1004843 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

『犬の鼻先におなら』

『犬の鼻先におなら』

PR

プロフィール

千鳥道行

千鳥道行

カレンダー

カテゴリ

お気に入りブログ

ねこ写真 須藤真澄さん

おせんの江戸日誌 鯉口のおせんさん
スポクラ依存症の映… gymjankieさん
アンティークな琥珀堂 マダム・ゴージャスさん

コメント新着

 植園版@ なにいってんだおめぇ オッッッッッッッスァン、粗末なえのきし…
 JamesDup@ BLADENET Free Download game hacked MAGIX Best Service Engine UNLOCKED v2.1…
 ひろこ@ Re:池田晶子・陸田真志『死と生きる 獄中哲学対話』を読む。その一(08/20) 殺人犯と言う犯罪は、特別な人間が犯す犯…
 山川豊@ Re:パウロ・コエーリョ『ベロニカは死ぬことにした』を読んだ(08/29) 筆者さんは他人の目や社会通念を一切考え…
 http://buycialisonla.com/@ Re:谷岡ヤスジ『谷岡ヤスジ傑作選 天才の証明』を読む(05/04) cialis cheap pricescialis and grapfruit…

フリーページ

ニューストピックス

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2013年12月31日
XML
カテゴリ:-y(^o^)..oO○
本年も物言わぬ「物」達に表彰状を贈る。

 白黒斑の野良(?)猫殿。
 貴殿は散歩中しばしば良く伴走(歩)し、病母を楽しませました。
 特に身をくねらせながら柵を潜り潜り、また飛び降りては足元によるという仕草は、愛嬌と共に猫の不可解さまでも良く伝えました。
 よって、その功績を称え、表彰します。

 ゴーヤと蟷螂殿。
 ゴーヤ殿は種植えが遅かったにも関わらず律儀に実をつけ、11月に入っても蕾をつけるという生命の粘り強さを身を以って示されました。
 また蟷螂殿はゴーヤの蔓にじっと数日間居続けるのみならず、適宜蔓の上を移動し、秋口に日々の楽しみを与えました。
 両者共に、生物は「死ぬまで生きている」という新鮮な感動をもたらしました。
 よってここにその功績を称え、表彰します。 
 
 掃除用ウェットティッシュ殿。
 貴殿は、想像以上の洗浄力で、よく掃除の任に堪えました。
 特に台所の油汚れ落としは当初の予測を遥かに越える洗浄力で、「こういうの宣伝ほどには落ちないんだよね」という発言の使用者を深く恥じ入らせるばかりでした。
 ここに貴殿の能力を高く称え、表彰します。

 
 本年も皆様ご苦労様でした。来年も宜しくお願いいたします。

 

 皆様も良いお年を。






最終更新日  2013年12月31日 12時36分04秒
コメント(2) | コメントを書く
[-y(^o^)..oO○] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:表彰状を贈る(12/31)   おせん さん
あ、 今年も、いや去年だ。恒例の表彰式が行われたのですね。
なんか紅白歌合戦(見てませんが)より 嬉しい ..... 年末行事ですものね。

千鳥さん、あけましておめでとうございます。
そして ほんとに
今年もよろしくお願いいたします。


(2014年01月05日 16時52分12秒)

 Re[1]:表彰状を贈る(12/31)   千鳥道行 さん
おせんさん
うぁあ!訪問してくださっていたんですね。
もう最近、ばたばたで。すみません(情けない事に疲れて8時頃から寝ちゃう事が多いのです。でも、あっちの方は小康状態。色々な人に助けられています。感謝)

おせんさんの方には訪問しています。楽しい記事は毎日の喜びです。
おせんさんにも感謝です。 (2014年01月27日 08時00分11秒)


© Rakuten Group, Inc.