573354 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゲーマーよ。 株で自由をつかみとろう!

ゲーマーよ。 株で自由をつかみとろう!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Category

Comments

投資ゲーマー@ Re[4]:ポーカーの心得(06/24) やまさん12y3さんへ 私の場合は同居してい…
やまさん12y3@ Re[3]:ポーカーの心得(06/24) やまさん12y3さんへ 先のアカウントはツイ…
やまさん12y3@ Re[2]:ポーカーの心得(06/24) 投資ゲーマーさんへ お元気そうで何よりで…
投資ゲーマー@ Re[1]:ポーカーの心得(06/24) やまさん12y3さん、お久しぶりです。 何年…
やまさん12y3@ Re:ポーカーの心得(06/24) 大変ご無沙汰しております。お元気ですか?

Favorite Blog

幸せな投資家の徒然記 幸せな投資家さん
レフティドラゴンの… レフティドラゴンさん
たーちゃんファンド たーちゃん001さん
2006.09.06
XML
カテゴリ:素朴な疑問
最近は日本でも TOB が増えてきました。買収する企業によって被買収企業の価値を上げる提案をすることが、TOB 成功には必要です。

ここで、素朴な疑問が発生します。
TOB が成功するためには、被買収企業の株主が買収提案に賛同して、TOB に応じる必要があります。すなわち、TOB が成功すると、被買収企業の価値が向上することを、納得してもらう必要があります。

しかし被買収企業の株主にとっては、企業価値が向上するのであれば、TOB に応じる替わりに、株主であり続けたほうが合理的です。TOB に賛同するのであれば、応じない方が良いという矛盾が生じます。

そこで、TOB 価格を時価よりも高くして、買収後の企業価値上昇分を被買収企業の株主に還元する必要がでてきます。
そうなると、今度は買収するメリットがなくなってしまいます。買収するということは、買収価格以上の価値に向上できると判断しているからです。(割安株に投資するバリュー投資と同じですね)
高値で買収してしまっては、買収側企業の株主に対する背信行為になってしまいますし、買収側企業の株価も下がるでしょう。

結局、買収によって実現する価値向上分を、買収側企業と被買収側企業の株主で、分け合うという Win-Win の関係を築く必要があります。

そこで、現金買い付けではなく、株式交換にしたらどうでしょうか?
完全子会社化すれば、被買収企業の価値向上=買収側企業グループの価値向上になり、良い買い物であったのかは、買収側企業の株価に反映されます。
TOB 提案に賛同した被買収側企業の株主は、買収側企業の株主として、価値向上の恩恵を被ることができます。

株式交換にする場合は、交換比率が重要になります。買収側企業の株価も、適正価格であることが必要です。
適正価格をつけるのは、投資家の役割です。効率的な資源配分がなされるような社会をつくるためには、投資家が適正価格をつけることが、重要になってくると思います。(でもすべてが適正価格だったら、いくら優秀な投資家でも、超過利潤を得られなくなりますね)

適正価格。。。 難しいですね。
永遠の課題かもしれませんが、私も勉強しなくちゃ。






Last updated  2006.09.06 08:58:05
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


TOBについて   やまさん12y3 さん
投資ゲーマーさん こんばんは。
TOBについては、80年代にアメリカで流行ったスキームのようで、元丸紅に勤務されていたぐっちーさんという方がライブドアの日本放送TOB、今回の王子製紙の北越製紙TOBのスキームを以下のサイトで解説されています。

http://blog.goo.ne.jp/kitanotakeshi55/e/850c54e0608e379be33ec8bb45779f8a

http://blog.goo.ne.jp/kitanotakeshi55/e/bdd001de38fef49624d2ca4d54431d98

http://blog.goo.ne.jp/kitanotakeshi55/e/6ef1f047039ab9682fa31e7da3f5e4d2

どうも、TOBとLBOをセットで活用するのがポイントのようです。

これからこういう買収活動が増えそうな気がします…。 (2006.09.06 21:01:22)

Re:TOBについて(09/06)   投資ゲーマー さん
やまさん12y3さん
う~ん、これが現実なんですかね。資金調達方法としては、書かれていることを理解できるのですが、LBOで資産を切り売りするというやり方は、どうも好きになれません。これで企業価値があがるのですかね?余剰資産がたっぷりあるのであれば、いいですが。

また、2倍3倍のTOB価格をつけろというのも、理解できません。たしかにTOBが成功する可能性は高まりますが、そんな割高で買うという事は、価値を無視したやり方です。
それでもTOBで儲けられるという事は、誰かの犠牲の上で、自分だけ甘い汁を吸っているように感じました。単に思いっきりレバレッジをかけているだけで、ひどいことはしていないのかな?
王子製紙の件では、そんなことは書いていませんけど。

いずれにせよ、今後M&Aは増えるでしょうから、資金調達方法としてLBOを利用する機会は増えるかもしれませんね。勉強になりました。
(2006.09.06 22:32:10)

Re[1]:TOBについて(09/06)   やまさん12y3 さん
投資ゲーマーさんへ
エンジュク講師おめでとうございます。
密度の濃い講義期待しています。

敵対的TOBについてですが、日本での場合は今回の例も含め数倍の株価を吹っかけるということをしていないようなのですが、今後は資産切り売りを見越したTOBが行われる可能性があるのではないかと考えています。

しかし、私もこういうやり方だと仮に一時TOBに成功したとしても長続きしそうにないスキームという感じはします…。
社内に反抗分子をいたずらに増やして経営が上手くいくとは考えにくいです…。

但し、会社を株券の集まりだと割り切ればそれはありなのかもしれません…。(個人的にはそういう風に割り切る事は出来ないです…。) (2006.09.07 22:15:58)

Re[2]:TOBについて(09/06)   投資ゲーマー さん
やまさん12y3さん
>エンジュク講師おめでとうございます。

ありがとうございます。

>密度の濃い講義期待しています。

あんまりプレッシャーかけないでくださいね。(笑)

私はTOBには反対しませんが、長期的な企業価値が最大になるような経営を期待したいです。
(2006.09.07 22:47:18)


© Rakuten Group, Inc.