3014274 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

inti-solのブログ

PR

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

コメント新着

ニューストピックス

2018.12.17
XML
カテゴリ:政治
河野外相、「次の質問どうぞ」をお詫び 「せめていつものように『お答えは差し控えます』と答えるべきでした」
河野太郎外相が記者会見で「次の質問どうぞ」と発言したことについて、ブログで「お詫びして、しっかりと改めます」と投稿した。
河野外相は11日の会見で、日露関係についての記者の質問に、4回にわたって「次の質問どうぞ」とだけ答え、メディアからその受け答えを問題視する報道が出ていた。
12月15日のブログでは、11日の質問の答え方について、「様々なお叱り」を受けたとし、「お詫びして、しっかりと反省すべきところと、若干の説明をさせていただきたいところがあります」と続けた。
批判は「質問への答え方が悪い、あるいは質問を無視している」ことと、「説明責任を果たしていない」の2点。1点目については、「お詫びして、しっかりと改めます」としたうえで、日露の条件交渉については国会でも一貫して答えを差し控えていると説明。記者会見についても、それまでも回答を差し控えていたとしつつ、
「それでも記者には質問する権利がありますから会見で質問が出るのは構わないのですが、11日の記者会見では、その質問には答えられませんという意味で『次の質問をどうぞ』と答えたのです。せめていつものように『お答えは差し控えます』と答えるべきでした」(以下略)

ーーー

河野太郎外相が、記者会見での質問に対して4人続けて完全無視して「次の質問をどうぞ」と言ったことが批判されています。引用記事は、それについての河野外相の言い訳です。
どう読んでも、言い訳になっていないでしょう。
4人の記者のうち3人(時事通信、読売新聞、共同通信)は北方領土問題についての質問で、それに対して「次の質問をどうぞ」という無視が続いたので、共同通信の二人目の記者が「何で次の質問をどうぞと言うのか」と質問しています。

私は何度も書いているように、北方領土問題について、4島返還など絶対に不可能であり、2島返還で手を打つべきだと考えています。その点だけに関しては、安倍政権が2島返還に舵を切ろうとしている(らしい)と報じられていることは、それが事実なら賛同します。(例によって、事実かどうかはまだ分かりませんけど)
ただ、ロシア側は、例え2島返還だってイヤだよ、というシグナルを、盛んに発しています。何も、秘密交渉で密やかに示唆された内容というわけではありません。マスコミを通じて堂々と報じられている公開発言です。それに対してどのような態度をとるのか、交渉は交渉として、それに先立つ基本姿勢というものはあるはずで、それは当然マスコミも、多くの国民も知りたいと欲するところでしょうし、説明する責任は当然あるはずです。読売は安倍政権の御用新聞ですが、いくら御用新聞でも、さすがにそれは質問するでしょう。
それを「次の質問をどうぞ」は勿論、「お答は差し引かせていただきます」だって、論外だといわざるを得ません。

それ以外の外務省の取組について時間をとりたかった、というのも、言い換えれば「自分たちに都合のよい質問をしてほしかったから、都合の悪い質問は無視しました」と言っているのに等しいものです。そんな都合のよい質疑応答がある訳ないのです。
父親の河野洋平は、私にとっては自民党の中でももっとも尊敬すべき政治家だと思っているし、河野太郎も、脱原発を主張していた頃は、よい意味で注目していました。しかし、入閣して以降は、残念ながら幻滅しかありません。特に今回の外相就任以降はね、まったく安倍政権の悪い部分の典型でしかありません。

だけど、何でこんなひどい回答に終始するのか、北方領土を巡る交渉がうまくいっていれば、ロシア側からあんな挑発的なコメントは出てこないでしょうし、日本側も多少は饒舌になるでしょう。つまり、北方領土を巡る交渉は、まったく上手くいっていない、ということの反映なのだろうと思います。
4島返還はもちろんのことですが、これは2島返還も実現可能性は残念ながらなない、ということなのでしょう。






最終更新日  2018.12.17 19:00:06
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.