000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゲーマーよ。 株で自由をつかみとろう!

ゲーマーよ。 株で自由をつかみとろう!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Category

Comments

投資ゲーマー@ Re[4]:ポーカーの心得(06/24) やまさん12y3さんへ 私の場合は同居してい…
やまさん12y3@ Re[3]:ポーカーの心得(06/24) やまさん12y3さんへ 先のアカウントはツイ…
やまさん12y3@ Re[2]:ポーカーの心得(06/24) 投資ゲーマーさんへ お元気そうで何よりで…
投資ゲーマー@ Re[1]:ポーカーの心得(06/24) やまさん12y3さん、お久しぶりです。 何年…
やまさん12y3@ Re:ポーカーの心得(06/24) 大変ご無沙汰しております。お元気ですか?

Favorite Blog

幸せな投資家の徒然記 幸せな投資家さん
レフティドラゴンの… レフティドラゴンさん
たーちゃんファンド たーちゃん001さん
2006.07.02
XML
需給関係を判断するにあたり、株式の需要者(買い手)と供給者(売り手)について、考えてみます。
潜在的な供給者は現在の株主であり、発行済み株式総数が供給の限界です。
現実にはオーナーの持ち株など、売りに出されない株もあるので、マーケットにおける供給としては、浮動株になります。潜在的な供給総数には、大きな変動はありません。

一方潜在的な需要者とは、これからその株を買おうとしている人たちであり、マーケット参加者全員です。潜在的供給者と比較して、圧倒的多数の潜在的需要者が存在します。しかしその多くは、通常はその銘柄には興味を持っていません。何かのきっかけで、ある銘柄に注目が集まると、突然多数の需要者が顕在化することになります。したがって需要の変動は非常に大きくなります。

供給の変動と比べて、需要の変動のほうが大きいため、通常時においては需要が株価を決定する要因であると考えられます。将来注目が集まることを事前に察知できれば、ゲームは有利に展開するでしょう。
ただし新株発行や、持ち合い解消売りなどにより供給が増える場合には、注意が必要です。需給バランスが崩れ、値下がり圧力が続くことになります。


投資と投機

一口に需要者や供給者といっても、2種類に分けて考える必要があります。
投資と投機です。投資と投機の定義には色々ありますが、ここでは保有期間の違いと考えてください。投資は長期、投機は短期です。

投機の場合、需要者は買った瞬間から、供給者に変わります。投機で短期売買を繰り返す場合には、中長期で考えると中立であり、需給バランスには影響を与えません。

これに対して長期投資の場合には、一度購入した株は長期間売りに出されることはなく、その期間供給量が減ることになります。すなわち長期間にわたり、需給バランスに好影響を与えることになります。
したがって、誰が買っているのかを把握することは重要です。年金運用のような長期資金が買っている場合には、長期間に渡り供給不足となり、値上がり圧力が継続することを期待できます。年金資金の株式運用比率アップなどというニュースは、買い材料です。

出来高の比率では、圧倒的に投機目的の売買が多いでしょう。そして投機の場合、ある時は需要が急増し、次の瞬間にはその手仕舞い売りで供給が急増するというように、短期的には需給バランスに大きな影響を与えることになります。
しかしその影響は長く続くことはなく、長期投資の場合には、気にする必要はありません。


分析手法による需給への影響

”Mr. マーケット氏”が、将来値上がりすると判断する理由付けとして、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析が用いられます。
ここで分析手法の詳細については言及しませんが、簡潔にまとめると、ファンダメンタルズ分析の場合は企業価値を分析するのに対して、テクニカル分析では市場参加者が分析対象になります。

ファンダメンタルズ分析では、企業価値と比べて現在の時価総額が割安だと判断した場合に、将来適正価格になるまで値上がりすることを期待して、買い需要が発生することになります。通常は企業価値が短期的に急変することはありませんので、時価総額が適正価格になるまで保有することになり、中長期的に需給バランスに影響を与えます。
一方テクニカル分析に基づき判断する場合は、チャートなどの市場データを基に、市場参加者の心理や手の内を予測することになります。市場参加者の心理や手の内は、同じ状態が長期間続くことはまれです。したがってテクニカル分析に基づく売買は、主に短期的な需給動向を占うのに有効です。言い換えると、テクニカル分析による需給への影響は、短期間しか続かないと考察できます。






Last updated  2006.07.02 10:48:05
コメント(0) | コメントを書く
[株式投資ゲームとは] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.