653458 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

虹の鉱物

PR

サイド自由欄

profile.jpg
絵を描くのが好きで、
鉱物収集も好きです♪

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

カレンダー

お気に入りブログ

5日にポチったモノ… 美葉さん

初霜 幸達爺さん

翠の小瓶 シャトリューズさん
にゃんこ♪の壮絶な物… 猫、ねこ、にゃんこ♪さん
幸三工房プラモ・ゲ… 桜ノウサギさん

コメント新着

いちかわ@ Re:創立25周年の記念品(07/21) ニコンのルーペいいですね。 譲って(売っ…
koume@ Re:私の絞りの浴衣を求めて(06/08) 有松絞りを探しておりまして、こちらにた…
かかきき@ Re:今年の紅葉狩りは永観堂へ(11/27) ありがとうございます。 義父の主治医から…
cat シーマちゃん@ かかききさんへ かかききさんへ コメント読みました。 ご…
かかきき@ Re:今年の紅葉狩りは永観堂へ(11/27) ご無沙汰しております。 お父様の介護、お…

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

小物・人形

2016年02月23日
XML
カテゴリ:小物・人形
 我が家のお雛様は5組。
リビングに飾っているお雛様はすでに紹介した。

IMG_58736.jpg
奈良一刀彫 鐡山作のお雛さま

IMG_58796.jpg
パソコンの先生が粘土とプラ板(冠、扇、杓)を切り出して
作ってくれたお雛さま 可愛~い!!

残りのお雛様3組はこちら。
昨日、ようやく箱から外に出した。

IMG_59075.jpg
玄関のお雛さまは出雲大社町の「吉や」さんの木地雛
作家の松谷伸吉さんから購入したもの

IMG_59055.jpg
こちらは寝室のお雛さま(紫檀の箪笥の上に飾っている)

張り子のお雛さまは以前に玄関飾りとして、大丸で購入したもの。

版画のお雛さまは大山崎山荘美術館で
版画家の川上澄生展が開催されていた時に記念に購入した。
川上澄生は明治28年(1895年)4月10日~昭和47年(1972年)9月1日まで
活躍した版画家。彼の絵はすべての工程を一人で行う創作版画で、
ガラス絵、肉筆画も残されている。
栃木県鹿沼市に「鹿沼市立川上澄生美術館」が在る。
すてきなコレクションが観られると思うので、1度行ってみたい。

で、気付いたのだけれど
自分で購入したお雛さまは全部立ち雛だわ。
パソコンの先生の手づくりお雛さまだけが座っておられるの。
だからかしら、特に可愛く感じてしまう。
良いお雛さまをもらったと思う四つ葉

以上が我が家のお雛さまでしたスマイル






最終更新日  2016年02月26日 19時54分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年02月08日
カテゴリ:小物・人形
 節分が終わったので、
玄関に飾っていた赤鬼ちゃんをしまって、お雛さまを出した。
今日、玄関に飾ったお雛さまは出雲大社町の吉やさんの「木地雛」。
こけしのような小さいお雛さまでJR京都伊勢丹の「日本の職人展」の時に
作家の松谷伸吉さんから購入した物。(写真省略)

自慢のお雛さまはこちら。
パソコンを教えていただいてる芸大出身の先生が
粘土で作った手づくりお雛さま。

IMG_58796.jpg
可愛すぎて、ものすごーく気に入っていますピンクハートピンクハートピンクハート

IMG_58815.jpg
女雛さまの扇は小さいのに絵柄がしっかり手描きされていて、
とても手が込んでるよね
パソコンの先生が手作りしたお雛さまなので、市販されてないし、
完全オリジナルの自慢のお雛さまですよスマイル

IMG_58736.jpg
もう一つのお雛さまは奈良一刀彫の立ち雛 鐡山作 
この作品は松本一平さんが彫られたものだと記憶している。
一平さんの作品には“力”を感じる。
いつか、若き“鐡山”の五月人形もお金を貯めて買いたいうお座

“鐡山”とは彫刻家の故・松本鐡太郎さん率いる刀工、絵師の工房名(グループ名)で、
鐡太郎さんの亡き後は、工房を息子の一平さんが継がれている。
“鐡山”の作品には多くの人の手(分業制)がかかっていると言う。
私が工房“鐡山”の作品が力強いと感じるのは、
作品に“鐡山”の「魂」「意気込み」が込められているからだと思う。






最終更新日  2016年02月10日 11時08分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年03月25日
カテゴリ:小物・人形
 月曜日は茶道の師範の見舞いに行って来た。
今月末くらいに退院するそうだけれど、肩の固定具は外してはいけないと言う。
そりゃあ、そうだよねぇ。
ずれて骨が固まっても困るし、動き回らずに、
大人しくしておいたほうが良いに決まってる。
ほら、じーっとしておれない人っているでしょ。
彼女は分類すると、そのタイプ。
はちゃめちゃでにぎやかな人なんだね。
いつもハラハラして見ながら、ブレーキかけてるよ。

彼女が世話していたご近所の障碍者さんについては
市役所の福祉課に相談して、介護保険の認定を受け、
ディサービスで入浴が出来るようにしたらよいと提案しておいた。
脳梗塞の治療中の人が障碍者と一緒にお風呂に入るのは無理でしょ。
どうも、親切心が有り過ぎて、無理しちゃうのよね。
ダメよ、ダメ、ダメ、自分を大切にしなくっちゃ。

病院見舞いの帰りはいつも通り、JR京都伊勢丹に寄って
8Fの食器売り場でビレロイ・ボッホのイースターバニーを買ってきた。
イースターエッグは楽天で購入。
私の子供頃、キリスト教の教会が経営する幼稚園に通っていて、
その延長で小学生時代も日曜学校で教会に行っていた。
そんな理由があってイースターの時は、いつも「卵」をもらっていた。
この「卵」は紙製で中を開くと「ひよこ」が現れるというもの。
イースターという言葉を聞く度に、教会のイースター祭をなつかしく思い出す。

お雛さまを仕舞った後の玄関飾りに
イースターバニーとイースターエッグを飾りたくなった。
イースターバニーはネットで探したけれど、気に入ったものが見つからず
デパートならあるかも?と見に行った。
丁度、ビレロイ・ボッホのイースターコレクションが展示されていたので、
ちっこいバニーを購入して、その後、楽天でエッグを購入。
エッグはどこぞの国の伝統工芸技術を習得した女性が京都におられるので、
来年はその女性の作られた特別の「卵」を購入しようと思う。

P10806755.jpg
バニーとエッグが揃ってよかったピンクハート







最終更新日  2015年03月25日 18時14分23秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年03月18日
カテゴリ:小物・人形
 アートフリマは1点物が手に入るので、好きなんだ。
「世界に一つしかない物」というのが、私の脳髄の中心を刺激する(笑)
京都文化博物館へ行く手前の中京郵便局の前で販売していた
「スタッカート」さんのポーチを手に取って見ていたら、
「昔、住んでいた家を絵に描きました」と声をかけられ、
あまりの可愛さに、その場で購入してしまった。
一つ、一つ丁寧に手描きされた可愛い絵の世界、
世界に唯一つしかないポーチだわピンクハート
う~っ、ハートを狙い撃ちされて、シビレル目がハート

ま、その他にも色々買ったんだけれど、
このポーチは一目惚れだったわ。

P10806425.jpg
買った物 スタッカートさんのポーチ ハニカム堂さんの小皿
もけもけ友の会さんの羊毛フェルトのブローチ
ペンモードさんの手作りボールペン

P10806545.jpg
可愛い~っピンクハート
手描きの絵に刺繍を施した布をポーチに仕立てたんだね
こんな手作りの温かいポーチはどこにもないよ

P10806565.jpg
お目当てのハニカム堂さんの小皿
ガラスを小さく六角形に切った物を繋いで皿にしてあるんだね
本当に蜂の巣みたい このお皿ほしかったの(なにせ、六角形大好きだから)

P10806585.jpg
ウィングス会場で似顔絵を描いているお姉さんに遭遇
黒子付きの羊毛フエルトブローチは身に付けると元気が出るんだそう

P10806605.jpg
ペンモードさんの手作りボールペン
金属を叩き出して細工した物
この技術は金工芸士さんの部類だね
ボールペンの色は経年変化も楽しめると言う

うん、手作りの物って大好き。
例えると、手作り品は私の中で
「ジュエリーは鋳造物より鍛造物の方が好き」と思うのと、
意識的には近いかもねピンクハート

昨日の関西の日中温度は21度。暑~っほえー
でね、昨日は朝起きたら、寝ている間に腰の筋を違えたのか、激痛が走るの。
木曜日にジュエリーセミナーへ行く予定だったので、
火曜日中に参加の有無を連絡しなくてはならなかった。
とりあえず「参加」のメールを送り、「腰痛が悪化したら休むし、ごめん~<(_ _)>」って
付け足しておいたら、先生に「無理しないで、休みなさい」って言われちゃったよ。
なので、明日のセミナーは休むことになった。
かなりの激痛が来ていたので、無事に大阪まで行けるか、どうかも
自信なかったし、よかったのかも。許してもらおう。orz







最終更新日  2015年03月18日 21時27分31秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月12日
カテゴリ:小物・人形
 私のお雛様の小道具に菱餅を追加した。

P10707895.jpg
お雛様は手のひらサイズ

P10708366.jpg
菱餅はネットで探した一番小さいサイズ

P10708335.jpg
お雛様の前に飾ると、こんな感じ
菱餅の方がやや大きめかなと思うけれど、
お雛様は満足そう左矢印と言う事にしておく(笑)

小道具を色々揃えていくと、
お雛様がだんだん、可愛らしくなってきて、いい感じスマイル
うん、満足うお座

今週は文化ボランティアのお手伝いがあるので、行って来る。
着物を着て行ったら、ご褒美?に粗品をいただけるらしいけれど、
着物は苦手だ~~~ッ!!
うーん、どうしようかな?!







最終更新日  2015年02月12日 12時07分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年02月09日
カテゴリ:小物・人形
 だんだん春が近づいてきているね。3月になるのもすぐ。
1年に1度の出番待ちのあの方々を、出さねば。
ということで、出ていただいたよ。

P10707795.jpg
奈良一刀彫の鐡山作の立ち雛

P10707895.jpg
パソコンの先生に作ってもらった自慢のお雛様

P10707845.jpg
玄関飾りのお雛様 島根県出雲市大社町の松谷さんの作品

一刀彫のお雛様はシャトリューズさんが
一刀彫の帯留めのお雛様を飾ってらしたのが、すてきだったので購入。
真ん中のお雛様は芸大出のパソコンの先生がフィギュア作りもされるので、
作っていただいたお雛様。とても可愛いので超お気に入り大笑い

下のシンプルなお雛様は出雲市大社町の吉やの作家・松谷さんが
JR京都伊勢丹に来られていた時に購入したもの。
出雲の山々で育ったアオハダを使った「木地人形(きじにんぎょう)」
こけしの様な木地雛の素朴さに魅かれた。
JR京都伊勢丹で作家さんと直接対話して、購入を決めた。
その時の対話した作家は松谷伸吉さんだったんだけれど、
作品はちどりさんのものなのか、伸吉さんのものか分からない。
小品なので、松谷ちどりさんのものだと思うのだけれど、
でも、おじさん(松谷信吉さん)が
自分で作ったって言ってたように思う(笑)







最終更新日  2015年02月09日 12時24分56秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年11月28日
カテゴリ:小物・人形
 工繊大の東棟構内で開催していた手作り市で、
素晴らしかった金工芸細工の猫を二匹買う。

P10409585.jpg
この猫たち 一枚の金属板を切り出して細工している

P10409605.jpg
腹側

P10409625.jpg
手・足にはしっかり肉球まであるんだピンクハート

P10409815.jpg
まつ毛も切り出してあるし、感動もんびっくり

P10409695.jpg
立ち姿

P10409705.jpg
座っている猫

P10409725.jpg
刺繍糸を貼り付け、デコレーションした鏡も買ってきた

工繊大製織物は購入出来なかったけれど、結構満足。
京都の大学は学祭であっても、比較的学生達は静か。
ハリーの行っていた大学は大阪だったので、むちゃくちゃコテコテという感じ。
1分おきに食べ物を売りつけようとする学生達につきまとわれて、うんざり。
あの大学の学祭だけは二度と行かんよ大笑い







最終更新日  2014年11月28日 12時27分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年03月03日
カテゴリ:小物・人形
 
 昨年、パソコンの先生に手作りしていただいた
お雛様に飾り畳と橘と桜を追加しました。


P13208465.jpg


お雛様の飾り畳を探したのは板の上だと、痛そうで
お雛様が気の毒に思えたから。
お雛様はとても喜んでくれたような気がしますピンクハート







最終更新日  2014年03月03日 14時00分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年02月10日
カテゴリ:小物・人形
 かかききさんがお嬢さまのお雛さまを出したと言っておられたので、
私もお雛さまを出して、飾りました。
お雛さまは昨年、芸大の映像科出身で専門の写真撮影や映像だけでなく、
フィギュアや人形も作られるパソコンの先生に作っていただいた手作り雛です。


P13206265.jpg


手のひらサイズでとても可愛いです。
お気に入りピンクハート








最終更新日  2014年02月10日 12時09分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2013年05月18日
カテゴリ:小物・人形
 先日、乙訓(おとくに)寺へ牡丹の花を見に行った時に
門前で店を出して竹細工を売っている人がいて置物を買いました。
乙訓地方は日本有数の竹の名産地です。
筍は特においしく、高級料亭好みです。




門前には筍ご飯、山菜ご飯、木の実のつくだ煮等、素朴な食品の店と
手作りの竹製品の店がありましたうお座


P12300245.jpg


購入したのはこちらの龍
塗の台はお雛さまの物ですが、
この龍は塗台の上の龍本体に付いている台と雲以外は全て竹で出来ています。
龍本体の下にある綿花は壊れないようにクッションに
製作者が持ち帰り用に入れてくれた物と思っていたら
どうやら雲を表現しているらしくて(笑)
台に接着してありました。
龍の身体部分が白いのを見ると、白竹を使っているようです。
手に如意宝珠をちゃんと持っている所がカッコイイです青ハート(お気に入り)








最終更新日  2013年05月18日 12時38分36秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全34件 (34件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.