Jan 11, 2009

いま起きている市場シフト

(10)

大不況で市場は代替商品へシフト中

 

 20090221124218.jpg

 

クルマや高級品など、需要が減退し消費不況が深刻化しつつある。

まさに未曾有の大不況となっているが、単に市場が縮小しているだけなのか。

よく見ると、同時に代替商品への劇的なシフトが起きている。

 

百貨店、総合スーパー、外食は売上高減少に悩んでいるが、ネットや食品スーパー、郊外型アウトレットが売上高を伸ばしている。

ネットでは、商品を価格を比較しながら交通費や面倒な時間手間をかけることなく購入できる。

外食は減っているが、その分、内食にシフトし食品スーパーの客が増加している。

アウトレットは、ブランド物が安く買えることはもちろん、日帰りで温泉まで楽しんで帰るという。

 

広告も伝統的な4媒体は減少し、ネット広告が急増している。

Web制作会社は、問い合わせの急増に驚いているという。

 

不況で既存市場は需要が大きく減少しているように見えるが、じつは市場シフトの要素がそこに加わっていることを見逃してはならないだろう。






TWITTER

Last updated  Mar 8, 2009 11:52:36 AM
コメント(10) | コメントを書く
[未来の日本をどう創るか?] カテゴリの最新記事