011091 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

情報発信ブログ

PR

楽天カード

サイド自由欄

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

思考盗聴  

障害者関係のIT技術の応用に興味がありいろいろと調べていたら下記の記事が興味を引きましたので掲載させて頂きます。

又、別の視点からも考えてみました。

脳波で伝わる「食べたい」 障害者支援の新システム開発



 産業技術総合研究所(茨城県つくば市)は29日、脳波を計測して512通りの意思伝達を可能にするシステムを開発したと発表した。言葉や動作で意思を伝えられない重度の障害者がパソコン画面上の絵を見た時の脳波を測り、絵の組み合わせで「ウーロン茶を飲みたい」などの意思を伝えられる。10万円以下で2、3年後の実用化を目指している。

 脳波計の大きさは携帯電話程度、重さは24グラムで軽量。8本の電極で計測した脳波を無線でパソコンに送信する。

 システムは、パソコン画面に「移動する」「飲食する」など行動を示す絵が8種類表示され、順番に光る。目的の絵が光った時に大きくなった脳波の動きを脳波計で捕らえて意思を推測する。

 絵は8種類ずつ3階層になっており、例えば「移動する」「洗面所」「歯磨き」と選べば、「洗面所に行って歯を磨きたいです」と音声が流れる仕組みだ。512通りで、基本的な日常の行動を網羅したという。

 産総研の長谷川良平・ニューロテクノロジー研究グループ長は「訓練すれば10秒ほどで意思表示が可能で、精度も90%以上になる。外出にも携帯できる利点も大きい」と話している・・・。

マインドフレックス

mindflex1.jpg

mindflex2.jpg

マインドフレックスと言うおもちゃです。

脳波の力によって下からの風力によって浮いているボールを吹き飛ばさない様にするおもちゃです。

7月31日発売予定の商品です。

この商品も脳波の力を応用した商品です。

今の世の中は脳波による思考を読み取る時代に成って来ています。

逆に考えたら人の考えを盗み取る事が出来ると言う事にもなります。

もう映画の中の出来事では有りません。

遠隔技術でパソコン利用などでで欠かせないIDやパスワードも思考盗聴と言う技術で盗まれる時代が来る様です。

皆さんID・パスワードの管理はいかがですか?

今、パソコン上でID・パスワードを管理して一度入力すれば次回から自分で思い出したりメモを見なくてもID・パスを伏字にしてコピー&ペーストが出来る画期的なソフトが有ります。

管理人の私も使って重宝しています。

ソフトの情報はこちらから私のサイトで特集記事にしていますから是非ご覧になって下さい。

無料お試し期間もあるようですので試してみたらいかがでしょうか。

使い方は私も使っていますので、メール(私書箱)までお気軽にお尋ね下さい。

 
2010.08.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類






最終更新日  2010.08.18 12:24:36
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.