000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

野鳥ブログ イノセントBIRDER

全2件 (2件中 1-2件目)

1

コアジサシ

2020.07.19
XML
カテゴリ:コアジサシ
北海道遠征の写真整理が大変号泣
エゾフクロウの雛の写真を含め
まだまだ整理できていませんが
今日は晴れなので、
妻と「舞子浜」と、地元の「久米田池」へ

舞子浜のコアジサシ、シロチドリの営巣場所は
保護ロープも外され、雛は育ってもう居ません。
若様へと成長し突堤で生活しています。

<コアジサシ>若様
突堤のシェアハウス。。


まだ親からエサを。。












親鳥の後を追いかけ飛びます






疲れて上陸 人間を怖がらない




狩りの練習もします











その後、地元の久米田池へ戻り
カンムリカイツブリの親子にご挨拶。
抱卵しており今後も楽しみです。
子供は大きくなりましたが
コアジサシと同じ、まだ親からエサを。。
いつまで親に甘えているのでしょうか?
早く一人前になってほしいですね。






Last updated  2020.07.19 21:28:33
コメント(0) | コメントを書く


2020.06.30
カテゴリ:コアジサシ
​​​​​​​​​6月27日(土)の出会いです。

稲美町の「ムラサキサギ」挑戦前に
舞子浜の「コアジサシ」のお雛様、
「シロチドリ」のお雛様にご挨拶。

ところが今年は、コアジサシの様子が。。
なにかおかしい?親鳥が少ない。雛がいない。
地元バーダーさんにお聞きすると、
孵化した雛が、翌朝には。。。何度も。。。
何者かに襲われたのではないかとのこと。

抱卵している親鳥も一組だけ。
<コアジサシ>










​2019年のコアジサシお雛様​




お魚ありがとう!


ここやでぇ


ここやよ~


おいちぃ~




ここやでぇ ここ


来てくれたぁ~ ちょうだい!




ここが安全



ちょっと大きくなったやろ







去年は給餌も多く見れました。

今年は何か様子がおかしい。
コロナの関係で海水浴禁止で
人間が浜に少なく、外敵の活動が。。活発なのか






Last updated  2020.07.01 06:05:22
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.