000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

いしかり育ちの食のブログ

PR

X

カレンダー

カテゴリ

お知らせ

(2)

その他の情報

(0)

江別市

(10)

千歳市

(10)

恵庭市

(10)

北広島市

(9)

石狩市

(11)

当別町

(9)

新篠津村

(10)

札幌市

(10)

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2013年12月26日
XML
カテゴリ:北広島市

“大志をいだくまち”のご当地グルメ開発!!
「北広島市役所経済部商業労働課」さんです。



北広島市では、まちの発展と活性化を目的に、平成22年から、自市の
特徴をより強化して、まちの魅力を内外に広くアピールする「シティー
セールス事業」が推進されています。
その中で、今まで弱かった地産地消のご当地グルメの開発を促進する
ために、“きたひろ農学校シリーズ”というブランド名で、地元の食材を
使った北広島のテロワール(故郷の味)作りが進められてきたのです。


4(修正).jpg

「きたひろ農学校」のロゴマーク
(ロゴ提供:北広島市役所経済部商業労働課)


新しいご当地グルメの開発は、地元の大手食品メーカーの「株式会社 見方」
(本社:北広島市大曲工業団地)に協力を依頼して、北広島産のじゃがいも、
だいこん、かぼちゃなどを使って、“プディング”“カレー”“春巻”“ポテト
パイ”“グラタン”“コロッケ”の6品が商品化されて、平成24年12月
から販売されています。


2.jpg
 
地元の大手食品メーカーの「株式会社 見方」


“きたひろ農学校シリーズ”の第6弾は、
一番人気の “きたひろコロッケ”です!!



“きたひろ農学校シリーズ”の最後にご紹介するのは、北広島産のじゃがいも
をたっぷり使った“きたひろコロッケ”です。
シリーズ6品で一番よく売れている特産グルメです。
 

3.JPG

“きたひろコロッケ”4個入(280g)400円


4.JPG

“きたひろコロッケ”


サイズがちょっと大きめのボリューム感と、北広島産のじゃがいもをたっぷり
使った、食感の良さと風味の良さが受けています。
じゃがいもの種類は、“キタアカリ”“男爵いも”“メークイン”の3種類を
使っていて、中身に味付けをしてあるので、ソースをかけなくても、じゃがいも
のホクホクした食感が、ストレートに味わえるという、商品開発者の心憎い
工夫があるのです。
開発の段階で、市内で行なわれた試食会でのお客様の反応は・・・、
“じゃがいもの味がよく出ていて美味しい”
“じゃがいもが大きくておいしい”
“衣がサクサクして美味しい”
などの声が聞かれて大変好評でした。


5.JPG

“きたひろコロッケ”


平成25年6月からは、市内の小学校と中学校の給食にも採用されて、
子供達にも大変喜ばれています。
皆さんのご家庭でも“きたひろコロッケ”をおかずに加えると、お子さん
がきっと喜んで食べてくれることでしょう。



北広島市は、寒地稲作栽培の発祥の地!!


“きたひろ農学校シリーズ”の特産グルメを6回に分けてご紹介して
きましたが、改めて北広島市の特徴と“食”の原点を辿って見ました。


6.jpg
 
寒地稲作発祥の碑とクラーク博士の記念碑


7.jpg

国指定史跡「旧島松駅逓所」


北広島市といえば、札幌市に隣接した緑豊かな住宅都市で、市内に8つの
ゴルフ場があり、ゴルフ銀座と呼ばれています。また、パークゴルフ場
やゴロッケー(パークゴルフに似たスポーツ)場も整っているほか、
市内に3つの温泉施設があって、健康的でゆとりある暮らしが楽しめる
都市なのです。
また、北広島市の島松は、明治10年に札幌農学校(現・北海道大学)
の初代教頭を勤めたW・S・クラーク博士が、帰国する際に、当地で
見送りに来た学生に“Boys, be Ambitious”という有名な言葉を残した地
としても知られています。
“食”の歴史では、明治6年に中山久蔵が、道南より北の地で稲作を
可能にした、寒地稲作発祥の地で、ここから全道に稲作栽培が広がった
のです。
明治17年には、和田郁次郎を中心とする広島県人25戸103人の
開拓者が、苦難のすえに当地を開墾し、稲作の本格的な栽培に成功して、
9年目の明治26年には380戸1,200余人の集落にまで拡大し、
稲作の生産量では北海道一を記録しました。
このような先人達の努力によって、当地から全道に広がった稲作は、
今では、北海道が収穫量で47都道府県の1~2番を競う、稲作王国
にまでなったのです。


3(修正).jpg

大志をいだくまち」のロゴ
(ロゴ提供:北広島市役所経済部商業労働課)

寒地稲作発祥の地、北広島市は先人の大志を受け継ぎ“The Ambitious City”
(大志をいだくまち)をキャッチフレーズに、まちおこしや特産商品開発にも
拍車がかかっています。ご当地グルメの開発は始まったばかりですが、
“きたひろ農学校シリーズ”で、早くも本領発揮の時を迎えたようです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

取材先        北広島市役所 経済部 商業労働課
住所          〒061-1192
             北海道北広島市中央4丁目2番地1
電話          TEL.011‐372-3311
              FAX.011‐372-0888 
ホームページ   
http://www.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/
(北広島市役所)                
http://www.cs.city.kitahiroshima.hokkaido.jp/sightseeing/gourmet/kita00020o/
(きたひろ農学校シリーズ)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

製造・販売元    株式会社 見方
住所         〒061‐1274
            北海道北広島市大曲工業団地2丁目1-3
電話         TEL.011‐376‐2277 
             FAX.011‐376‐2207
事業内容      和食、魚肉練製品、洋食、中華、寿し、パイ、
            デザートの製造販売
取材商品       きたひろ農学校シリーズ「きたひろコロッケ」
             4個入(280g)400円
販売期間      通年販売
取扱店        三井アウトレットパーク北広島(北海道ロコ・ファームビレッジ)
            ホクレンくるるの杜
ホームページ 
http://www.mikata.co.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








最終更新日  2013年12月26日 11時38分03秒



© Rakuten Group, Inc.