000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

組織進化プロフェッショナル! イニシア・コンサルティング 丹生 光

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


イニシア

Category

Favorite Blog

^-^◆ 父の日の歓び… New! 和活喜さん

日本芸術会館でハー… 47弦の詩人さん

打ちました!! 気楽なおじさんさん

心の天気模様 ツリ… ジェムツリーさん
天球庵 フランシス・キタジマさん

Comments

イニシア@ Re:確かに・・・(07/28) 失敗も別の角度から見ると、成功かもしれ…
一等(経営コンシェルジュ伊東)@ 確かに・・・ その用途以外を見つけ出すのは重要ですね…
イニシア@ Re:なるほどなるほど・・・・(06/30) ありがとうございます。 オリンピック…
一等(経営コンシェルジュ伊東)@ なるほどなるほど・・・・ 何時も、参考になりますね~! 先日の…
イニシア@ Re:ちょうど、(06/09) はい。 これはけっこう使える戦略だと思…

Freepage List

Jul 1, 2006
XML
「創造」とは、夢を掻き立てられる言葉だ。
でも創造の現場は非常に泥臭いことは以前に書いた。

それでも人間は、創造することに引き付けられる。
なぜなのだろうか。

産業界のトップブランドよりも「創造的」であることのほうが人々の心を動かすキーワードなのだ。



「創造」に対しては、誰もが憧れる。


「創造」とは、人間にしかなしえない(神様を除いて、生物の中で)、深遠な所業である。


「創造」のために、人々は喜んで人生を捧げる。


「創造」こそが、経済発展の原動力である。(シュンペーター)


「創造」とは、人類の歴史である。(特許出願は記録されていく。登録の新規性を担保するため)


「創造」とは、誰もができる人生の存在証明である。



あなたにとって、「創造」とは、何だろうか・・・






Last updated  Jul 2, 2006 01:10:18 AM
コメント(2) | コメントを書く
[「創造する」ということ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.