000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

組織進化プロフェッショナル! イニシア・コンサルティング 丹生 光

PR

X

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


イニシア

Category

Favorite Blog

^-^◆ 強面(こわもて… New! 和活喜さん

うれしいですねぇ 気楽なおじさんさん

ハープ展示会・試弾… 47弦の詩人さん

心の天気模様 ツリ… ジェムツリーさん
天球庵 フランシス・キタジマさん

Comments

イニシア@ Re:確かに・・・(07/28) 失敗も別の角度から見ると、成功かもしれ…
一等(経営コンシェルジュ伊東)@ 確かに・・・ その用途以外を見つけ出すのは重要ですね…
イニシア@ Re:なるほどなるほど・・・・(06/30) ありがとうございます。 オリンピック…
一等(経営コンシェルジュ伊東)@ なるほどなるほど・・・・ 何時も、参考になりますね~! 先日の…
イニシア@ Re:ちょうど、(06/09) はい。 これはけっこう使える戦略だと思…

Freepage List

Mar 4, 2007
XML

「分母を変えて沢山売る」

問題解決に行き詰まったら、問題対象を分子としてその分母を変えると視点が変わって解決できることがある。

昨日の身近な「みかん」の場合、分母を変えるとその分子である商品に新しい視点からの価値が出てきて新市場に売ることができた例をお話したい。

外国産オレンジの輸入が自由化された時、みかんが売れなくなって困るというので、「ギフト」商品として北米に輸出した人がいた。

そうしたら、良い値段で大変売れたというのだ。(たぶん今も売れている)

なぜか。

北米には果物は豊富にあるが、ナイフなどの道具がなくても手で皮をむいてその場で食べられるものはほとんどなかったのだ。

その点、日本のみかんはその場で簡単に皮をむいて手軽に食べることができるというので非常に好評を博した。

「ギフト」という新しい分母の上に、分子として「みかん」を乗せたらまったく違う視点から新しい価値が生じたのである。







Last updated  Mar 4, 2007 08:44:15 AM
コメント(16) | コメントを書く
[「創造する」ということ] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.