022170 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

いっぽんの川

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


天然堂6223

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

「人は、自分が大嫌… New! 森の声さん

フィール・ザ・フォ… ローグ中隊さん
今日思ったこと-わく… ちょろぴ1998さん
科学はイタズラだっ… 科学寅さん

Comments

ちゃりこ父@ Re:アオサギの飛翔 はじめまして。 森の声さんのお気に入り登…
天然堂6223@ Re[1]:秋の味覚(10/03) NAKAさん >素朴でかわいい栗ですね! ---…
NAKA@ Re:秋の味覚(10/03) 素朴でかわいい栗ですね!
天然堂6223@ Re:作り物の世界(07/09) 森の声さん >>この人の世が、「作り物…
森の声@ Re:作り物の世界(07/09) 森の声さん >お見ます。 ----- ごめ…

Freepage List

Headline News

2010.10.15
XML
カテゴリ:家庭から宇宙へ
 人間関係に限界を感じている人は沢山いると想いますが、そんな時は、積極的に「関わらない関係」をすすめます。私自身、夫婦関係に限界を感じていた時にある人に相談して教えられたのですが、「関わらない事」という関わり方がある、という事。いつだったか養老孟司さんも何かの番組で「夫婦の関係」について同じような事を言っていました。「交わらない関係」とでも言うのでしょうか。起点だけは一緒なんですが、各々は決して交わらない。この起点は共有する「家族」とか「家」(帰る場所としての)だったりするんですね。たまに交わったりすると「犬も喰わない」事になる。言い換えれば「お互いを尊重しあう関係」とでも言えるでしょうか。関わらないといけない間柄でありながら、あえて「関わらない関係」とは?…。助言を受けた当初は何を言われているのか判らずに、以来しばらく考えてきましたが、相手のやっている事や相手の心の中の問題に対して「からまない」或いは「かきまわさない」という事と読みかえました。事の重大さにもよるでしょうが、些細な事であれば「放っておく」のが良いのです。
これは子育てやしつけにも同様の事が言えるのではないでしょうか。朝起きてから眠るまで、四六時中怒りまくっている親がいます。子どもは気力を失い、疲れ果てます。自己肯定感は一つの芽も生えてきません。子どもたちも学校で疲れて、家でも疲れて、習い事の梯子で疲れて、何だかひと頃の「企業戦士」を見ている様です。たまには心休まる家で、ボーとさせてあげましょう。
ひと昔前の子ども達は、暇が沢山ありました。子どもは暇があるから、沢山の冒険が出来るんです。(良い事も悪い事も…)子ども達に暇をつくってあげましょう。子ども達は暇のまんま過ごす事はあまり出来ません。暇が「遊びをつくる」といってもいいでしょう。時代が違うとか良く言われますが、幼児や小学生が塾に行っているのは「異常」な事だと思うんですよね。子どもは何時の時代も「無垢の子ども」です。管理しやすい「子育て」?なのか、共働きでお金に余裕があるけど、子どもと向き合う時間はない。そういう負い目からなのか。兄弟が少ないせいなのか。いろいろな理由があるんでしょうが、「誰々ちゃんは○○と○○を習っている」…じゃあ家も…とか考えていないだろうか。
特に今の学校では「学ぶ」ことの楽しさを中々教えられません。テレビで流行っている芸能人のクイズ番組のような感じでテストをこなしています。「当たった」「はずれた」という言葉を聞きます。肝心なのは「理解」することなんです。答えが「当たれば」良いのではありません。答えは間違っても、その過程に自分なりの工夫や新しい発見があれば素晴らしい事なんです。そう言う事は「学校では中なか教えてくれません」。学校で教えてくれないんだったら、『たまには』家で親が教えてあげましょう。(信頼関係が出来ていないと、素直に聞いてはくれませんがね…)






Last updated  2010.10.15 12:24:24
コメント(2) | コメントを書く
[家庭から宇宙へ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.