216423 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

組織進化プロフェッショナル! イニシア・コンサルティング 丹生 光

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


イニシア

Category

Favorite Blog

^-^◆ 思わず にっ … New! 和活喜さん

文化庁「文化芸術に… 47弦の詩人さん

心の天気模様 ツリ… ジェムツリーさん
天球庵 フランシス・キタジマさん
ニューコードNLPコー… ビジネス加速専門家もりけんさん

Comments

イニシア@ Re:確かに・・・(07/28) 失敗も別の角度から見ると、成功かもしれ…
一等(経営コンシェルジュ伊東)@ 確かに・・・ その用途以外を見つけ出すのは重要ですね…
イニシア@ Re:なるほどなるほど・・・・(06/30) ありがとうございます。 オリンピック…
一等(経営コンシェルジュ伊東)@ なるほどなるほど・・・・ 何時も、参考になりますね~! 先日の…
イニシア@ Re:ちょうど、(06/09) はい。 これはけっこう使える戦略だと思…

Freepage List

Jul 16, 2006
XML
私からの提案。
「4・3・2・1の原則」。

4割の時間を自分の目指す未来を創るため必要だと確信を持てる仕事のために費やす。
3割の時間を自分の目指す未来を創るため役立つと予感できる仕事のために費やす。
2割の時間を充実したリフレッシュのために使う。
1割の時間を上記の未来計画と時間配分のマネジメントのために使う。


別に4割と3割の数字は変わっても良いのだが、この主旨は未来を創るに必要か、役立つと判断できることに貴重な時間を費やすべきだといいたいのである。

逆にいえば、自分の目指す未来を創るためにならないことに時間を費やしていると自分で感じているとしたらほっておくべきではないと思う。

そのためには、例えば

-内容を見直して、未来創りに役立つようにアプローチ方法を変える、

-あるいは、それができないなら思い切って(少なくともいったん)やめる、

-見直すためには他の人の意見も参考にして判断する、

べきだと思うがいかがであろうか。






Last updated  Jul 16, 2006 08:58:40 PM
コメント(9) | コメントを書く
[未来の自分を創る!] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.