続きが行えるというもの。あらかじめ送料が決まっているものなら即座に金銭のやり取りを済ますことができる。


 確かに挨拶抜きで即座に情報を交換して取引に入れるのは便利だし、連絡に要する待機時間も節約できる。
 しかし今回自分が落札した件では「取引ナビ(ベータ版)」は使えず、結局は記述式メッセージのやりとりで取引した。

 実際に「かんたん取引」を体験してみて感じた問題点を書いておく。


1)落札してみるまで「かんたん取引」で出品された商品であることがわからない

2)「かんたん取引」は落札者の操作から取引が開始されることが周知徹底されていない

3)出品者が設定した取引内容に不備があっても落札後は修正できない(らしい)




 1番と2番はヤフー側が「ユーザーはシステムを熟知している」という前提にたっているために起きている。
 もちろんそういった了解のもとに利用しているわけだが、実際にはまだ旧システムに慣らされたユーザーが大半を占める状況では従来と取引方法が異なる出品物かどうか明確にすべきだと思う。せめてアイコンを付けて欲しい。

 3番は出品者に設定の修正を求めた結果こういう回答だったので自分で直接確かめたわけではないが、相手も中堅以上のヤフオク経験者だったしヤフオクのヘルプ欄にも変更不可能といった記載があったのでそうなのだろう。

 銀行振込で支払うつもりで落札したのに取引ナビ(ベータ版)では「yahoo!かんたん決済」しか選択肢が表示されず、そこで詰んだ。
 取引自体はメッセージ欄でのやりとりで続行できるのだが、システムを利用していないためにヤフーからは「取引を開始せよ」との通知メールが届くのでちょっとイラッとさせられる。



 いずれも致命的欠陥とまでは言わないがトラブルの元になりそうなので、ある程度この手順が浸透するまでは「かんたん取引」での出品は控えようと思う。

 ここまでシステムに丸投げするなら楽天オークションと大差ない。今後は楽オクでの出品も検討してみようか。








最終更新日  2015年05月30日 11時43分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月28日
 そろそろ「通好み」だったり「マニア受け」を狙ったようなアイテムは処分して、身の回りのものを長く広く使いまわせるアイテムに置き換えていってもいいような気がしてきた。

 とはいえ単純に一生モノとか言い出すとまたキリがない。昔ながらの頑丈なモノが最も快適というわけではない。無駄に重いものはイヤだし必要以上のタフネスも無用だ。
 日常生活での快適性とそこそこのファッション性があれば御の字。メンテナンスしやすくて修理できるものならなお良し。


 まず自分が考えるのがバッグ。つい最近、日常の習慣が骨や神経に与える(将来的なものも含む)ダメージというものを考えさせられることがあったので、重量が左右に偏らず荷重を分散できるリュックサック(デイパック)型に絞った。
 デイパックならグレゴリーという考え方もあるが、ここでは経年劣化による加水分解が起きないmacpac(マックパック)の『ゲッコ クラシック』を推す。容量35Lで普段使いには大きいが、機内持ち込みが可能なサイズなので旅行にも使える。


右矢印「マックパック ゲッコ」の在庫一覧(楽天市場)


 長く使える靴といえばレザーブーツだが、堅くて重い。快適性と履き回しやすさを考えるとニューバランス。
 高いけど加水分解しにくいC-CAPモデルを長く履くか(有料だがメーカーでソール交換も可能)、廉価版の574を履きつぶして買い換えていくかは好みの問題。
 とりあえず晴れの日用のメッシュアッパー版と雨の日&秋冬用のレザーアッパー版があれば足元はどうとでもなる。




 アウターというか雨具というか。ド定番だが軽く羽織れる気軽さが良い。ゴアテックスのジャケットも快適だが透湿機能を維持するための手入れに手間がかかるのが難点。
 ファッション性を重視するなら若々しいショートタイプもアリだが風除けという実用性を考えるとレギュラー丈もいい。中にセーターやインナーダウンを着込めば真冬もいける。



 全身を置き換えていくのは大変だが、一度揃えてしまえばその後のコストは低く抑えられるので長い目で見ればお得だろう。








最終更新日  2015年05月28日 11時19分09秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年05月01日
2015年04月16日の記事、機内持ち込み可のキャリーケースが欲しい。でも機内持ち込み可能な旅行用キャリーケースをいくつかチェックしたが、悩めば悩むほど難しい。

というのも、国内の航空会社の機内持ち込みサイズの基準とメーカーが想定するキャリーケースのサイズ感が微妙にズレているのである。

特に気になるのが縦の長さ。
国内の主な航空会社のほとんどが「縦55cm以下」と設定しているのに対し、「縦56cm」基準で作られたトラベルバッグは少なくない。

ANA・JAL・スカイマーク・ピーチで機内持ち込み可能なサイズは「縦55cm×幅40cm×厚25cm(重量10kgまで)」。

ジェットスターは「縦56cm×幅36cm×厚23cm(重量7kgまで)」で、縦こそ56cmを基準としているが横幅・厚み・重量面の制限が厳しい。


どの航空会社に乗るか常に決まっている人ならばともかく、その都度安いチケットを探す旅行者は縦56cmになっている時点で候補から外さざるを得ない。
どんなに良い製品であっても56cmというだけで一定数の商機を逃している事実をメーカーさんには考えてみて欲しいところである。



この「stratic(ストラティック)」はドイツの会社なのでユーロ圏が基準になっているのだろうが、ここからこの春にリリースされた「RELAX(リラックス)」というキャリーケースのSサイズがものすごく惜しい!これで「縦56cm」でさえなければ間違いなく買っていた。



ソフトな素材とハードな素材を組み合わせた構造で、3kg以下という軽さと充実した収納など、かなり使い勝手がよさそう。

2輪タイプは背負えるようになっているし、4輪タイプはドリンクホルダーまで標準装備されている。壊れモノを保護するセーフボックスも重宝しそう。

 







最終更新日  2015年05月23日 10時19分58秒
コメント(0) | コメントを書く

全43件 (43件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.