000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

hilosophy

PR

プロフィール


epartmentou

カレンダー

バックナンバー

2022.07
2022.06
2022.05
2022.04
2022.03

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2021.12.13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


ローンを組むときに一番気になるのは金利で、ローンを組むかどうかの重要な判断材料になります。 では、利息はどのように計算されるのでしょうか。

住宅購入時の利息の計算方法。

1.元金と利息の均等化

元利均等ローンで住宅を購入する場合、月々の返済額を計算する式は

[借入元本×月利率×(1+月利率)^月分の返済額] ÷ [(1+月利率)^月分の返済額-1]となります。

計算原理:銀行は残元金に対する利息を元金よりも先に毎月の支払額から徴収し、残元金が減ると毎月の支払額に占める利息の割合が減ります。 月々の支払額に占める元金の割合は増えれば増えるほど大きくなりますが、月々の支払総額は変わりません。

この返済方法は、銀行のローンをより多く利用することになります。 時間が長くなってしまいます。 また、借り手にとっては、毎月の生活や金銭管理(アパートを借りるなど)を合理的に行うことができます。 投資に精通し貸款利息計算方法、お金を稼ぐのが得意な人にとっては、間違いなく最高の選択肢となるでしょう。

2.イコール・プリンシパル

元本均等ローンで住宅を購入する場合、月々の返済額を計算する式は

毎月の返済額=毎月の元金+毎月の元利金

毎月の元金=元金÷返済月数。

毎月の元利金=(元金-累積返済額)×月利金

元利均等の原則:毎月返ってくる元金の額は変わらず、残りの元金が減るにつれて金利が下がっていく計算。

この返済方法では、当初は返済に追われますが、時間の経過とともに毎月の返済回数が少なくなっていきます。 このタイプの返済は、負担が増えていく生活(年金、医療、子供の読書など)をしている人や、収入が徐々に減っていくことが予想される人に適しています。

また、当社の資金需要と返済能力に応じて借入期間を決定することをお勧めします。 ローン期間が長ければ長いほど、返済のプレッシャーは減りますが、コントロールできない要因が増えます。


関連記事:


なぜ他の人よりも金利が高いのですか?


住宅ローンの繰り上げ返済の利息はどのように計算すればよいですか?


銀行のプロダクトマネージャーは、あなたが理解しているローンの金利の計算方法は間違っているかもしれないと言っているのです。








最終更新日  2021.12.13 17:44:51
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.