000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ゲーマーよ。 株で自由をつかみとろう!

ゲーマーよ。 株で自由をつかみとろう!

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

Category

Comments

投資ゲーマー@ Re[4]:ポーカーの心得(06/24) やまさん12y3さんへ 私の場合は同居してい…
やまさん12y3@ Re[3]:ポーカーの心得(06/24) やまさん12y3さんへ 先のアカウントはツイ…
やまさん12y3@ Re[2]:ポーカーの心得(06/24) 投資ゲーマーさんへ お元気そうで何よりで…
投資ゲーマー@ Re[1]:ポーカーの心得(06/24) やまさん12y3さん、お久しぶりです。 何年…
やまさん12y3@ Re:ポーカーの心得(06/24) 大変ご無沙汰しております。お元気ですか?

Favorite Blog

幸せな投資家の徒然記 幸せな投資家さん
レフティドラゴンの… レフティドラゴンさん
たーちゃんファンド たーちゃん001さん
2008.06.15
XML
カテゴリ:素朴な疑問
最近日本の株式市場は、海外の株式市場に比べて堅調です。
一部のアナリストの見解によれば、その理由はインフレの進行だそうです。

昨今世界中で、インフレが懸念されています。
その中にあって、日本だけはインフレの悪影響が小さいため、相対的に有利だという見解だそうです。

確かに日本は長年デフレに悩まされてきており、デフレ脱却は悲願でした。
また直近でも日本のインフレ率は、海外と比較して非常に小さな値にとどまっています。

しかしそれをもって、インフレが日本の株式市場にプラスであるという見解には、疑問を感じます。

現在世界中を悩ませているインフレの原因は、原油や穀物などの資源価格の高騰によるものです。
資源価格の高騰により、あらゆるものの値段が上昇しています。

資源を持っている企業や国にとってプラスなのは、議論の余地はありません。
しかし日本は資源小国であり、それらを輸入しています。コスト増要因でしかありません。

海外で消費者物価が上昇しているのは、原材料価格の高騰によるコストアップを、販売価格に転嫁しているからです。
一方日本の消費者物価があまり上昇していないのは、コストアップ分を販売価格に転嫁できていないためです。

企業にとっては、価格転嫁できないよりも、できた方がいいですよね。
売上-費用=利益 なわけですから、日本の企業にとっては利益が減ってしまいます。

なぜインフレが相対的に日本の株式市場にプラスなのか、理解に苦しみます。
省エネ技術が生きるというのならわかるのですが、それには触れていません。
今後コスト増分以上の値上げが、通りやすくなるという見込みなのですかね?






Last updated  2008.06.15 19:21:35
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.