インテリアプランナーの仕事&子育て日記

サウナ

ヘルシンキから車で1時間ほど北西に走った町に
夫の知り合いが住んでいます。

夫の知り合いだったということがわかったのはごく最近で
実は春に遊びに行った(日記にも書いた)フィンランドヨーグルトをくれた建築家に、夫がヘルシンキにいいホテルはないかと尋ねたら、
○○さん(女性)に聞いてみる、と言ってくれて
その方から直接メールを頂いたのでした。

みんな設計関係のつながりなので世間はとっても狭い。

夫が若い頃お世話になった建築家のところに、模型作りのアルバイトに来ていたのが彼女だったそうです。

フィンランドに行ってから結婚して4人の子育てを終えて、
今は翻訳や建築&インテリアデザインの取材の人が日本から来る時に、色々セッティングする仕事をしているのだそう。
最近日本で北欧デザインが流行っているので、もう紹介するところがなくて大変~と言ってました。

とっても素朴ないい人で、私がフィンランドが好きだということを知ると、サウナのあるサマーハウスに行く前に
ちょっと自宅にも寄って、家の中を見せてくださいました。

彼女の住む町には、映画監督のアキ・カウリスマキも住んでいるそうで、「マニアックな人しか知らないと思うけど・・」って言ってましたけど、マニアックじゃない私だって知ってますよ~。
「マッチ工場の少女」という映画で有名な監督です。
で、「この家に住んでるのよ」って教えてくれました。

さて、その町から15分ほど車で走った湖のほとりに
そのサマーハウスはありました。
40年前に、ご主人のご両親が買ったものだそうです。

キッチンのついた小屋と、湖のほとりのサウナ小屋、それと
トイレの小屋の3つがあります。
サウナ小屋の横には大きな手作りテーブルと、レンガを積んだバーベキューコンロ。
深い色の湖と遠くまで広がる森、絵に描いたような素晴らしい風景に感動~!
フィンランドって山がないんだよね~。平らな森がずっと続いてるの。日本だと、景色の後ろのほうに必ず山があるでしょ?それがないの。

湖

サマーハウス

わかりにくいのですが、木立の中にあるのがキッチン付きのサマーハウスです。そのさらに向こうにトイレがあります。
左端に屋根が映っているのがサウナ小屋♪

サウナ小屋

天気に恵まれなかった旅でしたが、この日だけは風もなく穏やかな1日で、サウナが暖まるまでボートで湖の向こうに渡って
沼の中を歩いたりベリーを摘んだりして遊びました。

ハンモック


風がないと言っても、気温は12度くらいなので、こっちから持っていった服を重ね着した上にまた上着を借りて
くつは沼に入れるように靴下と長靴を借りての重装備。
日菜子は前日、ヘルシンキの朝市で買った毛糸の赤い帽子をかぶって。
日菜子はボートに乗るのも初めてだったのでちょっと怖かったのか
なぜか「ここにはワニはいない?」と聞いてました。

きのこやコケが日本のものとは違うので面白かったです。
木の実を採るのが好きな日菜子は、色々教えてもらいながら
摘んでは食べて楽しそうでした。

沼地になったところをフィンランド語では「スオ」というそうです。フィンランドでは自国を「スオミ」というのですが
「スオ」が語源ではないかな?とのことでした。

さて、サウナですが、日本のサウナは湿度が高くて私は苦手ですが、こっちのは湿度が低くて息苦しくないので長く入れて好きなのです。
サウナ小屋の半分が着替えの部屋になっていて、みんな水着に着替えてサウナに入りました。
温度を上げたくなったら、熱くなった石に水をかけます。
すると蒸気が上がって温度が上がります。私達が入ったのは75度くらいだったかな。木を燃やすストーブなので、これくらいがせいぜいだといってました。

日菜子と夫は早々に汗をかき出したけど、私はなかなか汗をかかないのでずいぶん長いこと入ってました。
で、汗をかくと、汗を流しにサウナ小屋のすぐ前にある湖に飛び込みます。
深さはそれほどでもないけれど、初冬の湖の水、冷たいよ~~!
水が冷たくて肌が痛いくらいだけど、でも不思議と寒くない!
すっごく気持ちいい!!
肩まで入って顔も洗って、またサウナに戻って体を温めて。
その繰り返しです。
いや~これがすごく楽しかった♪

色んな日本の人を招待するそうですが、冷たい湖に入れない人も案外多いとか。私達は冷たい北海道の海水浴に慣れてたせいか?全然抵抗なかったです。冷たい水がすご~く気持ちいい!癖になりそう。

その後、用意してくれたチーズやミートのパイ、炙ったソーセージ
、ビールやベリーのジュース、ケーキなどを外のテーブルで頂き、もう最高の幸せ♪
夫と日菜子は火の番、私は食事運びを手伝いました。

日菜子が火を怖がらないので感心されてしまいました。
マッチを擦れないのはともかく、マッチを見たことがない日本の子がいたそうです。
そういえば日本には便利なものがたくさんあるものね~。

昼食のしたく

ベリー入りチーズケーキ

日菜子はここがとっても気に入ったようで「又来る!」と宣言して
「日菜子ちゃんはフィンランド向きよ!」と太鼓判を押してもらって嬉しそうでした。
日菜子は大人に可愛がられて、とても幸せな子です。

さて、私達は夕方ヘルシンキ発ストックホルム行きの豪華客船シリアラインに乗るので、2時半頃ここを出ました。
このサマーハウスには私達の後、出版社の人がプライベートで泊まりに来るそうで、私達をヘルシンキに送ってくれたあと
その方達を拾って又ここに戻るそうです。

9月で北欧の夏は終わりなので、他のサマーハウスにも人影が見えました。夏の最後を惜しんでいるのでしょう。
本当にいい思い出になりました。
この方とは今後も仕事でお世話になると思うので
またいつか日菜子と来たいな~と思っています。

ここに出せるいい写真があまり無くてごめんなさい!
potatoさん画像の入れ方教えてくださってありがとう~♪



© Rakuten Group, Inc.