106267 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

Long Vacation

PR

プロフィール


irya

カテゴリ

フリーページ

バックナンバー

May , 2020
Jan 7, 2007
XML
カテゴリ:子連れスキー
志賀高原2日目 by maki

9:00 宿を出発。
 今日は一の瀬でY家と昼食の約束。
 そちら方向に滑って行って、昼食後は天候が持てば奥志賀のフェニックスのアウトレットを目指してスタンプラリーを続ける予定。(^_^;)
 雪はけっこう降っているし気温も昨日より低い。雲の中に入っちゃってる時間も長い。それでも、ゴーグルやウェアに付いた雪が溶けない分むしろ滑りやすい。サラサラの雪。
 風も、長いリフトを降りたあたりは強風だが下はそれほどでも無い。
 高天原クワッドからタンネの森へ。一の瀬第8クワッド、一の瀬第7ペアと乗り継いで一の瀬ファミリーへ。一の瀬クワッドに乗りパノラマコースを滑って、10:45ホテルホゥルス志賀高原へ。

 ポテトとベーコンのピザがおいしかった。りんご食べ放題に子どもたちははまりまくり。
 その後何本か一緒に滑ることに。

○準備OKな子供たち
志賀子供たち

12:40 一の瀬第3クワッドで上がりパノラマコース、それから一の瀬第2ペアを2回。
 雪と視界の悪さは午前中からなんだけど、風がかなり強くなってきたので、Y家母子と分かれてシャトルバスで高天原の宿へ帰ることに。
 その間にこのあたりのリフトはどんどん運行停止になったようで、バス移動は賢明な選択だった。
 午後2時前に部屋に落ち着いてリフト運行状況をチェックする。志賀全山で70本以上のリフトが動いてるけど、この時運行しているのは、サンバレー、熊ノ湯、横手山方面。この近辺はどんどん止まっていって、焼額で2本、と西館連絡1本。後者のリフトは銀嶺の真横で、偶然私たちの部屋の窓からリフト乗り場が見える。「こんな地吹雪の中滑ってる人がいるよー」と窓の外を見ながら温泉(露天は頭が冷える(^_^;))に入りつつまったりと過ごす。

○夕食。豪華です。
志賀夕食

 夕食の後土産物コーナーを物色していたら、オーナー奥さんと誰かの会話が耳に。
「遭難者が出てまだ見つかってないらしいんですよ。これから出かけることに」
 昼間、一の瀬ファミリーでクワッド下の休憩所から、ダイヤモンドへの連絡橋や対面のリフト乗り場が全く見えないぐらいの「ホワイトアウト」状況だったので、遭難者がでてもおかしくないけれど・・・・夜だしまだ天候は厳しいし。大丈夫なんだろうか。

 後日知ったのですがこの救出劇の状況が銀嶺のブログにありました。
 上記の1/7、8のところを見てください。






最終更新日  Jan 21, 2007 10:37:32 PM
コメント(0) | コメントを書く


カレンダー

日記/記事の投稿


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.