2009.12.16

ありがとうございました。

(4)
カテゴリ:カテゴリ未分類
s-091215.jpg

中学生の時以来、○○年ぶりに全身麻酔の手術を受けました。

もともと先天性の股関節脱臼だったのを骨切り手術でもたせてきたものの、
さすがに耐用年数?をすぎ、昨年ぐらいから痛みがひどくなってきていました。

そこで思い切って人工関節を入れる手術を受けることにしたのです。

12/10に手術を受け、なんと明日には退院です。
たった1週間で1本杖で退院なんて、本当にびっくりです。

医学の進歩とはなんとありがたいことか・・・。
中学生のときに1カ月以上もギブスに巻かれて寝たきりの入院生活だったのがウソのよう。


今回の入院で、あらためて自分がどんなに恵まれているか、実感しました。

まず、日本でももっとも股関節治療で進んだこの湘南鎌倉人工関節センターを紹介してくれた友人。どんなに感謝してもしきれません。
昨年の100%デザインで出会わなかったら、いったいどうなっていたでしょう。

それなりに大きな手術だったはずなのに、なんなくこなしてくださった先生方、
術後もしっかりケアをしてとても快適にすごさせてくれたリハビリの先生、病院スタッフのみなさん。
予想をはるかに上回る快適な?!入院生活を送ることができました。

留守の間の仕事を快く引き受けてくれた職場の頼もしいスタッフ・・・。
心配して声をかけてくれた会社のみんな、一緒に仕事をしてきた仕事仲間のかたがた・・・。

手術日にも心配してメールを送ってきてくれた大切な友人たち・・・。

本当にありがとう!!


そして、今度の入院ではうれしい再会もありました。
期せずして病院が鎌倉となったので、
こちらに住む叔父叔母、従兄弟たちにもたくさんお見舞いに来てもらったのです。
従兄弟たちとあうのは、本当に何年ぶりだったでしょう。

東京郊外に住む母も2時間かけて3度もやってきてくれました。
仕事や学校の合間にはるばるかけつけてくれ夫や息子たちにも本当に感謝です。
もちろん家でバイトをかけもちしながら留守番をしてくれた娘にも・・・。
ありがとう。

たくさんの方に支えられていることをあらためて実感し、
また私も少しでも誰かの役に立てるよう頑張っていきたいと思います。


これまで本当にありがとうございました。










TWITTER

最終更新日  2009.12.16 22:27:28
コメント(4) | コメントを書く