Nov 3, 2007

人はどんな時に動くのか

(20)
「面白い」とは何か

 

変な人.jpg     !?

 

 

人は、自分の利得になるから動く ・・・ こともある。

(=過去の嬉しい出来事に照らしてそれに近い利得が期待できる)

 

しかし、未知ではあっても、また何らの利得がなくとも、「面白い」と感じると、人はそれ以上に積極的に動く。

 

では、どんな時に人は「面白い」と感じるのか

 

目的に意義を感じる。

目的に参画する。

目的に共感する。

目的に共感する仲間がいる。

目標を課される。

目標を自分で決める。

目標の意義を感じる。

目標達成に使命感を感じる。

目標達成が目に見える。

目標が達成される。

努力が成果に結びつく。

尊敬する人に認められる。

周りの皆に褒めてもらう。

ゲーム化されている。

可視化されている。

課題解決を任される。

ある範囲のマネジメントを任される。

責任を感じる。

権利を感じる。

自分が活躍できる。

他人の活躍を見る。

競争相手がいる。

自分の好きなことである。

自分の好きなことと関連している。

自分の好きなことと似ている。

自分がより高い人格に達する。

自分の能力が高められる。

自分の能力が生かせる。

自分の能力が試せる。

自分の能力が発見できる。

自分のやりたかったことが出来る。

自分の試したかったことが出来る。

知的好奇心を刺激される。

新しい問題を自分で発見する。

新しい解決策を自分で発見する。

新しい問題を教えてもらう。

新しい解決策を教えてもらう。

新しい視点に気がつく。

新しい視点を教えてもらう。

結果に達成感がある。

結果に驚く。

結果に感動する。

結果に誇りを持つ。

結果が人の役に立ったことが実感できる。 

結果に感謝される。

結果が自分の価値観に合う。

結果が自分の目指す生き方だと思う。

自分の意思を確認できる。

自分の価値を確認できる。

自分の情熱を確認できる。

自分を確認できる。

  ・・・






TWITTER

Last updated  Nov 4, 2007 07:45:36 AM
コメント(20) | コメントを書く
[「わかる」をデザインする] カテゴリの最新記事