668420 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

虹の鉱物

PR

サイド自由欄

profile.jpg
絵を描くのが好きで、
鉱物収集も好きです♪

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

ぼちぼち走っていま… 美葉さん

春の兆 幸達爺さん

翠の小瓶 シャトリューズさん
にゃんこ♪の壮絶な物… 猫、ねこ、にゃんこ♪さん
幸三工房プラモ・ゲ… 桜ノウサギさん

コメント新着

いちかわ@ Re:創立25周年の記念品(07/21) ニコンのルーペいいですね。 譲って(売っ…
koume@ Re:私の絞りの浴衣を求めて(06/08) 有松絞りを探しておりまして、こちらにた…
かかきき@ Re:今年の紅葉狩りは永観堂へ(11/27) ありがとうございます。 義父の主治医から…
cat シーマちゃん@ かかききさんへ かかききさんへ コメント読みました。 ご…
かかきき@ Re:今年の紅葉狩りは永観堂へ(11/27) ご無沙汰しております。 お父様の介護、お…

全139件 (139件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

散歩

2017年01月05日
XML
カテゴリ:散歩
私が毎年初詣に出かける神宮の神使は鶏。
今年は酉年なので、鶏のいる神宮は特に参拝者が多かったように思う。
今年の鶏(そういうのがあったんだ)は五色の羽を持った
美しい鶏だという。
色んな色が入っているものは石でも魅力的だ。
生きた鶏も同じ。
普段、白色レグホンくらいしか見てないと、
鮮やかな光沢の五色羽の鶏は宝石の様。


五色羽の鶏さんはこちら


五色羽の鶏は、さながらレインボーガ-ネットのような美しさ


彼は今年の酉(鶏)だという 酉年に選ばれる鶏って、すごいわぁ


地味だけきれいな鶏もいる この子は例えるならミルキー水晶の様だ


参拝が終わったら、大判焼に並ぶ、買う


熱々を食べながら歩く


謎?の巨大神殿の前を通り抜ける 
総檜造りの神殿は京都御所より大きく、いつもみても世界遺産級の建造物


酒屋さんに行く


酒造元の酒粕で漬けた、おいしい奈良漬を買って帰る


近鉄の京都行急行で帰宅する

毎年、こちらへ来るとランチに行っていたお気に入りの店は、
伊勢神宮と出雲大社の式遷宮があった時に
神社ブームが起きて、こちらの神宮にも多勢の人が押し寄せ、
店は翌年、元日から営業していたのを取り止めた。
多分、6日頃にしか開店しない。
この地の神宮で大切に保存してきた古代米を出してくれる店で、
お正月に古代米をいただくのを楽しみにしていた。
一時的な神社人気で想像を超える人々が来て、
店側が恐れをなして、初詣の参拝者の数が落ち着くまで
開店しなくなってしまったのは非常に残念なことだ。
急に大勢の人が来店したので、こじんまりとした店では
対応しきれなかったのだろうね。
私が古代米を食べたい時には平日に来てくださいってことかな?
うーん、それもなかなか難しい。

結局、どの店も昼は満席だったので、京都に帰るまでご飯抜き。
おみやげ用に大判焼き買っておいてよかった(笑)






最終更新日  2017年01月05日 14時02分26秒
コメント(0) | コメントを書く


2017年01月04日
カテゴリ:散歩
1月2日は恒例の奈良の神様の所へ初詣。
京都から少し遠いんだけれど、
健康で歩けるうちはお参りに行こうと夫と話してる。
もう、25年間くらい通い続けている神宮。


静かな参道


今年の焚火はおとなしめ 燃え尽きてしまっているのかぁ?


伊勢神宮と出雲大社の式年遷宮から神社ブームで参拝者が多くなった


手水所


大きな木がえぇ感じやわ


拝殿に行きます


神様に新年のご挨拶 拝殿は国宝


おみくじひいて一年の指針を占う


ここへ来たら、この樹に挨拶する 樹齢300年の大イチョウさん


奥の院は禁足地


重要文化財の楼門


国宝の拝殿(前側)と大正2年に造営された本殿(後ろ側)
元々は拝殿奥の禁足地を御本地としていて、
その中央に主祭神が埋斎され、諸神は拝殿に配祀されていた
明治7年に禁足地が発掘され、
御神体の出御を仰ぎ、本殿が新しく造られたという

本年は酉年。
こちらの神使は鶏さん。
今年の鶏さん(というのがあるらしい)は
五色の羽をもつ美しい鶏さんだという。
写真を撮ってきたので、また、後日に紹介しよう。






最終更新日  2017年01月04日 11時57分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月27日
カテゴリ:散歩
京都・村上開新堂のロシアンケーキを買いに行ったら休み。
がっかりして寺町通りを下がると
矢田寺というお寺で無病息災祈願のかぼちゃ炊きをしていて、馳走になる。


一年に一度のかぼちゃ炊き たくさんの人が列していた


矢田地蔵尊のかぼちゃ炊き


並んじゃう


大きなかぼちゃだねぇ


このかぼちゃを撫でて無病息災を願うらしい


賽銭箱にお布施を入れて、かぼちゃとお茶をいただく


丁度、昼時で小腹が空いていたので、かぼちゃいただけてよかったピンクハート


食べ終えたら、寺町を下がって大丸へ向かう


大丸ファミリーレストランでランチ


大丸ファミリーレストランの人気メニューNO.2の酢豚定食だよ

大丸は親子連れでも入れるファミリーレストランがあるのが良い。
他のデパートのレストラン街は高級化していて、ずいぶんとお高い。
大丸のファミリーレストランは価格もお手頃。
子どももお年寄りも気軽に多人数で入れるファミリーレストランって
ありがたいと思う。
来年、大丸百貨店は創業300年を迎える。
大丸は1717年に下村彦衛門によって、
京都伏見に呉服店「大文字屋」として創業された。
1837年、大阪で大塩平八郎の乱が起きた時、
「大丸は義商なり、犯すなかれ」と、焼き討ちをまぬがれたと伝わる。
1928年、京都店は商号を「株式京都大丸」に改める。
1953年、大丸がクリスチャン・ディオールと独占契約を結ぶ(1964年まで)。
海外のデザイナーとの提携は日本初という。
2010年、(株)大丸と(株)松坂屋が合併し、(株)大丸松坂屋百貨店が誕生。

私は大丸が好き。
大丸には働く人々や取引先を大切にする姿勢がある。
そう思える現場を幾度か見てきた。
社員を大事にし、情に厚く、
顧客の信頼を裏切らない温かいデパートなんだと思える。
儲け至上主義だけに走らず、
ファミリーレストランを維持しているのも
大丸の良さ。
来年は創業300年を記念した色んな特別企画・イベントが開催される。
もっと、大丸へ出かけようどきどきハート

昨日はSMAPの最後の番組を見ていた。
みんなに愛されてきたグループなのに残念だね。

SMAPも残念だけれど、私達の世代だと
ジョージ・マイケルさんが亡くなったことのほうがショックかも。
本当の「ラスト・クリスマス」になってしまったんだね(涙)
今年は失われるものが多い年だったと思ううお座






最終更新日  2016年12月27日 12時17分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月25日
カテゴリ:散歩
昨日、12月24日(土)は爺ちゃんの病院へ行った帰り、
京都駅へ回ってJR京都伊勢丹の地下1階へクリスマスケーキを買いに行った。
バブル崩壊後、私の町に5軒くらいあったろうと思われるケーキ店は
次々と閉店し、全滅した(T_T)
今は、我が町ではケーキを買いたくても買えないのだ。
ちゃんとしたケーキがほしければ阪急で四条駅へ行くか、
JRで京都駅まで出かけて買うしかなくなった(どんだけ田舎やねん)ムカッ
ここ、数年は近くのセブイレでクリスマスケーキを予約購入していたが、
やっぱりなんか物足りない。
ケーキに対する欲求不満は我慢の限界に達して、
セブイレのケーキ勧誘の電話を断り、昨日はケーキを買いに出た。
どこのケーキを買おうかと思案したが、列の凄すぎる店は避けて、
比較的買いやすそうな京都北山のマールブランシュの列に並んだ。
美しいイチゴケーキをGET。
ケーキはやっぱりケーキ屋さんで買わなくっちゃと思ったよ(笑)


京都駅 中央郵便局へ立ち寄って年間活動報告書を顧問と京都市に送る


JR京都伊勢丹地下2階のサンマルコでカレーのランチ


サンマルコのコーナー


チキンとほうれん草のクリスマスカレーをオーダー


京都駅に来たので、室町小路広場のクリスマスツリーの写真を撮りに行くことにした


京都駅のクリスマスツリー


京都駅のクリスマスツリーは高さ22メートルとビッグ


ツリーのてっぺんにはトップスターが飾られている
トップスターはイエス・キリストの誕生を知らせた輝く大きな星


イベント開催中「もっと!京都駅ビルクリスマス!」
ツリーの前にはチェコのプラハの街並み再現したイラスト絵が置かれている
作画は近藤圭恵さん この後、歌手のUA(ウーア)さんのライブコンサート(撮影禁止)


JR京都伊勢丹の1階でもクリスマスコンサート
コントラバス フルート エレクトーン 声楽家の方の四名
吹きさらしの室町広場より、暖房が効いたデパートのほうが、私的には好かった(笑)


京都北山のマールブランシュのケーキをGET


きれいだね 

ワインを抜いて、クリスマスイブを楽しむうお座
久しぶりに本物のケーキを食べられて、うれしいピンクハート

クリスマスの時節にはKBS京都がプロデュースする、
クリスマスミニコンサートが京都駅ビル室町小路広場で、
無料で開催されるので、買い物がてら出かけて聴く。
でも、昨日の室町小路広場は寒すぎ~。
UAさんの歌は2曲聞いて、JR京都伊勢丹で開催中のコンサートの方へ移動。
お金をかけない楽しみ方というのは色々あるし、
無料コンサートを聴きに行くのも悪くないよスマイル クリスマスツリー 







最終更新日  2016年12月25日 12時24分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月22日
カテゴリ:散歩
12月21日は「終い弘法」の日。
前日にTeちゃんから電話があって、
二人でお正月用の薄茶を買いに出かける。
その前に京都駅で新都ホテルへ立ち寄って、休憩。
ヨーロッパ風のロングコートを着たドアマンがとてもかっこいい!!


新都ホテルのクリスマス飾り


イオンモールKYOTOから南下して東寺東門へ


今年最後の「終い弘法」だけあって、すごい人


人が多すぎて歩きにくいわぁ


おまん屋さん


お目当てのお茶屋さんで薄茶をGET


こちらは昆布屋さん


もう、人が多すぎてなにがなんやら分らんようになってきた


古衣屋(ふるぎぬや)さん


魚屋さん


陶芸店


東寺金堂の前も露店がたくさん並んでいる


お昼は400円のお好み焼きですましちゃう


蜂蜜屋さん


帰りは北門から


京都駅構内のカフェでティータイム


アイスカフェラテをオーダー

「終い弘法」はお正月準備品を買う人が訪れるので、特別に人が多い。
昨年は雨が降っていたんだけれど、それでも大勢の人が訪れた。
今年の「終い弘法」は快晴。もう、半端ないくらい人が来てた。
店の人も「こんなに晴れるんやったら、
もっと商品たくさん持ってきたらよかった」と、
ちょっと残念がっていた。
たぶん、持ってきた分はほとんどが売り切れる状態。
TVで西日本は昼から雨とか天気予報で言うもんだからさ、
降れば人の足は鈍るので、そういうところで店の人は計算違いをした?
ま、店の人には次回の「初弘法」でがんばってもらおううお座






最終更新日  2016年12月22日 12時01分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月21日
カテゴリ:散歩
結局、2016京都嵐山花灯路の話は4話にまで小分け(笑)
「長神の杜」から二尊院まで行って、
そこからは無料のジャンボタクシーで渡月橋まで送ってもらった。


おみやげ屋さんの駐車場で降車したので、対岸に中之島公園が見える


渡月橋を渡って帰路へ


左・街灯  右・月  この大きさってスーパームーンだよね


観光客が手作りした行灯


嵯峨美大学生作品


嵯峨美大学生作品 左上側のお月さまがデカイ


中之島橋から見える月


阪急嵐山駅に戻って、帰宅

帰りは大きなお月様を見れて、良かったピンクハート
満月が14日だったそうだから、やや欠けたお月さまだったと思うけれど、
十分にまんまるお月さまに見えた。
渡月橋という、月が渡る橋にぴったりスマイル

昨日はパソコンの先生に手伝ってもらって、
大急ぎで私の描いた酉の絵に着色して、
年賀状を完成させ、宛名印刷。
なんとか間にあったよ。
パソコンの先生、ありがとう。
お正月用のお酒までもらって、恐縮してますうお座






最終更新日  2016年12月22日 08時05分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月20日
カテゴリ:散歩
野宮神社を上がって(北方向)、西方向へ行くと落柿舎。
夜間拝観をしているけど、地元で何回も行ってる私たちは入口付近まで(笑)


向こうに見えるのが落柿舎


曲がり角を右に行ったら落柿舎に着く


なんかカラフルだね


「秋のわすれもの」なんだって


落柿舎の雰囲気と合っている


落柿舎の前の点滅して光る柿


落柿舎入口 中には入らない


落柿舎のシンボルの本物の柿


こちらも落柿舎の庭に植えられている野柿かな?


落柿舎から長神の杜へ向かう


第8回創作行灯デザインコンペ最優秀賞作品「賽の目」


長神の杜に到着


生け花作品


紅葉の葉に願い事を書いて行灯に貼る(無料)


紅葉の行灯には次々と願い事を書いた紅葉が貼られていく


長神の杜


長神の杜


二尊院まで行って、無料のジャンボタクシーで渡月橋まで戻る

二尊院から渡月橋までは結構な距離なので、
無料のジャンボタクシーでJR嵯峨嵐山駅、
渡月橋まで運んでくれるのは助かった。
落柿舎の辺りはきれいだったし、よかったよ。

今日は自分用の年賀状作り。
早く作らないと、元日に間に合わなくなってしまうから、
ちょっとあせりぎみっす。
ま、なんとかなるだろう。
自分用の年賀状は、自分で絵を描いて
パソコンで着色して仕上げるオリジナル版。
特別な友人にだけ送る年賀状だよ緑ハート
最近、絵を描く時間もなくて、思うようにいかない。
時間的に簡単な酉の絵しか描けないけれど、
作成ガンバル。






最終更新日  2016年12月20日 12時16分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月19日
カテゴリ:散歩
嵐山の中之島公園から渡月橋を渡り、琴きき茶屋の前から
上がって(北方向に)、先ずは野宮神社(ののみやじんじゃ)を目指す。


琴きき茶屋の前


夜の嵐山 開店している店と閉まっている店がある


この路を西方向に行けば、野宮神社(野の字ひとつで“ののみや”と読むんだね)


竹の径を行く


野宮神社に到着 平日なのでイベントなし(笑)


野宮神社本殿


野宮神社では恋愛成就の護摩木がたくさん


ライトアップされた野宮神社境内


竹の径


人力車・えびすけと撮ろう 記念撮影スポット


竹がえぇ感じやわ


人力車に乗せてもらって、えびすけさんと一緒の写真撮ってもらったピンクハート


かぐや姫は旅行鞄をもって愛する地球を目指し~星降る旅~の途中


竹の中の行灯いいね!


竹林と行灯は合うと思う


こちらは小径を照らす花灯路の行灯


おぜんざい屋さんに遭遇


ハニージンジャー100円 おぜんざい200円 安くない?


おぜんざいをいただく

お金かけてません。
ただ、光の路を歩いているだけ。
でも、結構、楽しい~♪

昨年は野宮神社で雅楽と巫女舞、湯立て神事を見てから
亀山公園(南)の方へ行ったんだけれど、
今年は落柿舎(北)の方へ行くことにした。
結構、嵐山と言っても広範囲な地域にわたるイベントなので
全部見て回るのはおばさん達にはきついので、
ちょこちょこ巡回コースを変えて歩くのが丁度いい感じだね。
明日は落柿舎界隈の話だよスマイル

リビングの蛍光灯の切れた電球は夫が買ってきてくれることになったけれど、
刀剣会の会合の日だったから、夜まで帰って来なくて、
昼間はいいとして、夕方になってくると部屋の中真っ暗。
暗い中でTV見てる奴(ハリー)がいるし
「映画館の中とおんなじだよ」と、ほざきやがった。
いや、そんな暗い中で見たら、目を悪くするでしょ。
映画館ちゃうし(汗)、止めて!!






最終更新日  2016年12月19日 21時44分35秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月18日
カテゴリ:散歩
今年もTeちゃんと一緒に「京都嵐山花灯路」へ行ってきた。
行ったのは12月16日の金曜日(平日)。
平日にしたのは土・日だと人が押し寄せるので、人混みを避けるため。

この光のイベントは京都・神戸・大阪の三都で開催されている光のページェント。
京都が嵐山花灯路(2016年12月9日~18日)、
神戸がKOBEルミナリエ(2016年12月2日~11日)、
大阪が光の饗宴(2016年11月20日~2017年1月9日)となっている。

私達は収入の限られたしがない主婦なので、
基本がお金をかけないで楽しむという方法を選択している。
お金がないと遊べないということはないと思う。
“遊び”の方法は工夫次第で経済的に無理をしなくても、
考えて、探せばいくらでもやり方はある。
そういう、工夫や方法の発見が楽しいとも言えるんだよ。
さて、2016京都嵐山花灯路でかけたお金は嵐山までの往復運賃と
途中の屋台で食べたぜんざいが200円のみ。
1.000円も使ってないけれど、私もTeちゃんも十分に
光の祭典を楽しむことが出来たと思う。
写真をたくさん撮って来たので、2,3回に分けて紹介しようと思う。
最近、家の事情(爺ちゃんが入院中)に縛られて、
あまり外出が出来ないんで、話のネタもないのが実情。
そんなわけで話題がある時は小分けにして、ネタ切れしないようにする(笑)


Teちゃんと阪急嵐山線で待ち合わせて、嵐山駅に到着


この先が中之島公園


中之島公園


「兎月鏡」渡月橋の由来となった話を元にして月の映る様子を表現している
うさぎが船遊びで月が橋を渡る姿を見ている(向こうは渡月橋です)


橋を渡る月に映るうさぎの影


嵯峨美大の学生作品?


大きな灯り


こちらもいい感じ♪


観光客が作る手作り行灯


こちらも観光客の作品 多分スマイル


500円払って行灯を作る参加型イベントだね
自分の描いた絵を縮小コピーしたものを貼ったミニ行灯をおみやげにくれるよ


対岸の赤いきらめきは千と千尋の神隠しのお湯屋さんの風景のよう


生け花と渡月橋のコラボ


山もライトアップされている


夜の嵐山ってすてき!!

この日の京都は12月になってから一番寒い日だった。
昨年の花灯路に来た時に比べ、2,3度気温が低かったのではないかと思う。
完全防寒対策で行ったけれど、風が冷たくて痛いくらい。
あまりの寒さにビビっていたが、歩きだしたら
体温も上がって、なんとか歩ける状態に。
しかし、たくさんの人がいたんだけれど、
右も左も、前も後ろからも「中国語」しか聞こえてこん。
どんだけ、中国人来ているんだって感じ。
この後、昨年と歩くコースを変えて、野宮神社から落柿舎へ向かった。
続きは明日にしよう。

今日は我が家のリビングの電球が切れて、
特殊なものを使っているので、新しい電球が来るまで
家の中が暗い(T_T)←お正月に切れなくてよかったと思う。






最終更新日  2016年12月18日 20時43分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年12月07日
カテゴリ:散歩
12月3日(土)はレナウンの冬バーゲンに行ってきた。
阪急で烏丸駅に出て、地下鉄烏丸線の御池駅で乗り換え。
東西線の東山駅で降車して、会場までは徒歩。


地下鉄烏丸駅は別名「大丸京都店前」なんだね(笑)


東山駅に到着 駅近くの祇園饅頭さんの工場の前は相変わらず、人の行列


白川沿いの径を歩いて行く 
桜のオレンジがかった葉が少し残っているのが冬の風景


見事な青空 平安神宮の朱の鳥居とのコントラストが素晴らしい


国立京都近代美術館はメアリー・カサット展を開催中


京都府立図書館


この建物好きなんだよねぇ


バーゲン会場に到着


洋服の買い物が済んだ後は第二会場で軽めの昼食


笹寿し(4個入り)とお茶を買って、小腹を満たす


昼食としては量が足りないかと思ったけれど、大丈夫だった(笑)


東山を望みながら帰る


国立京都近代美術館


この辺りは、昔は川の水を堰き止めて水泳の教場になっていたのよ


帰りも人で一杯の祇園饅頭さんの工場

今回は饅頭買わなかった。
最近は爺ちゃんの病院通いで歩いてる道の近くにある有名なおまん屋さんで
饅頭を買うことが多くなったからというのが理由。
そのおまん屋さんのおまんのほうが大きくて、安いから
しばらくそっちのおまんで良いかと(笑)

前にも言ったように、
私は爺ちゃんが入院している病院へ毎日通院している。
週に1度だけ息抜きに定休日(笑)を設定しているけれど、
休みの日以外は病院へ行って、爺ちゃんと話をし、
身体を拭き、髭を剃り、少しずつ髪が伸びないように散髪をし、
保湿ミルクを塗り、メイバランスという飲み物を飲ませて帰って来る。
この日も朝9時半頃に病院へ行き、一通りの日課を済ませてから
レナウンのバーゲンセールへ行った。
爺ちゃんが居る場所は終末医療を受けている人達の4人部屋で、
私は認知症のかかった人達と対話をする。
「さみしい」とこぼす人の気持ちが解るから。
「なんで、さみしいの?この部屋にいる人はみんな仲間だよ。
さみしくなんかないよNさん。
YさんもHさんもうちの爺ちゃんもいるから、お話して。
みんな喋りたがっているからね」などと言って励ます。
腕に栄養剤の点滴をし、自力では食事の出来ない人。
身体を縦に起こすことが苦しい人。
認知症を患いながら「自分が生かされているのは、
なにかまだ社会のため役立つ仕事をするためだと思う。
でも、なにをすべきなのかが分らない」と、言っている人。
寝たきりで寝台車に乗せられ、彼らは週に1度入浴をさせてもらう。
週に1度きりというのが、かわいそうなのだけれど、
お風呂の後は気持ちよさげにベッドに帰って来る。
私は一年間近く病院で高齢者を見つめ続け、
ベッドという空間に置かれた人々を見て
“老いる”とは、こういうことなのだという現実を見て、知る。
そして、やがて自分にも必ず来る未来に対し、覚悟を持つ。

この冬も青春18きっぷで一泊旅行したいと思っていた。
しかし、爺ちゃんのこともあるので無理かもしれない。
来年、青春18きっぷの期間中に日帰り旅行が出来たら、良しとするかな。
今日も4人部屋のお仲間達?に会ってお喋りしてくるよ。うお座






最終更新日  2016年12月07日 14時07分14秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全139件 (139件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.