295484 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いしかり育ちの食のブログ

PR

X

カレンダー

カテゴリ

お知らせ

(2)

その他の情報

(0)

江別市

(10)

千歳市

(10)

恵庭市

(10)

北広島市

(9)

石狩市

(11)

当別町

(9)

新篠津村

(10)

札幌市

(10)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2013年09月12日
XML
カテゴリ:石狩市



「石狩鍋」、その起源は…


「石狩鍋」の発祥は元々明治時代の漁師さん達が、
豊富に獲れる鮭を味噌汁に入れて食べていたこと
から始まったようです。
その味噌汁が年月を経て現在の様な石狩鍋に
姿を変えてきた訳ですが、平成19年度から
石狩市では、石狩市内で「石狩鍋」を提供する飲
食店を増やす「石狩鍋復活プロジェクト」を展開
しています。
現在は13店舗加盟していて、同年10月から
「あき味の会」という団体が結成され、石狩鍋普及
PR活動を行っています。

そのプロジェクトに加盟しているうちの店舗の
ひとつが、石狩浜の近くにある老舗の歴史を感じ
させる、元祖鮭鱒料理 割烹「金大亭」さんです。


4522608_2013-09-04_17-04-14_20130903-_MG_1083.jpg

4522615_2013-09-04_17-04-23_20130903-_MG_1086.jpg

この趣。これぞ元祖の名がつく所以です!



元祖「石狩鍋」!!


明治13年からの創業で、その頃からの変わ
らない「石狩鍋」を今も提供しています。
元祖「石狩鍋」の金大亭四代目女将さんに
お話を聞いてきました。


4522728_2013-09-04_17-05-35_20130903-_MG_1139.jpg

4522693_2013-09-04_17-05-10_20130903-_MG_1121.jpg

北海道の郷土料理としておなじみの「石狩鍋」



明治13年から始めて、今年で創業133年目、
まさに元祖「石狩鍋」なのです。
二代目、三代目から直接、「石狩鍋」の味を継承
し、初代の頃から何も味は変わっていないとのこ
とでした。
変わっていないのは味だけではなく、
「石狩鍋」の中に入っている食材も変わらずに伝承
しているのです。
そして、中に入っている食材もできる限り石狩
産にこだわっています!
以前はすべて石狩産でしたが、今は豆腐とつきこ
んにゃくだけは道内産を使用しているとの事でした。
なんと!一人前の量も変わってないとのことです。
驚きですね。



石狩の鮭


4522632_2013-09-04_17-04-33_20130903-_MG_1092.jpg

4522642_2013-09-04_17-04-38_20130903-_MG_1095.jpg



「石狩鍋」を作る上で一番重要なのが鮭!!
金大亭四代目の女将さんも「石狩鍋」を作る
上で、新鮮で脂の乗った鮭を手に入れることに
最も気を配っているのです。
鮭を見れば大体の事は分かるとのことで、
鮭によっては今日獲れた新鮮な鮭より、
一日前に獲れた鮭を選ぶこともあるようです。
ポイントは鮭の目とエラ。
そして何より女将さんの長年培った、眼力と
感覚だそうです!
「石狩鍋」の味は変わらず明治13年から続けて
いますが、一番のオススメは9月から11月中
に食べることだそうです!
鮭の新鮮さがきっと違うんでしょうね!
そういえば、「石狩鍋」は鮭を利用することからも
よく三平汁と混同するという話を耳にします。
三平汁は魚の塩引きまたは糠漬け(糠ニシン)を野菜と
一緒に煮た塩汁になるので、完全に別物です。
なんせ元は味噌汁ですから!
とても豪華な味噌汁ですけどね。



明治時代へタイムスリップ


4522738_2013-09-04_17-05-45_20130903-_MG_1144.jpg

4522681_2013-09-04_17-05-02_20130903-_MG_1113.jpg

店内も明治時代から変わりません。
まるでタイムスリップをしているような感覚に陥ります。
金大亭へいらしたお客様から、
廊下に飾られてある骨董品の買い取りの話を
されることもあるようです。
「是非うち(自宅や会社)にある資料館に飾りたい!」
と言われたこともあったようですが、
全て丁重にお断りされているそうです。
この骨董品も歴史を感じさせる金大亭さんの
石狩鍋の味のひとつのファクターなのでしょうね。

明治13年から変わらない大金亭さんの「石狩鍋」。
ぜひ一度食べてみてくださいね。



---------------------------------------------

要予約なので、前日までには電話で予約をお願いします。

取材店名    金大亭
住所・電話    〒061-3373
          北海道石狩市新町1  
TEL/FAX   0133-62-3011
取扱商品    石狩鍋、鮭料理、和食料理
営業時間    午前11時00分~午後19時00分
定休日     不定休

---------------------------------------------






最終更新日  2013年09月12日 13時45分08秒



© Rakuten Group, Inc.