010269 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

余韻巻き

余韻巻き

2022.06.27
XML
カテゴリ:综合



リノベーションデザインのキッチンは、常に中国がオープンキッチンに適していないことを聞いて、より多くのフライパン煙、影響だけでなく、他のいくつかの場所は、実際には、我々はこれが効果的に解決することができますだと思う。 私の滞在3年間で最も実際の経験では、どのように良いオープンキッチンを伝えるために、経験の感覚は本当に学生は満点を打つことができます


オープンキッチンは、最大の心配事そのものであることができます何ですか?


キッチンの煙やガスの問題であるべきだと思います。実際、これらは大きな問題ではありません。


料理をしている時に煙が出る限りです 中国人は揚げ物が大好きなので 油の抽出が多くなります 高価なフードやオールインワンマシンを買って リビングが絶対に煙が出ないようにすることをお勧めします 私の家ではそうしていますよ。


自分で毎食後片付けをすることを忘れずに、開放式廚房設計キッチン環境を清潔に保つことは最も有用な武器です、あなたはそれが私たちであると言うかどうか


ガスに開放されていないオープンキッチンの場合、それは主に地元のガス会社の態度で、私の家を開くために、絶対ではありません。


オープンキッチンにすることで得られるメリットはたくさんあります


小さなキッチンは空間を広く見せる


ダイニングとキッチンがつながっていて、とても広々腳踏垃圾桶とした雰囲気に見えますし、風通しもよく、夏でも料理が暑くなりません。


小さな開発スペースは、より多くのさまざまな人々を収容し、調理中の経済的な交流を維持するために、「497」が楽しく社会生活を送ることができるように設計されています。


バー付きキッチン・ダイニング


キッチンとダイニングを隔てるこのバーは、簡易的なダイニングテーブルにもなるため、侮れません。


収納力は一級品で、カウンタートップはキッチンやダsofa hkイニングの収納庫と共用できます。 コーヒーメーカーやお茶セット、カップなど、よく使うものを手軽に持ち運んで置けるので、とても便利です。


コの字型の配置が一般的で、キッチン全体のダイナミックな展開が非常に柔軟で、日常的に料理をしやすくなっています。 仕事から帰ったら、バーの前にハイチェアを引いてワインを飲めば、学生の生活環境の質がぐんと上がります。


バーキャビネットは、深さをカスタマイズできる引き出しにすることができます。 引き出しの上部には、壊れたキッチンツールやスパイス、深い引き出しの鍋などを入れておくことができます。


また、このバーは私たちにとって重要なステージング・エリアにも発展します。 スーパーで果物や野菜を買うたびに、まずバーに置き、これらの問題のある食品をゴミとして分別・梱包し、冷蔵庫に一つ一つ入れて保存します。 学生がバーを持っていない場合、確かに床に直接置くことはできません。


バーのデザインは、一般的に社会のための良い場所として使用することができます餃子を包むために、どちらもゲストのダイニングルームや汚れの可能性は、家族が一緒に収集生活を実施することも非常に混雑した、話や笑い、餃子が包まれて、その幸せああ見えるでしょう!餃子を包むと、餃子を包んでいる。


オープンキッチンは、自分自身に注意を払うと同時にする必要がありますか?


のスタイルは、国家の統一を維持するために、すべての後に、ゲストのダイニングキッチンは、一貫性の高い学位を維持するために、全体の装飾効果で、私たちのための開発空間となる良いだろう。


動的なレイアウトは、滑らかな、あなたが選択した教育方法に関係なく、洗濯カット揚げ動的な行は、我々は宇宙データの科学的かつ合理的な有効利用を行うことができるように、カオスであってはならないを取る。


カウンタートップの材料は水晶石とステンレスを選ぶことができ、価格は許容範囲です。雰囲気をインストールするには、最も適した岩を選択します。


ステンレス製のハンドヘルドシングルシンクの4カウンタートップの選択は、カウンタートップの下に洗面台の設置、プルタイプの蛇口と20〜22センチメートル、深さは、すすぎがきれいに簡単に、スプラッシュされません。


オーブン、食器洗い機、冷蔵庫など、できるだけビルトイン機器を使用し、全体を統一して衛生的な角を残さないようにすること。


壁面を有効活用し、収納を増やす。やはり、キッチンの棚には小物が多い。


油汚れと煙の処理に優れた一体型調理器は必須。 安くはない、少なくとも7000円以上は欲しいところだが、十分に元は取れるはずだ


関連記事:


Do you want an open kitchen?


In 2022, new policies were introduced in the furniture industry.


개방형 부엌을 갖고 싶으신가요?







最終更新日  2022.06.27 16:18:11
コメント(0) | コメントを書く


PR

日記/記事の投稿

カテゴリ

プロフィール

amoun3484

amoun3484


© Rakuten Group, Inc.