294248 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いしかり育ちの食のブログ

PR

X

カレンダー

カテゴリ

お知らせ

(2)

その他の情報

(0)

江別市

(10)

千歳市

(10)

恵庭市

(10)

北広島市

(9)

石狩市

(11)

当別町

(9)

新篠津村

(10)

札幌市

(10)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2013年08月08日
XML
カテゴリ:札幌市
旬の地産有機野菜で、創作漬物の新境地を開く!!
札幌市南区澄川の「しんこや ふじ田」さん


いしかり育ちの食を求めて、第2回目は・・・、
札幌市南区の地産有機野菜を使った創作漬物をご紹介します。
場所は、南区澄川4条2丁目にある「しんこや ふじ田」さんです。

1-20130724-_MG_しんこやふじ田外観.jpg


オーナーの藤田さんに、創作漬物と、地産野菜のこだわりについて、
その熱い胸の内を伺ってまいりました。
開店6年目、今でも試行錯誤の連続と謙遜されていましたが、
漬物の認識が変わるような、あっと驚くお話ばかりでした。



こだわりの旬の創作漬物が、お客様の目をくぎ付けにする!!

2-20130724-_MG_しんこやふじ田商品4.jpg

3-20130724-_MG_しんこやふじ田商品2.jpg


取材チームがお店に入ってすぐに目を奪われたのは、
真っ赤に熟したプチトマトのパック詰めと
緑と黄色の皮が水々しいズッキーニのパック詰めでした。
どちらも札幌市南区の契約農家さんが育てた旬の有機野菜です。
近いうちに、同じ農家さんから黄色のコリンキーと、
カラフルなカリフラワーが入荷するらしいので、
それが売り場に並んだら、色鮮やかな漬物のパレットになりそうです。
それなら漬物がもう脇役だなんて言えませんね。



食卓の真ん中に乗ることをイメージして漬物を創る!!

4-20130724-_MG_しんこやふじ田商品イメージ2.jpg

食卓に乗って見栄えがよい漬物、家族の会話が弾む漬物がテーマです。
ビン詰めの商品のように、冷蔵庫の奥に埋もれる食品にはしたくないのです。
生産者が分かり、生育状態が分かる地産の旬の野菜にこだわり、
化学調味料も添加物も一切使わない、安全で新鮮な漬物を、
食べ切りのパック詰めにして食卓にお届けしたい、というのがポリシーです。
創作漬物の開発は、見た目が8割、味が1割、制作者の思いが1割・・・、
と言っていましたが、見た目も味も感動ものでした。これは美味しい!!
一口食べたその時から、漬物の認識が変わること間違いなしです。


創作漬物が生まれたのは、消えていく郷土の食文化への憂いから!!

5-20130724-_MG_しんこやふじ田様店長様.jpg


創作漬物の開発意図を熱く語るオーナーの藤田さん。
オーナーの藤田さんは、元々は大手出版販売会社に勤めていた方で、
仕事で全国各地を飛び回っていた時に、
地域ごとのグルメと食文化の奥深かさに感銘を受けてきたそうです。
札幌に戻って、北海道の食文化が育たないうちに消えていくことを憂い、
自分は何をすればよいか、消去法でたどり着いたのが漬物だったのです。
結論として、和の漬物と洋のピクルスのいいとこ取りから生まれたのが、
「しんこや ふじ田流」創作漬物なのです。
化学調味料は使わない、昔からの漬物の作り方でピクルスにする、
和食にも合う、洋食にも合う創作漬物が出来たのです。
ワイン通にも喜ばれる、若い人にも食べていただける、
子供たちが食べ継いでくれる新しい漬物作りが、
藤田さんがたどり着いた、札幌発の漬物の新境地なのです。




家族の思い入れとこだわりで作る漬物だから、一品一品が逸品!!


6-20130724-_MG_しんこやふじ田店内.jpg

7-20130724-_MG_しんこやふじ田店内2.jpg


しんこやふじ田さんは、食の安全と生産者が見える食材に、
昔ながらの化学調味料を使わない漬物作りが信条です。
家族で作る思い入れのこもった漬物づくりなので、
旬のおすすめ漬物の少量生産が基本です。
売り場は、同店と「きたキッチン」だけになりますが、
漬物の認識を変えたい方は、ちょっと足を伸ばしてみてはいかがですか。
初夏から秋は、地産有機野菜を使った旬の創作漬物が中心になり、
冬は道産食材を使った自慢のニシン漬けで賑わうそうです。
また、オーダー漬物や、道産のフルーツ酢なども扱っています。



-------------------------------------------------------------
 
取材店名 創作つけものとピクルスの店 しんこや ふじ田

住所  札幌市南区澄川四条二丁目3-18 ステージ澄川2 1階

電話     011-300-9306

取扱商品 創作漬物、ピクルス、フルーツ酢、農産加工品、海産加工品

営業時間  平日 午前9時30分~午後7時00分
土日・祝日 午前9時30分~午後5時00分

定休日   木曜日

販売期間 プチトマトとズッキーニのピクルスは7月から9月までの販売予定。

HP http://www.shinkoyafujita.com/


取扱店
しんこや ふじ田・道産セレクトショップ きたキッチン(札幌丸井今井本店)

※8月~9月は、札幌駅前通地下歩行空間のマルシェ開催時に出店予定。
詳しくは、同店のホームページをご覧ください。






最終更新日  2013年08月09日 10時05分17秒
[札幌市] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.