296932 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いしかり育ちの食のブログ

PR

X

カレンダー

カテゴリ

お知らせ

(2)

その他の情報

(0)

江別市

(10)

千歳市

(10)

恵庭市

(10)

北広島市

(9)

石狩市

(11)

当別町

(9)

新篠津村

(10)

札幌市

(10)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2013年08月29日
XML
カテゴリ:北広島市
福祉施設が運営する、いしかり産小麦にこだわったパン作り!!
北広島市の「北ひろしま福祉会 就労センター・ジョブ」さん。


1-4142851_2013-08-22_16-03-46_20130820-_MG_0549_R.jpg


北広島市の1回目は、地産地消のこだわりのパン作りとお弁当作りで知られる、
「北ひろしま福祉会・就労センター・ジョブ」さんにお伺いしました。
場所は、JR千歳線の北広島駅から線路に沿って北に1.5km先にあり、
ひろしま総合運動公園の北東に隣接する、緑豊かな場所にあります。



就労センター・ジョブの目的は、
パンとお弁当の製造販売を通じた働く場の提供と、就職支援活動!!


2-4142811_2013-08-22_16-03-13_20130820-_MG_0515_R.jpg

こちらの施設とパン作りについては、「就労センター・ジョブ」の
大内主任にお話を伺いました。

「就労センター・ジョブ」の目的は、就労継続支援と就労移行支援の
多機能事業所として、パン(あぐり)とお弁当(まんぞく屋)の製造・販売、
さらにレストランの運営などを行っている事業所です。
ここで、希望者にはパン作りやお弁当作りのスキルを磨いていただいて、
パン屋さんや食品関係の会社に、就職できるように支援するのが目的です。
利用されている方は約45名で、北広島市内と近郊エリアの方々です。


福祉施設とは思えない、
小麦粉からこねあげる本格派の手作りパン工房!!


3-4142748_2013-08-22_16-02-25_20130820-_MG_0485_R.jpg

4-4142775_2013-08-22_16-02-49_20130820-_MG_0501_R.jpg

パン作りを始めてから12年目になり、ベテランのパン職人と設備が整った
実績のある施設で、1日に30~40種類のパンを2,000個も作っています。
大型のパン焼き釜が3台あって、立派なパン屋さんの工房なのです。
手間を省きたいからといって、冷凍のパン生地を使うようなことはせず、
粉をこねるところから作るので、本当のパン作りの技術が身に付くのです。

5-4142768_2013-08-22_16-02-41_20130820-_MG_0496_R.jpg

6-4142771_2013-08-22_16-02-44_20130820-_MG_0498_R.jpg

販売先は市内に4ヶ所(あぐり、くるる、夢プラザ、ふゅーる)あり、
市内の小中学校の給食用のパンや、養護施設などにも納品しています。
また、市役所や福祉施設向けのお弁当や、レストラン用の料理も作っていたり、
北大祭、市民祭り、公民館の祭りなどの催事販売のお誘いも多いなど、
北広島市の皆様には欠かせない、大切な施設なのです。


いしかり産の小麦「ゆめちから」を使った、
表面はパリッとして中はもっちもちのパンが好評!!


7-4142735_2013-08-22_16-02-14_20130820-_MG_0476_R.jpg

左が「3色ちぎり」150円、右が「こむぎちぎり」180円


福祉施設としての社会性や信頼性を第一に、地産の食材にこだわり、
JA道央産の江別市・恵庭市・千歳市で採れた小麦「ゆめちから」ブレンド
を使った安全で美味しいパン作りがポリシーです。
この「ゆめちから」は、北海道農業研究センターが13年の歳月をかけて、
開発に成功した、北海道初の超強力小麦品種で、パンやラーメンの麺に適した、
グルテンの多い”もちもち”とした食感が特長の小麦です。

8-4142834_2013-08-22_16-03-33_20130820-_MG_0534_R.jpg

お店では、もちもちふっくらした食感のパンが人気


こちらの施設で作っているパンの種類では・・・、
食事パンとしての食パンやテーブルロールが多いのですが、
お店で人気があるのは、「こむぎちぎり」や「3色ちぎり」などの、
もちもちしたソフトタイプの優しい味のパンです。

9-フランスパン2個_R.JPG

クラーク博士の石臼全粒粉パン
(左のクッペタイプが180円、右のブールタイプが250円)

とりわけ2年前に発売して話題になり、今でもコンスタントに売れているのが、
「クラーク博士の石臼全粒粉パン」で、昔の札幌農学校(現・北海道大学)の
一期生が食べたと思われるパンをイメージして作られたものです。
ちなみに、クラーク博士が帰国する際、学生達の見送りを受けたとき、
“少年よ大志を抱け”と言った場所が、現在の北広島市内だったというのが、
クラーク博士の名前を使ったパンの由来なのです。


パン作りの楽しさが、仕事をすることの喜びになり、未来への夢が広がる!!
 
10-4142848_2013-08-22_16-03-45_20130820-_MG_0548_R.jpg

11-4142870_2013-08-22_16-03-58_20130820-_MG_0556_R.jpg

こちらは、JR北広島駅構内にある、北広島福祉ショップの「ふゅーる」
さんです。お昼頃にお邪魔したので、売り切れたパンが続出!!
パンの販売の経験を積むのも大切な仕事で、
お客さんの喜びの声やねぎらいの言葉が、仕事を続ける励みになっています。
店員さん達が終始ニコニコ顔だったのが印象的でした。
「就労センター・ジョブ」では、2年間のパン作りの経験とスキルアップを通じて、パン屋さんへの就職を支援しており、最近では札幌の有名な手作りパン屋さんとか、
地元の食品会社などからも求人依頼が増えていて、職員の方も通所者の方も、明るい表情で、パン作りやお弁当作りに励んでいらっしゃいました。

--------------------------------

事業所名 社会福祉法人 北ひろしま福祉会 就労センター・ジョブ
住所   北広島市共栄201番地1
電話   011-373-4896
製造商品 各種パン・菓子製造・販売、お弁当製造・販売、料理加工食品製造


取扱店  あったかパン屋さん・あぐり、ホクレンくるるの杜、
     夢プラザ・シンフォニー、JR北広島駅構内・福祉ショップふゅーる

※取扱店の営業時間、定休日はそれぞれ異なりますので、お店ごとにご確認ください。

※北ひろしま福祉会就労センター・ジョブでは、パンとお弁当の製造のみで、販売はいたしておりません。パンの販売は、上記取扱店4店での販売になります。

ホームページ http://www.kitahiro-fukusikai.or.jp/service/shuurou-center-job.html








最終更新日  2013年08月29日 16時41分42秒



© Rakuten Group, Inc.