294292 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いしかり育ちの食のブログ

PR

X

カレンダー

カテゴリ

お知らせ

(2)

その他の情報

(0)

江別市

(10)

千歳市

(10)

恵庭市

(10)

北広島市

(9)

石狩市

(11)

当別町

(9)

新篠津村

(10)

札幌市

(10)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2013年09月05日
XML
カテゴリ:札幌市



自社製の有精卵をたっぷり使ったシフォンケーキが大好評!!
札幌市清田区の「永光農園・農園の四季」さん。
 


1-3673921_2013-08-05_13-54-35__MG_9537.jpg

2-3673934_2013-08-05_13-54-41__MG_9541.jpg


札幌市4回目の取材先は、有精卵にこだわった平飼い養鶏所の経営と、
有精卵の旨味を活かしたシフォンケーキを製造・販売されている、
清田区有明の「永光農園・農園の四季」さんにお訪ねしました。
札幌市郊外の田園エリアで、農業に適した、閑静で緑豊かな立地に
あります。



有精卵を知り尽くした、たまごやさんが作った、
我が家自慢のシフォンケーキを商品化!!



3-3673939_2013-08-05_13-54-45__MG_9550.jpg

永光社長


4-3674033_2013-08-05_13-55-55__MG_9590.jpg

農園の四季の店内



お話を伺ったのは、永光農園の永光社長です。
そもそも、シフォンケーキを作るようになったのは、
15年前から始めた養鶏所で、卵がたくさん採れて余った時に、
料理好きの社長が自ら作っていた、自慢のシフォンケーキなのです。
当初は鶏の数が300羽でしたが、養鶏所の規模を拡大して行く内に、
卵の販売だけでは済まなくなり、卵を使った商品開発が必要になった
のです。
そこで、有精卵の味の良さを100%活かせて、大量に消費できるもの、
自宅でも作れるものとして、昔から作っていたシフォンケーキに再着目
したのです。



食べた人が皆さん絶賛する・・・、
しっとりふわふわのシフォンケーキ!!



5-3674181_2013-08-05_13-57-22__MG_9638.jpg

バニラシフォンケーキ 200円


6-3674056_2013-08-05_13-56-11__MG_9599.jpg

シフォンケーキの種類は12種類


社長は、”幸運でした・・・”と言って、改めてシフォンケーキの作り方を、
本を読んだり、インターネットで調べて、いいとこ取りの自前レシピで、
自宅にあるオーブンレンジで焼いてみたら、
驚くほど美味しいシフォンケーキができたのです。
業務用の高いオーブンレンジを買わなくても、
家庭用のオーブンレンジでできる、
初めから、設備投資が少なくても始められたのは、まさに幸運でした。
それに、販売してから徐々に、シフォンケーキの味が評判を呼び、
テレビや雑誌に取り上げられて反響を呼び、
皆さんに助けられてここまで来こられたのです。
そのおかげで、新札幌サンピアザ、エスタ札幌、
丸井今井札幌店などに、お店を出せるようになったのです。



有精卵の味を活かした商品作りは、これからが本番!!


7-3674207_2013-08-05_13-57-36__MG_9645.jpg


8-3674310_2013-08-05_13-58-32__MG_9673.jpg


有精卵のくせのない味、甘くてコクのある味を活かして、
シフォンケーキに次ぐ商品として、3年前に卵風味の効いたプリンを発売。
今年は、有精卵をたっぷり使ったカステラと焼き菓子を新発売。
このあとも、新しい商品開発や設備の拡充計画が進行中で、
料理好きな永光社長の夢はどんどん拡がっているようです。



平飼の養鶏で有精卵の生産にこだわるのは、
昔ながらの安全で美味しい卵を広めたいから!!



9-3674335_2013-08-05_13-58-48__MG_9683.jpg
 
オスとメスが一緒の平飼の養鶏舎


10-3674088_2013-08-05_13-56-36__MG_9612.jpg

有精卵10個パック 450円


そもそも永光社長が養鶏を始めたのは、
ご両親が長年、減農薬・有機質肥料栽培で野菜を作られていて、
社長も有畜複合の循環型農業を目指していたからのようです。
15年前に300羽から始めた養鶏は、
今では10倍の3000羽に増えました。
有精卵とは、オスとメスの鶏を一緒に飼い、
自然交配で受精した卵のことで、
一般にスーパーなどで売っている無精卵の卵とは異なり、
昔ながらの生命力に満ちた、生きた卵(3週間温めるとヒナになる)
のことです。
また、平飼とは、風通しがよく日光が当たる鶏舎で、
鶏を地面に放して、ストレスなく自然に近い飼育環境で育てることです。
とりわけ、社長がこだわっているのは、抗生物質や添加物を一切使わない、
道産飼料を主体にした、安心・安全な有精卵づくりなのです。
有精卵の生産量の半分は、会員のお客様への宅配と店売で賄い、
残りの半分は、シフォンケーキやお菓子づくりに活かしているのです。

どうやら、永光社長は「農業」を「脳業」にする新世代の寵児のようでもあり、
「養鶏」を「養恵」として、鶏達からの恩恵を1つも無駄にすることなく、
社会に役立てていきたいと考えているようです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

取材店名   株式会社 永光農園 (農園の四季)
住所      〒004-0821
          札幌市清田区有明216
電話      TEL/FAX 011-886-6595
取扱商品   有精卵、シフォンケーキ、カステラ、プリン、焼き菓子、そば
取材商品   たまごやさんのシフォンケーキ (要冷蔵/10℃以下)
営業期間   3~12月の毎週金・土・日・祝日営業 
          (1~12月は休業)
営業時間   金・土・日・祝日は午前11時00分~午後3時00分
取扱店     農園の四季、丸井今井札幌店、エスタ札幌、新札幌サンピアザ、
         コープさっぽろ藤野店、スイーツランド北海道オンラインショップ
ホームページ http://nagamitsu.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






最終更新日  2013年09月05日 14時50分19秒
[札幌市] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.