6328614 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

色眼鏡's Blog

2019/04/21
XML
カテゴリ:県外観光
-SRTC遠征記1.-

『春風に吹かれて、四万十の清流とカッパを見に行こうツーリング』

本日は残念ながら、ぢょにリーダーは不在ですが、絶好のツーリング日和です、、、なので「SPTC(しまなみパイレーツ・ツーリングクラブ)」のノリライダー、イデッチライダーと私の三人で、高知方面に"春風に吹かれて、四万十の清流とカッパを見に行こうツーリング"に出かけましたねぇ。。。

[ファミリーマート 今治郷桜井3丁目店]にて



我々は「ファミリーマート 今治郷桜井3丁目店」に8時前に集合しました、、、さすがに今日はたくさんのライダーが集まっています。。。我々の反対側には20台以上停まっていましたねぇ。。。

[村の駅 ひだか~かわうその里すさき]




8時に出発して途中、「道の駅 633美の里」でトイレ休憩して、「村の駅 ひだか」までやって来ました、、、ここで朝から何も食べていなかったので、"オムライス"と"コンニャク寿司"をつまみ食いです。。。そして「須崎道の駅 かわうその里すさき」まで走り、今夜の夕ご飯にする、焼きたての"鰹のたたき"をGETです!!

[なかがわ]



そうこうしているうちに11時半となり、須崎名物"鍋焼きラーメン"をいただくべく「なかがわ」さんを訪問です、、、この記事は別途ご紹介します。。。

[海洋堂かっぱ館]







さてお昼ご飯をいただき、腹具合もすっかりよくなった我々は、「海洋堂かっぱ館」にカッパを見に行きました、、、この施設は、『海洋堂かっぱ館には、「四万十川カッパ造形大賞」の全応募作品を収蔵。館内には常時500点以上のカッパ作品を展示しているほか、館外にもチェーンソーアートで作られたユニークなカッパが並ぶ。また、平成26年に2号館を増設し、体験コーナーなどが充実。側を流れる打井川では川遊びを楽しむことができる。四万十川の新たな河童伝説となる、創る楽しみと遊び心を詰め込んだ奇想天外なミュージアム。(よさこいネット)』と言うことです。。。ホントにビックリするくらいカッパだらけです、、、よく集めたものですねぇ。。。

[海洋堂 ホビー館 四万十]







続いて我々がやって来たのは、近くの「海洋堂 ホビー館 四万十」です、、、私的には7年前にYEGの事業で訪問しました。。。こちらは『海洋堂ホビー館四万十は、平成二十一年度に廃校になった打井川小学校の体育館を改築してつくられています。過疎の地域に新たな人の集まりと賑わいを起こすという地域住民の思いがこめられています。海洋堂の門外不出、世界一のプラモデルコレクションから最新フィギュア、さらには有名造型師たちの恐竜から美少女まで、あらゆるホビーを大量展示する見た事も聞いた事もないミュージアムです。(よさこいネット)』と言うことですねぇ、、、今回も楽しめました。。。

[本日の走行ルート]



さてさて我々が帰路についたのは午後2時半頃、、、予定では6時頃までには帰れるつもりでしたが、四万十川の源流沿いの国道439号は甘くありませんでした。。。"酷道(国道):笑"と言う情報どおり、道幅は狭くクネクネ、、、しかも落石も多く小石がゴロゴロゴロ。。。結局BARIに帰り着いたのは、午後7時前の時間になりました、、、皆様お疲れ様でした~~♪






Last updated  2019/04/23 09:05:19 AM

PR

Category

Recent Posts

Archives

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Free Space












Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.