サラリーマンなんか辞めてしまえ!

フリーページ

2006年06月07日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
  昨日我が家の殺虫剤で、蟻の巣が全滅したことを書いたのですが、
  それに関連して、ちょっと気になることに触れたいと思います。

  最近ちまたでは、やたらと色々な殺虫剤が出回っていると
  思いませんか?

  去年妻が買ってきたので、感心したというかビックリしたのが、
  クモの巣を寄せ付けない殺虫剤。
  なんでもそれを撒くと、クモが嫌がって巣を作らなくなるそうです。
  クモが死ぬのかは不明。

  昔の殺虫剤というと、蚊取り線香で代表されるような、蚊や
  ハエをやっつけるものが主流でした。

  ところが最近テレビを見ていると、蟻の巣を一撃で退治する
  ものや、ナメクジ退治のものなど、色々なものが出てきています。

  わたしから考えれば、なぜ蟻やナメクジを退治しなきゃ
  いけないのか、不思議でなりません。

  蟻やナメクジ、クモなどは、退治をしなければいけないような
  害虫とは思えませんが。
  特に蟻については、小学校のころ益虫と習ったような気がする
  のですが、それは間違いでしょうか。

  まっ、益虫と言っても、世の中の掃除屋さんみたいな説明だった
  ような気がします。

  わたしの妻に言わせれば、家の中にはいってくる虫は、すべて
  害虫という事になっています。
  わたしは虫も殺せない男なので、見つけるたびに、一生懸命外に
  出します。

  殺すのは蚊ぐらいでしょうか。
  できるだけ、無駄な殺生はしたくないですね。

  ところで蟻という漢字。
  虫に義理の義と書きます。

  義という漢字の意味を調べると、よい、正しい、人の当然なす
  べき正しいみち、君臣の間の正しい道徳、公共のためにまた
  正義のために行動することなど、本来良い意味で使われている
  ものです。
  (君臣=くんしん、君主と臣下。主君とその家来)

  と言うことは、やはり蟻は昔から、よい虫と思われていたのでは
  ないでしょうか。
  それが、いつの頃から悪い虫にとなり、殺虫剤で退治される
  虫となり、蟻の命がお金儲けのために、使われるようになって
  しまったのです。

  別に虫を好きになれといいませんが、事実わたしも、クモとか
  カマキリは、あまり得意ではありません。

  でも、追い払えば済む話だと思うのですが。
  何も殺虫剤を使ってまで、殺すことはないような気がします。

  人間がいつの間にか、他の生物の生殺与奪について、自分達の
  主観だけで、勝手に決めているような気がしてなりません。

  以前、ちょっとご紹介した名言

  ラルフ・ウォルド・エマーソンの

  『雑草とは何か、その美点が
   まだ発見されていない植物である。』

  それと、野上弥生子さんも、このような言葉を残しています。

  『花の咲く草ばかりでなく、
   名もない雑草も、とげ草も、
   矢張り野に生(お)うる権利を授かっている。』

  雑草と同じように、虫たちにも、わたし達には分からない美点が
  あり、生うる権利があるとは思いませんか。



◇ホームページ
世界の名言を紹介しています(相互リンク募集中です)
    世界の名言






最終更新日  2006年06月07日 11時26分25秒
コメント(18) | コメントを書く


PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


katsu3261

お気に入りブログ

可児ローズガーデン 放浪の達人さん

筋トレは週に30~… 抗加齢実践家てるさん

中学生のゴミ拾い NIJI.さん

気楽にのんびりお小… maumau0189さん
JF.syakoh… シャコヒズさん

コメント新着

 http://buycialisky.com/@ Re: ◇『我が家のペット物語 その10』(03/08) cialis and reviewstadalafil generic alt…
 http://cialisvipsale.com/@ Re: ◇『我が家のペット物語 その10』(03/08) cialis buy ukcialis generika aus hollan…
 乗らない騎手@ ちょっとは木馬隠せw あのー、三 角 木 馬が家にあるってどん…
 らめ仙人@ 初セッ○ス大成功!! 例のミドリさん、初めて会ったのに、僕の…
 リナ@ 今日は苺ぱんちゅ <small> <a href="http://kuri.backblac…

© Rakuten Group, Inc.