2087570 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

inti-solのブログ

PR

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

コメント新着

maki5417@ Re:技術への過信か慢心か(12/17) 最初にこのニュースを聞いた時、神戸製鋼…
inti-sol@ Re[1]:火砕流は海を越える(12/14) maki5417さん まったくおっしゃるとおり…
maki5417@ Re:火砕流は海を越える(12/14) こんな判決では、日本では原発は作れない…
inti-sol@ Re[1]:損して得取れ(12/12) maki5417さん >生活保護世帯の子どもは…
maki5417@ Re:損して得取れ(12/12) 生活保護世帯の子どもは進学塾や家庭教師…

ニューストピックス

2017.03.14
XML
カテゴリ:その他
「聖徳太子」守れ つくる会が次期指導要領案で要望 「日本主体の古代史ストーリーが崩壊する」
文部科学省が2月に公表した小中学校の次期学習指導要領改定案について、「新しい歴史教科書をつくる会」(高池勝彦会長)は7日、現行の「聖徳太子」を「厩戸王」との併記とした歴史用語の変更を取りやめるよう求める文書を文科省に提出した。
文書では、「厩戸王の呼称になれさせようとしている」と指摘。「律令国家形成の出発点となった聖徳太子を抹殺すれば、日本を主体とした古代史のストーリーがほとんど崩壊する」と批判している。
改定案では、人物に親しむ小学校で「聖徳太子(厩戸王)」、史実を学ぶ中学で「厩戸王(聖徳太子)」に変更。文科省は、歴史学では「厩戸王」が一般的としている。

---

従軍慰安婦問題をめぐる論争の争点の1つに、従軍慰安婦ということばは、当時はなかった、後世の造語だ、というのがありました。
実際には、歴史学用語で、後世の造語なんて、掃いて捨てるほどあります。江戸時代、鎌倉幕府、明治維新・・・・・・。そして、聖徳太子もその一例です。後世、聖徳太子と呼ばれている人物は、生きていた当時はそんな名ではなく、厩戸王だった。だから、歴史教科書では、いわば両論併記で厩戸王(聖徳太子)と書くように変更しようとしたわけです。ところが、これに対して、従軍慰安婦については、「当時はそんな言葉はなかった」と叫んでいる「つくる会」などの極右系の人が、今度は「聖徳太子を守れ」と、それとは正反対のことを言い出している。ご都合主義の極みです。
で、その理由が「日本を主体とした古代史のストーリーがほとんど崩壊する」なのだそうです。

「あたらしい歴史教科書をつくる会」は、歴史を「科学ではなく物語りだ」と公言してはばかりません。その延長線上で、「聖徳太子が消えたら古代史のストーリーがほとんど崩壊する」ということなのでしょう。
しかし、そもそも、歴史が科学ではなく物語りだとすれば、学校の歴史の授業は廃止して、国語の授業に統合すべきだ、ということになります。確かに、「科学」という単語には理数系のイメージが強いきらいはあります。が、要するに、資料と論理的考察に基礎を置く学術、学問であって、空想や妄想の類ではない、ということです。

聖徳太子(と後世呼ばれることになる厩戸王)という人物が存在したことはほぼ確かですが、その業績とされる十七条憲法や冠位十二階の制定、遣隋使派遣などについて、実際には聖徳太子がどこまで関与していたかは、かなり疑わしいと考えられています。本当は、日本の歴史に名を残すような特別な実績があるわけではない、単なる皇族の一人(もっとも、「天皇」「皇族」ということばも後世に使われはじめたものだが)に過ぎなかったものを、「日本書紀」が、天皇の権威を高めるために、スーパースターのような人物に仕立て上げた、というのが実相であるようです。
資料からそのような事実が明らかになれば、歴史教科書をそのように書き換えるのは当然のことです。

ところが、「つくる会」をはじめとする極右勢力は、それを是としないのです。歴史は物語りだから、自分たち好みの「古代史のストーリー」を崩壊させるな、というわけです。それは資料にも事実にも基づかない単なる空想、あるいは妄想と呼ぶべきものであって、学問の名には値しないものです。そのような妄想が崩壊するのが怪しからんという話は、「知ったことか!」としか言いようがありません。






最終更新日  2017.03.14 19:00:05
コメント(2) | コメントを書く
[その他] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.