217900 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

組織進化プロフェッショナル! イニシア・コンサルティング 丹生 光

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


イニシア

Category

Favorite Blog

^-^◆【助言の光】支… New! 和活喜さん

神戸ハープ教室 生… 47弦の詩人さん

毎年恒例の 気楽なおじさんさん

心の天気模様 ツリ… ジェムツリーさん
天球庵 フランシス・キタジマさん

Comments

イニシア@ Re:確かに・・・(07/28) 失敗も別の角度から見ると、成功かもしれ…
一等(経営コンシェルジュ伊東)@ 確かに・・・ その用途以外を見つけ出すのは重要ですね…
イニシア@ Re:なるほどなるほど・・・・(06/30) ありがとうございます。 オリンピック…
一等(経営コンシェルジュ伊東)@ なるほどなるほど・・・・ 何時も、参考になりますね~! 先日の…
イニシア@ Re:ちょうど、(06/09) はい。 これはけっこう使える戦略だと思…

Freepage List

Jun 27, 2010
XML

「人は何のために生きるのか?」

 

 

   自殺.jpg

 

 

これを知りたいのは人間の本能である。

 

これは古今東西の哲学者、宗教家の大きなテーマであった。

だが、納得できる明快な回答はまだない。

 

人生の目的が分からない若者の自殺が後を絶たない。

 

人生には喜びもあるが、苦しみもある。

生きる目的が分からなければ、時として大きな苦しみに

耐えられないこともでてくるだろう。

 

 

 

しかし、人間とは、助け合って生きる動物である。

 

だから、人生は個人のものではない。

 

人生を個人のものと考えるから、目的が分からなければ

苦しみから逃れるために死ぬのは自由だということになる。

 

 

では、人は人生で何をしなければならないのか。

 

 

 

 

 

 

「自分らしく、世の中に役立つこと」

 

 

 

これが、この世に生を受けて以来、親兄弟、友人恋人をはじめ、

すべての人々の愛情友情奉仕に支えられ、お世話になって

生きていた人間がまず果たすべき使命なのではないか。

 

これが出来たらならば、すばらしい人生だ。

 

 

逆に、これをやらずに勝手に死ぬとしたら、人々の好意と努力

という世の中の資産を個人の都合で無に帰することになる。

 

いわば、借金の踏み倒しだ。

人生の目的に悩む高邁な精神の持ち主にふさわしくない行為だろう。

 

 

自分が人生で何を得るかではなく、すでにいただいたご恩を

自分らしい方法で実りに育てあげ、世の中にお返しすることこそが、

人生においてまずめざすべき目的ではないか。

 

 

しかし、それはもちろん個人だけでは出来ない。

協力者共鳴者を見つけ、一致協力してことをなすことが必要だ。

自分らしいやり方も見つけなければならない。

 

そのプロセスこそが、人生なのではないか。







Last updated  Jun 29, 2010 03:31:45 PM
コメント(16) | コメントを書く
[未来の自分を創る!] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.