4781758 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

inti-solのブログ

PR

カレンダー

日記/記事の投稿

コメント新着

七詩@ Re:記事がすっ飛び、腹に据えかねる(05/29) New! やはり同じことがありました。 なんという…
inti-sol@ Re:混乱と拡大:NATO、法王、UN、フィンランド(05/12) New! 特命希望さん おっしとゃっていることが…
inti-sol@ Re[1]:言い方の問題って、恐ろしい(05/25) New! 七詩さん 今のところ、「その可能性があ…
特命希望@ 混乱と拡大:NATO、法王、UN、フィンランド New! こんばんは。それは因果関係が逆でしょう…
七詩@ Re:言い方の問題って、恐ろしい(05/25) 町の担当者の言葉というか言い方にいわゆ…

カテゴリ

2022.01.21
XML
テーマ:ニュース(97672)
もし生活保護を利用できていたら。大阪の放火事件についての新事実
2021年12月、大阪の雑居ビル内のクリニックで放火事件が起き、25人が死亡。あまりにも痛ましい事件に日本中が衝撃を受けた。そんな大阪の放火事件について、1月13日、重要な事実が報道された。~
昨年12月17日、大阪の雑居ビル内のクリニックで放火事件が起き、25人が死亡。あまりにも痛ましい事件に日本中が衝撃を受けた。年末には61歳の容疑者も死亡し動機の解明は困難となったが、この事件に対して「拡大自殺」と指摘する声は多い。
そんな大阪の放火事件について、1月13日、重要な事実が報道された。
それは、容疑者が昨年と数年前の2回、生活保護の申請について大阪市此花区役所に相談に行っていたものの、受給には至っていなかったということだ。
男性は土地、建物を所有していたが20年から家賃収入は途絶え、生活に困窮していたものとみられている。ちなみに生活保護は、住んでいない不動産を所有していると処分するよう言われるが、すぐに売れるわけではないので、売れる前に生活保護を利用し、売れたら保護費を返還すればいい。売れるのを待っていたら、その間に餓死してしまう可能性だってあるからだ。また、自らが住んでいる持ち家であれば、資産価値が二千数百万円ほどであれば住み続けながら生活保護を利用できる。容疑者は、このような説明を受けていたのだろうか。ただ漠然と、「不動産あると受けられないんですよねー」というような対応をされてはいなかっただろうか。(以下略)

---

雨宮処凛氏には賛同できる意見も多々ありますが、この記事に関しては「そのとおりだ!」とは言いかねるのが正直なところです。
引用記事にあるとおり、この犯人は困窮しており、生活保護の相談をしていたけれど、申請はしていなかったので、事件時点では生活保護を受給していなかったようです。
では、もし受給していたらこのような事件を起こしていなかったのでしょうか?

本人も死んでしまい、「たられば」をいっても実際には分かりませんが、確かに生活保護を受けていれば事件を起こさなかった可能性は、ゼロではないでしょう。しかし総合的に考えて、その可能性が高いとも言えません。
まず、彼が前例としてもっとも参考にしたのは京都アニメーションへの放火事件でしょう。その犯は、犯行当時生活保護を受給していたことが報じられています。生活保護で最低限度の生活を保障されても、このような凶行に走った容疑者がいる以上は、今回の犯人も「生活保護を受けていれば凶行に走らなかっただろう」とは言えません。

知人の福祉事務所関係者に言わせれば、生活保護受給者が警察の厄介になる割合は、正確な統計などないからまったく感覚的なものではあるけれど、どう考えても世間一般よりは高い、とのことです。もちろん、だからと言って受給者の大多数が犯罪に手を染めているわけではありませんが。
貧困とは通常はお金のない状態を指します。でも、お金がないことは、貧困の結果であって原因ではありません。では原因は何か、というと千差万別様々ですから一概には言えません。ただ、人間関係、人柄、社会的能力など(まとめて総称すれば「社会性」)に欠陥を抱えているるために疎外されて貧困に陥る人がかなり多いのは確かです。
生活保護制度は金銭的貧困という「結果」を最低限度は解決しますが、社会性の不足という、貧困の「原因」を解決するわけではありません。
社会性に、少なくとも致命的な問題は抱えていない人であれば、お金がないという結果を解決すれば全体の問題も解決できます。しかし社会性に大きな問題を抱えている人は、お金がないという結果を解決しても、それは対症療法にしかなりません。そして中には、京アニ事件の犯人のように、生活保護によって最低限度の生活が保障されていても犯罪を犯す人も現れます。人間というのは社会的生物であり、社会の中に居場所がなければ「まとも」でいるのは難しいからです。

もちろん、生活保護受給者の中ても、そんな人は一部です(そんな人が大部分だったら、生活保護ケースワーカーなんて、やっていらんないでしょうし)。ただ、知人が経験則で語っていたことがあります。病気も障害もないのに、20代30代40代で生活保護に至る人は、人格や社会性の面で何らかの問題のある人の割合が、相当高い、と。以前に記事を書いたことがありますが、人格や社会性の面で問題があるのは「本人が悪い」のか、というのは、これは非常に難しく奥が深い問題ですが。(実際の生活保護の受給者は高齢者が大多数なので、全体としてみればそういう「ヤバイ」人の割合はかなり少数派だといいます)

京アニの放火犯がまさしくそういう人間だったわけです。
今回の犯人がどんな人物だったかは知りませんが、犯した犯罪の中身、報じられている前科や様々な行動を総合して考えると、かなり「ヤバイ」人であることは確かです。そして、そのヤバさが原因となって社会との接点を失い、疎外、孤立状態にあったとすれば、生活保護を受けてもそれが解消されるわけではありません。従って、この犯人が生活保護を受けていたとしても、時期は違っても結局は同様の凶行に至った可能性は高い、と私は思います。もちろん、可能性が高いだけで「絶対に」と言うつもりはありません。たとえ5%凶行の発生確率が下がるだけでも有益だと言われればそうかもしれませんが、問題の本質がそこだとは私は思いません。

この犯人の生活保護の相談がどのような内容、雰囲気で行われたかは知る由もありませんが、そのような「ヤバさ」の片鱗が発露されていなら、面接相談員もそれなりにストレスを受けながら対応したのではないでしょうか。まあ、生活保護の面接相談員は、メンタル的にそんなにヤワでは務まらないでしょうが、どんなにタフな人間だろうと嫌なものは嫌だし、怖いものは怖いですからね。

引用記事に「生活保護は、住んでいない不動産を所有していると処分するよう言われるが、すぐに売れるわけではないので、売れる前に生活保護を利用し、売れたら保護費を返還すればいい。」とあります。「売れたら保護費を返還すればいい」(法63条返還)のは事実ですが、裏があります。生活保護で医療費がかかると、本人に大きな不利益になるのです。
これは以前にも説明したことがありますが、生活保護になると国民健康保険(75歳以上の場合は後期高齢医療)からは脱退となり、医療費は全額生活保護の医療扶助で支払われます。自己負担はありませんが、返還となると10割全てが生活保護費ですから、その全額が返還になります。受ける時はタダだけど、返すときは健康保険よりはるかに高くつくのです。
この犯人の場合は、精神科通院はこの対象とならない可能性が高いですが(精神科への通院は「精神自立支援医療」という生活保護とは別制度があり、保護費の返還対象とはならない)入院や精神科以外の通院もあれば、その返還金は高額になる可能性があります。
それを知らせずに保護を開始して、後で「医療費100万円返還です」などと言ったら大騒動になるでしょうから、その決まりは申請までに伝えているはずです。だから、それが嫌で保護申請をしなかった可能性は考えられます。

家屋が本人の居住用物件と認められれば、引用記事にあるように「保有容認」(つまりそのまま持ってて良い)ですが、65歳以上になると「リバースモゲージ」制度の利用が義務になります。その不動産を担保に「社会福祉協議会」から生活費を借りてください、という制度で、簡単に言えば、あなたが亡くなったらその不動産は社会福祉協議会≒役所が頂いて、支払った保護費の穴埋めに使います、ということです。この犯人は61歳だったそうですから、65歳はたった4年後です。このこともまた、本人が生活保護利用をためらった理由の一つかもしれません。

これらのことは国の生活保護制度の決まりとしてそうなっているのですから、個別の福祉事務所の対応がどう、という問題ではありません。日本のどこかに、これとは異なる対応をする福祉事務所があるわけではありません。

というわけで、生活保護制度にいろいろと問題があること(例えば上記のような医療扶助10割返還という制度など)は確かだし、一般論として福祉事務所の対応に何の問題もない、というつもりはないのですが、かといって、この犯人が生活保護が受けていればこの凶行が防げた、責任の一端は福祉事務所(または生活保護制度の欠陥)にある、という言い分にも、どうも与することができないのです。






最終更新日  2022.02.16 22:22:22
コメント(6) | コメントを書く
[経済問題・貧困問題] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:その可能性はゼロではないが、可能性が高い、とも言えない(01/21)   七詩 さん
この事件で気になるのは医師とのトラブルです。当初報じられましたが、その後の報道からは消えました。もちろん当事者が死亡した以上、推測でしかないのですが、犯人は相当期間このクリニックに通院していたといいます。障害認定について医師に頼んだものの、認定が受けられずに恨んでいたということは考えられないのでしょうか。障害が認定されれば年金等の受給もできますし、生活保護も受けやすくなると聞きます。 (2022.01.21 19:34:22)

Re[1]:その可能性はゼロではないが、可能性が高い、とも言えない(01/21)   inti-sol さん
七詩さん

確かに、障害年金の対象になりうるような診断書を書いてもらえなかったため年金が出なかった、という可能性は考えられます。ただ、この犯人が障害年金に該当する障害だったのかというと、どうでしょうね。人格障害(境界性パーソナリティ障害など)系、適応障害系の障害は、障害年金の対象にならないのです。

shigoto4you.com/seishin_techo_nenkin_kijyun/

この犯人にどんな病名がついていたかは知りませんが、可能性としては境界性パーソナリティ障害かそれに類似の障害の可能性が高そうなので、障害年金の対象にはならないだろうと思います。
でも、それで医師を逆恨みした可能性は、大いにあり得ますね。

なお、障害年金の認定と障害者手帳(精神障害の場合は精神保健福祉手帳)の認定はまったく別です。障害年金はもらっているけど手帳はない人、あるいはその逆、両方もらっているけど等級が違う人もたくさんいます。
障害年金は、障害の状態に加えて「年金加入歴」「初診日の特定」という条件がクリアできないと、もらえませんし。

生活保護の受けやすさは、変わらないと思いますよ。ただ、手帳の等級が一定以上(精神障害の場合は手帳の2級以上だったかな?)だと、障害者加算というものが付くので保護基準が上がる、別の言い方をすると、同じ収入でも障害がないと保護否になるが障害があれば要保護になる、という収入の範囲が存在します。その意味では確かに受けやすくなる、とも言えますが。
でも逆に障害年金が出ると、その分収入が多いので、今度は年金がなければ要保護だが年金があるから保護否、という人が出てきます。 (2022.01.21 21:08:00)

Re:その可能性はゼロではないが、可能性が高い、とも言えない(01/21)   Bill McCreary さん
>しかし、生活保護制度は金銭的貧困という「結果」を最低限度は解決しますが(充分な額、とは言わないにしても)、貧困に至る「原因」を解決するわけではありません。
お金がないという結果を解決すれば全体の問題が解決できるのは、社会性に、少なくとも致命的な問題は抱えていない人に限られます。社会性に大きな問題を抱えている人の中には、生活保護によって最低限度の生活かが保障されていても犯罪を犯す人が、どうしても出てくる。人間というのは社会的生物であり、社会的との接点を失っても「まとも」でいるのは難しいからです。

いわゆる生保受給者ではないようですが、池田小学校の事件の犯人など、自衛隊とか伊丹市の現業公務員といったまともな職場を、きわめて非常識な状況でやめたり免職になっていますからね。まさに

>人格や社会性の面で何らかの問題のある人

ということになります。いつも例に出す元予備校講師の佐藤忠志氏など、報じられているところによれば、家をリバースモーゲージのような形で売って、その金1億円で高級車を買って、奥さんから逃げられ数年後には近隣に金を恵んでもらう生活になり、生活保護→まもなく孤独死・困窮死ですからね。佐藤氏は、DVはあった可能性はありますが、あからさまな犯罪まではいかなかったとはいえ、池田小の犯人、北新地の事件の犯人、青葉被告らよりはまだましかもしれませんが、とてもまともに生きていける人間ではなかったし、生活保護受給者の中にはそういう人がいるというのも、うなずけるものはあります。これも私がいつも例に出している夕張の放火殺人の保険金詐取事件の実行犯の夫婦(暴力団組長だったそうです)など、1億3800万円くらいの保険金を1か月で使い果たしたそうですからね(呆れ)。

//ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%95%E5%BC%B5%E4%BF%9D%E9%99%BA%E9%87%91%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6 (2022.01.22 00:36:53)

Re[1]:その可能性はゼロではないが、可能性が高い、とも言えない(01/21)   inti-sol さん
Bill McCrearyさん

>池田小学校の事件の犯人

そうなのですよね、この人は、人格障害系の障害があることは裁判で認められていますが、人格障害は心神耗弱やまして心神喪失の対象とはならないので死刑になっています。
この犯人がこの犯行に及んでいなかった場合、やはりその後何年かのちには生活保護、ということになっていた可能性は高いと思います。
社会に相手にされず、仕事も長続きしないような人間が、他に収入を得る手段がなければ、最後にたどり着く先は生活保護しかありません。それ以外のすべてに相手にされなくなれば、他に選択肢はありません。
でも、そういう人は結局生活保護でも救うことはできないのでしょう。まさしく、お金があってももちろん、生活保護を受けている人間がそういう人ばかりだ、ということではありません。

佐藤氏の場合は、支援者なのかどうか知りませんが、結果的に家を買い取ってお金を全額渡してしまったことが、最後の破綻に結び付いたということなんでしょうね。本当にリバースモゲージを使えば、基本的には月に定額の貸付金という形になるので、一挙に全額を消費、ということはできません。もっとも、その場合、入金した途端に浪費して次の振込日まで金がない、というような騒動を毎月繰り返す可能性もありますが。(その手の話もまれではないようです) (2022.01.22 14:48:41)

Re:その可能性はゼロではないが、可能性が高い、とも言えない(01/21)   Bill McCreary さん
すみません。こちらの記事を参考にして拙ブログに記事を書かせていただきました。

blog.goo.ne.jp/mccreary/e/f52d038d1dd3536f2c1a504444726430

金銭を与えても、非常識だったり捨て鉢な行動や態度を抑制するには至らない場合もあるというのは、非常に残念ですが、いかんともしがたいところはありますね。 (2022.01.26 20:33:36)

Re[1]:その可能性はゼロではないが、可能性が高い、とも言えない(01/21)   inti-sol さん
Bill McCrearyさん

ありがとうござます。読み返すと、私のコメントが少し落丁していますね。

そういう人は結局生活保護でも救うことはできないのでしょう。まさしく、お金があってももちろん、生活保護を受けている人間がそういう人ばかりだ、ということではありません。

そういう人は結局生活保護でも救うことはできないのでしょう。まさしく、お金があっても貧困の根本原因が解決できないからです。もちろん、生活保護を受けている人間がそういう人ばかりだ、ということではありません。
(2022.01.26 22:52:34)


© Rakuten Group, Inc.