214686 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

まんぼう亭漫画乱読日記

PR

Profile


まんぼう王

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Category

Favorite Blog

優しさの暴力 じょーさんFBさん

徒然日記。 椎葉さん
ハウステン コトコ… ハウステンさん
思考遊戯@レッドビ… 紅蜂海老愛好会さん
ワイルド・ストロベ… さんづくりさん
あまあかバッキャロ… そしをさん
貴様だってニュータ… しのり1さん
ぽこぺん・らいく haru4033さん
わたし色に輝く いさな♪さん
MBI アニメ観測場(… むろたろむさん

Comments

まんぼう王@ Re[1]:初日の出(01/01) mkd5569さんへのお返事 >新年おめでとう…
mkd5569@ Re:初日の出(01/01) 新年おめでとうございます。 いい一年に…
まんぼう王@ Re[1]:よく読んだ!2008年漫画文庫総決算(12/31) さんづくりさん >あ、あれっ? >輝夜…
さんづくり@ Re:よく読んだ!2008年漫画文庫総決算 あ、あれっ? 輝夜姫は~? 感想文はなか…

Freepage List

2005/05/16
XML
カテゴリ:うどん日記
うどんオフ会でした。わはは。オフ会というもの自体が初参加でした。
ハウステンさんにジョーヂさん、一体どんな方ナンダロウ。ワクワク。

朝09:30、JR高松駅前。ん!なんかそれらしい人発見。ジョーヂさんは緑のシャツって
言ってたから、ハウステンさんかな?

「すみません、ひょっとしてハウスさんですか?」
「?…いいえ、ちゃいますよ。」
「…ぁ、すみません」

顔から火が吹き出しました。吹き出物以外のものが出たのは久しぶりです。
それから5分後にはちゃんと会えました。よかった、会えて。

お二方とも私より年上、大人です。えへへ。
ジョーヂさんの車に乗せてもらい、いざうどん屋巡りスタート!


ま「まずはどこに行きましょう?」
ジ「そうだなぁ、まずは遠いとこからにしようか」
ま「ってことはやまうちですか」

かようにして、1軒目はやまうちに決定。
なんと、ハウステンさんの記念すべき初・さぬきうどんデビューであります。
デビュー戦には申し分なし!


1軒目・やまうち
高松駅からだーっと行って、32号をビューンと行って、ググッと曲がり
またバビュ~ンと行くと踏切があって「うどん」の看板、やまうちに到着です。

この山奥にこのうんまいうどん。香川は山もあなどれません。
ごっついうどん、優しい出し、あ~やっぱりいいな。
このごっつい宮武系うどんは、讃岐うどん食ってるど~!って感じ満点です。


2軒目・赤坂
このごっついうどんの後に何を持ってきたかというと、赤坂の伸びるコシです。
どこまでものびていくうどん、ごっついうどんと比較するにはちょうど良いかと思ったので。

「こんちゃ~」
「はいいらっしゃい、あつい~のつめた~いの~?」
ここはもう慣れたもの、事前に「こういうおばちゃんいますから」とお二人には伝えてありまして。
「うんとね、あついの3つ下さい」
「だ~し、しょうゆ~??」
「3人ともダシで」
「ひゃ~くごーじゅえん、お金はココに入れてな~、ネギはハサミでチョンチョンネ~」
んもうばっちりです。お二人のハートもがっちりです笑

外で食べながら、んもう笑ってました。いいわぁ、赤坂はうどんを食いに来るってのも
そうだけど、このおばちゃんに会いに来るってのが先かも知れません。なはは。

伸びるコシも堪能、ただあとから考えればうどんはぬくめて貰って醤油で食べた方が
伸びるコシの実感は出来たかも知れません。

店の写真を撮ろうとしたら、カウンター越しにおばちゃんが手を振ってました。
改めて、おばちゃんに焦点を合わせてちゃんと撮りました。
僕らが駐車場でるまで、手ぇふっててくれた。ありがとう、ほんとにありがとう。


3軒目・山越
赤坂を出て琴電をくぐり、すぐを右に曲がってんでまたすぐに左に曲がってまっすぐ進めば
そこはもう山越の目の前です。

山越。さぬきうどんと言われて山越と宮武という名前はは絶対出てくるでしょう。
11:30に到着、日曜日に比べれば短い列が僕らを出迎えてくれました。
おばちゃんの声も高らかに。
「はい、のれんのとこのお客さんは?」
「やまかけ1玉で」
「つめたいんのな?」
「はい、つめたいので~」

いつも釜玉ばかりたべてたので、やまかけを初体験してみようというチャレンジ精神はしかし、
コレ食べるならやまかけにした方が良いなという確信を得ました。やほぉい、次回は山玉。


4軒目・竹清
さぁてきた!今回のオフ会における私のわがまま(っていうか全部わがままですけどねw)
です、竹清にいきた=い!というわがまま。

そもそも、天ぷらがうまい、っていうか半熟卵てんぷらがうますぎる!っていうふれこみを
読んで以来、どうしてもコレが食いとうて食いとうてしゃあなかったんです。
しかぁし!土曜日・日曜日が休業っていう、今までの僕らに食わせてなるものかという
その小憎らしい休業日設定のおかげで行けませんでした。
こんな時にわがままスミマセン。おかげで半熟卵天ぷらのホンモノが食べられました。

うどんはセルフ式。玉数を言って、天ぷらの数を言ってお金を払います。
てんぷらは揚げたてがでてくるのでその場では受け取らず、まずうどんを1玉もらいまして。
それをざるにあけて湯せんちゃっちゃ。ついでに器もちゃちゃっとあっためて、湯を切って
うどんをのせてダシをかける。んまぁ僕は醤油な気分だったのでネギのせてしょうがのせて
しょうゆをちゃ~っとかけて食べました。

ううう、うめぇぇええぇぇえ~!
てんぷら食いに来たんだけど、うどんもふつうにうめぇぇええぇ!
山かけで腹がたっぷりめだったんですが、ずるずる腹へと吸い込まれていきました。わはは。

ちょっとして「まんぼうさ~ん」(もちろん本名で呼んでくれます)とおばちゃんが
呼んでくれます。半熟卵天ぷら3個を皿にのせて手渡しでくれました。

「3個のせちゃったけどええ?」「んあぁもうぜんぜん良いです、ありがとう!」

ちょっと残しておいたうどんの上で半熟卵天ぷらを割ります。
今まで食べた半熟卵天ぷらは、黄身がやわらかいけど白身は固いものでした。
いや、実際はこれが正しい半熟卵天ぷらなんだと思いこんでいました。

ちがう。竹清の半熟卵は、白身も半熟です!!!
だってだって、固いのは表面のコロモがふれていたところだけでしたよ。
箸で持つのが大変だったもん。柔らかくてぷるんぷるう~ん。中はもちろんとろんとろ~ん。
黄身がうどんにからんでだ~!!!!うめぇぇぇぇえぇぇぇ!!!

はぁ。よかった。食べられて。ふぅ。


時間は1時。残り時間からしてあと1軒か。ってことで・・・

5軒目・松岡
聖地ですから、メッカですから、バチカンですから、松岡。
とりあえず「道の駅・滝宮」に入り車を置いて、松岡まで歩くこと5分。
今日も静かに、でも確かに松岡はやっていました。
嘘教えちゃいました。ココはそう、かけとか醤油だったんだ。ごめんなさい>お二方

僕はかけを、お二人は醤油を。
そして僕はげそ天をとりました。もう腹が爆発してもいいや。げそ天食うぞ!

うどんはがっつり松岡のうどん。文句なく旨い。
そしてダシ。松岡のダシは何でこんなに優しくてはっきりしてるんだろう。
そのままでもいいんだけど、ショウガをちょっと落としてあげると激変するダシ。
たまりません!聖地巡礼!万歳!!!
げそ天が腹に相当きついことになってましたが、死ぬ気で食いました。否食えました。
甘いコロモ、歯ごたえ抜群のゲソ。

「お客さんはどこから来たん?」というおっちゃん。あらら、無精ヒゲはやしとるで。
「僕は、埼玉。この二人は・・・」「大阪です」「広島です」
「ほ~いろんなとっから来てくれたんやな」「ええまぁ」

このおっちゃんに顔を覚えて貰いたいなぁとは思うけど、年に2度か3度来る客なんて
覚えられないよね。ごめんなさい贅沢でした。

「ごちそうさま~」「ありがとさん、またきてな~」

ええ。また来ますよ、絶対に。


このあと、滝宮でうどんアイスを食い、高松に戻って小一時間カラオケ。
そうして午後5時、お二人に見送られて高松をあとにしたのでした。


なんちゅうか、うどん食って歌うたってものごっついオフ会でしたね。
今度は間を取って大阪でオフ会でも、なんて冗談だかマジだかなお約束をして帰ってきました。

大阪か。。。十三のやまもとはねぎやきか?(ニヤリッ)






Last updated  2005/05/17 01:28:38 AM
[うどん日記] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.