2415207 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

INDOOR STYLE

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)

2015年01月31日
XML
昨年あたりから「ASICS(アシックス)」のスニーカーが勢いを増している。これまでトレーニング用というストイックなイメージが強くデザインもタウンユースには厳しかったが、今年はレトロランニング・レトロハイテク流行の流れから一気にストリートへ浸透するのではないかと考えている。

ファッション重視の「Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)」ブランドもソールが薄いヨーロピアンなレトロスニーカー一辺倒から徐々に幅を広げてきた印象。特にこの『Onitsuka Tiger HARANDIA MT (オニツカタイガー ハランディア MT)』はオニツカタイガーにしてはかなり大胆なアーバンアウトドア・スニーカーブーツ。


まず珍しいミッドカットで、EVA系のスプラッターミッドソールというのが面白い。ここからブーツではなくあくまでスニーカーの履き心地であることは想像できる。
さらにメッシュアッパーとリップストップ風(?)のサイドパネル、無機的なシュータンデザインなど、おそらく故意にレトロハイテク感を演出したであろうディティールの集合体だ。


そしてメーカー側には改善を求めたいところだが、同じ名称で異なる仕様の『HARANDIA MT (ハランディア MT)』が存在する。

↑上で紹介したモデルは化繊を多用した比較的近代的なアッパーマテリアルで構成されているが、アウトドア感をレトロ感を重視したスエードアッパーモデルが存在する。


ソールは同じなので履き心地は変わらないだろうが、シューレースのアイレットが登山靴などによく用いられるDリングに変更されている。
これでよりブーツらしい面構えに近づくとともにアーリーアウトドアなカラーリングも効いて古臭い(褒め言葉)デザインに仕上がっている。

化繊系のほうはスポーツシューズ寄り、スエードの方はアウトドア寄りという認識で良さそうだ。機能面では負けていないので、日本メーカーは「脱・海外ブランド信仰」を目指してデザインの向上とバリエーションを充実させてもらいたいところだ。

右矢印「Onitsuka Tiger HARANDIA MT」の在庫と価格比較をチェック(楽天市場)






最終更新日  2015年01月31日 10時18分41秒
コメント(0) | コメントを書く


2014年12月28日
これまでオトナのキレイ目のコーディネートに合う定番スニーカーといえばほぼニューバランスが独占している状態。色は主にグレーかネイビーで、あとは型番で差別化するのが常となっている。

他の選択肢はないものかと考えたがもうひとつの定番スニーカー「スタンスミス」はランニングシューズのような履き心地は望めない。

スタンダードなデザインで可能性を感じさせるのはオニツカタイガーだったが、スタイリッシュなモデルはことごとくソールが薄いタイプでクッション性に不安があった。

しかしついにそれを解決してくれそうなモデルが登場した。それが『Onitsuka Tiger TIGER ALLIANCE(オニツカタイガー タイガーアライアンス)』。

ジョギングシューズがベースでアシックスのクッションテクノロジー「αゲル」を内蔵し、ミッドソール一体型のスタビライザーを搭載。アッパーにはピッグスキンのヌバックを採用しておりニューバランスのフラッグシップモデルに代わる実力がありそう。


王道のグレーとネイビーは外せないところだが、ポップなカラーリングを揃えてきたあたりにオニツカタイガーの本気を感じる。実際ブルー・レッド・イエローのバリエーションがあれば大抵のコーディネートに都合がつく。

そして日本メーカーで皮革関税がかからないためか、ニューバランスより値段が手頃なのも嬉しい。


「オニツカタイガー タイガーアライアンス」の在庫と価格比較はコチラ(楽天市場)








最終更新日  2014年12月28日 13時30分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年12月02日
ASICS(アシックス)かOnitsuka Tiger(オニツカタイガー)ブランドでソールが薄くなくて格好いいスニーカーはないもとのかと思っていたところ、何やら凄いオーラを発する「ミタスニーカーズ」コラボモデルを発見。

とりあえずモデル名の響きのカッコ良さだけならナンバーワンだ。
『Onitsuka Tiger X-CALIBER Tequila Sunrise(オニツカタイガー エクスカリバー テキーラ・サンライズ)』きらきら



何だろうこの和洋折衷なネーミング感。日本ブランド名の「鬼塚タイガー」と英国を思わせる「エクスカリバー」、そしてラテンな感じの「テキーラ・サンライズ」カラー。

↑上の画像だとオレンジとネイビーのツートンだが、内足側はイエローからオレンジまで3段階のグラデーションカラーになっている。アシンメトリーなデザインがまたユニークだ。



ちなみに通常カラーの「エクスカリバー」はアッサリ系のカラーリング。



右矢印「Onitsuka Tiger X-CALIBER」の在庫一覧をチェック!(楽天市場)左矢印








最終更新日  2013年12月02日 12時57分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年09月07日
アシックスのカジュアルライン、「Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)」からワークブーツ調デザインの『RINKAN BOOT(リンカンブーツ)』が登場!

オニツカタイガーは細身でソールが薄いスニーカーを多くリリースしてきたので好みがハッキリ分かれる種類のブランドだったが、『リンカンブーツ』はオニツカタイガーらしからぬファット感とタフネスを感じさせるシルエットになっている。



アッパー素材はスエードで、サイドのアシックスストライプ(この呼び方は知らなかった雫)もボディと同色でスッキリと大人っぽい仕上がりになっていおり、またオレンジとネイビーはミッドソール部分の差し色で遊びが効いている。

ワークブーツ調とはいったものの、アッパーデザインはスニーカーのものとほぼ変わらないパターンなので、ロングパンツに合わせれば少しソールがゴツいだけのオニツカタイガーにも見えて良い感じだ。


右矢印楽天市場で『Onitsuka Tiger RINKAN BOOT』の価格比較を検索左矢印

右矢印楽天市場の『オニツカタイガー』スニーカーを全てチェック左矢印








最終更新日  2013年09月07日 11時35分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年08月24日
ハイテクスニーカー熱と派手スニーカー熱が一段落した結果、最近はニューバランスばかりに目が行きがち。
しかし猫も杓子もニューバランスという御時世なので、ちょっと見方を変えて国内メーカーのアシックスとミズノに注目している。

まあランニング用モデルは相変わらずダサい。ふた回りしてようやく「格好いい」と思えるレベル。アッパーメッシュはともかく、あのムダにシャイニーなラインを入れたがる癖を止めないことにはタウンユースは厳しい。

そうなると主な選択肢は「オニツカタイガー」に限られる。まあ下手なハイテクスニーカーよりもローテクなランニングシューズのほうが履き心地が良かったりするのでこれもあり。

ちょうどナイロンコルテッツ似の『Onitsuka Tiger CALIFORNIA 78 VIN(オニツカタイガー カリフォルニア78ヴィンテージ)』がリリースされていて気になっている。


オニツカタイガーといえば有名なのは「メキシコ」だが、『カリフォルニア78』はナイロンアッパーの軽さとユルさでまた違った魅力があるモデル。

ついでにアシックスとミズノはもうちょっと街履き可能なデザインとカラーリングを増やしてくれると嬉しい。ついでに『ジパング』とか『キメラ』とか復刻してくれてもいい。(あんまり売れないと思うが一応)

楽天市場内の『オニツカタイガー カリフォルニア』在庫一覧をチェック




人気ブログランキングへ   






最終更新日  2013年08月24日 13時32分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年08月18日
スニーカーとブーツ、スニーカーとドレスシューズの境界がどんどん曖昧になっていくなか、アシックスの「Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)」ブランドからアンティーク仕様のスニーカーが登場!

ベースは『ULTIMATE TRAINER(アルティメイトトレイナー)』で、ゴートレザー(山羊革)に洗い加工や色ムラを与える工程を経て一足ずつ味わいの異なる製品に仕上げた日本製。

アタリが出たアッパーの色落ち具合はかなりリアルなので、足に馴染ませれば相当雰囲気のある足元になりそう。


『オニツカタイガー ULTIMATE TRAINER (THL324-6161)』の在庫一覧(楽天市場)



   






最終更新日  2013年08月18日 10時59分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年11月03日
「Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)」の人気モデルMONTE POKHARA(モンテポカラ) のブーツバージョンが登場きらきら

ブーツといっても「モンテポカラ」のユルさはそのままに、スウェード×内ファー仕様の「くしゅくしゅブーツ」…というか「だるだるブーツ」?

ずぼっと履いてヒール側のストラップで絞るだけのシンプルな機構。見た目にも暖かみのある風合いで民族調デザインやノルディック柄のアイテムとの相性もよさそう。
秋冬のリラックスシューズとして活躍しそうです。







最終更新日  2011年11月03日 14時21分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年09月27日
シーズン前だから可能な超特価!
Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)』のヒザ丈もこもこブーツが激安価格になっているのを発見きらきら

18,900円 (税込) 
下矢印
5,040円(税込)


秋冬はレザーのロングブーツもいいですが、軽い・柔らかい・暖かい・手入れが簡単なスニーカーブーツも捨てがたいところ。

スポーツMIXスタイルや山スカートなどに合わせても面白そうなアイテム。モコモコでカバーされる範囲が広いので冷え性の人にもオススメきらきら







最終更新日  2011年09月27日 19時10分04秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年07月26日
車やジーンズのように日本製品の品質が海外で認められている例はたくさんありますが、スニーカーにも「日本製」を売りにした高品質モデルがあるのを御存知だろうか?

そもそもナイキを代表するスニーカー「コルテッツ」の元になったランニングシューズを生産していたのが、他でもない日本メーカーオニツカタイガー(のちのアシックス)だったりします。
社名変更後も「オニツカタイガー」のブランド名は残され、そのなかに日本で製造する高品質ラインナップ"NIPPON MADE"がありますきらきら



オニツカタイガー「NIPPON MADE」をすべてチェック >>

店舗限定で発売される高級モデルだけあって、その品質は確かなもの。安かろう悪かろうの大量消費時代を通過し、これからは「日本ブランド」が価値を高めていくような気がします。

また、最初から「日本製」にこだわってオリジナルスニーカーを地道に製造してきたSPINGLE MOVE(スピングルムーヴ)も徐々に知名度を上げ、海外でも注目されている様子。

当然、日本製ブランドなりのコストが価格にも反映されていますが、それでも品薄の製品が多数あるのでシンプルなデザインのスニーカーが好きならオススメです。
安い買い物ではないので、信頼のおける専門店「Refuge」で。



楽天市場内の『SPINGLE MOVE』全商品はコチラ >>






最終更新日  2011年07月26日 16時49分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年05月07日
ニューバランスの「Made in ENGLAND」や「Made in USA」は途上国で生産されるモデルと区別されてステータスになっている。
人件費の高い先進国で生産すると価格はハネ上がるが、品質の高さは申し分ない。ジーンズにおいてはエヴィスがすでに高品質を武器に"日本製ジーンズ"のブランド化に成功している。

自粛ムードが解消され、せっかく支援消費ムードが盛り上がりつつあるので震災復興の機運は"日本製"の製品に向け国内消費を拡大したいところ。

コストの低いアジア製品と欧米の高級ブランドをありがたがった時代が過ぎ去ったいまこそ、世界に誇る「日本製」を見直してもいいんじゃないだろうか。


日本製スニーカーといえば近年「Spingle Move(スピングルムーヴ)」が徐々に知名度を上げてきているが、「Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)」にも実は店舗限定の日本生産モデルが存在する。




右矢印オニツカタイガー NIPPON MADE モデル一覧はコチラ左矢印

右矢印楽天内の『スピングルムーヴ』在庫一覧はコチラ左矢印








最終更新日  2011年05月07日 22時13分06秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.